スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます♪

鏡餅
皆さま明けましておめでとうございます。
穏やかなお正月ですね。1年がこんな風に穏やかであって欲しいと思います。
今年1年が皆さまにとって最良の年でありますように。


新年といってももう2日も経ってしまいました。
自分のブログをみるのも久しぶりになってしまってます。

FacebookやLineの方が手軽でついついそちらに傾きつつありました。
でもブログはブログの良さがあります。

なるべく更新したいとは思いますがなかなかおもうようにいかないのが現実です。
でもなんとか頑張ろうと思ってますので皆さまよろしくお願いします。

元旦は去年に引き続き義母の立川のホームへ顔見せに家族全員集合しました。
息子たちは結局去年の元旦以来です。
私達も最近は忙しかったりで月に一度くらいしか行けません。

義母はだいぶ認知症も進んできてるようです。でも息子たちはわかったようでみんなが来てくれてうれしいと言ってました。
健康診断ではどこも悪いところはなさそうでこの状態はまだまだ続きそうです。
痩せてきてるので骨折して金属が入ってるのが当たるようで痛いようです。
少しでも動くことができて何か楽しいことができるようになるといいのですが。

ホームから帰って弟の所で新年会Part1です。
ワンコ4匹と人間9人。
わんこ
ワンコ用にケーキを焼いておきました。それをまず食べさせるのに全員並べて写真を撮ってなんて思いましたが無理。
チワワは食欲が旺盛で食べだすとあっという間に完食。ハンナは体は一番大きいのに大きいままだとダメでハンナの分も狙われて食べられてしまいました。
仕方なくハンナには小さくして別の所で食べていました。なんせおっとりですがこんなにトロいとはびっくり。
新年会1

弟の所は娘2人が春には大学、専門学校を卒業になります。最後のお年玉です。
娘たちが作ったお料理やふぐ刺し、ふぐ鍋などが並んでました。

ハンナが疲れた様子なので私は途中で退散。

ハンナが静かに寝てるので新年会Part2の準備にかかります。

今年は男組と女組にメニューを分けました。
RIMG0471_2014010301580571b.jpg
男組はカニ鍋。
RIMG0472_20140103015806680.jpg
RIMG0473.jpg
女組はバーニャカウダにチーズフォンデュにホウレンソウのサラダ。
用意といってもフランスパンや野菜を切ったり茹でたりするだけ。
バーニャカウダは夫が秋に旅行先で買ってきたもの。バーニャカウダの容器をまだ使ってなかったのでお初です。
チーズフォンデュもバーニャカウダ用の器などはあるんですがなかなか出番がないんです。

サラダのホウレンソウは年末に取り忘れたのでハンナが寝たのでバイクで畑にひとっ走り。
サラダホウレンソウとルッコラ、水菜、サニーレタスを合わせたものに熱いベーコンドレッシングをかけたホットサラダ。

サラダが美味しいとあっという間に完食して私の口には入らなかったです。
おせちのだて巻きもお煮しめも好評でした。

美味しいと食べてもらえるのはうれしいです。

バタバタの元旦でしたがなんとか終わりました。








スポンサーサイト

祝 石仏除幕式

IMG_0554a.jpg
先週の日曜日のことになります。

鎌倉の今泉にある称名寺で竹のサークル(私達のサークルではない)のメンバーさんである牧野さんが17年かけて掘った石仏が完成して除幕式がありました。

この称名寺というお寺は私達は初めてでしたが今までお花見などで使っていたお寺だそうです。
IMG_0557.jpg
かなり古いお寺のようです。とってもいい雰囲気です。
庫裡を新築してたので使えなかったのですがそれも完成したようです。
IMG_0558.jpg

牧野さんのお祝いがあるというので竹細工のサークルも集まってお手伝いをするということに。
RIMG0343_20131011010334e59.jpg
竹のグループなので例のごとく男性陣が竹を切りだして食器やらカッポ酒の器を作ります。
慣れたものであっという間にできてしまいます。

お花見でしたら何を作ると前もっていろいろ決まるんですがこの日は何も決まってません。
ブルーシートやいろいろ置いてあるなかに大きな鍋もあります。

たしか芋煮を作るとか言ってましたが材料がきてません。
IMG_0582.jpg
IMG_0584.jpg
男性たちはたき火の準備をしてあっという間に火場ができます。

女性達はなにをやるということもなく、火のそばに栗のイガが落ちてるのでまだ栗はないかと探したら何個か見つかりました。
IMG_0577_20131011010733085.jpg
栗拾いもできて良かったね。と
IMG_0576.jpg

テーブルには竹細工の作品がたくさん並び、その隣にはバードカービングの作品も。これは全部牧野さんがつくられたもの。
竹の作品はどうぞお持ちくださいと書かれてます。聞いたら私達ではなくいらしたお客様にさしあげるんだそう。

