スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タティングレース

RIMG1801.jpg
GW後半は雨の一日から始まりました。
区役所は暦通りですが私たちは休みでいいとのことで九連休です。
休み明けは仕事モードに入れるか心配です。
医院の方も暦通りなので1日、2日は診察があるので出勤してました。
1日は4連休明けということもありひっきりなしに患者さんが来院してバタバタ。
2日はお天気も良くなかったからか午後も診察があったためか思ったよりも静かでした。

九連休明けあと1週間で区役所の勤務も終了となります。
始まったときはこれから長いなぁと思いましたが残りわずかとなるとちょっぴりさみしいです。

忙しいのも後少しでこのところまたタティングレースを編み始めました。

最近は一筆書きのようなデザインが気に入ってます。
一周するとドイリーが完成するのがいいんです。
でも毎日やってないと編むスピードがぐっと落ちてます。
なんでも毎日の修練ですね。

今日一日雨で畑にもいかれないので家で静かに過ごしてます。
レースを編むにはいい日です。
この連休中に仕上げてしまいたいと編み始めましたが集中しないです。


RIMG1881.jpg
音楽でも聴きながらやりましょう。
先週、先日の神奈川マンドリンフェスティバルのCDが届いたのでこれを聴きながら。
フェスティバル当日はリハーサルなどがあり全部の団体の演奏を聴くことができません。
じっくり腰を据えて聴いてみることに。
全部で13団体の演奏と各団体から集まっての合同演奏の14組です。
最近設立されり比較的新しい団体もありますがほとんどの団体は設立30年を超えてるところが多いです。
みなさんそれぞれに素晴らしい演奏です。
最後の合同演奏(ドンジョバンニのセレナーデ、マンドリンの群れ)は練習1回、当日リハ1回でしたが思った以上の演奏でした。
マンドリンの群れはこういうときのためにあるような曲でダイナミックです。
ほとんどの方が何度か演奏したことがあるのでみなさん気持ちよく演奏できました。

我がチルコロ・マンドリーノも秋に設立32年を迎えます。8名で始めたメンバーは4人となりましたがこんなに長く続くとは思いもよらなかったです。
曲目は「優美なセレナーデ」、『華燭の祭典』より第一楽章「人々の祝福」、「パリの空の下」の3曲。
「パリの空の下」は持ち時間10分なので入れ込んでしまったのでフェスではちょっと異質かな。
演奏を聴いてみると無難にこなしてますがなにか足りないような気がします。
ハートが足りないというのでしょうか?
もっと訴えるものがあってもいいのではないか?
この3曲は秋の定期演奏会でも演奏します。
それまでに魂を吹き込まないと。区役所が終わったら本格的に練習しないとついていけなくなりそう。

フェスティバルの日に東北大震災救援金の募金箱を設置しました。
集まった募金は24426円。皆様ありがとうございました。少しでもお役に立てれば嬉しいです。

RIMG1877.jpg
レースはなんとか仕上がりました。
まだ糸始末も糊付けもしていないのでへんてこりんです。
RIMG1879.jpg
レースの材料をいれてる箱を開けたら昨年から編みっぱなしになってるドイリーたちが3枚もでてきました。

この連休中に全部の仕上げをしないと。









スポンサーサイト

この夏に作ったもの

207.jpg
この夏はパソコンが不調だったこともあり、涼しい時もあったので珍しく手芸を少々頑張ってました。
タティングレースは夏は汗ばんで糸の進みが悪いのであまりやりたくないのですがこのデザインはどう編むのだろうとクイズのようでなんとなく編んでしまいました。
こんなに一生懸命夏に編んだのはタティングレースを習い始めた時以来でしょうか。

上の写真は編みっぱなしのドイリーたち。
糸始末をして糊をスプレーしてアイロンをかけると見違えるようにきれいになります。

どれも先日記事にしたのと同じ本からなので一筆書きのようなデザインで一周するとドイリーが完成します。
010_20111004161438.jpg
220_20110930154315.jpg
これが一番複雑なデザインだったかも。どこにどうつながるのか理解するまで時間がかかり何度かやり直しました。
219.jpg
これは見た目も編み方もシンプルです。

