スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アガパンサスとアナベル  ジャムいろいろ

RIMG0534.jpg
7月というのに今頃アナベルが満開です。
RIMG0566.jpg
そしてアガパンサスがようやく開花してきました。紫がかったブルーが爽やかで好きです。
どちらも6月の花ではなかったかしら?
ガーデニアも咲いてますね。今朝散歩の時いい香りとみたらミニのガーデニアが咲いてました。

畑を始めてからは園芸店にいっても野菜などの苗の方が気にかかります。
そろそろ花の方にも目を向けないとね。



最近はジャムの消費が少なくなってきてるので作る回数が減ってきてます。
それでも6月はいろいろジャムを作りました。

RIMG0421_20120702001002.jpg
珍しいものも作りました。ズッキーニのジャムです。
ズッキーニはかぼちゃの一種なのでできないわけはないと思いますがかぼちゃのような甘味もないし水っぽいです。でも探したらあるんですね。
参考にさせてもらったのAll aboutのレシピです。
ズッキーニとショウガのジャムです。
ズッキーニは皮を剥いてしまうのでできたジャムはクリーム色です。
ピリッとスパイシーなジャムです。
トーストで食べたら結構いけますよ。
これは肉のソースでもいいかもで肉のソースに使ってみました。
思った通り美味しいです。

RIMG0389.jpg
6月といえばアメリカンチェリーがたくさん出回ります。
アメリカンチェリーをみるとやはりジャムを作りたくなります。

RIMG0390.jpg
昨年アメリカのお土産でsonomaのチェリーピッターをいただきました。
さくらんぼの季節になったらジャムを作ってプレゼントするからと約束だったのでアメリカンチェリーのジャムを作りました。
RIMG0394.jpg
2瓶できてKさんに1瓶プレゼント、もう1瓶は自分で楽しもうと思ってましたが工事に来てくれた方にプレゼントしてしまいました。
もう一度作る気力ないのでまた来年。

RIMG0439.jpg
台風の後あちこちで梅が落下してました。
良さそうなものだけ梅救出で拾ってきました。

RIMG0477.jpg
そして作ったのは緑の梅ジャムと黄色の梅ジャム。
以前に青梅で作ったのはもっと緑が色濃かったと思うのですが材料費0なので文句は言えません。

やはりジャムを作るのは楽しい作業です。

あ!畑にルバーブを2株植えたんですよ。
夫がまた変なものを買ってきた・・・・と

富士見町のような真っ赤なルバーブにはならないでしょうが育てたルバーブでジャムを作る頃をイメージして今から楽しみです。

RIMG0602.jpg
そして6月の最後はこのジャムです。
RIMG0352.jpg
畑のいちごホウレンソウが終わりに近づき実だけ収穫して抜いてきました。
採れる量が少ないので少しづつ冷凍にしておきました。ついでに庭のブルーベリー、いろいろいちごも一緒に冷凍に。
RIMG0601.jpg
全部合わせてミックスベリージャムに。残念ながら2瓶一杯にはなりませんでした。
いちごホウレンソウだけでは自信ないのでいちごとブルーベリーも入れたというわけ。
ブルーベリーも入ってるからかきれいな色になりました。
いちごホウレンソウのジャムは二度目で今年は最後です。

うちの畑は道路側に面してるのでいちごホウレンソウが珍しいのか「あれは何?」と聞いてくださるかたもいます。
いちごホウレンソウ普及委員会でも発足させましょうか。






スポンサーサイト

産直の食材

170_20111026143230.jpg
昨日は夏のような暑さで街行く人も半袖姿が目立ちました。
月曜日からインフルエンザの予防注射が始まりました。
待合室は暑くてクーラーでも入れたくなるほどでした。
そして一転今日は予報通り寒い。
夏から一気に初冬になったようです。
今年の気候は本当に激しい変わりようです。

1日から趣味仲間とフランスに行くことになってるのですが準備が進みません。
フランスは暑いのか寒いのか????
ニースから入っていくので南は暑いくらいなのかもしれません。