鍋の水は煮立ってるのに材料が一向に届きません。

うちのサークルのWさんが手作りのこんにゃくを持参したのでこれを薄く切って竹の器に並べたり。
オードブルがたくさん届いたのに鍋はどうなるの??
だれもわかりません。
page1_2013101202170677b.jpg
そうこうしてるうちに除幕式の時間で集合の声がかかりました。
朝見た階段の下の石に白い布がかかり、住職さんがスタンバイ。
私はカメラ片手に横の方から入り、写真を撮りました。
お孫さんたちの手によって除幕されました。
これが長年かかって完成した石仏です。(17年間と聞きました。)

お友達、関係者も大勢の方がいらしてます。

そちらが終わらないうちに食事の方を並べないと。
箱入りの五目おこわは食べやすくおにぎりにします。
鍋はご家族の方がお寺の方で作られてたようでした。

この日朝は肌寒かったのですが除幕式が始まる前くらいから暑くなってきていいお天気になりました。
pagea_20131012080223c72.jpg

皆さんが集まってきてお祝いの食事会の始まりです。
芋煮の里芋は秋田(だったかな)の農家さんから届いたものですが、農家の方が駆けつけてくださって作ってくださったようです。
こだわりの芋煮は美味しかったです。

暑いけど雨でなくてよかったよかった。

和やかなうちにお祝いの会も終了。

皆さん慣れてるから片づけも早いです。竹で作ったものは持ち帰っていただいた残りは全部燃やして終了。






パソコン復帰しました。  

メーカーも夏休みにはいってしまい最悪でしたがキーボードだけの不具合だったらしくキーボードを交換しただけでようやく帰ってきました。

ヘタすると一月ほどかかると言われたので思ったより早くてよかったです。
皆さんまた遊びに来てくださいね。


いろいろ記事にしたいこともたくさんありますが、↓にモバイル投稿した鳩のあかちゃんの写真を載せます。

親鳩がその後も時々枝にとまってましたが諦めたのか来なくなりました。
巣はそのままになってるのでまた卵を温めてほしいです。

先日買った新しい一眼レフの望遠レンズで家の中から撮りました。
子供は3羽いたようです。


これは7月末か8月初めの頃の親鳩です。
IMG_0360.jpg

そして子鳩が誕生しました。
親鳩が帰ってくると子供はすごい勢いでバタバタと親にまとわりついてました。
IMG_0414.jpg

IMG_0431.jpg

IMG_0429_201308222328093b6.jpg

IMG_0415_2013082223280774c.jpg

IMG_0442.jpg

IMG_0424_201308222332053cc.jpg

卵を温めてるのに約一月、子鳩たちはほんの数日間の命でしたがこの猛暑の朝の楽しみでした。


ありがとう!

RIMG1203_20130430115202.jpg
今日の横浜は強風が吹き荒れてます。

仲良くしてくださってるkuuzaemonnさんから種のプレゼントが届きました。
ブログで種をくださるというのでは~~いと挙手。

そして先週届きました。可愛いハイジの切手が貼ってありました。
こういうかわいい手法を見習わないとです。
RIMG1204_20130430115204.jpg
種と一緒に入ってたのはピンクのレースのモチーフ。種はスズメウリという植物です。琉球スズメウリというのが正式名かな。

このスズメウリを初めてみたのは数年前のこと。
ハンナの好きな公園のそばのお家のフェンスに絡まってました。
小さいスイカのような緑に白のラインが入っててかわいい。

これが秋になると真っ赤になるというので秋を待ちました。
本当に真っ赤になってまたかわいいんです。
でも翌年はないので聞いたらなかなか続けてならないとか。
よそのお宅にも見られましたが続いては見られませんでした。

後楽園球場で毎年開かれるテーブルウェア展で二月の真冬なのにこのスズメウリが緑でテーブルやフラワーケーキを飾ってました。
制作者に聞いたらこの時期に緑になるように育てたとのことでした。

kuuzaemonnさんが種をまいたのは昨年のこと。
丁寧に育てられて種が取れたようです。

思ったよりもたくさんの種が入ってました。
すぐ播いてみたいのですがしばらく留守にするので水が切れてダメになる可能性大なのでもう少し後にしますね。

RIMG1202_20130430115454.jpg
区役所で一緒にお仕事をしてたIさんから最後の日にお豆をいただきました。
緑の秘伝豆と黄色いのはくるみ豆(だったかしら)です。
可愛いリボンをかけてくれました。
私からは畑で採れすぎたレモンバームやらパセリ、レモン丸ごとケーキなどを押し付けただけです。

秘伝豆は生のは食べたことありますが乾燥豆は初めてです。
早速戻して茹でました。
乾燥大豆は茹でるのに時間かかりますがこの豆はそんなに時間かからなかったです。
RIMG1227_20130430115518.jpg
大豆はゆでたままをちょっとお醤油をかけたりお砂糖を入れて食べるのが好きですがこれはめんつゆの薄めのものに漬け込み浸し豆にしてみました。
豆が甘いです。色も薄緑できれい。だだちゃ豆とはまた違いますね。
くるみ豆はどんな味かしら?