同じ本の中からですがこれは段で仕上げたもの。
209.jpg
同じく段のものですが楕円なので途中円から継ぎ足してます。
210.jpg


そして麻の梱包用の紐で編んだバッグの続きはこれ。
本の表紙にもなってた作品です。
麻ひもバッグ

前にあんだ透け透けのずた袋のようなバッグは野菜入れにと思ってましたが結構はいるので便利に使ってます。
この麻ひもで編むバッグは全部で4個編みました。

kodomohuku.jpg

そしてもう一つ胸にスモッキング刺繍をした小さいバラの模様の子供服をようやく仕上げました。

スモック刺繍自体は夏の始めにやってたのですがミシンの調子がいまいちでなかなかお洋服に仕立てられません。

布地はガーゼで夏っぽいし、子供はどんどん大きくなるのでいい加減に作らないととせっかく作ったのに着られなくなってしまいます。同じ生地のパンツ付き。
重い腰をたたき仕上げました。
スモッキング
これは胸元のスモッキング刺繍です。

これはブロガーさんのお子さんにプレゼント。なんとか間に合ってよかった。
パパさんがとっても喜んでくださったようです。

まだ作らないといけないものがたくさんあるんですけど・・・・



タティングレース

RIMG0421.jpg
8月に入ってしまいました。
他ではとっくに咲いてるのにようやくプルンバゴ(ルリマツリ)が咲き出しました。見た目はとっても涼しそうなんですが花が落ちるとベタベタしたものが出て始末悪いんですよね。

真夏の最中というのにあまり暑くなくて助かります。
あの一時に猛暑はもう来ないのでしょうか?

涼しいのは助かりますが太陽は出て欲しいです。
まだ梅干しも干してないんです。
今日も午前中少し太陽がでてたので野菜を干したのですが午後は日が蔭ってきてしまいました。

暑ければ暑いで文句を涼しければ涼しいで文句を言ってます。

夏はレースを編むのが大変なので避けてるんですが涼しいのでタティングレースを編み出しました。

実はいつからなのか知らなかったのですがシャトルに新色がでてました。
今まではカラフルなピンク、ブルー、オレンジなどでしたが今回はシックな色合いです。
ワイン、淡いピンク、白、生成等でした。
シャトルたくさんあるのにどれも糸が巻き付いてて新しい物が欲しくなります。

RIMG0417.jpg
そして少し前にタティング日和のアリスさんが編んだと紹介されていた外国の小冊子を買いました。
今までも何冊か買いましたが編みたいと思う物があまり無かったので見るだけになってましたがこの本はちょっと興味をそそられました。

RIMG0418.jpg
珍しく編み方の図解が載ってます。
文字だけでないので取りかかりやすそう。

RIMG0360_20110802233306.jpg
とりあえずスタートからどう編まれてるのかと作図を追ったら結構面倒なことやってます。
なんとか1模様分を編んでみました。
普通に一段ごとに大きくなるのではなくこのパターンを8模様編んでいくと一枚のモチーフができます。

編み方を覚えるのが大変です。冊子とにらめっこしながらです。
久しぶりにシャトルを持ったら楽しくなってここ何日かは編むのに集中してます。
RIMG0420.jpg
今日はここまで編むことが出来ました。

編み方を覚えた頃には完成です。
この冊子は全部が段ごとに編んでいくのではなく一周すると完成という作品ばかりでした。





サシェ完成

サシェ
先日載せたサシェが完成しました。

編みながら周囲をつなげます。
小さいのでやりにくい。袋になってきた


なんとか完成しましたよ。

sasye.jpg
口にリボンを通しますが家にあったリボンを通してみました。
このリボンは100均で買ったもの。張りがありすぎて結びにくくてダメですね。

チュールの中袋を作りポプリを詰め込んでレースの袋に入れれば完成。

これはバラのポプリを詰め、ピンクのサテンリボンを通しました。

隣はラベンダーです。ラベンダーのも作らないと。

テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

タティングレース サシェ

タティングサシェ片側完成

サシェの片側だけ完成させたものです。左にある本のページの右のものを作る予定です。

楕円のドイリーを編んだ後編みかけでしまわれてたシルク糸のストールに取りかかりました。
何枚かつなげましたが完成まではとお~~~~いいです。
ストールこれだけ
何年後になるのかな?5年くらいみたら出来るかしら?

飽きてしまったので普通のレース糸で比較的簡単にできる小さいものを編んでみました。

Amazonで購入した聖光院有彩さんの本-タティングレース 新しい世界-その中のサシェです。

もう一枚編みながら周囲をつなげます。
小さいけど結構時間かかります。はやく完成させないと~~。

ようやく完成 楕円のドイリー

楕円ドイリー
少し前に途中経過を載せた楕円のドイリーがようやく完成しました。

あの頃はあと少しで完成の予定だったのですが、周囲のモチーフを編み上げて中心のモチーフとつなぎ合わせてあと一息というところでミスが発覚してガックリ。

中心を繋いでその周囲を編む時に編まなくていいところまで編んでしまい周囲のモチーフの数と合わなくなってしまいました。仕方なくほどき編み直して数を数えたらまた合いません。

さすが嫌になってしまいましたがこのままにしてもどうにもなりません。

再びほどき編み直してようやく完成になりました。
もう少し近くから斜めから


サイズは50㎝×42㎝です。

今まででこんなに手のかかったものは初めてです。

途中で投げ出すのはお得意の私です。最後まで仕上げたのは我ながらえらい!

