スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013’ 山菜の会

RIMG0045_20130713004953.jpg
パリ紀行がなかなか終わらなくてもう一月以上前のことを載せます。

6月のはじめ恒例になってるわらびさんの山荘に集合して山菜の会がありました。行く途中の夕焼けがきれいでした。


今回のお料理のテーマは「包む」とか「巻く」ものです。
duckbillさんからの提案でギョウザになったのですが最終的には「包む」「巻く」ものとなりました。

ギョウザは普通のものしか作らないし、一度だけ浮き粉の皮でエビギョウザを作ったことありましたが失敗でした。

みんながいろんなギョウザ作ってもギョウザって焼き立てが美味しいです。どうやって食べるのかなと思ってました。
なので最終的にテーマが変更になってよかった~~。

山荘に行く少し前に中華街に行くことがあったので春巻きの皮とギョウザ、わんたんの皮を買ってきましたが結局春巻きをつくることになりました。

春巻きは一度作ったことあります。一人1本あてにしたら足りなかったので今回は少し多目につくることに。
フィリングも全部山荘で作ってるとキッチンが込み合ってしまうので家で作っていきます。

Fujikaさんがフェンネルの葉をつかってサモサを作られてたのでリクエストしておきました。もちフェンネルはMy畑のをもっていきます。

Fujikaさんにはもう一つお願いしたものがありました。パリからグリオットの瓶詰を運んできたので黒い森のケーキを作りたいのでチョコレートスポンジを焼いて欲しいと。
快く承諾してくださったのであとは生クリームで仕上げだけ。
でも瓶詰一瓶では足りるのか心配になりコストコでラズベリーを買っていきました。

私たちが山荘入りしたのは金曜日の夜。
わらびさんご夫妻はお仕事が終わってからです。
家を3時過ぎに出発しました。Fujikaさんご夫妻が同じく金曜日の夕方山荘入りです。
横横道路を走っててメールがきました。もう八王子のあたりを通ってるので私たちより一歩先です。

夕飯いるのは誰?と
今回だれが先なのかさっぱりわかりません。
今回の参加者はFujikaさんご夫妻、楽子さんご夫妻、onoさんご夫妻、duckbillさんご夫妻、カイエさん親子、
山荘のオーナーわらびさんご夫妻、と私たちです。
cononさんご夫妻、Iさんご夫妻、Rumiさんご一家はご都合悪く欠席となりました。

皆さん平日はお仕事が終わってからなので山荘入りが夜中になります。duckbillさんはいつも土曜日早朝出発で山荘に朝6時頃に到着です。
なので夕飯がいるのか誰なのか???
各自で簡単に夕飯食べてにしましょうと返事しましたが、明日の朝の食材をなにか買っていかないとと言われ、山荘にはいつもはだれもいないので食材は用意していかないといけません。
いつも山荘入りするとすでに先に入られてる方がいるので食材がいっぱいテーブルに並んでました。
自分の作るものはいろいろ揃えましたがお米、牛乳、パン、卵なども買っていかないとです。
適当に購入していきましょうと。
Fujikaさんはスーパーでお刺身を買ったの山荘で用意しておくと。
私は八王子の道の駅「滝山」で野菜やらお米などを購入しました。

山荘には20時ころ到着。
お刺身やいろいろあるものを出して男二人は飲み会開始。
Aのところから大事に持ってきたテリーヌ型でテリーヌもどきを作って来たのでそれもつまみ用に。

わらびさんご夫妻、カイエさん親子が到着したのが23時過ぎだったでしょうか。(もうだいぶ前の事で忘れてます)
楽子さんご夫妻、onoさんご夫妻は日付が変わっていました。
皆さん無事についてよかったです。

今回も女子部屋、男子部屋と分けて寝ます。(カイエさん親子は別部屋になりました)

翌朝いいお天気です。
今回はハンナは連れてこなかったので湖への散歩はしません。

もうすでにduckbillさんご夫妻が到着。
朝ごはんに粒粒リゾットを作ってくださいます。(恒例になりつつ)
page1_20130713005119.jpg
朝ごはんが並びました。
またまたおいしそうでしょ。

ご飯の後は産直に行って食材探し。
page4_20130713010111.jpg
山荘に戻ってわらび採りです。
わらびたくさん出てますが盗まれたものも多いです。
育ててるので敷地に入らないでくださいと立札が出てますが平日はいないのがわかるので入って採ってしまうんでしょうね。
あまりないのかと思いましたが全部集めてみるとこんなにたくさん採れました。
わらびを太さとか長さを選別してあく抜きをします。
ここまでやればひと段落。お昼にホットドッグを食べてから夕食会の準備です。

私は春巻きは皮を巻いて揚げるだけ。あとは前夜からクラゲを塩抜きしておいたのでそれで中華風の和え物をつくります。
RIMG0079_20130713010333.jpg
Fujikaさんに頼んだスポンジケーキで黒い森のケーキをつくりました。

皆さんそれぞれいろいろ作ってます。
Fujikaさんがフェンネルサモサをつくってるので巻くのを手伝い、パートフィロで鮭のソテーを包んだりと皆さん忙しいです。

5時からとのことでしたがちょっと遅れて準備が整いました。
RIMG0106.jpg
またまたいろいろなお料理がテーブルいっぱいに並びましたよ。
誰が何を作ったのかわからなくなるので料理名と作者を書いてはりました。
ではお料理の数々をご紹介します。
わらびさん作
海峡サーモンが午後届き早速捌きから
RIMG0080_20130713011704.jpg
warabi_20130713012217.jpg
海峡サーモンのルイベとアボカドとケイパー和え

duckbillさん作
duckbill_20130713011829.jpg
ひらめのカルパッチョとクルルジョネス

楽子さん作
rakuko_20130713011835.jpg
生春巻きとタイ風ちまき

onoさん作
ono_20130713011833.jpg
肉まんとチャーシュー

カイエさん作
caie.jpg
炒り豆腐いなりとナスロール

Fujikaさん作
Fujika_20130713011831.jpg
フェンネルサモサとバクラバ

そして私作です。
watasi_20130713012218.jpg
春巻きとクラゲの和え物

まだほかにも
hoka.jpg
トルテッローニ、サーモンのパートフィロつつみ焼き、ローストビーフ、山菜の煮物など

今回もおいしい会でした。皆さんごちそうさま。

クルルジョネスは初めてのもの。
RIMG0107a_20130713013731.jpg
生地を丸く抜き、リコッタチーズのフィリングを詰めてこんな形にします。これを茹でてトマトソースをかけたもの。残った生地でトルッテローニができました。


お食事会が始まる前にわらびさんに皆さんからお掃除ロボットのルンバをプレゼントしました。(画像なしだわ)
宿泊代をどうしてもとってくださらないので皆でお金を集めて私が預かってました。
一年経つので今回お渡ししたいので注文しました。
ルンバは使ってないので使い方はわかりませんがFujika家では使ってるので試運転をしてもらいました。

山荘は広いのでうまく使っていただければうれしいです。

翌朝は早く起きた人は八島湿原に行くようです。

階下に行ったらすでに車がなく出かけたあと。

残りのメンバーで朝ご飯の準備。
昨夜の残り物やらを片づけないとね。
page3_20130713005121.jpg
戻ってきたので全員で朝ごはん。

あく抜きしたわらびを分け、残ったものを少しづつお持ち帰り用に分けたり、後片付けをして山荘を後にしました。

山荘は夏までに改築してキッチンがもっと広くなるそう。
今度行くときが楽しみです。
RIMG0047_20130713005346.jpg
これがだれもいないときのキッチン。こうみるとすごく広いですが大勢が入るとせまくなります。


pagenamahamu.jpg
男性軍4人(わらびさん、duckbillさん、cononさん、onoさん)が作ってる生ハムが山荘で熟成中です。
どこの部屋にあるのかなと探したらいままであまり行かなかった奥の部屋の壁にどんと吊り下げられてました。
ラードと粉を練ったものを塗りつける作業をしてました。
この生ハムは冬に仕込みはじめてGWに山荘に持ち込んできたもの。カビが生えてきてるものもあり消毒して塗りこんでました。
涼しい山荘で熟成させて秋のきのこの会には試食できるかな?

それにしてもここに集まる男性軍はプロ顔負けです。
美味しくいただける幸せを十分味わわせていただきます。


スポンサーサイト

白樺湖きのこの会 夜は居酒屋メニューで♪

RIMG0919.jpg
きのこの会の続きがそのままになってしまってました。
あっという間に一月以上も経ってしまいました。
記憶が薄れてますが・・・・素晴らしいお料理の数々をupしますね。

上のお花はcononさんのところで咲いたハワイの花プルメリアでとってもいい香りです。

きのこ狩りの後の夜は楽しいお食事会です。
今回のテーマは『居酒屋』
居酒屋とメールが来た時、はて居酒屋だとなんだろう?わらびさんのところは焼き鳥とおでんらしい。
私はあまり居酒屋はいかないのでメニューがよくわかりません。
夫にきいたら居酒屋と言ったらもつ煮だろうと。
私あまりもつ煮作らないから自信ないなぁと思ったらなんと夫が作ると言い出します。
へぇ!気が変わらないうちにお願いします。
楽子さんももつ煮と考えてたのですが手羽餃子に変更してくださいました。
山荘で作るにはちと時間かかりそうなので家で前日に作って行くそう。
はてどうやって持っていくか?去年miyakoさんが汁物をもってくると言って圧力鍋で持ってきたことがあるのであれでいきましょう。
圧力鍋なら蓋がぴったりしまって開かないので車で運んでも大丈夫でしょう。
問題はモツのいいのが近くのスーパーではないので横浜市の南部市場に買いにいきました。
牛もつはなくて豚もつで生がありました。生の豚もつは下処理したことないしちょい大変だなと思ってたら市場の人が煮たものがあると出してきてくれました。
醤油味で煮て冷凍になったものです。これなら野菜類を足してさらに味付けをすればいいとのこと。
前日の金曜日はマンドリンの練習で留守にしました。帰ったら圧力鍋いっぱいにもつ煮ができてました。
こんなに作ったの?まだ厚揚げが入ってないと。厚揚げは山荘で入れるそう。
夫のモツ煮はいいとして私は干し貝柱入り焼売とスモークサーモンとエビそぼろ(家でつくっておいた)の押しずしとフルーツみつ豆を作ります。いったい何屋なんだろう。

山荘のガスは二台で4口ありますが混まないうちに作れるものは作っておきます。朝から水に浸した寒天を煮てシロップも作り冷蔵庫へ。
干し椎茸と貝柱は前夜から水につけてあったので椎茸を甘辛に煮ます。
ご飯はduckbillさんが手捏ねすしを作るので一緒に炊いて酢飯を作ることに。

焼売は豚ひき肉に玉ねぎ、生姜、ほたてを入れて種をつくって皮に包み蒸すだけ。
Sさんが焼売の包むのをやりたいというので手伝ってもらいました。
焼売は蒸したてを食べたいので包んだものは冷蔵庫に。

玄関ホールでテーブルをだしてカイエさんがソーセージ作りに入ってます。
このソーセージ作りがとっても大変な作業です。
ソーセージ用の肉をひく道具も持ってきてます。
この器具は初めて見ます。デロンギの肉挽き器だそうです。
これで挽いてからフードプロセッサーに氷を入れながらかけるのですが肉がペースト状になるまでかなりの時間をかけます。最初のうち氷をフープロにかけたり挽いた肉をフープロに氷を入れながらなめらかなペーストになるまでかけますが温度が上がってはいけないとかで温度計で計りながらです。なかなかOKが出ないという手の込んだもの。このまま手伝いたかったのですが自分の作るものもあるのでビデオを撮ったのも中途半端になってしまいました。
カイエさんとIさんが悪戦苦闘して作ってました。

酢飯ができたので押しずしを4本作りました。本当は一度につくってしまうにはタッパーの大きい角型でと思ったのですがどこに入ったのか小さい角型しかみつかりませんでした。
しかたないのでかなり昔に買った押しずしの型の出番となりました。
うちの押しずしの型は周りの木の枠の方が厚いんです。みなさんに立派な道具だとおどろきのようでした。
duckbillさんは鰹を漬けにしてあったものを酢飯に混ぜ手捏ね寿司で大葉、錦糸卵をかざりきれい。

みつ豆は立派なガラス容器を見つけこれを使わせていただきます。寒天を切り、赤えんどう豆と缶詰のフルーツとキウイをカットし、Fujikaさんぶどうを入れてくれました。
冷やしておいた方がいいのでラップをして外に置いておきました。