立科の自由農園で買ったりいただいてきた食材をご紹介します。

トップバッターは赤いルバーブ。
自由農園にありました。
エンジェル千代子さんが真っ赤なルバーブで村おこしされた富士見町は近いはず。
なのでこのあたりでも赤いルバーブが栽培されてるんでしょうね。
細いのと太いのがあったのですがわらびさんがジャムにするなら赤い部分が多い細い方がいいとのことで約1Kgの束を買ってきました。

パイなどもおいしいですがとりあえずジャムにしました。
帰ってすぐに作らなかったのでか細いので少し乾燥したからかいつもより煮崩れるのに時間がかかりました。
ruba-bujam.jpg
ジャムはこれだけできましたよ。

012_20111025164443.jpg
食用ほおずきは珍しいものなので少しずつでしたが医院のスタッフさんに分けました。
さやつきを2粒づつしか差し上げなかったのですがその2粒をご家族5人で食べたと聞いてもっとあげればよかったと反省。
みなさんみるのも食べるのも初めてのものだったようです。
弟のところにもお土産にしたのですが義妹が本を見ながらおいしくてぱくついてたらほとんど食べてしまい娘たちの口にまで回らなかったとか。
生でもいいのですが少しだけジャムに。
以前melocotonさんが帰国の際食用ほおずきのドライになったものをお土産でいただいたのがおいしかったので真似してドライにしてみました。
169.jpg
ミニトマトのようなのでドライトマトと同じ方法で半分にカットしたものを低温のオーブンで2時間ほど焼き、太陽に当てました。
ドライほおずきができましたがあまり甘くないです。
きっとそのままドライでなくなにか一仕事してるんでしょうね。
食べられないほどのすっぱさでないのでおやつに食べます。

マルメロ
Fujikaさんが山荘に来る途中の産直で箱買いしたマルメロをいただいてきたので5個もいただいてきました。
マルメロは久しぶり。
自由農園にもありましたがマルメロは産毛のようなものに覆われてるはずなのにないです。花梨をこう呼んでるのかなとも思い買ってこなかったのです。
Fujikaさんからのものは少し産毛がありました。でも香りが薄いです。
花梨はカットするのに大変なくらい固いのですがマルメロはもう少し柔らかいです。
これも割とスッと切れました。

皮も種も全部刻んで煮ます。
柔らかくなったらザルなどで濾します。
これを鍋に戻し、お砂糖、レモンを入れて煮詰めます。(約2時間)
鍋底をヘラで引いて壁が戻らないくらいまで煮詰めます。
これをバットに流して固め、グラニュー糖をまぶします。
024.jpg
大変手間はかかりますがパート・ド・フリュイは甘酸っぱくておいしいんですよ。

残りひとつは豚肉との煮込みにと思って冷蔵庫にいれてあります。

マルメロ箱買いしてくればよかったなぁ。
ネットで取り寄せしたかったのですがもう終わってるみたいです。
後で調べてみたらマルメロには「在来種」「スミルナ」「かおり」があるそうな。
以前秋田から取り寄せたものは香りが強かったので在来種のようです。日本に昔からある種類だそう。
このマルメロはスミルナのようで西洋種で加工するにはこちらの方が適してるそうです。

味は今まで作ったものと同じです。

もっとパート・ド・フリュイが作りたいなぁ。

168.jpg
Fujikaさんからいただいたものの中に生の落花生がありました。
山荘に到着した日に食卓にあった落花生は(写真ない)一つの殻に4粒もの落花生がはいってました。
こちらも珍しいもので黒い落花生です。
袋にもクロとかかれてました。
黒い落花生?そんなのがあるんですね。
むいてみたら本当に真っ黒。
でも実は普通の色をしてました。薄皮だけが黒いんです。
茹でようかと思いましたが炒ってみました。
ちょっと炒りすぎてしまいましたが香ばしくておいしかったです。
007_20111026142617.jpg
落花生ご飯も作ってみました。
黒いままいれてみようかと思いましたが下茹でしました。
茹でたら水に色素がでて黒くなりました。
皮をむいた落花生と人参、干しシイタケを入れて炊き込みました。
落花生がほっくりとおいしいんですよ。
最後になってしまいましたがきのこ狩りで収穫したクリタケは水煮にしてくださっていただいてきました。
173_20111026143038.jpg
こちらもごはんと汁ものにしていただきました。
シンプルにクリタケと油揚げを少々です。
クリタケのおいしさを素直に味わえます。