kuuzaemonnさん Iさんありがとうございました。


昨夜息子が遅く帰ってきました。
金曜日の夜帰ってきて今夜から出かけるよ。と
いつものことですがどこに?
草津に行くとか。
まだあのあたりは雪が降る可能性あるのでチェーンをもつようにと。
草津から富山、金沢まで行ったようです。
RIMG1202a.jpg

お土産で持ってきたのは富山のラーメンブラック、水沢うどんなど三色饅頭もありましたが開けたら白、茶、緑の三色。緑がいかにも着色したもの。抹茶ならいいんですが。
他にも白エビせんべいなどがありましたがこれは会社用と消えました。

水沢にも行ったのと聞いたら草津で買ったんだそう。
なんだ~~です。

水沢うどんは美味しいのでいいんですが。
ラーメンはどんな味がするのでしょう。現地で食べたら結構うまかったとか。

富山はチューリップが満開できれいだったようです。








あばあちゃんのお習字

RIMG1208_20130321012945.jpg
昨日のお彼岸は横浜と東京のお墓参り二箇所を済ませてからさらに遠く立川の義母のホームまで行ってきました。

お墓参りのあとであまり行きたくなかったのですが、前回は2月26日の夫の誕生日に行ったのでもう3週間も経つのです。
高速で故障車があり渋滞にはまったのでホームに行く時間はちょうどお昼にぶつかります。

お昼を食べて時間調整と夫が車を止めたのは回転ずしのくら寿司。

休日のお昼なのですごい混んでます。
かなり長いこと通ってますが回転寿司のお店に入るのは初めて。
マンドリンの練習の後お昼に行くのはすぐ近くにある華屋与兵衛という和食のファミレス。
ランチにお寿司と麺類と茶碗蒸しというセットをよく食べてます。特別美味しいというのではないですがランチにはまあまあでしょう。

あまり回転寿司って入らないので勝手がよくわかりません。
お寿司が回ってる上の段では超スピードでお寿司でないものが通過していくのにびっくり。
別に頼んだものだそう。
適当に5皿も食べたら結構満腹。
ホタテ、エンガワ、マグロ、タマゴ、マグロアボカドだったかな。タマゴは車中でお留守番のハンナに。

マグロアボカドはマグロにアボカド、マヨネーズにスライスオニオンがのってました。スライスオニオンが食べにくいけどアボカドとマヨネーズで結構おいしいです。
今度真似してみよう。

ホームについたらお食事は終わり部屋に戻った後でした。
部屋に行ったら車いすのまま寝てました。

しばらく来ないので心配してたようです。このところ忙しいので月1くらいしか行ってないですね。

新聞は見てるので桜が咲いたというのは知ってるようです。
近くに桜の木でもあれば車いすで見につれて行けるのですが残念ながら部屋の窓からは桜は見えません。
RIMG1212_20130321012948.jpg
お部屋の壁に新しい字が貼ってありました。
何もやりたいことないと言ってますが時々習字をやらせてもらってるようです。
初めて書いた時は筆を持っても力が入らないと言ってました。

今回のはだいぶ力も入るようになってきたのか字も漢字になり難しくなってます。
RIMG1213_20130321012951.jpg
そして小さな枠に入れたものも。
こちらは細筆で書いたもの。優しい感じです。

廊下にも張り出されてたそうですが取ったあとだったようでした。

字を書くのは好きで少しでもやることができたのは良かったです。






野次馬根性でみてきました~

RIMG1196_20130312010400.jpg

maniluckyさんが近くの新築のお家の出入り口が変だと野次馬根性でみている記事がありました。

うちのすぐそばにも今建売住宅が建築中です。

大分できてきて外側のカバーも足場も外されました。

余計なお世話なんですが二階のベランダがなんか気になります。
この写真はまだ工務店さんが来ない前の朝のもの。
RIMG1197_20130312010403.jpg


このベランダはこういうデザインなのでしょうが枠だけあって天井がないのです。

そのうちなにかのせるのかなと思いましたが足場は全部外れてます。
午後になると横の枠のかげが窓の上部に反映します。

最近オープンデーで中を見れるので野次馬根性で入ってみました。

当然まだ中は未完成。

急にベランダの事聞くのもどうかなとハンナを抱っこしてリビングやキッチンの一応説明をきいて二階へ。
いいお天気の日だったので暖かい日差しが差し込んでます。

「このベランダの屋根はないんですか?」と聞いたら「ないです。」

「雨が降ったら洗濯物は濡れてしまいますね。」

「そうですね~」

「一階のリビングにも庇がないので洗濯物干して出かけることができませんね」

「う~~ん そうですね」

「夏も直射日光が入ってきて暑いのでは?」

「確かに」

「透明か半透明の屋根でもつければいいのに。このベランダの枠はデザインだけ?」

「???」

この人に言ってもしかたないのかも

売れたのかしら?