さぁみなさんのお料理もできてきましたよ。
5時開店予定が少し遅れて開店。

ではみなさんのお料理をご覧ください。
warabi_20121109020747.jpg

わらび&ふみえさんはおでん屋さんです。このお鍋本格的ですごいでしょ。
このために用意してくださったものです。
大根は別鍋で煮えてます。
そしておでんのだしでカイエさんのソーセージヴァイルブルストもぷっくらと。

conon2.jpg
cononさんのお刺身盛り合わせ。
お刺身盛り合わせはカワハギとカワハギの肝が目につきます。
お刺身よりすごいのがこの舟がドーンと。
わ~!すごい!この舟はcononさんの手作りだと聞いてまたびっくり!!
duckbill.jpg
duckbillさんは
鰹の手捏ね寿司と砂肝のおつまみ、かきの燻製やいろいろな燻製。
いつもながら魚の裁きはすごいです。
ono.jpg
onoさんは韓国風宮廷料理です。
チャプチェは見た目よりもずっと手のこんだもの。ちゃんと作ると材料一種類づつ炒めてから全体を合わせるというものです。onoさんは材料にもこだわってトラジも入ってます。
もう一つこちらは串さしのもの。それにマコモタケのお料理を作られてました。
FUJIKA_20121112012805.jpg
Fujikaさんは栗をいれたロールケーキをお酒が入ったものと入らないものの二本です。
raku.jpg
楽子さんは手羽餃子。
手羽先を骨を抜いて肉あんを包みこんで揚げたもの。
これ前にも作ってくださいましたがとっても美味しいです。
肉あんが残ったので私の焼売の皮で包みあげたものも作ってくれました。
kaie.jpg
カイエさんは二種類の手作りソーセージ。白いソーセージはおでんの汁で温められました。
ソーセージというよりもはんぺんに近いふわふわの食感です。
もうひとつのソーセージはスパイシーなもの。
どちらも素晴らしくおいしいソーセージです。こんな手の込んだソーセージもう食べられないかもしれません。
s_20121112012943.jpg
Sさんはとっても大きなルクルーゼでじゃがいもとタラのスープとduckbillさんが手伝ったカルパッチョ。
Ijpg.jpg
Iさんは豚肉のお料理とてんぷらです。
豚肉はローラーポークのロティ。このお料理も手の込んだもので低温で火をとおしたものでした。とってもジューシーなお肉でした。
Iさんのご主人様がお料理がお好きなようでてんぷらも揚げたてを出してくださいました。
My畑のハンダマ、ししとう、シソの穂も揚げてもらいました。


他にもいろいろあったのですが・・・・
誰のお料理だったかわからなくなってしまったものがいくつかありました。上記のお料理も違ってたらごめんなさい。

最後にうちのです。
pome_20121112015030.jpg


白樺湖 きのこの会その2 きのこ狩り

RIMG0883.jpg
これは食べられないきのこです。絵的はいいでしょう。

またまたすっかりアップするのが遅くなりました。

横浜もすっかり朝夕は寒いくらいになってきました。白樺湖は今は紅葉に彩られてることでしょう。

さぁ 白樺湖二日目です。朝は雨は止んでましたが曇り空です。
今回はハンナはいないので朝の湖畔のお散歩はなし。
階下にいくともうduckbillさんご夫妻が到着されてました。

朝ごはんに粒粒リゾットを作ってくださいます(夏の時に食べられなかったので食べた~いとリクエストしたもの)

RIMG0844_20121022024105.jpg
そして珍しいきのこを採集されたと見せてくださったのがこれ。前日ご自宅近くで見つけられたんだそう。
きれい!食べられるの??
タマゴタケというんだそう。こんなきれいな色のきのこがあったら毒きのこと敬遠してしまいそう。
duckbillさんもすっかりきのこ採り名人になりつつありますね。
RIMG0848_20121022022653.jpg
朝食に昨夜のFujikaさんがとってきたアンズタケ(ジロール)を使ってオムレツを作ってと・・・
え~~!私が作るの?
ついでにこのタマゴタケのオムレツもですって。
オムレツあまり自信ないんだけどなぁ。
私は生の卵が食べられないんです。目玉焼きも両面焼きにしてしまいますしオムレツも固めに焼いてしまいます。
でもみなさんは柔らかいオムレツをお好みでしょうね。
あんまり作らないけど柔らかいオムレツつくりましょう。
アンズタケをサッとバターで炒め卵液の中にいれてオムレツ。
タマゴタケも同様に。でもこちらにはご希望で生クリームなし。
page_20121022025933.jpg
半熟を狙いましたがちょっと早かったみたい。卵液が流れてる~。皆さんごめんなさ~~い。
タマゴタケの方は色が濃いです。あの黄色から色素がでるようです。
RIMG0852_20121022022832.jpg
リゾットもできあがりました。リゾットにはヤマドリダケモドキがはいってます。
page_20121022023917.jpg
他には昨夜の残り物やらが並びます。ご飯は前夜のうちに残ったものをシソの実づけ入れておにぎりにしておきました。朝から豪華版でしょう。
昨夜Fijikaさんが粉とバターをそぼろ状にしたのをリンゴの甘煮にかけてデザートに。
朝からデザートうれしいです。

食後は山にきのこ狩りに行きます。山用に畑で使ってるガーデン用長靴を持ってきました。これは大正解でした。気にせずバカバカ歩けます。夫は出る前に車から長靴を玄関に置いて来たのでしまったと言ってました。
page_20121022024619.jpg

昨年と違う道から入るようです。
なかなかきのこにお目にかかりません。見つけても絵づらはいいけど食べられないと。
そのうち山栗を発見。拾いあつめ、これこそ栗拾いです。
ようやくクリタケ発見。
みんな一斉にカメラを向けます。
page2_20121022025147.jpg
昨年よりはきのこが少ないですがなんとか採れました。
山荘に戻りきのこの分別です。
きのこを分別して写真とりましたが名前わすれてしまいました。

きのこ狩りの後は希望者で自由農園に買い物に行きました。
これは絶対に参加しないとね。めずらしい野菜がある可能性大です。
ありましたよ~。大きななすで『ていざナス』というもの。
1個280円は高いかな?でも売ってないからゲット。
宿祢かぼちゃは小さいものを選びました。ほかにサボイキャベツと白いんげん豆も。
あとは紅玉。それに帰りに寄れるかわからないので夫の好きないなごの佃煮。
山荘に帰ったらcononさんご夫妻が到着してました。
これで全員集合です。

お昼にお雑炊を作ってくださったので食べてからさぁ夜の準備です。

と続けたいのですが、お料理いろいろで長くなりますので別記事にします。





白樺湖 きのこの会その1 前夜祭

RIMG0816.jpg
先週の連休の出来事です。
あっという間に一週間経ってしまいました。

また白樺湖のわらびさんの山荘に行ってきました。
秋なのできのこの会です。

今年は猛暑で雨が少なくてわらびさんはなんども山荘に行ってきのこの状態をみてましたがきのこが出てないという報告でした。
産直でもきのこがないとか。

きのこがあるなしは別にし集合です。今回のテーマは居酒屋です。
うちは何しましょう。夫が居酒屋といったらモツ煮だろう。
モツ煮私あまり作りません。そしたら夫が作ると言うではないですか。
ではお願いします。で一品は決まり。
モツのいいのがないので南部市場まで買いに行ってきました。野菜も用意して金曜日に作るんだそう。
金曜日は練習で私は留守です。モツ煮大量に作ってどうやって運ぶ?そんな大きい保存容器ないので圧力なべで作ってもらって蓋をきっちりすれば揺れても大丈夫でしょう。
練習から帰ったらモツ煮が鍋いっぱいできてました。

きのこの会は7,8日だったのですが6日に山荘入りします。
連休初のは中央道は朝渋滞なのでそれが終わった頃を見越して10時半ごろ出発。
今回はハンナはお家でお留守番。よろしくね。
散歩とご飯は弟にたのんであります。夜は息子が帰ってくるので寂しくはないでしょう。でも心配。

楽子さんから中央道で車両火災があるようだと電話がきました。
なんだかわかりませんが八王子の道の駅によって食事をとってからICへ。
RIMG0813.jpg
道の駅滝山ではこんな大きな原木椎茸がありました。買おうかと思いましたが目的がきのこ狩りなので止めました。
通行止めの表示があるかなと思いましたが何もないです。スイスイ行ったのですがすぐ渋滞。相模湖まで2時間だって。
高速なのでどこかにそれるわけにもいかず渋滞にどっぷりです。13時50分に処理終わり通行止め解除になりましたがそう簡単に渋滞がほどけるわけないです。
小仏トンネルのあたりで楽子さんにメールしたらトンネルの出口付近にいるとのこと。あら近いじゃない。
この事故渋滞以外には何もなく山荘に到着。
車が三台ありました。
onoさんは前夜おそくに山荘入りしてます。後はFujikaさんと楽子さんのところの車です。あとの人はまだのよう。
pageb_20121014162236.jpg
リビングでは女性三人がなにやらやってます。みるときのこがいっぱい。
Fujikaさんが地元で見つけてきたヤマドリダケモドキです。こんなにきのこいっぱいなら明日のきのこ採れなくても大丈夫ね。

山荘の持ち主わらびさんご夫妻の到着はもう少し先です。

さぁ晩御飯どうしますか?
pagec
家はIC降りたところで釜飯をかってきたのですが楽子さんが湯葉を持ってきたので湯葉鍋をonoさんはだまっこ鍋を作ってくれるそう。山荘の夜はもう寒いので暖かいお鍋がいいです。
paged
My畑からサツマイモの蔓を持っていったのでFujikaさんが皮を剥いてくれてきんぴらに。葉のほうは先日ブログにのせてた台湾のお料理でニンニクと塩の炒め物にしました。

わらびさんご夫妻が到着。
続いてカイエさんファミリー、初参加のSさんファミリーが到着。もう一組の初参加のIさんはもっと遅くなるとか。

お鍋の中には先ほどのヤマドリダケモドキがたっぷり入りいろいろ並びました。
他にもいろいろ出てきます。
page_20121014163740.jpg
onoさんが鶏胸肉の烏龍茶煮を出してくれたり。お刺身はSさんからだったかしら。カイエさんがきゅうりの和え物をつくってくれたり、ふみえさんがお肉のお料理を作ってくれてあっという間にごちそうがいっぱい。
onoさんのパンやリンゴとプルーンのクランブルがあったりとすごいです。旦那様と二人で作ってたようです。
夫作のモツ煮も食べちゃう?と聞いたら明日のメニューだからダメと。

きのこの会前夜祭です。
RIMG0843b.jpg
食後わらびさんが山栗をだしてきてみんなで栗の皮むきが始まりました。
山栗は小粒なので大変そう。この写真では夜10時半ですね。大分かかってましたよ。
きれいに剥けてました。みなさんご苦労様でした。
ふみえさんに聞くとクリクリご飯になるそう。
クリクリとは山栗と栗茸のご飯なんですって 楽しみですね。

夜遅くIさんご夫妻が到着。Sさんファミリーはご自分の山荘に戻られました。

外は雨が降ってました。
静かに山の夜は更けていきます。明日はきのこがとれるでしょうか。






白樺湖② スペシャルなワインの夕べ

RIMG1213_20120830085018.jpg
残暑厳しいですね。さすがに疲れてきました。

白樺湖①かなりの日数が経ってしまいました。
わらびさんがお料理をスライドショーにしてたので私も真似してといろいろ試してました。
pikasaで作ったものをyoutubuでupさせるのが一番簡単かなと思ったのにエラーがでたり、ではフォト蔵でと四苦八苦。フォト蔵でなんとかupできましたが写真コメントが入らなかったり思うようにいきません。
丸一日の事ですから長いですよ(笑)

山荘の二日目です。
昨日の天気で(予報でもあまりよくない)雨かなとカーテンを開けたらいいお天気。
そして空中に気球が浮かんでます。早朝から元気ですね~。

さぁ ハンナ!清々しい空気の中で散歩だよ~~
page2_20120830085550.jpg

夏休みの日曜なのでか駐車場にも車が多く、湖畔でキャンプをしたようでテントが見えます。

気球はどこだ???
ん! いないぞ~~

と思ったら下の方にいました。そしてまた上にあがっていきました。気球にボイラーで熱風を送ってるガ~~という音が聞こえます。

朝の散歩は気持ちいいです。夏休みなので人も多いですね。

山荘周辺のお花です。

山荘に戻ってきたら裏の方でduckbillさんが何か追いかけてます。
蝶のようでカメラを持ってくると戻っていきました。
そばに蝶がきたので一枚だけ写真を採りましたがピンボケすね。蝶はアサギマダラというそうです。

朝ごはんはふみえさんが栃尾油揚げを出してくださったのを焼いたり(それがうっかりしてて片面が真っ黒けになっり慌てて削りました)トマトと卵のスクランブル、昨日ののこりやらいろいろあったのですが朝からぼーっとして写真を撮り忘れてます。

一日遅れで入ったので産直には昨日皆さんでお買いものに行ったので二日目は自由行動です。

近くにいろいろ行くところもあるのですがのんびり(でもお出かけした方もいたみたい)
結局みなさんキッチンで何かしてるという状態。私も前夜茹でておいたタピオカはどうかな?と。
miyakoさんのダンナ様と娘ちゃんがお昼頃山荘に来てから白馬にキャンプに出掛けるとのこと。

あ~~ら ディナーにはいないの?
私がムサカを作るけどジャガイモを焼いて入れるかマッシュポテトにして入れるかと聞いたらマッシュポテトがいいと真っ先にこたえてくれたのがmiyakoさんなのに食べられないの?