天然のきのこいいですね。
普段は栽培ものしか食べられないので本当に贅沢です。

乾燥のコウタケを少しづついただいてきたのでもうしばらくしたら使ってみます。























りんごバター

りんごバター
りんごバターというものを知りませんでした。
↓の紅玉りんごの情報をくださったフィノさんからりんごバターの存在を知りました。
レストランでも出るそうですがいまだに出会ったことないです。

レシピを探したら電子レンジやオーブンで作るレシピがいろいろあります。
フィノさんもレシピを出されてましたが面倒くさがりな私のこと手っ取り早くできる電子レンジのレシピを採用しました。電気オーブンにしてから余熱に時間がかかりオーブンがおっくうです。
電子レンジはりんご、グラニュー糖、バターをボールに重ねて5分チンするだけ。シナモンを入れてあら熱が取れてからハンドミキサーで攪拌するだけなんです。

クリーム色のりんごの香りのするバターが完成しました。
優しい甘さのバターです。
トーストとりんごバター
トーストにさっそく塗ってみました。
アップルパイを食べてるようです。
こんなに簡単にできるんでお奨めです。
分量はりんご1個、グラニュー糖大さじ1、無塩バター80g、シナモン、お好みでレモンも
この分量で200ccの瓶1瓶できました。あまり日持ちはしないので大量でない方がいいそうです。

meloちゃんの紅茶とビスケット
先月オフ会でmalocotonさんからおみやげにいただいたビスケットにもつけていただきました。
ビスケットが甘みがあるのでこのときはレモンを少し入れたバターの方がより合いそうです。
エキナセアの紅茶
添えたのはやはりおみやげでいただいたエキナセアとラズベリーの紅茶です。
これ初めて飲みましたがとっても美味しい。色も紅くてきれいです。エキナセアはこのピンクの花です。
免疫力を高めてくれるハーブのようです。
箱もピンクで可愛い。
トワイニングのこのシリーズは他にもいろんな組み合わせのものがあるので違うものも飲んでみたい。

欲しい欲しい光線を発してみたら♪

ユスラウメ400

いらさんのブログ欲しい欲しい光線が届いてゆすら梅がやってきたという記事がありました。

うちの近くにもゆすら梅がなってるお宅があります。
その奥さんとはあまりお話しすることがなかったのですが昨年14年飼ってたシーズがお星様になりその後にルナちゃんというシーズの子犬がやってきて最近一緒遊んでます。
そのルナちゃんと昨日の朝お散歩が一緒になったのでゆすら梅の話題を出し欲しい欲しい光線を出して見ました。

そうしたら 
もう盛りを過ぎて実がどんどん落ちてきてるとのこと。前はよくジャムを作ったけど今年は面倒で作る気がないとのこと。
「作るならどうぞ」と・・・ワ~イ やったー 欲しい欲しい光線見事的中。

続きを読む »

ローズペタルジャム

ピエールドロンサール450
昨年kuisinbouさんが真っ赤なバラの花びらでジャムを載せたことがありました。
それ以来気になっていたジャムです。
毎年真っ赤なバラが近くのお宅の垣根にたくさん咲きます
真っ赤なバラはビロードタイプの大輪のバラです。道路ぞいに咲いてるのでダンナさんに花びらが欲しいと行ったら妙な顔をされてしまいました。「いいよ」といってくれたのですがあまりお話したことないので行きそびれてました。

昨日ハンナの散歩で一緒になったコーギーのラッキーくんのママが「今うちのバラがきれいよ」というので花びらが欲しいと言ったら「好きなだけ持って行っていいわよ」と。

ただ赤いバラでなくなんとピエール・ド・ロンサールなんです。
ピエール・ド・ロンサールが見事に壁面に咲き誇ってます。「無農薬だからジャムにしても安心よ」と。でも花首から切るのが可哀想な気がします。
ロンサールは中心がピンクで回り薄いグラデーションのバラです。はてどんな色になるのかな?
kuisinbouさんがこのバラでもジャムを作ったらしいのですが色がぼけてると仰ってました。