そういえば最近の新築のお家は庇がないので夏は日よけシェードをかけているお宅もありますね。

私が住むわけでもないいのでどうでもいいんだけど。

単なる野次馬です。




Face Book

RIMG1181_20130212163458.jpg
ボリジの花ですが最初に咲いたのが青からピンクに変わってきました。
青い花とは知ってましたがピンクに変色するのはしりませんでした。

ようやくFace Bookを始めましたというより再開させました。

登録したのは2年も前のこと。
twitterも同じ頃登録だけはしてそのままです。

すぐやり始めるつもりがいつもなんとなくダラダラと(悪いくせですね)。

twitterはつぶやくことってあるようなないような・・・・で放置
Face Book(以後FBと省略)は登録してから実名(実名でないといけないと書かれてるのでその通りにした)というのが気になってそのままでしたがこれではいけないと少したってからやり方もわからず引っ掻き回したらある写真に釘づけ、小さい人物が写ってて知ってる名前と住んでる場所が合ってます。
もしかしたらとその方にメッセージを送ったらピンポーンでした。
その人は先日の20年ぶりの同窓会であった人です。
元社長のKさんもFBやってるとのことでグループを作ってくれたのですが途中から面倒になり(要はやり方がよくわからないし研究もしない)しばらく放置してました。
FBからちょくちょくメールも届いてましたが無視。
たまにこわごわ覗いてみると知らない人の写真がずらり~。
不気味になって閉じてました。
最近kuishinbouさんのブログでFBを始めて昔お嬢さんが留学先でお世話に方と交信できたと書かれてたので気にはなってたところでした。
暮れに同窓会をするということになり仲間の一人がFBでみたというのでしぶしぶ開けてみました。
FBの本は買ってあったのですがこれまたそのまま。
これはいけないと本を引っ張りだしてみましたがいまいちよく理解できません。

いきあたりばったりやっちまえでFBをみたらなんと野菜の写真がいっぱい載ってます。
CropnetからFBに通じてたようです。

ちょこっとだけでもFBをやってたから同窓会に至ったのかもしれません。
私の知り合いを探してもなかなかやってる人には行きつきません。
今のところブログや山荘の会を通じての方がほとんどです。

始めたらブログよりスピードがあって面白いかも。
もっと早くするにはスマホとかipadにしないといけないのかもしれません。

20年前は時代の先端を行ってたのに今は浦島太郎状態です。

簡単にできるのはどういうのがいいのからくらくスマホも出てきてるので使った方いらしたら教えてください。
携帯はdocomoなのでアドレス変更せずポイントも溜まってるのでdocomoしか選択権ないかな。

携帯でさえ十分に使いこなしてないのにスマートフォン使えるのか?





母の23回忌

RIMG1160_20130203221825.jpg
この花はボリジです。昨日の暖かさでか午後開花しました。

今日は母の23回忌の法要でした。

母が亡くなった年と同じ年になってしまいました。
お寺で住職さんがお経をあげてる間今までと違いいろんな思いが入り混じり複雑な気持ちでした。
私と同じ年でまだこれからというのに無念だったでしょう。

母は私がいたころは病気で寝込むというのをあまり見たことなかったです。
長男が2才ごろに夫が出張で夫の実家からの方が近いので一緒に滞在してた時に心不全で緊急入院したと父からの電話で息子を義母に預け実家に帰りました。
入院の少し前に具合が悪く人間ドッグを受けましたがデータは出なかったので母は首を傾げてました。
あの時にわかればもう少しいい状態だったのかも。
息子は急のことでおばあちゃん、ひいおばあちゃんはいましたが、夫が帰ると「おかあさんはどこ?」と不安そうに聞いていたそう。おばあちゃん、ひいおばあちゃんには口にすることなく必死にこらえていたようでした。
結局母の入院は1月どころが半年に及びました。
入院中久々に会った妹弟たちに「こんなに痩せてきてわからなかったの?」と言われましたが太ってたので少しやせてくるのはいい傾向だし、ちょくちょく目にしてるのでわかりませんでした。

その後も骨折をしたり、よくわからない病気になったり、卵巣がんが見つかり入院生活。
卵巣がんはすでに手術はできないとのことでした。
弟はその頃まだ結婚してなく、母の存命はあとわずかとのことで母がまだ大丈夫なうちに結婚させようと式場をお探し無事に結婚式には出席することができました。
そのあとすぐまた入院で2か月後には他界しました。
自分の事よりも父の3回忌の事を心配しながらその前に他界してしまいました。
それから23年長いようで短いですね。

姪っ子2人はおばあちゃん(おじいちゃんも)は写真でしか知りません。
上の子は21才、下の子はもうじき19才と大きくなりました。
年月の経つ速さに驚かされます。

60代半ばでまだいろいろやりたいことがあったでしょう。
わがままな父が先に逝きこれから母とどこかに行けるかなと思ってたのに実現しませんでした。
前年の夏調子が良いとのことで箱根の大文字焼きを見に行ったのが最後でした。

夫の母は半身不随になり90才を過ぎて自由の利かない体で毎日を送ってます。
義母は最近は「長生きするものじゃない」とよく言ってます。
義母は結構高齢になってからも姉妹であちこち旅行を楽しんだり娘のいる函館に行ったりと楽しんでいたので全く自由がきかないのはつらいでしょう。
二度も足の骨折から復活してきたのに脳の方ではどうにもなりません。頭の方が年のわりにしっかりしてるの返って気の毒です。