ミートソースは作ってきたので午後は焼くだけにしておけば楽よねと早いけどマッシュポテトを作り、ナスにオイルをかけてオーブンで焼きました。後はオーブン皿へミートソースを重ねてグリエールチーズをふりかけ焼き上げるだけ。
miyakoさんが夜までいないならキャンプに持って行ってもらえばいいよね。
で焼いてしまうことに。
ついでにタピオカココナッツミルクも作ってしまいましょう。

これで私の二品は作ってしまったので後はみなさんのお手伝いに徹します。

miyakoさんのダンナ様たちは事故渋滞でなかなか着きません。
チチタケが採れたので冷凍うどんを買ってきてと頼んでくださったのですがお昼には間に合わないよう。
page_20120830085854.jpg

皆さんいろいろ作るのに懸命でお昼のことなど忘れてる。
わらびさんが大きい珍しい器を出してきてハナビラタケのソテー(だったかしら?)や十六ささげのトマト煮などを昨日のonoさんが焼かれたパンにのせたカナッペを大きなお皿にもり簡単にランチです。miyakoさんがフルーツの盛り合わせやあんずのパイを作りました。
わらびさんがスパークリングワインを開けてくださいました。
ディナー用のつもりでしたが焼きあがったばかりのムサカをお昼に食べてしまいましょう。
大きなオーブンディッシュですが21名で食べるには少ない。onoさんが疲れたと二階で休んでるので3人分を確保しておかないとなくなってしまいます。
まさかお昼に食べてしまうとは予想外でした。こんなことならもっと大量につくればよかったです。
でもみなさん温かいしっかりしたものが食べられてよかったと言ってくださいました。

ようやくmiyakoさんのダンナ様たちが到着(2時ごろだったかしら)、時間があまりないようで少し休んだだけで荷物を詰め込みキャンプ場へと向かいました。

午後のキッチンではみなさんがいろいろ作ってます。
カイエさんが調達してきた肴を捌いたり、ワタリガニの下拵え、昨日とれた大きなハナビラタケで茶碗蒸しを作ろうとか、冬瓜をすっぽんのスープで煮て寒天寄せにするとかいろいろなお料理が始まってます。
私は本当にやることなくなってしまって畑からとってきたルッコラセルバチコとマーシュと湖畔のクレソンとトマトでサラダを作っただけ。
すずらんの湯に行って さぁ5時!!ディナー開始です。
またいろいろ並んでますよ。
RIMG1260_20120830135918.jpg
テーブルにはディナー皿にローストビーフ、生ハム、マンゴー、スペアリブの煮物、まくわ瓜が並んでるものがグラスとともに並んでます。
これはわらびさんが提供してくださったもの。おいしいお店のローストビーフ等を調達してくださったものです。
まずは白ワインで。RIMG1283_20120830140007.jpg


今回はお料理全部が並んだテーブル自体を撮ってませんでした。
カメラに収まったものをスライドでご紹介しますね。

少し説明を入れます。
いわしのマリネとレバーのパテとオリーブのマリネは楽子さん作。
鮮度のいいいわしだったのでマリネにして持ってきてくれました。大きいいわしですが生臭さはなくおいしいです。

二種類の鯛のカルパッチョは素材はカイエさん提供で作り手はduckbillさん。
タンシチューはduckbillさん お家で煮てきてくださったもの。

ワタリガニはカイエさんが素材提供、調理は中華はお手の物のcononさんが中華の炒めものを作ってくれました。
cononさんの奥様のakkuさんがトマトに生ハムをのせてサルサのようなソースをかけた一品を。

Fujikaさんはハナビラタケと海老をいれた大鉢の茶碗蒸しを。
下仁田こんにゃくを仕入れてきてくださハナビラタケと盛り合わせた一皿。
サザエのワタをエスカルゴ風に。

onoさんは冬瓜をすっぽんスープで煮て寒天寄せにしたもの。上にジュンサイのあんがかかってます。
豚肉のパテ(多分onoさんだと思います)とひよこ豆などのディップ類。

他にチーズ等がいろいろ。

RIMG1286_20120830090013.jpg
そして今回の大目玉が登場。
大きな木箱に収まった大きなワインです。
RIMG1288_20120830090134.jpg
1990年のオーパス・ワン・インペリアルです。
容量が6リットル。
RIMG1290_20120830091126.jpg
こんな大きいワイン見たことないです。普通のワイン比べてみました。

このワインはわらびさんが還暦を迎えるときにと大事にしてたもの。
こんなビンテージワインをいただけるなんてすごい!
どんな味するんでしょうね。
誰もわかりません。興味津々です。

わらびさんがコルク栓を開けようと何度か試みましたがびくともしません。
ナイフでコルク栓の周りに刃をいれてとうとう開きました。
みんなパチパチ~~RIMG1293_20120830090651.jpg
ボロボロになるかと思いましたがちゃんと抜けました。

RIMG1294_20120830091035.jpg
そしてワイングラスに注がれたオーパス・ワン
香りはまだ開けたばかりでそんなに香りません。
味は思ってるよりもずっと飲みやすいです。
わらびさんがこの1杯で1万円はするというのでビックリ。よくよく味わわないと~~
こんな高価なワイン後にも先にもこれっきりでしょう。帰ってからこのワインを検索したら楽天でありました~~。さすがにいいお値段です。興味ある方は探して見てくださいな。。
やっぱり山荘に来られて良かったです。でなければみなさんのブログをみて悔しがってるでしょう。

だんだん風味と味が変わってきます。
このジャンボなワインあっという間になくなってきます。
最後はオリが溜まった部分をコーヒーフィルターで濾しました。
このあたりはこくがあって美味しいです。オリもおいしいと食べてる人も。

22年もあたためておいたワインがあっという間に空に。
記念にラベルにみんなで名前とコメントを書きました。090.jpg

わらびさん還暦(少し早いですが)おめでとうございます!! ごちそうさまでした。

このワインすごいところはあまり酔わないです。
普通ワインを飲んで立ち上がるとクラっとするんですが・・・大丈夫でした。
その後ブランデーやらグラッパやら強いお酒の登場。私も少しいただきました。
私もだいぶ強くなってきたみたいです。

そしてカイエさんがまだお料理に取り掛かってます。
たっぷりの焼きナスをつかって山椒カレーです。
そして捌いた魚(ホウカイボウだった?)にわらびさんが買ってきたフェンネルの根株をクリーム煮にしたもの
が登場。
カイエさんのお料理はいつもながらすごいです。すぐアイデアが出てくるところが素晴らしいです。そして美味しいし、本当にお料理がお好きなんですね。

今回初めてお目にかかったFujikaさんのダンナ様がとってもお話が楽しいです。
ある路線の50ヘルツと60ヘルツで切り替わるときに止まるとか、霊柩車の派手な屋根はどこの地方まであるのかとか冷蔵庫(たまたまFujika家と我が家の冷蔵庫は同じメーカー)の使いにくいところのうっ憤やらfujikaさんの干し柿の季節になる足の踏み場もなくなるとか、ブルーベリーはこうあるべきだとか、まだいろいろありましたが記憶の片隅にあるのだけ。
この頃には少しづつお部屋に戻り最後までいたのは数人でした。

こんな風に二日目の夜は更けていきました。
おつきあいありがとうございました。

③につづく・・・・・?




白樺湖にて① 夏カレーの会

RIMG1210_20120819173358.jpg
これは山荘のテーブルに置いてあった野の花。名前はわかりません。

もう一週間も前のことになります。
お盆休みに入る前の土曜日の午後からわらびさんの山荘に滞在させていただきました。
山荘は今年二度目で夏は初めてです。

6月の山菜の会の時にカレーの会をしようという案がでました。
テーマをカレーにしていろんなカレーを食べようというのです。
そしてお山の夏はとっても涼しいんですって。皆 「わ~~!来たい~~」

これは絶対に行くぞとと意気込んでたのに・・・・
カレーはそんなに得意ではないですが市販のルーでなくなにか特徴あるカレーはと探してルーを作って冷凍しておいたのですが・・・
夫が友人たちとの旅行と重なったとえ~~!日にち変わらないの??

私が運転すればいいんだけど4、5時間も一人で(ハンナも一緒)運転で山のぼりは自信ないなぁ。
今回はスケジュールが合わないので欠席とお返事したらonoさんが一緒にとお誘いのお声をかけてくださいました。
onoさんご夫妻には昨年の山菜の会の時も車に乗せていっていただきました。
私だけならともかくハンナまで一緒に乗せていただくのは気がひけるので諦めました。
ハンナ自身も他の車にあまり乗ったことがないし駐車場が大っ嫌いで大騒ぎで吠えまくります。
ご迷惑をかけるので今回はお断りしました。

そしたら木曜日の夜になって夫の旅行が1日ずれてることが判明。
土曜日の午後には帰るので行けるかも・・と
行かないと断ったのに今さら~~??
しばらく携帯を手に考え込んで意を決してわらびさんに電話しました。
アハハと笑われて「ぜひいらっしゃい」と。
で急遽参加することになりました。ありがとうございます。

それからが大変!行くつもりなくてカレールーはその二日前に食べてしまってる~~。
1日遅れ(東京方面の人は金曜日の夜には山荘入り)なのでテーマの夏カレーは作れません。
翌日は今年はわらびさんが9月にお誕生日で還暦を迎えその日のためにずっと寝かせておいたワインを開けるというのでワインにあうお料理を作るということになってました。
さて何つくったらよかんべ~~
スケジュールも詰まってて買い物に走る時間があまりないです。
畑のナスと保存中のジャガイモはあります。冷凍庫にはグリエールチーズもたっぷりあるしひき肉がたまたまたくさんあったので思いついたのはムサカ。
これならパーティー料理だわね。山荘には大きなベーカーもあります。
ミートソースだけ家で作って運べばあとは楽です。
ムサカとデザートにタピオカココナッツを作りますとメールをしておきました。
タピオカはやはり少し前に食べてしまったのでキッチンヘルプに飛んで行ってココナツミルクと調達。

皆さんへのお土産も買いに行ってる時間ないよ~~。
先日作ったパリキュウ息子がやけに気に入ってくれてるのできゅうりが安いので大量に作りましょう。
8件分ですから先日載せたレシピの倍は必要です。

土曜日の午前中はどうしても外せない用がありお出かけ。鎌倉山ボンジュールに寄って山荘に持っていくパンを買ったり紀伊国屋に寄ったりしてたらメールが。夫が予定を早めてお昼には帰れると。
え~~!食材等をクーラーバッグに詰め込み畑に水やりをしてからの予定だったので大慌て。
山荘にいる楽子さんから電話でガラムマサラを忘れたとのこと。夕飯までに着くかどうかわからないのにそりゃ無理だわ。誰かが買いに走ってくれたらしい。

2時に出発というのでパンをかじりながら汗だくで準備。
畑に水やりにいって時間がかかましたがなんとか2時半に出発できました。

さぁ道路がどれだけ渋滞なんでしょうね。
横横道路はそんなに混雑はしてませんでしたが保土ヶ谷パイパスはもたもた。
東名横浜町田のあたりまで約1時間もかかってました。
八王子ICからは中央高速はあまり渋滞はなかったのですが黒い雨雲があり雨が降ってきました。
途中でわらびさんから電話。
「今どこ? 後1時間くらいだね。もう盛り上がってるよ~~」と
今回は予定通り5時開始となったようです。

高速を降りてからは雨は小降りでよかった。
春の時のように山荘に着くころに止んでくれてるといいんだけどね。

白樺湖の周辺に来たら雨はパラパラですが道路にかなりの水たまりができてます。
予定通り7時少し過ぎに山荘到着。
少し前はこのあたりかなりの大雨が降ったようです。(今回もラッキー)
いつもの面々と今回初めて参加のcononさんご夫婦とずっとお目にかかることができなかった Fujikaさんのダンナさまにご挨拶。

この時の参加者は楽子さんご夫婦、Fujikaさんご夫婦、miyakoさん親子、onoさんご夫婦、duckbillさんご夫婦、cononさんご夫婦、私たちとわらびさんご夫婦の16人+二匹。
名古屋からのカイエさんファミリーはかなり遅くなるよう。
明日はmiyakoさんのダンナ様と娘さんが来られますので21名+二匹の大所帯となります。

page_20120819174051.jpg
もうお食事は終わったようで飲んで盛り上がり、皆さんが作られたいろんなカレーを早速いただきます。
説明だけなので違ってるかもしれません。
楽子さんのグリーンカレー、duckbillさんのレンズマメのカレー、cononさんの豚肉とサワークリームのカレー、チキンカレー、夏野菜のカレー、茄子のペースト、十六ささげのトマト煮、インドのパン、じゃがいもいろいろ食べ比べ、miyakoさんのデザートのワッサーのパイやラッシーなどがテーブルにのってます。
カレーは全部が写ってません。もっとあったんですよ。

RIMG1208_20120819174346.jpg
その前にキッチンで呼んでるのでいってみたらなにやかみたことないきのこのようなものがありました。
ハナビラタケというきのこでいくつかに分割されてましたがなんと一つだったんですって。
重量が1kg以上もあったらしいです。
これはFujikaさんとダンナ様がゴミを捨てにいって見つけたんだとか。
生えてるところの画像はどなたかがupしたらリンクします。
わらびさんのブログにリンクします。
さすが採集生活のFujikaさん。でもこんな大きいハナビラタケはめったにないものだとか。すごいですね。
明日はこれをお料理するようです。
RIMG1194_20120819174232.jpg
そして出してくださったのはcononさんが奥様のakkuさんのご実家から持ってきてくださったという大きなさざえをcononさんがお刺身にしてくださいました。。
akkuさんのお父様が漁師さんなんですって。こんな大きなサザエあるんですね。初めてでびっくり。

コリコリとアワビの水貝のような食感です。そばにあるのはワタ。新鮮なので臭みもないと夫が感嘆してました。私ちょっと苦手だけどちゃんと食べましたよ。
お土産で売ってるサザエの5倍くらいはあるかしら?身もたっぷりです。

白樺湖は3年ぶりに前日花火が上がったんですって。Fujikaさんmiyakoさんたちは夕方について見られたとか。

盛り上がってると向こうの方に花火が上がりました。女神湖の花火なんですって。

皆様のカレーはどれもおいしかったです。さすが料理上手の集まりですね。
私なんて作らないで正解でした。
ご飯も二種類あり、ワイルドライスがミックスされたもの、ジャスミンライスでした。

前回はものすごくたくさんのお料理があり時間もかかってしまったのでテーマを決めたのは良かったみたいです。

カイエさんファミリーは到着が翌日に時計の針が回った頃到着。お疲れ様でした。

今回は人数が多いので私たちはハンナが一緒なので一部屋いただきましたが女性部屋、男性部屋と別れての宿泊となりました。私も女性部屋でご一緒したかったなぁ。

バタバタの一日が終わりました。

明日は晴れるかしら?