作ってみないとわからないので花を切らせてもらいました。
もう少し前だと濃いピンクや黄色も咲いていたそうです。
一重のバラ350

玄関横には一重の赤いバラが咲いてます。
ロンサールは花びらがたくさんありますが色が薄いので色出しに少しいただいて来ました。

続きを読む »

今年初めてのいちごジャム

紅ほっぺ450

今年初めてのいちごジャムを今頃作りました。
昨年いちごジャムをたくさん作りましたがどんどん色が悪くなって美味しそうでなくなりました。
開けて食べてみるとおいしいのですが食欲をそそる色ではないのです。
あまおうを入れて作ると色がきれいとかアメリカのいちごを使うといいとかも聞きます。
ジャム棚にはまだ昨年のジャムがたくさんあります。
春さきにネットオークションで落札したオレンジでコンフィをたくさんつくったのもありマーマレードもあります。
うちの夫が食べるのはほとんどいちごジャムでマーマレードは昔から嫌いで食べません。
いちごジャムも私が作る酸味の強い物はだめでジャムをたくさん作ってるのに市販のジャムを買ってきます。
市販のものも無くなってきたので甘めに作ってみることに。
今年は苺を買ってきてもそのまま食べてあまり感激する美味しさが感じられずこの紅ほっぺという苺も買ってきたのに生食でなくジャムにしてしまいました。

紅ほっぺのじゃむ350
出来たジャムはこんなにきれいな赤になりました。
今回はプレザーブでなく粒を潰してます。


ちょっと恥ずかしいですがジャム棚をお見せします。
ジャム棚350

数えたことないのですが何瓶あるのでしょう。所狭しとジャム類が占領してます。
本当はこんなにジャムばかり載せるつもりで買った棚ではなかったのですが・・・
地震がきたら危険だと言われてます。戸がないので確かに危ないですね。でも戸があったところで安心ではないので同じかな。
夫からこんなにジャム作ってどうするの?と聞かれたこともあります。誰かにあげると喜ばれるからと答えておきました。
そしたらいつだったかテニス仲間から何かいただいたお返しにジャムをあげたいといってブルーベリーといちじくのジャムを持って行ったことがありジャムも役だったようです。

少し消費しないと次のジャムにとりかかれないので今のところせっせとヨーグルトに添えて食べてます。
今年はあぐりももという奄美の真っ赤なすももを取り寄せてジャムを作ってみたいのです。


杏ジャムとアメチェリのコンポート

20070802112042.jpg
少し前のことになりますがカイエさんのところで杏が載ってました。
杏をスーパーで見かけたのは7月の半ばでしたか。
スーパーの杏はあまりきれいな色でなかったのでまた出たときと見送りました。その後見かけなかったのでネットで探しましたが、出回り時期が本当に短いんですね。もう終了した後でした。
諦めて来年は作るぞと思ってましたら、カイエさんのところでみてまだあるかもと杏を求めて何軒か走りました。
どこももう杏の季節は終わったよの一言。
諦めてもう1軒いってみたらあった!
3パックだけありました。それもとってもきれいな色のもの。
ヤッター

3パック買おうかと思いましたが梅ジャムをたくさん作ったので2パックにしました。

続きを読む »

真夜中のジャム工房開業♪

20070526011919.jpg

もう苺も最後なので苺ジャムを作ったのが日曜の深夜。

午後安売りの八百屋に行ったら午前中で苺はお終いですって。
無いとなると作りたくなる「あまのじゃく」な私です。
スーパーにはまだ苺がありますが、ジャムにするには小粒でいいので苺を求めて他の八百屋さんに走ります。
公園の近くにある八百屋さん。パッと見た目には苺が見えない。
ここもダメかなとおばさんに聞いたら「そこにあるよ」と・・・。ありました。
4パック1箱で600円。前の八百屋のおじさんが「ジャムなら4パック500円くらいのが先週まであったのに」と言われたのからすると少し高いけどこれで十分。苺も新しくしっかりしてます。
2箱と思いましたが1.5箱にしました。
重量にすると2箱だと2.4キロにもなり鍋の大きさのこともあり、1.5箱にしました。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。