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

楕円ドイリーの縁編み

タティング縁あみ
先日載せた楕円のドイリーの縁あみが半分編めました。
28模様編まないといけません。
だんだん重くなるので編みにくくなってきます。
中心部分に合わせるとこんな感じになります。
半分でこんな感じ

中心部と縁を編みつなげないと行けないのが一番大変そうですが早く編んでみたいのも本心。
今月中に完成させたいものです。

楕円のドイリーの中心部分完成

レース中央
またタティングレースを編んでます。
1月末頃から気が向いたときに編んでましたが今はお昼休みに編み進めてます。
ようやく楕円ドイリーの中心部分が編み上がりました。
糊をしてアイロンをかけてないので波打って落ち着かないです。
この周りに全く違う編み方のものを編んでからつなげます。
大きさは50×35㎝くらいのものになる予定です。
私のドイリーとしては大きい方です。
糸はダイソーの糸で淡いベージュを使用。

この本のIMG_6129.jpg 右側の7PのデザインIMG_6130.jpgです。

ダラダラとお昼休みを過ごすよりも充実した時間と感じます。


ブログ4周年 ビーズ入りタティングのポーチ完成!

ポーチ完成
1月20日にこのブログが4周年になってたのをすっかり忘れてました。

はっきりしたテーマもなく思いつくまま更新してる拙いブログに毎日たくさんの方が訪れてくださってありがとうございます。
この先もワンコのことなのか食べ物のことなのか定かではありませんが更新していきますのでよろしくお願いいたします。


今日はタティングレースのポーチをご紹介します。
ビーズを編み込んだモチーフをつないでポーチの表側は昨年完成してたのですがその後がなかなか進みませんでした。
袋物は別布で中袋をつけないと使えません。
中袋の生地をなにしようとしばし考えてました。
上の写真でポーチの下に敷いてる手持ちのスカーフがシックなグレーで色合いが合いそうです。
でもまだスカーフとして使いたいしね~~。
その後思い出したのがこれ。父の襟巻き

これは私の父が使ってた襟巻きです。シルクなのですがシワにもならずとっても手触りが柔らかくて気持ちがいいのです。
これは袋仕立てになってるので広げれば結構な分量になりそうです。
手短にある父の形見のようなもの。ペーズリー柄でこれも色合い的にはいいのでカットしてしまおうと思いましたがなかなか鋏が入れられません。色合いはよくても柄ものはちょっと合いませんね。

やはり無地のものがいいですね。合うかな
シルクシャンタンが張りがあって光沢もあっていいかもしれません。
このシルクシャンタンを探しにいくのが面倒。しかたなくネットで探してみました。
なかなかいいのがヒットしなかったのですが根気よくさがしてここ京都のOriet Kyotoさんに行き当たりました。
画面でみたのと同じ色なのか心配ですが50㎝単位だしメール便でくるので買いにいくよりも楽です。

ゴールドといってもシックな色のように思えたのでこれをオーダーしました。

布はすぐ届いたのですが年末お正月とやってる時間はないです。ミシンも片づけてしまいました。
お正月休みにもやる気はないしファスナーがない。
家の近くにある洋品店で簡単なソーイング材料はあるのですが種類がないです。
20㎝のスカート用くらいならあるでしょうが30㎝だと無いに決まってます。
チルコロの新年会があった8日に大船の手芸品店で買ってきました。

材料はそろったのに一向にやり出さない。どうしてこうやる気がおきないんでしょう。
チルコロにいくと出来た?と聞かれてようやく重い腰を上げてつくりましたよ~~。

袋の中袋もいるんだった。
黒っぽい布がいいね。要らない衣類から探そう。
黒ニットのタンクトップで着そうもないものを壊すことに。
あまりいい出来ではないですがなんとか完成しました。
ここまでくれば完成のように見えますがあと一歩ファスナーの留め具に飾りをつけないと。
ファスナー明き
ここでまた引っかかります。いい加減にしなさいよと自分を励ましようやく完成しました。