山菜の会in白樺湖

RIMG0161_20120610022551.jpg
これは白樺湖畔のタンポポの綿毛。山はまだ新緑の季節でした。
1週間前の山菜の会をご紹介します。あっという間に一週間経ってしまいました。
もちろん今回も白樺湖のわらびさんの山荘におじゃましてきました。
参加者はduckbillさんご夫婦、楽子さんご夫婦、カイエさんファミリー、美也子さん親子、onoさんご夫婦、わらびさんとふみえさん、そして私たちの14人+ワンとニャンの大所帯。

山菜の会のお知らせメールをいただいたのが4月半ばでした。
その少し前に医師会主催の東京スカイツリー見学バスツァーがあり各医院から4名募集がありみんなで行こうということになってました。
山菜の会と開催日がダブってしまいました。
どっちも行きたいけど無理だよね。
バスツァーは先着順とのことらしいですがどうなるかわかりません。
はずれれば山荘に行けます。
なかなか結果がでてこないので聞いてもらったら応募者が多すぎで調整中とか。各医院2名にしてもらいたいとのこと。
そんな状態では無理なので諦めることに。
土曜日は仕事が入ってましたがローテーションを変えてもらい山菜の会へ参加決定。

最初は土曜日の早朝に出るつもりでしたが混む可能性ありで金曜日の午後出発することになりました。
午前中はマンドリン練習があり帰ってから荷物や食材を車に積んで3時過ぎにようやく出発。
この日は晴れていたのですがお昼過ぎに雷がゴロゴロ。
不安定という天気予報どおりで高速に入ったらすぐザーッと雨が降ってきました。
町田あたりにきたら晴れてきて中央高速を出るまではいい天気で山の麓から霧のようなものが沸き立って神秘的な風景でした。諏訪ICを出たらまた雨が降ってきました。
止みそうもない雨でしたが山荘近くにきたら降ってません。ラッキー!なんと月まで出てます。

わらびさんご夫妻は午前中でお仕事を終わりにして到着されてました。
岡崎のカイエさんファミリーが朝から出るとのことでしたがまだでした。

ふみえさんがナスを揚げてくださり夫が午前中畑から抜いてきた大根をおろしとふみえさんの山菜のお料理で簡単にお夕飯をいただきました。
ミニ大根が美味しいと褒められました。
そうこうしてるうちにカイエさんファミリーが到着。
温泉が閉まる前だったので温泉に入ってきたとか。
岐阜の美也子さん親子も到着。
これで金曜日に集まるメンバーは全員集合。

翌朝はduckbillさんご夫妻がいつものように朝早く到着。
一緒に朝食をいただきました。
RIMG0084.jpg
汁物はふみえさんが最近種がmyブームとかでクミンシードを使ったスープを作ってくださいました。
具が「ん!トリッパが入ってる」と思ったら山荘でとれた編み笠茸でした。トリッパそっくりなんですよ。
このスープにduckbillさんが作ってきた豚背骨と鶏で作ったスープストックを入れたとかでとっても美味しかったです。

名古屋の楽子さんご夫妻は朝発ったので10時半ごろ着とか。
ではまずは佐久の産直にお買いものにでます。
産直三軒とスーパーを回って山荘に帰ったら楽子さんたちが到着してました。

RIMG0091.jpg
さぁメインイベントの山荘のお庭のわらび採りです。
今年はわらび泥棒にたくさん採られてしまったとかであまりないのかなと思いましたがそんなことないです。
でも今年は春が遅かったので山菜も生育が遅れてます。
昨年はもっと伸びてたような気がしますし、ふきがまだ小さいです。
でも大勢で採ったらすごい量が採れました。
RIMG0095_20120610023430.jpg
わらびさんがお庭のすみの方で編み笠茸を見つけてくれました。
「わ~~!」みんなで大騒ぎ。生えてるのは初めてみます。昨年のきのこ採りを思い出しますね。
1本かと思ったらあっちにもこっちにも発見。

わらび
収穫はこんなです。
すぐわらびの処理です。
なんと5箱にもなりました。昨年は2箱だったかしら?
warabi_20120611001828.jpg
灰を振りかけてお湯をたっぷりかけます。
この量なのでキッチンからお湯を何回運んだかしら?
このまま一日おきます。

ケーキ
お昼はわらびさんが最近でき新百合丘のケーキ屋さんから買ってきたケーキをいただきました。
なぜお昼かというと夕飯のあとでは食べられなくなるでしょうからという理由です。
茶色の丸いケーキにワンコの肉球のような模様が気になりますね。
これはカラメルとバナナのケーキです。もう一つはラズベリー風味の爽やかなケーキです。


少し休んでキッチンスタジアムでお料理開始。美也子さんはほう葉寿司にするというのでほう葉探しに。
カイエさんが買ってきたアイという魚とカワハギ、イトヨリはお刺身にするのでduckbillさんの出番です。
今回は何品できるんでしょう。なぜか今回は主食ものが集まってしまいました。
美也子さんのほう葉寿司。
カイエさんあい
カイエさんが前日市場から購入してきたアイです。100円玉が置かれてるのはどこくらいの大きさかが解るように。
アマダイに姿が似てます。このアイをduckbillさんが解体しカイエさんが笹巻き寿司に。
楽子さんがタイ料理で蓮の葉つつみご飯。
onoさんのコシャリ。私が手打ちオレキエッティ。

きのこの会では揚げ物が重なりました。みんな考えることが同じなのかな。

珍しいものはduckbillさんのタコの卵。写真ではみたことありますが生は初めて。こんなボール状で突き破ると卵は細長いんです。
page_20120611003153.jpg
それとシャコを持ってきてくださいました。大きくて立派なシャコです。
シャコの姿を見るのは久々です。家の方の柴漁港は東京湾のシャコが採れるので有名ですが最近はあまり採れないので日曜の漁港での売り出しでも見ることはめったにないです。
かなり以前は生のシャコが網袋にはいって売ってて母が買ってよく持ってきてくれたものです。
生のうちに茹でて足を取りますがたくさん入ってるので面倒だなと思ったものです。
たまに魚売り場で売るころもありますが活きシャコでないので茹でたら身がほとんどないというものでそれ以来買ったことないです。
シャコ楽しみだけとちょっと心配。

わらびさんが5時頃から食事にと言ってましたが全然出来上がりません。
私はテリーヌを作って持ってきたので切るだけ。オレキエッティはduckさんの奥様とふみえさんに手伝ってもらって500gのセモリナ粉で作りました。
オレキエッティは来る前にテストで作って夫が彩が悪いというのでカラフル野菜たっぷりのペペロンチーノ風とトマトソースの2種類をつくるつもりでした。

onoさんご夫妻が夕方到着されて作るのがごはんにマカロニ、スパゲッティ、レンズ豆を合わせたコシャリというものを作られるというのでオレキエッティは半分にしてペペロンチーノだけにしました。
オレキエッティはそのまま乾燥させてしまえばいいでしょう。

お料理はどんどん出来上がりますがまだ続いてます。結局食べ始めたのが8時になってしまいました。

テーブルにのった全部のお料理の写真を撮り忘れました。

皆様のお料理をご紹介しますね。
今回もすんごいことになってますよ。

duckbillさん
duckさん1a
                        duckさん2a

楽子さん
楽子さんa

カイエさん
かいえさん2a

onoさん
onoさんa

美也子さん
美也子さん2


私a

どれもすごいでしょう。
まだほかにもいろいろありました。美味しかったです。

美也子さん親子が翌日はご実家の田植えのお手伝いでお別れ。


RIMG0180.jpg
翌朝は食べ切れなかったものが並べられました。
ふみえさん炒め物
ふみえさんが山菜のいたどりの炒め物を作ってくれました。いたどりって酸味がありますがおいしい山菜でした。
カイエさんアイ
アイの頭もオーブンで焼いて。
このアイはゼラチン質でプルプルしてます。
ステーキ
わらびさんが昨夜のために用意してくださったステーキ肉。あまりにいろいろありすぎて出番がなくなんと朝ご飯にステーキを焼いてくださいました。
素晴らしくいいお肉でこんなのを朝からたべていいものか?
柔らかくて美味しくいただいてしまいました。
もったいないけどハンナにもほんの少しだけおすそ分け。
ハンナも食べてます
ハンナの一生で後にも先にもこんないいお肉はないかも。

朝食で一応解散になりました。

昨日のわらびを袋詰めにして持ち帰ります。大量でなんと二袋づつになりました。
そしてオフ会恒例の皆様からのお土産と残ったものや山菜などをすこしづつ分けてお持ち帰り。
お土産
RIMG0186.jpg

ハンナがケージに入れられてる時が長かったので一足先に山荘を後にしました。

帰りもしばらくすると雨が降ってきて山荘にいる間は降られずよかったです。

わらびさん、ふみえさん大変お世話になりました。
皆様 おいしいものごちそうさまでした。
また次回を楽しみにしてます。

ふ~~!終わった~~~!これで全部かしら?

長い記事におつきあいありがとうございました。





白樺湖でのきのこの会Part4

ミラー
やっと最後のPart4にたどり着きました。

山荘での最終もいいお天気、今回はお天気には恵まれました。

わらびさんが少し離れた場所にきのこを採りに行く人は6時集合と声をかけてました。
川越さん、duckbillさんは行くと言ってました。

起きてリビングに行ったらカイエさんが一人キッチンにいましたが、車が2台なくてもうきのこ狩りに出かけたようでした。
きのこ狩りにははやりduckbillさんご夫婦、川越さんご夫婦、わらびさんご夫婦が行かれたようです。

ハンナとまずは湖畔をお散歩。湖は人気もなく静かです。山々がミラーのように湖面に写しだされてます。
鳥さんが仲良く泳いでます。(上の写真)

最後の日はみなさんゆっくり過ごして帰られるとか。
連休最後の日なので道路は渋滞は避けられないので早くか遅くかのどちらかにしないと去年のように大渋滞にはまります。

私達は帰りに立川の義母のいるホームに寄っていくことにしたので渋滞前の午前中に出発となりました。

ぴかままさんが起きてきました。

今回のお部屋割はduckbillさんご夫婦、カイエさんファミリー、そしてうちの二人と一匹が一部屋づつ使わせていただき、川越さん、ミッキー男性二人が同室、ぴかままさん、楽子さん、Fujikaさん、川越さんの奥さんの女性四人が同室でした。
私達が後から参加となったので二組のご夫婦を引き裂いてしまいました。
女性四人で楽しそうで私もそっちに行きたいと言ったらもういっぱいだよと断わられてしまいました。

わらびさんたちがいないので何をどうするか?
朝ごはんには香茸ごはんに香茸とろろを食べさせていただけるようです。どんな味なのか楽しみです。
炊飯器を開けてみたらきのこが入ってすでに準備されてます。

ぴかままさんが昨日産直で買ってきたビーツをまきストーブの上で焼いてたのですが夕食には間に合わず朝食用になりました。
137.jpg
ビーツのサラダ。昨夜の手作りマヨネーズにヨーグルトを混ぜて色鮮やかなピンクのサラダです。
ビーツがほっこり甘いんですよ。

昨夜お刺身にしたあとの魚の頭でカイエさんが出汁をとってます。

136_20111025000724.jpg
ひよこ豆やじゃがいもでサラダを。

そうこうしてるうちにきのこ狩りに行ってた人が帰ってきました。
そんなにたくさんは採れなかったようです。(写真わすれました)

さぁ 朝ごはんの準備がはじまります。

昨日のお刺身にした魚の頭の出しはduckbillさんがホールトマトを入イタリアンに味付け。

わらびさんはとろろをおろし乾燥コウタケをグラインダーでパウダーにしたものをまぜてコウタケとろろを作られてます。

果物をカットして並べたり、卵茸をいれたオムレツを焼いたり、シコイワシを焼いたりといろいろならびましたよ。

148.jpg
出来立てのスープを配りいただきま~~す。
お椀によそったので味噌汁のようにみえますがイタリアンなんですよ。
お魚の味がよく出てます。
141.jpg
こちらは生チーズだったかしら?
ジャムが三種類添えられてました。黒イチジクとトマトと???(何だったかしら)
私は黒イチジクのジャムでいただきました。これがとっておいしいです。

149.jpg
コウタケご飯は香りがいいです。これだけでも十分おいしいのですがこれにとろろをかけていただくんですよ。
贅沢なごはんですね。私ならどちらかしか作らないでしょう。
後にも先にもこれが最後かも。
143.jpg
お腹いっぱいですがFujikaさんのロールケーキも食べなくては。
二種類の栗のペーストを巻き込んだロールケーキおいしかったです。

楽しくおいしい時間はどんどん過ぎていきます。
渋滞にはまらないようにはなるべく早く出るしかないです。
名残惜しいですがお別れです。
片づけもしないで食い逃げ状態ですね。