どちらがいいのかはわかりません。
こればかりは神様の知るところです。

住職さんが一日一日を大事に過ごすようにと話してくださいました。
本当にこれからは一日一日を大事に過ごしたいものです。

法要のあとお墓詣りしてお食事をしてきました。

息子たちはあいにく仕事で欠席だったので弟家族との6人なので近くのレストランです。

このレストラン過去に書いたことがありますがとってもわかりにく場所にあるので隠れ家的なレストランです。
弟だちもこのレストランの存在は知りませんでした。ご夫婦2人で営業してテーブルが3つしかないかわいいお店Successです。

出てきたお料理はこちら。
サクセス

姪っ子たちはすてきなお料理に大喜びしてました。
お任せコースですがアミューズはサービスしてくださいました。
アミューズは 生ハムのクリームチーズ巻き、大根の桂むきに大葉とスモークサーモンのロール、グラスに入ったものはボイルヒイカとグレープフルーツのクリームソース。
パスタはエビとアスパラのウニソース。
サラダ 
メインは豚肉とナスのミルフィーユ仕立て。
デザートはマーブルシフォンにアイスクリームと生クリームとチョコクリーム添え。
コーヒー
若い女の子にはぴったりのメニューでした。私達はお腹いっぱい。
これでなんと2000円なんですよ。





息子無事帰宅。ありがたい深夜の除雪。

RIMG1124_20130115004143.jpg
バッテリーが切れそうでコンビニで充電しないとと言ってたので、もし会社の人から電話でも入ったら大変と夕方まで連絡しませんでした。
高速も通行止めになってるし、どうなったのかと電話しましたが通じません。
メールも入れましたが見れるのか?
TVで事故とか怪我のことなさそうなので一応安心はしてました。

一時停電になるのか電気がパッと切れてはすぐ着くということが3~4回ありました。
所によっては停電もあったようでした。
夕食の準備は粕汁もご飯もできてる一安心。
6時頃は大丈夫だったのでアツアツの粕汁を食べることができました。
2階のベランダの細ネギを切ってくるのも寒そうでセリの根っこを水栽培してたものを切ってつかいました。
粕汁で温まりました。

食事も終わって「はじめてのお使い」を見ていたら玄関で物音がして息子が帰ってきました。
無事に帰宅できたようで一安心です。

結局どうなったのかというと
会社までは坂もあり帰ることもできず2号線に乗り捨ててきたとか。
そこから近くの駅まで歩いて出て電車で帰ってきたそう。休日でバスダイヤも少ないですがバスは走ってたのでバスで帰って来たとか。
最後がよくないです。
いつも降りる人がいるので考え事をしてボタンを押さなかったら停留所を過ぎてしまい坂を下がってしまい下から歩いて来たらしいです。
靴は普通の靴で雪で濡れてるのかと思ったらなんと長靴を履いてました。会社の車なのでいろんなものをおいてあるようです。

乗り捨ててきた車がまた心配です。
明日行ったらレッカーで移動されてるかも。
この突然の大雪なので他にも車を乗り捨ててるようなので大目に見てくれるといいのですが。

この大雪での成人式に出席した若者たちも大変でしたね。
ビショビショの雪で晴れ着にブーツを履いてる人もいましたが足袋では濡れてさぞ冷たかったでしょう。
式後はいつもなら中華街などで祝宴をあげるのでしょうがこの雪ではどうしたのでしょうね。

すでに雪はやんでます。
食事前に玄関前だけ雪かきスコップで雪をどけましたが明日は全部が凍結して危険です。


RIMG1130_20130115005640.jpg
RIMG1129_20130115004148.jpg
RIMG1124a_20130115005638.jpg
と思ってましたら
今0時過ぎですが道路でうなるような車が通る音がします。雪で動かなくなったのかなと道路を見たらなんと工事の車(シャベルカー)が道路の雪を除雪してくれてます。
どなたか知りませんが深夜なのになんとありがたいことです。
役所の方でやる訳ないのでご近所の方のご厚意だと思います。
何度か往復したあとが一番下の写真です。中央だけですが道路の雪はなくなり四つ角の反対側に雪の塊が見えます。
夜中なのでご存じない方も多いでしょう。
この後もしばらく作業が続いてました。

明日朝は両端の雪の除雪をしないとね。









石原家と祈願

RIMG1240_20130103232252.jpg

元旦にお雑煮を食べなかったので翌二日の朝にいただきました。

次男は仕事が忙しいようで大晦日まで仕事をしてましたが二日も会社に行くというので一緒にお雑煮を食べました。
いつもなら新年用に鎌倉彫のお椀を出すのですが二日になってしまったので豚汁などの時の大ぶりのお椀ですませてしまいました。
RIMG1229_20130103232502.jpg
お雑煮はいつもので大根、金時人参、筍、合鴨肉、なると、小松菜、三つ葉が入ってます。もちろん大根は畑の三浦大根です。