ビーズがシルバーで袋がゴールド。なんだかゴージャスなポーチができあがりました。
思ったよりいいものが出来たと自画自賛してます。

緑多い面 中心がベージュ
表のレースは最初の一枚目と二枚目の色の配置が若干違ってるのはお愛嬌です。

4周年というわけではないのですがローストビーフを作ってちょっとだけお祝い気分。
ro-sutobi-hu.jpg


黒のテーブルセンター完成

黒のセンター
DMC#40の黒い糸で編みかけになってた作品が出てきました。
先月の作品展に出展するときにレース関連のものが入ってる箱を開けて発掘しました。

先生の所に通わなくなって何年になるでしょう。
その頃に編んでたものです。
黒糸は目が見にくくて目が疲れますがせっかく出てきたので少し編み進めました。
大部時が経ってると出来たモチーフも大きさが微妙に違ってきます。

黒の糸はあるだけです。
DMC#40のカラー糸は2002年から製造中止になってて入手不可です。
あるだけでどこまでできるのかなと思いながら進めました。
12枚のモチーフが繋がってましたがギリギリまで糸を使ってなんとか形になりました。
残った糸はこれだけでした。
残りわずかで完成
最後の一枚は完成しないのではないかと心配しながら編み終えました。

モチーフの拡大はこれです。IMG_4544.jpg

黒のテーブルセンターって余り使い道がなさそう。
テーブルセンターに
汚れがめだたないので普段の食卓の中央に置いてみました。白だったら怖くて使えませんが黒なので安心して使えます。

どなたかDMC#40の黒の糸をお持ちでしたら分けていただきたいです。あればもう少し大きくしたいです。



ふれあい文化祭

ふれあい文化展
11月になりました。月が変わると思うことは同じ。今年もあと2ヶ月です。

このところ横浜は暑いくらいです。半袖で充分です。季節が戻ったような感じです。
でも明日からは冷え込んでくるとか・・・また風邪の患者さんが増えますね~。

1日から3日まで自治会のふれあい文化祭が開催されてます。

今年は私もタティングレースを出展してます。

応募を募ってきた時は2,3枚の予定でした。
以前一度だけ出展したことがあったのでその後に作った作品と思ってました。昨年ようやく完成させたパイナップル模様のテーブルセンターがあったのでそれと小さいモチーフと思ってました。

ずっと休火山だったのにこの秋になってからブログのお友達にタティングレースをプレゼントと再び編み出したのです。
タティングレースで検索するとブログで紹介されてるかたを発見。
その方は洋書を取り寄せてご自分で勉強されてるようで素晴らしい作品をたくさんのせてます。

いい刺激を受け、私も少しは見習おうとAmazonで洋書を取り寄せました。
日本のプロセスは
これは日本の本です。洋書は図解がないのにびっくり。
こんな1!
全部文章なんです。
こんな2
そしてスタート地点がかかれてないのでできあがりの写真をみながら探さすというとてつもない大変なことです。
その写真だってモノクロではっきり分からないところもあります。

それでもなんとか一枚を仕上げ、もう一枚が仕上がらないままに搬入の日になってしまいました。

白と生成の作品と色糸の作品を持って行きました。
色糸のドイリーを見て色糸のがもっとあるといいのにねと言われしまわれてたものを全部持って行って
たら「これもいいわね。」と言われ結局22枚の作品をおいてくることになってしまいました。
他の制作の人は何点かだけなのに、展示場所を一人広い所をいただけていいのかな~~。

自分で適当に飾り付けてきた時はどなたかの作品が並ぶかもと半分くらいにしておいたのですが
夕方見に行ったら一列全部になってました。

上の作品を一つずつお見せします。クリックすると大きくなります。
IMG_4485.jpg IMG_4487.jpg
左の白いのがパイナップル編みのテーブルセンター。半分右にのせてるのは薄紫の色であんだ六角形のモチーフをつなげたセンター。その上に乗せたのはポインセチアを模したクリスマス用のドイリーと金糸にパールビーズを編み込んだペンダントヘッド。
IMG_4484.jpg IMG_4483.jpg
左は白のドイリーと色とりどりのモチーフ。右は細い糸でmixカラフル糸とボカシ糸にカラー糸で編んだ小さめドイリー。
IMG_4482.jpg IMG_4481.jpg
左の生成のドイリーは最近の作。洋書の初めての作品です。糸はダイソーの糸使用。ダイソーの糸は少々太めです。右は白の麻布の回りにタティングレースのボーダーを編みつけたもの。その上にエメラルドグリーンと濃いピンクのカラフルなドイリー。
IMG_4480.jpg IMG_4479.jpg
左は白い布の上なのではっきりしませんが細めの糸で編んだ雪をイメージした大変細かいテーブルセンター。淡いグリーンのランチョンマットにブレードをあしらいました。黒い糸の作品はシルクで編んだカラーです。右は白のギザギザ模様のドイリーにパープルのは中央の円が大きく抜けてるもの(何に使うタメに作ったのかわすれました)
IMG_4478.jpg
これは丸形に入れて壁掛け用です。
そしてこれも洋書とにらめっこしてなんとか前夜に仕上げたドイリーです。
IMG_4497.jpg IMG_4498.jpg
扇形のモチーフを4枚つなげてます。右は部分的なものを大きくしました。