行きよりもはるかに荷物が増えてます。
Fujikaさんが玄関横にそれぞれのコーナーを作ってくれてお土産をまとめてくださいました。
こういうのはさすがにFujikaさんの細やかな心遣いです。
私なんて今回はお土産を準備する時間がなくて買い出しでいったスーパーで花売り場の唐辛子の大きな束で間に合わせてしまいました。
それなのにいろいろいただいてきてしまいました。ありがとうございました。
163.jpg
164a.jpg
167a.jpg161.jpg
ハンナにもふみえさんからフードのセットがプレゼントしてくださいました。かわいいお皿もついてるんですよ。


中央高速も大した渋滞にならず府中ICを降りました。
たしかこの時点で2時前だったと思いますが山荘に電話したらまだみなさんまだいらっしゃるとか。

義母のところに寄って休日の普通の混雑を通って家に着いたのは5時頃でした。


わらびさんふみえさんありがとうございました。
楽しい連休でした。

また来年も楽しみです。





白樺湖できのこの会Part3

106.jpg

なかなか先に進まないですね。ようやく続きです。

メインイベントのきのこ狩りが終わって山荘オフの楽しみのひとつの産直への買い出しツァーに繰り出します。
全員参加ではなく腰を痛めてるふみえさん、楽子さんの旦那さんのミッキー、Fujikaさんがお留守番。
barikenn.jpg
ハンナもこのバリケンに入れられてお留守番。
自由にさせておいてもいいんですがお外に出たがってしかたない様子。置いて行かれたら後を追ってくると大変なことになるのでバリケンに突っ込まれました。
川越さんご夫妻は別のところにきのこ採りにいかれました。

今回は佐久方面の産直ではなく、立科の自由農園を二か所とスーパーマーケットを回ってきました。

最初に行った自由農園は産直なので野菜や旬のりんごがたくさん並んでます。
赤いルバーブやマルメロに食用ほおずきもありました。
かぼちゃも珍しいものがいろいろあります。
jannbokabotya_20111021003808.jpg
こんな大きいオレンジ色のかぼちゃ。大きさ比較にカイエさんのチビ姫ちゃんと一緒に撮ってみました。
これはハロウィーン用なんでしょうか?
077a_20111021003914.jpg
そしてぴかままさんが抱いてるのは宿儺かぼちゃ。これは小さめです。
結構お高いかぼちゃですがここではかなりお安かったようです。(買ってくればよかった)
これも甘くておいしいかぼちゃです。
これをみて昨年好評だった夕顔がないかなと探しましたがもう時期はずれだそう。
バターナッツもありましたが1個250円と家の方で買ったのより高いです。
私は赤いルバーブとマルゲリット・マリーラ(大きい洋ナシ)と食用ほおずきを購入。

次の自由農園も似たようなものが並んでます。
こちらの方が食用ほおずきが皮をむいたものがパックになってて少し安いです。
じゃがいもがいろんな種類がありアンデスと長いもを買ってきました。

最後はスーパーでパーティー用に足りない食材を購入。
私はタブレ用にパセリとお豆腐とトマトとレモンを購入。家の方でなぜかパセリがなかったんです。
でも現地のスーパーのパセリが高いのに楽子さんとびっくり。それもほんの少ししか並んでなかったのでこれで我慢。

それぞれお買いもの終了。山荘に戻り一休みして準備にかかります。
Fujikaさんが何やら山荘の外でなにか洗い物してます。
Fujika_20111021022139.jpg
畑でとれたサトイモできのこ鍋に使うものだそう。

わらびさんから5時から始めると言われ時間はたっぷりあります。
まずはカイエさんがひよこ豆やら豆類をゆで始めました。

私が今回作るのはチキンカツとタブレとお豆腐とトマトと豚肉の煮ものです。
チキンカツには普通のソースでもいいのですが楽子さんがサルサの記事を書かれてたのでサルサソースを作ってとリクエストしてました。
たぶんこういうソースだとカツがさっぱりいただけるかなと思って。
もう一つのソースはマスタードマヨです。ディジョンのマスタードにマヨネーズを合わせたもの。
なんの変哲もないチキンカツですが素材のチキンにはこだわって大船の鳥恵さんに注文を入れておいたもの。
ここのは胸肉に小さい骨がついてコートレット型になってます。
パーティーには見栄えがいいんではないかしら。なるべく小さめの肉でとお願いしてましたが開いてみると結構大きいです。
これだけでおなかいいっぱいになっちゃいそうと言われましたが一応人数分あるんですよね。
残ったらお持ち帰りにしてもらいましょう。
ふみえさんに手伝ってもらって衣つけ。14枚もあると手伝ってもらえると助かります。
ぴかままさんが故郷のお料理のザンギを作るので鶏の揚げ物が二種類になってしまうと心配してましたがぴかままさんはもも肉、私のは胸肉なので重なっても大丈夫でしょう。
ザンギを揚げ終わってからカツにとりかかります。
syokki.jpg
食器はこのようにたくさんそろってなんでもあります。
大皿類は別の収納場所にこれまたたくさんあります。
そこからいくつか選んで置いておくと早いもの勝ちで使われてしまいます。
Fujikaさんが一番大きい黒いお皿を取っておいてくれました。
これは春にはタコの香味サラダを山のように盛り付けたものでした。
お料理はどんどん出来上がっていきます。
マヨネーズはぴかままさんが手作りマヨネーズをいとも簡単に作ってくれました。
mayone-zu.jpg

カイエさんは今回もこだわりのお料理をいろいろと作ってます。
来るときにお魚を買ってこられたようでカサゴ(ではなくノドグロだそうです)はお刺身なんですって。
ここでduckbillシェフの出番。
手際よく三枚に裁いて霜降りにして薄づくりをつくってしまいました。さすが~~。
私が手伝ったのはもみじおろしを作ったくらい。

duckbillシェフは昨年のフィノさんの京都のタケノコの瓶詰を持ち込んで姫皮のカルパッチョを作られるよう。そして手打ちパスタを作る予定のようでしたがいろいろありすぎなので止めようかと・・・・
いえいえ食べたいので作ってと要望。
なんとパスタマシーンまで持ってこられてました。
慣れた手つきでパスタを伸ばし、奥さまのMさんがリコッタチーズやオリーブを置いてあっという間に生っパスタ完成。これを茹でてソースは白いんげんのソースです。

kinoko_20111021021425.jpg
テーブルの方ではミッキーが朝採ったきのこやわらびさんが用意してくれたきのこ、イノシシや羊などの肉類をお皿に並べたものにひとつづつ名前を書いた旗をたててくれてます。
Fujikaさんは出来上がったお料理をきれいにセッティングして料理名と制作者を張り付けてくれてます。

omiso_20111021022159.jpg
そしてこのきのこ鍋の味付けにとみなさんが作ってるお味噌を少しづつ持ってくるようにと言われてたのでお味噌集合。みんなで味見。それぞれに味が違うものです。
家の味噌は今年は作るのが遅くまだ熟成途中で昨年の残ったものです。
以前やってたお味噌交換会を思い出します。
これらの味噌を合わせ味噌にします。

5時開始は大幅に遅れ女性陣は温泉に行く時間もなくなりましたがなんとか完成。

お料理は追記を見てください。



続きを読む »

白樺湖できのこの会 Part2(きのこ狩り)

mira- 2
二日目いいお天気です。(山菜の会の時は雨だった)
まずはハンナと白樺湖畔をお散歩。
まだ静かな湖。山がミラーになって湖面に映ってます。
白樺湖ファミリーランド方面が見えます。
asamohya_20111015215657.jpg
中央の煙のようなものは朝もやでしょうか?拡大してみました。
今年は紅葉が遅いようでまだ緑の木が多いですね。

duckbillさんご夫妻はすでに到着されてました。
朝4時半に出られたとか。やはり早朝出発は早いですね。
これで全員集合。
東京方面からはduckbillさんご夫妻、川越さんご夫妻、Fujikaさん(今回もご主人様はお仕事でお一人です)そして私ども二人と山荘の主わらびさんご夫妻。
名古屋方面からは楽子さんご夫妻、カイエさんご一家、ぴかままさんで総勢大人14名+の大所帯。

6時55分に集合。いない人は置いていくと言われて時間厳守。さあ山荘裏山での初めてのきのこ狩りです。きのこは食用か毒かは全くわからないのでベテランさんと一緒でないとダメです。
今回はわらびさん、川越さん、Fujikaさんがきのこに詳しい方です。
最初は3歳のチビ姫ちゃんがいるのでハンナも連れて行くつもりでしたが片目だし、やはり好きな方向にいってしまうので留守番させることに。
ケンネルに入れてお留守番となりました。

裏山で横一列に並んでローラー作戦でいくそう。

片目だと距離感がわかりません。山の中なので日差しも柔らかいので眼帯をとってまぶしくないので眼帯なしで行くことに。でも雑木の小枝があちこち出てるのでまた目をささないように注意深く歩きます。
033.jpg
ローラー作戦はすぐにバラけてしまいました。

初収穫
きのこ発見!小さい茶色のきのこ。クリタケというものらしいです。
今年は気温が高く、雨が少なくきのこが出てないんですって。
貴重ですよ~~~。

木の切り株にきのこ発見でしたが広葉樹の切り株に生えるのは違うのだそう。
あやしいきのこはいくつか発見しましたが・・・
白くて丸いのはホコリタケですって。いかにも怪しいネーミング。
donngurinokara.jpg
見つけたとおもったらどんぐりの殻だったり。

なかなか見つからず収穫なし。採れないのかなぁ~~。

別の場所に移動。

こんな生え方
その時「きのこ発見」にみんなで駆けつけます。duckbillさんがこんなのを見つけました。
木の裂け目にこんな風に生えてます。
その前にも株になったのを見つけてました。すごい!

doku.jpg
夫がこんな変なきのこを発見。毒きのこのようです。毒のようなので捨ててきたら後でぴかままさんがきのこ図鑑を購入して食べられるものだった様です。残念。

054a.jpg
わらびさんがとっておきの場所は案内するとのことであるいてたらなんと道端にクリタケの群生を発見。
みんな採る前にカメラでパチパチと大撮影会。

056.jpg
さらに行くとすごい大株が斜面にありました。
同じクリタケのようですが育ち過ぎ。こういうのをババと言うんだそう。
ジジはないんかい?

konnnani058.jpg
思ったよりも大収穫です。
歩きながらきのこの整理。こうしておかないと後が大変なんですって。
kasiwaba_20111015220240.jpg
帰り道 柏の葉が紅葉しかけててました。


daisyuukaku.jpg
山荘に帰りきのこを食べられるもの、怪しいものに分類。
食べられるきのこはほとんどがクリタケです。アイシメジとかスギタケとかいうのも少しありました。
ね!大収穫でしょ。
ayasii.jpg
こちらは怪しいもの。
ha-togata.jpg
形がハート型のきのこ。ぴかままさんが乾燥させるとストーブのところに置いておきました。

クリタケの処理は川越さんとFujikaさんがしてくれました。さすがに慣れた手つきです。
その横で朝ごはんの準備です。
071a.jpg

duckbillさんがパスタとキヌアと玄米だったかしら?それらを使ってリゾットを作ってます。
私がパン教室で作ったパンはストーブの上に並べ温められてます。楽ちゃんのレバーのパテと私の生ハムのパテも出します。
わらび&文恵さんがオオツガタケのごはんとハナイグチの大根おろし和えをつくってくれました。
炭水化物が多いですがおいしくて完食。
パン二種類もも評判よくてよかった。
リンゴのケーキを持ってきたので食後にケーキの要望がありケーキも出しました。
私なんか満腹で食べられなかったです。

朝ごはんも終わりさあ夕方のパーティーの為の買い出しに出発で~~す。
ハンナは山荘でお留守番。
ごめんね。だってハンナは駐車場大っ嫌いで吠えまくるんだもの。

食材の買い出し、パーティー準備、そしてお待ちかねのお料理の数々はPart3へと続きます。






白樺湖できのこの会 Part1

asa_20111014001201.jpg

なかなかきのこの会のご報告ができませんね。

予告したとおり連休は白樺湖へ行ってきました。
前日の緊急手術で眼帯姿で見苦しいのですが。

8日はパン教室が終了次第出発でかなり頑張って捏ねました。
パン二種(フォカッチャとパンキッシュ)はそのまま山荘へ運びます。

18時頃出発予定でしたが17時過ぎに出発することができました。

家からすぐの横横道路はスイスイ。夕方なので混雑してないと喜んだのもつかの間。保土ヶ谷バイパスは渋滞の真っ最中。
東名横浜町田入り口まではいつもなら15分くらいなのに50分もかかってしましました。

名古屋組のぴかままさんが東京でオペラ鑑賞後電車でくるのでうまく時間があったら茅野駅で拾うことになってたのですがかなりきついです。
ぴかままさんから予定どおり特急に乗れたとのメール。
あちゃー 茅野には20:11に着いてしまいます。
次の電車ならタイミング合いそうなのですが。空を飛べればいいんだけど・・。


絶対に無理。茅野駅でかなり待たせてしまいそうなのでカイエさんのダンナさんに車を出してもらうことになりました。

中央高速は渋滞もなくスイスイでナビの山荘着予定が22:10。
夜なので回りの風景が見えないので道を間違えないように注意して車を飛ばします。
予定通り22時過ぎに無事山荘に着きました。

duckbill家以外は全員集合、すでに盛り上がってました。
おにぎりを車内で食べましたが、ご飯を出してくださったのでいただいちゃいました。

今回は全員顔見知りの方たちです。
ぴかままさんは山荘は初めてですが私は3週間ほど前にオペラシティでのリサイタルでお目にかかったばかり。

明日朝6時55分集合で全員で裏山できのこ狩りです。

きのこ狩りの様子やいつものキッチンでのお料理など盛りだくさんなのでPart2に続きます。


この日先に集まった方たちで盛り上がったおいしそうな記事は
こちら
楽子さんの記事は山荘に行くまでのきれいな景色やおいしいものが http://rakuko.exblog.jp/tb/16704541








山荘でのお土産と産直から買ってきた物

RIMG0094_20110621002555.jpg
山荘から帰ってきた日の夕食は山菜てんぷらとお蕎麦となりました。結構美味しそうに揚がってるでしょ?