RIMG1230_20130103232245.jpg
二日は前夜からかなりの強風が吹いてて寒いですがバスで鎌倉鶴岡八幡宮へ初詣へ行ってきました。
まだ早いので下の受付は空いてて本殿への階段も規制はなかったのですが本殿の待合室はすごい人です。
年々祈願をする人が増えてるような気がします。
近年は本殿と若宮の二か所での祈祷になってますがやはり本殿の方が混んでるようです。
これは名前を呼ばれるまで二回くらい待たされそうです。
八幡宮の方もいろいろやり方を変えています。最近は前の祈願が終わってから次の祈願をする人を呼び出してます。
一回の祈願でかなりの人を詰め込み祈願を読み上げるので時間も結構かかります。二回目では呼ばれなかったのでガッカリでした。
前の祈願をやって最中に次の呼び出しが始まりました。名前が呼ばれて本殿前の廊下で待ちます。これは少し前の方式です。あれ?と思ってたら後ろの人たちが話てるのが聞こえました。
「石原新太郎さんの家族がきてて衝立のとなりにSPといる」と。
たしかに衝立のところにSPらしき人がいます。
前の祈願が終わり本殿に入ったら一段上に並んでる人がいます。(これも初めて)
いつもならどんどん隙間なく人を入れるのですが今回はごく少人数で祈願が始まりました。
神主さんが祈願者の名前と祈願を読み上げますが一番最初に石原慎太郎、石原伸晃というではありませんか。
では上段に座ってるのはご本人とご家族?
夫には言ってなかったのでよくわからなかったようですが玉串奉奠を代表で石原新太郎氏の名前が呼ばれて気付いたようです。
人がやけに少ないなと思ってたよう。
二人とも後ろに振り返らなかったのですが伸晃氏は大臣でも新太郎氏は貫録があります。

何十年も新年の祈願に来てますが初めての出来事でした。

前日の元旦からの病院通いでちょっとへこんでましたがこんな珍しいことに出くわして何かいいことでもあるといいんだけど。
それにしてもかなりの特別扱いですね。
RIMG1233_20130103233107.jpg
祈願が済んで下に行ってみるとものすごい人数で階段の規制も始まってました。

RIMG1241_20130103232255.jpg
帰りには山中材木屋さんの今年の干支を見てきました。

RIMG1242_20130103233447.jpg
これがお札とお守りと絵馬です。絵馬は数が限りがあります。昨年は四日に行ったらもうなくていただけませんでした。
RIMG1247_20130103233714.jpg
夜はやっとおせちの出番ですが、お重から出してお皿に盛りました。
一応栗きんとん、黒豆、だて巻きは手が不自由ながら手作りしてみました。
筑前煮は余るので二日目でしたが刻んでちらし寿司に、蟹のほぐし身をのせ蟹ちらしにして。



大失敗

RIMG1125a.jpg
またまたバカなことをやってしまいました。

今日は朝から雨。
膝もまだ痛いので義母のホームへは夫が一人で行くと8時ごろ出かけていきました。

ハンナの散歩もなく、寒いのでストーブの前から離れることができないダラダラと過ごしてました。

マンドリンも演奏会が終わったので今度の日曜日に地域の秋のコンサートに出演があるのですが楽器を出して練習する気にはなれません。

パソコンをonしてcropnetを久しぶりに見たらコメントがいろいろ入ってて他のcropperさんのノートを拝見してコメントを入れたりしてました。
夕飯の買い物にも行かないといけないけど車が帰ってこないし、あまり運転したくないし冷凍庫を物色してまぐろの頭の身のブロックがあったのでこれを竜田揚げにでもしましょう。
おでんが少し残ってるのはおでんごはんに変身させて、昨日のお鍋も野菜を足して残り物処分でいいことにしましょう。

午後になり区役所に返さないといけない書類があり、振り込み先を記入しないといけないので財布を探したらどこにもないです。
バッグの中にもないし「あれ~どこに行った?」
昨日仕事の帰りにスーパーで買い物したけどそれ以降財布は使ってないです。
どこを探しても見つかりません。
まさかバイクのカゴにある??まさかね

傘をさしてバイクの前かごをみたら財布があった~。
まともに雨を受けてるので財布はビショヌレで重いほど。

中もビショビショだ~~。
カゴにハンナ用のカバー(レインコート地)の上に置かれてたので雨水がたまってました。

RIMG1126a_20121107001651.jpg
乾かすので中身を全部出してみました。
お札はあまり濡れてなかったです。お金は大してはいってなくてよかった。
一番の問題がキャッシュカード。
裏ポケットに入ってて下になってたのでカードが濡れてしまいました。
磁気が濡れるとダメになるかしら?
ダメだと銀行のキャッシュカードを作り直さないといけなくなるのかも。
作り直すと1枚1050円かかるんですよね。磁気が効きますように。

払い込み用紙2枚もビショビショ。
これはゆうちょダイレクトで払うことにすればいいです。

この財布は何度となく難を潜り抜けてます。
もう古いので買い換えたいのですが何があっても戻ってきたり出てきたりしてくれるので買い換えると悪いことがおこりそうです。

ストーブの前で乾かしました。
まだおつきあいしてね。お財布さん。
もう少し大事につかいますね。





柿とみかんがいっぱい

RIMG1115_20121028010651.jpg
山形の叔母から柿が豊作だけど干し柿用に要る?とメールがきました。

季節が少しずれてるようでもうそんな時期?