夫は昼は麺類だったようですが我慢してもらいました。
だって本場信州の生蕎麦と山菜ですよ~~。

山菜はこしあぶらと山うど、ヤマブドウの若葉、グリーンアスパラだったかしら?それに庭の紫蘇も。
10日もたつと忘れてしまいます。
中央下の黄色っぽい葉がヤマブドウの葉です。
ヤマブドウはわらびさんが朝早く山に行って取ってきた物。酸味があるとのことでしたがそんなに酸味は感じず美味しくいただきました。

RIMG0090_20110621002744.jpg
こちらが現地で購入してきた物。
下の蕗のようなものはルバーブ。
このルバーブは全体が赤くはないのでどういう色に仕上がるかなとジャムにしたのですが・・・・
大失敗。入力仕事しながらやってたのが間違い。
すぐ台所に戻るつもりがなんか変な匂い??に慌てて戻ったら鍋底が焦げ付きはじめてます。
慌てて大丈夫そうなところだけ掬い取りました。
焦げ味はしないのですがちょいビターな味かも。
色もきれいな色ではないです。
RIMG0120.jpg
でももったいないので食べちゃいます。陶仙房さんで買ってきたドライフルーツのパンにのせて。
「ん 大丈夫」だよ。

真ん中の筍は淡竹です。なるべく早く茹でてしまった方がいいとのことで山荘で茹でてお持ち帰りさせてもらいました。
右の白いのはステーキしめじですって。これは家のほうではないものです。
新しい品種なのかしらね。
その右上の葉っぱはロメインレタス なんと20円ですよ。思わずカゴに入れちゃいました。

RIMG0092.jpg
そしてこちらはお土産でいただいたもの。
青い絞りの袋は楽子さんお手製のあずま袋。今度こされた名古屋のお家の近くに有松という絞りで有名な町があるんだそうです。そこで生地を買ってきて袋にしてくださったのです。
軽くて小さくなるのでバッグにいれておくのに最適そう。
この中におつまみ類が入ってました。

前日みんなで採取した蕨はすぐわらびさんが処理をして下さり翌朝はきれいな緑色の灰汁に浸かってました。
それを洗って半分は人数分にジップロックにつめてお持ち帰り用、半分はわらびさんが粕漬けにしたので(わらびさんも初めてのよう)それも頂いてきました。
ズッキーニとか野菜はonoさんがたくさん持ってきてくださったものを分け、あの大きな月餅もいただいてきました。
カイエさんが持ってきて下さった季節限定のういろうもおいしかったです。
よく知られてる青柳ういろうとは大部違います。北鎌倉のあがり羊羹に似てます。(あがり羊羹という名前ですが上品なういろうなんです。上がり羊羹に興味ある方こちらでみられます)

RIMG0123.jpg
翌日は早速蕨とタケノコの炊き込みご飯。
山荘行きの前にミットゥンさんが蕨の炊き込みご飯をのせて美味しそうだったので真似してみました。
干しホタテが切れてたので保存庫を探してあったのはホタテの缶詰発見。
RIMG0121.jpg
開けてみたらあらら貝柱だけではなく小さいホタテが丸ごとです。
仕方ないのでこれでやってみたいとおもいます。
蕨を二度にいれて入れるのが色が綺麗になるコツのようです。
ミットゥンさんのごはんは他にも油揚げとか人参もはいっていましたが我が家はシンプルに三種類だけ。
でも美味しくできましたよ。
RIMG0093_20110623235607.jpg
RIMG0122.jpg
緑鮮やかな蕨のお浸しとお豆腐のあんかけをそえて。

残った淡竹はiraさんのところで見たお砂糖をまぶして冷凍するという方法を知ったのでやってみました。
RIMG0125.jpg
茹でたタケノコにお砂糖をまぶして冷凍するだけなんですって。
半信半疑でやってみたら良かったというので採用してみました。
まだ解凍してつかってないので実際にはよくわかりません。

RIMG0015_20110624000036.jpg
onoさんからお手製のカレールーをたくさん頂いたのでカレーを作ってみました。
チキンの手羽元を煮込みステーキシメジもいれてカレーを作りましたが結構辛いです。
少し味に手を加えてみました。
ナンを添えて。スパイスが良く効いて最初の一口はそんなに辛くないのですが後でジワ~~と辛くなります。
でも美味しいカレーでした。人数分のカレールーを作るのは大変だったことと思います。

そのルーが少し残ってたのでパン教室の自主製作のパンが焼きカレーパンだったんです。
私が前もってカレーを作って持っていくということになってました。
このルーを使ってキーマカレーにして作ったのがこの焼きカレーパンです。
RIMG0018_20110624001038.jpg
RIMG0020.jpg

ズッキーニは和風に煮浸し風に。
RIMG0124.jpg

onoさんの縮緬山椒やふみえさんの黒大豆のマリネ、たくさん採った蕗をキャラブキにしたのもいただいてきました。

RIMG0009_20110624000520.jpg
そして蕨の粕漬けはこちら。
たしか粕にお味噌も入れてたような(よく見てませんでした)。
ちょっと塩味が薄いので少し塩を足しました。蕨のねっとりがいいですよ。
粕がたくさん付いたままを食べたらこれは酔っぱらいます。

1_20110624000735.jpg
楽子さんが蕨を赤ワイン漬けにしたというので私も後に続いてみました。
蕨と赤ワインなんて考えも付かないもの。
海外にいらっしゃるブロガーさんのレシピです。蕨ってヨーロッパでもあるんですね。
RIMG0045_20110624000630.jpg
赤ワイン漬け蕨は楽子さんはお寿司にしてました。
私もお寿司食べたいわ。

根元の固めの所はたたいてわらびとろろに。
そのままお醤油もいいのですが鶏レバーの甘辛煮があったので小さくカットしてわらびとろろと合えタヒニ(ゴマベースト)酢、醤油で味付けして上に茗荷をのせました。
これわりと面白いです。

どれも美味しかったで~~す。


しばらくは山荘の思い出を食させていただきました。

山菜の会

warabi_20110619005830.jpg
先週の週末の出来事です。白樺湖にあるわらびさんの山荘に再びお邪魔してきました。
↑はわらび山荘内で育ってる蕨です。蕨って大きくなるとこんな風になるんですね。

今回の参加メンバーはカイエさんファミリー、楽子さんご夫妻、onoさんご夫妻、川越さんご夫妻、わらびさんご夫妻、そして私の12名。前回ご一緒したFujikaさん、miyakoさん、duckbillさんはご都合が付かなく欠席でした。
カイエさんご夫妻とは姫ちゃまがお腹にいる時にお目にかかったので約4年近くなります。
すっかりいいママさんになってました。
onoさんとは前回の会以来です。その間にもきのこ採りや市場巡りなどがあったのですが私が行かれませんでした。

『山菜の会』のお知らせをいただいたのは4月の半ば、ちょうど義母が脳出血で倒れて入院騒ぎの頃でした。
開催期日が6月と先のことでしたが義母の精神状態が悪く無理かなもしれないとお返事したらギリギリ待って下さると言って下さいました。
緊急入院した病院から一週間で別の病院へ転院、そこも一ヶ月で現在の病院に転院とバタバタ。
現在の病院で少し落ついて来たようなので山荘の件を夫に言わないと・・・
でも週1~2回行ってるのでどうかな?
たまたま中華街に出かけたのでジャスミン茶をたくさんカゴに入れてたら「何かあるの?」と聞くので山荘の事を言いました。「行ける?」と聞いたら「もう少し待て」と。
4月に名古屋に越された楽子さんご夫妻も参加します。旦那さんのミッキーとは暮れに家であってるので行きやすいはず。
でも結論は止めておくと。昨年の渋滞がネックかも。では一人で参加しますよ~~。
一人で車で山荘まで行けるかな?最近運転あまりしてないので自信ないです。 わらびさんに一人で参加と伝えたら家より三浦にお住まいのonoさんに乗せてきて貰ったらと。
そんな厚かましいこと言えませんよ。電車で行こうかと思ってたらすぐonoさんからメールで一緒にいきましょうと。
有り難くご厚意に甘えることにしました。

onoさんは金曜日の夜立ち日曜日は早めに山荘を出るとのこと。うちも留守番が1人+1匹いるので早めに帰れるのは有り難いです。

生ものは金曜の午後購入し、前日下ごしらえしたものなどを保冷箱にいれて、荷物を玄関にならべたらたくさんの荷物にビックリ。
これは車でないと絶対に無理です。
夜7時半過ぎに迎えにきていただき荷物を載せて出発。ナビでは現地到着は11時半との予想でした。
家を出た頃から雨がパラパラ。中央道を降りる頃は結構雨が降ってましたが道は空いてたので予定時間よりずっと早く10時半には山荘に到着。
わらびさんがキッチンで何か作ってます。猪の肉のラグーですって。
相変わらずすごいものを作ってます。
お茶をいただいてonoさんが自宅で起こしてきたホシノ酵母でパンを捏ねだしました。私も前日作ったチャバッタもどきと冷凍庫にあった先月のパン教室で焼いたレーズンとくるみのパンを持ってきましたが山荘でパンを捏ねようとは思わなかったです。
朝は焼きたてのパンが頂けるようです。

RIMG00011.jpg
翌朝は山菜採りをして産直巡りの予定でしたが残念ながら雨で朝ごはんをいただいてから産直巡りに佐久まで。
途中で雨が上がって来ました。名古屋組の楽子さんはお昼前に着きそう。カイエさんは小さいお子さんがいるので午後到着予定。川越さんはなんと自転車でいらっしゃるのですが一つ前の駅で倒木によりストップ状態とのこと。

買い物を終え、陶仙房というお店に向かいます。途中山の中は濃霧に包まれてしまいました。わらびさんが車を止めて白い藤のような花と紫の山藤を切ってきました。白いのはニセアカシアだそう。てんぷらで食べるんですって。
陶仙房は暖炉のあるクラシックな山小屋のようなお店。名前の通り陶芸を置いてます。


お茶をいただきパンを買って山荘へ戻ると楽子さんとミッキーが一足先に着いてました。
早速カゴを渡され山荘の回りに植わってるわらびや蕗などの山菜摘みです。
大きくなったわらびが林立してます。(トップの写真)食べるのは先端が丸まってる若いもの。手でポキッと折れるですよ。
RIMG0025_20110619012030.jpg
山荘の裏には蕗や山独活がたくさん生えてて蕗はキャラブキにするのでこちらはハサミで切ります。霧の中で幻想的でしょ。
RIMG0027_20110619012520.jpg
みんなで収穫なのであっという間にカゴいっぱい採れました。この山フカフカしてて歩いててとっても気持ちがいいんです。いかにも手入れをされてるんでしょうね。
RIMG0028.jpg
蕨はこんなにたくさん採れました。すぐに灰でアク抜きをします。わら灰の上に蕨を置きお湯をかけて置くだけ。

買ってきたパンで軽くお昼を食べてからさあキッチンスタジアムにてパーティーの準備です。
onoさんのダンナ様と楽子さんのダンナさんのミッキーは温泉に出かけていきました。
二人とも長湯なんですって。

今回私が作るものは春巻き、タコの香味サラダ、パスティチオ、急遽追加になったスモークバッグを使って虹鱒のお料理です。
春巻きの具は家で作って来たので皮に巻くだけ。巻くのは楽子さんにお任せ。
makaroni.jpg
パスティチオはギリシャのsalahiさんからいただいたこのロングマカロニを使います。シナモン入りのギリシャ風ミートソースは作って来たのでマカロニを茹でてブルーチーズと和えミートソースをかけて本来はクリームソースをかけるのですが最初に作ったレシピで卵を泡立てて溶かしバターを入れたものをかけ、チーズをふりかけて焼きます。これは少し早めに作って少し冷めたくらいにしないと切り口がきれいにでません。
タコのサラダは茹でタコの上に山盛りの香味野菜をのせるのですが大きい器を要望したらなんと50㎝以上もある黒い大きいお皿を出してきてくれました。
RIMG0046.jpg
わらびさん作のお皿です。
今回はビュッフェスタイルにしたので出来たお料理は後ろのテーブルにまとめておかれます。
なんともないサラダが黒い大きなお皿で映えます。器によってかなり見映えが違いますね。

この間になかなか到着しないねと心配してたカイエさんファミリーが到着し、その後川越さんご夫婦がマウンテンバイクで到着。これで全員集合。
川越さんは初めてお目にかかります。川越さんのブログを来る前に目を通してと思ったのに全く時間なく予備知識ゼロです。奥様がとっても若い方のようでした。茅野から2時間かけて到着だそう。どこでも二人で自転車で行かれるようです。健康的でいいですね。

サラダに使うごま油を買い忘れてきたのでコンビニまで買いにでました。
天気が良くなってきて爽やかです。夕飯までのお腹ごなしにちょうどいいです。
セミがミンミンと鳴いてます。夏のセミでなく春ゼミだそう。こんな時期にセミの鳴き声を聞くとはね

カイエさんはキッチンでいろいろ作ってるのであとは揚げるだけのものを残して楽ちゃん、onoさんの三人で温泉に。
長湯と言ってた男性二人は本当に長湯で後から行ったカイエさんのダンナさんと姫ちゃんと一緒にミッキーは帰ってきましたがonoさんはまだ入ってると。こんなに長湯の人達は初めてです。結局onoさんのダンナさんは3時間いたそう。

お昼を食べ過ぎたのか温泉に入ってて少々気持ちが悪く早めに出てフロントでお休み。
部屋で少し横になってリビングへ。

RIMG0048_20110619014035.jpg
お~~!すごい ゴージャス!! こんなにいろいろ並んでますよ。
どれも美味しそうでしょ。

テーブルについて自己紹介をして乾杯!
サラダはテーブルに出してありますが仕上げが済んでないじゃない。
ごま油を煙りが出るほどアツアツにして鍋ごと運び香味野菜の上からジュッと。
パフォーマンスとして見てもらってから油をかければ良かったかも 残念(気付くのが遅いよ)
カボス汁とお醤油をかけて全部を混ぜ混ぜして完成。
RIMG0050.jpg
少し前気持ち悪かったので大丈夫かなと怖々なところもあり少しづつお料理を取ってきました。

食べ始めたらなんのことはなし。どんどん美味しくいただいちゃいました。あの気持ちの悪さはなんだったんだろう。
テーブルに並んだものをご紹介しますね。

1 onoさんのズッキーニのオードブル 三浦の高梨農園のズッキーニです。
2 パスティチオ 切らずに出してしまったので最初の頃は切り口が見えませんでした。
3 カイエさんのオカヒジキと鯖のヘシコ ラディッシュの和え物。酸味が穏やかです。
4 onoさんの手作りカッテージチーズでほうれん草、金針菜、干しゴボウの白和え。
5 わらびさんが朝の産直で求めた根曲がり竹
6 ふみえさんの黒大豆の和風マリネ。上にのってるのは切り干し大根と干し人参。写真がぶれてます。
どれも絶品です。他にもサラダ類や野菜のお料理がいろいろ。

RIMG0051_20110619024027.jpg
それにこれは佐久のスーパーの虹鱒。NYのアヤナーさんにいただいたスモークバッグにいれてオーブンでやいたもの。かすかにスモーク臭がつくようです。
アヤナーさんからスモークバッグをようやく使わせていただきました。
お料理がたくさんなので虹鱒は4尾しか買ってこなかったので少しずつしか行き渡りません。あっというまになくなったようで美味しかったとのことでしたがどんな味だったのか??です。

今度は揚げ物に入りますよ。今回は3人が揚げ物ということになりました。
agemono.jpg
まずは私の春巻き。揚げたてのアツアツを食べてもらいたいのですぐ運ぶとあっという間に手がでます。
続いて楽子さんがタイ料理の手羽先餃子を揚げます。
手羽先の骨を取りそこに肉種を包んだもの。これも揚げたてをいただきましたが美味しいです。
右はonoさんのエジプトのお料理です。(名前忘れました)
挽肉の半量にスパイス、松の実、レーズンなどを入れて炒め、半量の生の挽肉で包んでパン粉を付けた揚げたもの。凝ってますね。本当はパン粉でなくブルグル小麦をまぶすのだそうです。分かってればうちにあるブルグルを持ってきたのですが。スパイスが効いて手がこんだもの。美味しかったです。
RIMG0060_20110619021401.jpg
カイエさんのナンプラー豚の燻製も美味しかったです。
RIMG0057_20110619021834.jpg
こちらはわらびさんが焼いたハンバーグ(ラムだったかな)。このハンバーグにカイエさんが持ってきたはっかの葉(日本ミントだそう)をのせていただきました。

まだ出てきますよ。
RIMG0059.jpg
これはモリーユとトリムネ肉とタマネギの煮たもの。モツのように見えますがアミガサタケ(モリーユ)です。
RIMG0061_20110619022103.jpg
昨夜山荘に着いた時にわらびさんが作ってた猪のラグーは変わったショートパスタに絡ませて。ほかにもいろいろなものが出てました。
お腹いっぱいと言いながらも入りますね。
まだご紹介出来なかったものもあります。

作ったものを美味しいと食べていただけるのは嬉しい。作りがいがあります。

RIMG0064_20110619022327.jpg
お腹いっぱいですが別腹でしょう。家で焼いてきたチョコレートケーキを登場させました。
わらびさんの奥様のふみえさんが二日ほど前にお誕生日だとのことでバースデーケーキのつもりで焼いたのですがちょいと失敗作。
型に紙を敷いたのが失敗のもと。オーブンから出して置いたらどんどん縮んで凹んできてしまい慌てて紙をはずしたのですがまるでカルデラの様。わらびさんに思いっきり笑われてしまったんです。
みんなにこういうケーキと思えばいいのよと慰められごまかすために粉砂糖を振り、オレンジコンフィを飾って出しました。
本当はHappy Birthdayとみんなで歌ってお祝いしてと思ったのにビールやワインをいただいてすっかり忘れてしまいました。ふみえさん ごめんなさいね。
RIMG0065.jpg
onoさん手作りの月餅もいただきました。
この月餅とっても大きいものでずっしりしてます。餡はこしあんにドライフルーツのいちじくやオレンジピール、ナッツなどが入っててとっても美味しいんです。月餅が作れるなんていつもonoさんにはビックリさせられます。
この前はベルベデーレを知りましたから。

このパーティ6時前から始まりましたが話題が尽きません。つまみながらワインを飲みながらで結局お開きになったのは12時近くだったでしょうか。
川越さんが霊感があるとかで少々怖いお話をしてくれました。
私は霊感ゼロですが今回は部屋には一人なので寝付くまではこわ~~!(年がいもないですね)

RIMG0072_20110619022735.jpg
翌朝はリビングに降りたら静かで、湖に出てみました。
夏休みや連休でないので湖も静かです。

rima1.jpg
朝ごはんをみんなで作ります。カイエさんの姫ちゃんも椅子にのって胡麻をするお手伝い。
朝早くから取ってきたウコギを茹でて細かくしてご飯に混ぜてウコギご飯のおにぎりとカイエさんの豚肉の燻製と山椒の実の佃煮を混ぜたおにぎり。
私はそば粉いりのすいとん粉で汁物を担当。
RIMG0088.jpg
前夜の残ったもの、オムレツ、メロンなどいろいろ並び9時半に朝ご飯。お腹がが空いたらしくお箸がクロスします。
私の朝ご飯はこちら。RIMG0089.jpg


片づけもそこそこに私とonoさんご夫妻は帰り支度を。
9月の時は帰りの渋滞でとんでなく時間かかったので11時にお別れしたら思ったより空いてて14時には家に送り届けていただきました。3時間くらいで帰れるなら一人でも行けそうな気がします。

わらびさん 今回も美味しくて楽しい会を企画していただきありがとうございました。
美味しい物満載で大満足です。

秋のきのこの会が楽しみです。
昨年もきのこ狩りにお誘いいただいたのですが私が足を怪我してしまったので行かれなかったのです。

怪我しないようにしますね。

RIMG0006.jpg
これは山荘の玄関にかかってる時計。わらびさんご夫妻が作られたヒュージョングラスの時計ですがその上にかかってるのは以前私がさしあげたタティングレースなんです。
タティングレースのドイリーをこんな風に使われてて嬉しいです。


長々を最後まで読んで下さってありがとうございました。












山荘でのオフ会2日目 豪華な朝食

さあ朝食です
オフ会の続きがまだアップしてませんでした。

先週は入力に、仕事や打ち合わせ、強化練習となんだかとっても忙しい一週間でした。
オフ会の時はまだ暑かったのに急に涼しさを通りこして寒いくらいになってしまいました。そして今日はまた暑かったりで変動の多い週でした。
今週は入力原稿が手元にないのでのんびりとした週末が送れそうです。

ではオフ会2日目です。

前日はとてもよいお天気だったのですが二日目はどんよりした曇り空です。

ハンナは放っておくとお布団の上で寝てしまうのでケージの中に閉じこめられました。
ケージは小さい頃はハウスとして使ってましたが何年も使われず(一度だけ旅行に出た時に使ったことありました)納戸に押し込められてました。
いつも好きなところで好きな格好で寝てるのですが小さい頃使ってたので懐かしいのでしょうか。キチキチなんですがおとなしくしてました。

リビングに降りていくともうみなさん起きてました。お茶と梅干しをいただきリフレッシュ。
まずはハンナを連れて湖畔に。
kohann_20101002230146.jpg
曇りなので墨絵のようです。
湖畔に馬がいました。花馬車を引く馬です。ハンナがいるのでお馬さんが隙間から顔を覗かせました。
ハンナが近寄っておはようとご挨拶。ウマとハンナ
これ以上は近寄れません。

山荘に戻るとFujikaさんとmiyakoさんがキッチンで朝ご飯の準備をはじめてました。

下の温泉のところに湧いてる水が美味しいとのことでペットボトルを持参してきたのでonoさん、miyakoさん、私達で汲みに行きました。このわき水でクレソンが育ってると聞いたのでクレソン探し。
近くのシェフもクレソンを採りに来るとか。清流にたくさんあったので朝食のサラダ用に採ってきました。

わらびさんたちはこの山荘にお住まいではないので食べ物は全部処分しないといけません。
昨日食べきれなかったものは朝食で全部いただきます。
IMG_8925.jpg
そのために広いカウンターにミート皿を11枚広げ少しづつ盛り合わせてワンプレート仕立てにしました。
これだけのお皿が全部のってしまうんですからうらやましいキッチンです。
チーズ、カラスミ、鴨肉、フライ、ドルマ、トリッパ、夕顔の煮物、タブレは残ったオリーブやらサラミなども入れてmiyakoさんが新しいタブレに生まれ変わらせてくれました。

IMG_8921.jpg
昨夜美味しくいただいたムール貝の汁をとってましたのでそれに白霊茸や細いアスパラなどを入れてご飯の代わりにFujikaさんが持ってきたサルディーニャのパスタ(名前忘れました)をいれてリゾットに。
白霊茸
白霊茸はこういうきのこ。マッシュルームと似てますが全く違うきのこです。
スープはかぼちゃとコリンキーのポタージュ。
うちの冷蔵庫にあったイチジクの赤ワイン煮も食べるというので出しました。
ワンプレートの中身はこんなに入ってます。すごい豪華版です。
1人分の朝食
これが一人前。
文恵さん作かぼちゃと小豆あんの茶巾
他に果物や文恵さんが作られたかぼちゃと小豆餡の茶巾とmiyakoさんが作ったゆで卵。何分だか分からなくなってしまったらしいのですがなんと温泉卵のようになってました。
この卵はちゃたま屋さんで売られてた雛が大人になって初めて産んだ卵なんだそうです。
小さいのですが白身と黄身のバランスがとれてるのだそう。

エピというパン屋さんが開く時間だからとonoさんご夫婦とわらびさんが車で焼きたてパンを買いに出かけました。

他にもパンはmiyakoさんが手作りされた自家製酵母のパンと私が前日のパン教室で作ったバタートップもあります。
焼きたてパンが来ました。
さあ朝食です。なんと豪華版な朝食なのでしょう。
パンは厚切りにしてトースターでセルフで焼いて食べます。エピのパン美味しかったですよ。
そしてmiyakoさんのハーブのパンとクリープのパンも美味しいです。

こんな豪華な朝食はホテルでもなかなかたべられませんよ。
ゆっくり時間をかけて美味しくいただきました。お腹一杯です。

さあ今度は片づけです。
残った食材は全て分けてお持ち帰りなんですって。朝食の残りはパックケースが配られて詰めてお持ち帰り。

いつものオフ会と同じく行きよりも帰りの方が荷物が多いです。今回は車なので楽なのでなんでも詰め込みです。
Fujikaさんのズコットも切り分けていただいてきました。夕顔は半分しか煮なかったので分けて持ってかえってもらいました。全部煮てしまえば煮たものを分けて持ち帰ってもらえたんですね。
そうめんかぼちゃは使わなかったので4つに切り分けました。大きなかぼちゃ二種類はわらびさんが等分に切り分けてくれました。

omiyage_20101003005928.jpg
miyakoさんから前夜ハムカツにした名宝ハムと明方ハム、Fujikaさんからお手製ジャム、トマトジュース、duckbillさんからカラスミパウダーとカラスミをいただいちゃいました。

最後に渡されたものがありました。
前夜ブルーベリーのようなものがあったのですがブルーベリーではなくハックルベリーというもので一つたべてみたのですが美味しくない物でした。
それがなんと3パックもあります。どなたが買ったのかまではしりませんが全部持って行ってと。
ジャムのレシピが入ってるのでジャムを作るようにと宿題をいただいてきました。(これは後日記事にしますね)

全部積み込んでお別れをして山荘を後にしたのが12時半頃でしたか。

忘れるところでした。
onoさんは陶芸家でonoさんの作品が山荘に飾られてました。
オフ会少し前に展示会でわらびさんが求められてきたものだそうです。
とっても素敵な作品なのでご紹介します。
onoさん作置物
大きな猫は練り込みという手法をとった猫です。顔の表情がやさしいです。
小さい猫もonoさんの作品。きのこと魚をもってるユーモラスな猫です。
置物2
置物3
他にも石に猫の顔を描いた物とワンコです。
onoさんの作品はこちらのブログで見ることができますよ。

まだ渋滞には大丈夫かなと思いましたが連休で高速が1000円なので渋滞が始まってました。
中央高速はいつも渋滞なので佐久まで出て上越自動車道、関越、外環、湾岸のコースで帰ったのですが道を間違えるアクシデントもありなんと家に着いたのが21時でした。
まったく高速でなくて低速道路です(ブツブツ)。
連休は仕方ないですね。
ハンナもさすがに疲れて車の中ではずっと寝てました。

わらびさん 文恵さん 素敵な山荘でオフ会をしていただきありがとうございました









湖畔の山荘にてオフ会1日目

白樺
前の更新が9月15日ですから10日も経ってしまいました。
連休前は仕事やオフ会でのお土産用のタティング製作にと忙しく、連休後も先生から本の原稿入力の依頼がドサッと来てブログまで手が回らなかったです。
ようやく一段落したのでブログ更新にとりかかります。

今回は少々長いですがおつきあい下さいませ。
先週の連休は素晴らしい山荘で過ごしてきました。とっても素敵な山荘なので早くアップさせたかったのですが・・・すっかり遅くなりました。

ブログ友のわらびさんから山荘でオフ会をしませんかというお誘いを夏前にいただきました。

Fujikaさんやかずさんのブログでお名前はよく存じてましたがわらびさんとのブログでのおつきあいは春からです。
わらびさんのブログですてきな山荘をお持ちで春にはわらびがたくさん採れて送っていただいたり、山に咲いたお花もいただいたことがありました。

え~~!あの山荘に行けるの?