「は~い 干し柿作ります。着払いで」と返事

それからなかなか来ないのでどうしたのかなと思ってました。

「昨日遅くなったけど柿送ったよ」とメールがきました。

大きな箱で到着。
いままでにない重さです。
開けてみたら柿がいっぱい。葉っぱもついてます。
RIMG1116_20121028010833.jpg
なんこあるんだろうと出してみたら枝に何個かついたままです。
剪定ばさみでT字に枝をついた状態にカットしました。
RIMG1117_20121028010923.jpg
大きいザルに移してみたらこんなです。全部で76個ありました。
重たいわけですね。
RIMG1118_20121028011019.jpg
おまけの柿についてた葉っぱは予想外のもの。
柿の葉寿司につかえそうです。
故辰巳浜子さんの本によると柿の葉寿司は普通は春さきの若葉をつかってますが秋の紅葉した葉は見た目は固そうですが使いやすいだそう。紅葉してる葉もあります。

きれいに洗ってお寿司をつくりましょう。

柿は皮をむいて干さないと・・・

RIMG1114_20121028011247.jpg
こちらはみかん。

メルマガでみかんがやけに安いというのがありました。
【小玉限定】天秀みかん 早期割【超】特価 699円/大盛り2.5Kg 2箱なら送料無料 3箱なら1箱オマケ【RCP1209mara】フレッシュベジさんのサイトです。
1箱だと送料がかかりますが2箱分になると送料無料になるというんです。

これなら2箱を頼まないと損ですよね。
3箱なら1箱おまけも魅力的ですがそんなに食べられないです。

予約販売なので9月の注文でした。
10月中旬に発送するとメールがきてみかんがやってきました。

あけてびっくりかわいいみかんです。SSサイズでしょうね。
RIMG1131_20121028011437.jpg
私の手のひらに4つのります。
直径4~5㎝です。
一口みかんです。
でもこれが皮がうすくて甘くて味がこくて美味しい。

まだ暖かいのでみかんも腐りやすいのでそれを見越して余分に入れてくれてます。
5kgですが5.7kg入ってました。

ダメなのを見越して余計に入れてくれるなんて誠意がありますね。

たくさんあると思いましたがお友達にあげたり、昨日は竹のお教室のおやつに持って行ったりしたらあっというまに無くなってきました。

また注文してみようかしら。










フルブラでにんじんとキウイのサラダ

RIMG0502_20120924021739.jpg
二種類作った自家製フルーツブランデーのもう一つ柑橘(ニューサマーオレンジ)とキウイのフルブラを使ってみました。
漬け込みは二日間。

ちょうど畑から間引きにんじんを採ってきたのでにんじんを新鮮なうちに食べましょう。

ドレッシングにフルブラを入れてみては?

となるとにんじんだといちじくよりもニューサマーオレンジの方が合いそうね。

瓶を開けてみました。

あ~~いい香りだわ~~!
RIMG0522.jpg

にんじんだけでは彩が悪いわね。キウイの緑なら合いそう。

フルブラにもキウイいれてるし相性はよさそう。

ドレッシングにフルブラを入れてみます。

<レシピ>
レモン汁とフルブラにオリーブオイルに塩、こしょうのドレッシングをかけたもの。
間引きにんじんなので細いのを三本使いましたが普通のにんじんなら1本使ってください。
千切りにして少しの塩をして水気を少し絞ります。
ドレッシングはレモン汁大匙1、フルブラ大匙1、オリーブオイル大匙2、塩、ブラックペッパー少々。


「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」参加中
自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ


<ニューサマーオレンジとキウイのスパイシーフルブラ>
ニューサマーオレンジ 1個
キウイ    1個
ブランデー  360cc
クローブ   4粒
ニューサマーオレンジは1cmの輪切りにして皮を剥く。皮は黄色い皮の部分だけにする。
キウイは皮を剥き輪切りにする。
瓶にオレンジとキウイを入れてブランデーをまで注ぎクローブを入れる。



自家製フルーツブランデー2種

RIMG0501_20120923214904.jpg
レシピブログにはだいぶ前に登録してたのですがもほっぽらかしでした。

先日何気なくメルマガを開けました。
自家製フルーツブランデー(フルブラという)にアンテナがピッ!

今年は梅酒をブランデーで漬けたんです。だからかしら?
梅酒のように長期間漬け込むのではなくフレッシュなフルーツを1~3日漬けるだけでいいみたいです。

フレッシュ感いっぱいのフルブラってどんなかな~~。
申し込んだらモニターに当選してしまいました。
届いたのはサントリーブランデーV.Oとガラスの保存キャニスター(500ml)2個です。

すでにオレンジ、レモン、マンゴー、りんご、トマト、メロンetcのレシピが完成してます。
フルーツ限定だしあと残ってるフルーツは???