わらびさんからブログ仲間さんとのキャンプにしたとのことで大勢の方をお呼びしたとのこと。
連絡先をしらないのでお声かけて下さいというのでカイエさんとduckbillさん、楽子さんにメールを送信。
楽子さんは前の所ならともかく奈良からではちょっと無理かなと思いながらも・・・

9月の案がいくつかありましたが決定はこの連休でした。
カイエさんのところはダンナ様のお仕事でこの日はダメとのことでした。楽子さんも遠いので不参加です。

集まったメンバーさんはFujikaさん(お一人 ダンナ様はお仕事でした)duckbillさん夫妻、miyakoさん親子、onoさんご夫妻、わらびさんご夫妻(猫のショコラちゃんも)と私と夫とハンナの11人+2匹。

IMG_8854.jpg
18日から山荘に来れる方はどうぞとのことでしたが私が仕事が入ったりパン教室があったりで家は19日の早朝立つことに。18日はわらびさんのお誕生日と重なりこの日から出かけたのはFujikaさんとmiyakoさんと息子くん。

19日も朝8時までに山荘に着けば産直巡りをして食材を買いだし午後からみんなで料理をするという事でしたがどうやっても間に合いそうもないです。真夜中に出られればいいのですが仕事を抱えてて結局家をでたのが5時。
いいお天気でこの日も暑そうです。中央高速からの秋の空
中央自動車道からの綺麗な空。少し渋滞に巻き込まれましたが高速を降り、田園風景をひた走ります。
黄金色の稲穂
稲穂が黄金色に染まってとってもきれい。木々も少しだけ色づいてきてます。もう少し遅いと紅葉が綺麗でしょう。
8時半頃山荘に着いたら車はたくさん止まってて皆さんもう来られてるよう。ドアが開いてるのでまだだれかいるのかなと声をかけたらシャリュトリューのショコラちゃんシャリュトリューのショコラちゃん
(画像はわらびさんのブログから拝借)が出てきました。ハンナを連れてるので背を丸めて毛を総立ててるのでこれはダメだと。電話してみたら菜のはな畑という産直にいるので追いかけることに。
ところがその産直が走ってもなかなかでてきません。道が違う??と思ったらグレーのCRV車が反対を通りました。
「アレ~!もしかしたらわらびさんの車?」
「まさかね」と思ったら
ケイタイが鳴り「わらびです、後ろを走ってます。そのまま直進してください。」ですって。
実は今回お目にかかる方全員初対面なんです。顔が割れてるのはハンナだけ。車種と色も教えてありましたがハンナが膝の上にいたのでわかったのでしょうか。

次の産直に移動してて隣の車から降りたわらびさんとご対面。勝手に想像して方とちょっと違いました。
テラスに皆さん集合しててさぁ誰でしょう。スラッとした長髪の方はFujikaさん?。ピンポーンでした。
実はコメントやメールでは何度もやりとりしてて一度だけ電話で声を聞いたことがあるだけでした。
わらびさんの奥様の文恵さんはキッチンの写真を送って頂いたときに写っててすぐわかりました。
小学生の男の子と一緒はmiyakoさん。
長身の男性と並んでたのはonoさんご夫妻。そして後ろのほうにいらしたのはduckbillさんご夫婦。
ハンナも皆さんにご挨拶代わりのへそ天で。
コメントのやりとりだけなのでオフ会はいつもドキドキですがすぐに馴染めそうでホッと一安心。

そのまま車に分乗して次の産直へ(名前わすれました)調理用トマトがなんと安いこと。miyakoさんが買った残りを買い占めました。
去年初めてみた夕顔もあります。そんなのどうするの?という皆さんの心配をよそに購入。だって50cmくらいのが
100円なんですよ。そうめんかぼちゃもあります。出かける二日前にoisixで見かけたのでゲットしておいたのがあるので持ってきたんです。
それなのにここでは100円です(涙)
わらびさんお奨めのたまご屋さんでたまごにお菓子を買いジェラートも。みんないろんなフレーバーを持ってるのでスプーンで突っつきあいました。
スーパーにも寄り最後のお買い物。ここのスーパー家のほうのスーパーより大きくて品揃えもよくびっくり。
さっき買った夕顔は皆さん冬瓜は知ってるけど食べたこと無いというので急遽そぼろ餡煮を作ろうと鶏挽肉も購入。


買い物終了でそのままわらびさんお奨めの姫木平にある利休庵さんへ。
とっても人気のあるお蕎麦屋さんで待つことになるかもと。
本当はもっと早くおそば屋さんに到着の予定だったんですが私達が遅れて来たので申し訳ないです。
当日発のonoさん、duckbillさんはかなり早く出発されたようで8時には山荘に着いてたとのこと。
それを聞いて夜中に出てくれば良かったなと反省。
店前に行列と駐車場は車とバイクがたくさん。
それでも30分ほど待って店内に入れました。何でも天ぷらがすごいと聞いてましたが他の席に運ばれてきたかき揚げがタワーのようなのにはビックリ。
夫も私もあれは食べきれないと天せいろともりに。この天ぷらも結構ボリュームがありました。
そのタワーのようなかき揚げは食べきれるの?と見ていたらなんとみなさん召し上がってしまうのにまたまたビックリ。
そばつゆが甘味があまりなく辛めなのであの大きなかき揚げも食べられるのかもしれません。とっても美味しいお蕎麦でした。

K君とはんな
山荘に戻りお庭でコーヒーを飲み一休み。ハンナもドッグランにもなるお庭をかけてます。miyakoさんの息子さんのK君と一緒にお散歩。ここに春になるとわらびがたくさん出てくるんですね。
薪ストーブ用の薪もたくさん貯蔵されてました。
山荘はお部屋もたくさんあるんです。部屋に荷物を置き、キッチンスタジアムでいよいよ料理に取りかかります。
リビング
リビングにはこんな大きなテーブルがあります。これはわらびさん手作りのものなんですって。
そして薪のストーブがあります。ストーブ
こんな薪ストーブが赤々と燃えてたら冬も楽しく過ごせそう。
いろんな食材300もう既にいろんな食材が並んでて楽しくなります。
キッチンスタジアム
キッチンは全員が入っても大丈夫なくらいの広い広いキッチンスタジアム。
広いカウンターの半分は大理石になっててパイを作るのによさそう。
食器もた~くさんあります。戸棚を全部はずしてあるので一目瞭然。はじめての人でもわかりやすいです。
こんなキッチン理想ですね。

一応一品持ち寄りなので私はチキンアスピックゼリーとリクエストのあったオフ会定番のタブレにケーキはレモンの効いたたガトーウィークエンドにしました。少し前におばからイチジクがたくさんきたので赤ワイン煮を作ったのが冷蔵庫にあったのと前日のパン教室で作ったパン(バタートップとコロネ)も。
アスピックゼリーは前日作ってあるので保冷箱で持ってきたのでそのまま冷蔵庫へ後は型から抜いて飾るだけ。
タブレは材料を持ってきたのでパセリや野菜を刻み、ブルグルを戻してレモンとオリーブオイルで和えるだけの簡単なものばかり。
先日Fujikaさんが干しナスを作ってドルマにするという記事があったので去年melocotonさんからいただいた本場トルコの干しナスがあるので本物でドルマを作ってもらうことで持参しました。
産直で買った夕顔は白だしで煮てから挽肉を加え冷まして味を染みこませて最後に温めてからとろみをつけます。
全体に洋風のお料理の中に和風の煮物が紛れることに。いろんなお料理がある方が楽しいですからね。

duckbillさんご夫婦は生ムール貝をたくさん持ってきてくださり貝のお掃除にとりかかってます。
お掃除に使ったのがわらびさんの作業場だそうでみんなで見に行きました。
作業場の手前の廊下の壁にはワインの木箱を分解したものが一面に貼り付けられて素敵な廊下になってました。
山荘のトイレがまた素敵だったんですよ。
ドアを開けるとオートで蓋があき、電気もつきます。
そして猫たちがお出迎え。この猫ちゃんたちはonoさんの作品です。
onoさんは陶芸家さんです。猫の作品をたくさん作られてます。ブログで拝見しましたが実物は結構大きかったです。ほかにも小さい石に猫の顔が描かれた物や犬の顔もありました。

onoさんご夫婦は鴨肉のお料理の準備にかかります。
この鴨のお料理は裕美さんがカナダに居るときにブログに載せたもの。私も気になってたお料理だったのです。
メープルシロップや薔薇の花びらを使うお料理で実物が見られます。
duckbillさんマイ包丁で300
鴨肉の皮に細かく包丁目を入れますがduckbillさんがなんとMY包丁持参でお手並み拝見。柳刃までご持参ですよ。さすがにお料理上手な男性は違いますね。できあがりが楽しみ。
Fujikaさんはドルマを作ったり、miyakoさんはテーブルに食器を並べたりと皆さん分担作業でパーティーの準備は着々と進みます。te-0buru300.jpg

わらびさんが冷蔵庫から極上ラムのフィレを出してこれをカツにしてしまうのだそう。miyakoさんは地元の名宝ハムのフライ、そしてオリジナルの油揚げに生バジル入りの衣をつけて揚げるのだそう。

onoさんがお料理にかかってる間にmiyakoさん親子、Fujikaさんたちと近くの温泉へ行きました。温泉はちょっと入っただけなのにすごく温まっていいですね。とても気持ち良かったです。

帰ったらonoさんの鴨肉も仕上がり、duckbillさんのムール貝の酒蒸しも山盛りでさあ食卓に集合です。


主催者のわらびさんのご挨拶。そして自己紹介をしてワインで乾杯。
さあ ご馳走をいただきますよ~~。
まずはできたてのムール貝にむしゃぶりつきます。
昨年送って頂いて国産のムール貝の美味しさは既に知ってます。ホントに美味しくてみんな夢中になってます。
duckbillさんはカラスミ作りもプロ級。ボラとブリのカラスミを持ってきて下さいました。どちらも美味しいですがやはり食べ比べてしまうとボラは美味しいです。
もう一つお料理してきてくださったのがトリッパのトマト煮込み。トリッパは内臓ですが癖がなく美味しいものです。初めて食べたという方もトリッパの美味しさを知って良かったです。
鴨のお料理もちょうど良い具合に火が通りジューシーで美味しいです。
干しナスのドリアはスパイシーな味つけがとてもいいです。
miyakoさんの油揚げのフライはタルタルソースをつけて。簡単なのにとっても美味しいです。
私の毛色の違う和風の夕顔の煮物も好評でよかった。

どれも本当に美味しくて満足~~。
その間ハンナはどうしたかというとお肉やいい匂いで自分のフードは見向きもしないです。出しておくとみんなの脚元にまとわりつくのでケージの中に入れられておとなしくしてて良い子でした。(これも写真がなかったです)

お腹一杯ですがまだありますよ~デザートです。

①Fujikaさんが昨日こちらにきてから作られたというズコットの登場。私とわらびさんからのリクエストです。
見て下さい。このすばらしさを。こんな大変なケーキは作れそうにないです。②はカットしたもの。中にはナッツ類がたくさんマスカルポーネと生クリームで和えたものが入ってます。
③はonoさん作ベルベデーレと私のガトーウィークエンド。このベルベデーレはルヴァンという有名なパン屋さんのお菓子です。実際にみるのは初めて。ドライフルーツ、ナッツがギッシリでブロックのまま持ったときズシッとくる重みにビックリでした。なんと2kgもあるんですって。日が経つにつれ味が熟成されて変わってくるとか。これはいつか作ってみたい興味あるケーキです。私のガトーウィークエンドは思ったよりも膨らみが悪かったです。レモンをたっぷり効かせたのは良かったみたいです。④はmiyakoさんがぶどう祭りで買ってこられたいろんな種類のぶどうと食用ほおづきの盛り合わせ。リンゴの可愛いウサギも可愛いです。これだけでは分からないのイラストを書いてぶどうの種類も添えて下さってました。

みんなであっという間にお片づけ。大勢いるといいですね。
それにしてもよく食べました。

朝早かったので一日目は就寝です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。