注意書きには
1、米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでんぶん又はこれらの麹
2、ぶどう(含 やまぶどう、干しぶどう
3、アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、拡酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩   類、色素、香料又は酒類のかす
は酒税法で混和してはいけないとのこと。
1、2はわかるけど3はよくわかりませんね。
要するにぶどう、干しブドウ以外のフルーツを使えばいいということです。
アルコールは20度以上の蒸留酒に限られるんですって。
セミナーも開催されて参加された方のブログをみるとブランデーでもV.Oくらいのランクの方が軽くていいんだそう。(梅酒もこれを使いました)

ちょうどこの日は定期演奏会前の強化練習中でお昼休みすぐ隣のJA横浜の「はまっこ」へ行ってバナーネを買ってきました。
時間が遅かったので残り2パックで選ぶことができませんでした。
バナーネが欲しかったのでこれしかない。で帰ってよくみたら先端のところがカビてる~~。
その部分だけ切り取れば食べられます。

そのバナーネがあったのでいちじくのお酒ってあり?
検索したらあるみたいです。
透明のお酒でつければいちじくの色が淡いピンクになるんでしょうがブランデーでは茶色だからダメですね。
RIMG0497_20120923215021.jpg
キャニスターは500mlなのでそんなにたくさんフルーツは入りません。イチジクの輪切り3個分を入れてブランデーを注ぎました。

もう一つは何しよう。
RIMG0498_20120923215129.jpg
冷蔵庫に萎びる寸前のニューサマーオレンジを1個みっけ。
オレンジのブルブラは美味しいようなのでこれでもいいわよね。
皮は除いて輪切りにし、皮は白いところをとって瓶に入れました。フルーツ少ないかなでキウイを1個足しました。

でできたのがトップの2瓶。

オレンジは1日でいいようなのですがキウイはどうかな?中をとって2日にしましょう。
いちじくは香りが写るまえで時間かかりそうなので3日にしましょう。

コンテストいやだけどあるんですよね。
★自家製フルーツブランデー部門  ★ドリンク部門  ★料理部門があるそう。

グランプリはフランス旅行。もう一度いきたいなぁ。
でも三部門すべてに応募ですって。ということはちょい無理かな。

とりあえずフルーツブランデーは作りました。



「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」参加中
自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ


フルーツブランデーの分量を書いておきます
<いちじくのシナモンフルブラ>
いちじく(今回はみどりのバナーネ使用)3個
ブランデー360cc
シナモンスティック 1本
いちじくは洗って水気をとり1cmの輪切りにします。瓶に入れてブランデーを口いっぱい注ぐ。シナモンスティックを入れる。

<ニューサマーオレンジとキウイのスパイシーフルブラ>
ニューサマーオレンジ 1個
キウイ    1個
ブランデー  360cc
クローブ   4粒
ニューサマーオレンジは1cmの輪切りにして皮を剥く。皮は黄色い皮の部分だけにする。
キウイは皮を剥き輪切りにする。
瓶にオレンジとキウイを入れてブランデーをまで注ぎクローブを入れる。



kuuzaemonnさんの5周年プレゼントに当選

RIMG0273_20120909135624.jpg
いつもなかよくしていただいてる広島にお住まいのkuuzaemonnさんがブログ5周年記念のプレゼント企画を開催。
お得意のレース編みのドイリーを3点出されてました。

どれも方眼編みにアルファベットやバラ模様を編みこまれてるもの。

私なら何日もかかると思うのに編み物大好きなkuuzaemonnさんはあっという間に編んでブログで紹介されてます。

一年間で編み物どれだけ編むのかしらと思うほど。
それも編み方図を頼るのではなく編んでしまうんですよ。
こういう芸当は私はできません。(鉤針編み自体がうまく編めないです)

その作品はフリーマーケットの商品にされてます。

私は3つ目の作品の変形の四角にバラが編まれてるものをエントリーさせていただきました。

応募締切が8月末日でしたがすっかり忘れててブログにお邪魔して他の方のコメントで思い出してそのページに行ってみたらなんと当選してるではないですか。

きゃ~~!あみだくじ弱いんだけど~~~ この作品が一番倍率高かったんですよ。

少し運が向いてきたのかしら???

そして届きましたよ~。
RIMG0270_20120909140228.jpg
包装にもこんなひと手間が添えられてました。

RIMG0278_20120909140124.jpg
こんなドライのローズマリーの小さいブーケの素敵なカードも添えられてました。
こういうのは参考にしないとですね。

写真を撮ろうと家の中になにか花はないかとさがしたんですがこの時期ないです。

ちょっとまって前日夫が畑からニラに花が咲いてると全部切ってきたのが開きかけてきてます。

ニラの花では申し訳ないけど一緒に写真撮ってしまいました。(topの写真)

kuuzaemonnさん ありがとうござました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。