追加画像
丸テーブルにのせてるテーブルクロスは白はこちらで見られます。薄紫のクロスはこんなモチーフをつなげてます。
コレは少し細めの糸で編んでます。
IMG_4555.jpg IMG_4556.jpg

タティングレース再開

タティング
秋の夜長 タティングレースを再開させました。

事の発端はブログのお友達のオムラーさんkuuzaomonnさんから素敵なレース編みをいただいたのプレゼントされてたのを公開されてから。
鉤編みのレースがあまり得意ではないのでkuuzaomonnさんのパイナップル編みがとってもステキでした。
コメントを残したらこちらに遊びに来て下さってタティングにも興味を持って下さったのです。
シャトル(上のピンクの器具)を購入されたとのことでしたので私の下手なドイリーを編んで参考にして頂けたらと思ってシャトルを持つのですがなかなか進まずでした。

そんなときこちらのブログタティングレース日和さんを拝見。
タティングをたくさん編まれてます。私にとってはいい刺激をいただきました。
本も洋書をたくさん持ってらっしゃいます。

タティングレース
そして編み始めてようやく2枚のドイリーを完成させました。
編み出すと楽しいですね。
でもまたこれが怖いんです。何もしないでレースに没頭しそうです。


業務連絡で~す(爆)
kuuzaomonnさん こんなドイリーですがもらっていただけますか?
オムラーさん もう少しお待ち下さいね。 

レースのテーブルクロスが完成♪

パイナップル模様のレース450
先日しばらくぶりにタティングレースを開始したということを記事にしました。
こうして活字にして発表してしまうとやらなければいけないという気持が湧き毎日少しでもとせっせとシャトルを動かしました。
そして完成しました。久々に達成感を感じることができました。
こうしてプレッシャーをかけるのもたまには良いことのようです。

我が家にある唯一の小さい丸いテーブルにかけてみました。
テーブルにかけて

ちょうど縁が垂れ下がりました。
ふち
縁はこんな感じです。

続きを読む »

タティングレース

レース糸400


今年になって暇を見てはやりっ放しになってたタティングレースを編んでます。
お教室にはいつ以来行ってないのでしょう。1年半くらいになるかもしれません。
もっと習えば難しい編み方も習うのでしょうが一度休んでしまうとなかなか足が教室に向かないです。
レースが生活にもっと密着したものならばなんとしても行くのでしょうが習いにいっても行かなくても今の生活にあまり影響がないから行けないのですね。土曜日の午前中のお稽古というのもなかなか行かれない理由かもしれません。
平日なら12時が過ぎてもゆっくりやれるのですが夫がいるとお昼があるので早く帰らないといけません。

今パン教室も土曜日なんですが午後からですし、月1回なので出かけやすいのです。

1年半前に途中になってたドイリーをせめても完成させようと編み始めました。
そしたら糸が不足になってしまいました。
先生のところに行けばいいのでしょうが休火山中です。行きにくいです。
しかたないのでネットで検索し神戸のドヰ手芸店というところでDMCレース糸を扱ってるようなので注文しました。
1個でいいのですがとりあえず3色を2個ずつ注文しました。たった1個でも宅配便だと送料がかかるのでいくつかとおもったのです。でも宅配便でなかったので240円で済みました。
これだったら横浜まで出かけるよりも安いのです。
これからも注文しやすいです。

re-su400.jpg

やっとここまで編み進みました。円形に編む最後の段まできました。
これはパイナップル模様です。後は一つずつ12個のパイナップル模様に仕上げます。

続きを読む »

タティングレース

20070708232759.jpg


約1年ぶりにタティングレースを編みました。
お稽古の方は1年もさぼりっぱなしです。
そろそろ行かないといけないかなと頭の隅のほうにはあるのですが昨年はアルトバローレの演奏会が春にありレースどころでなく練習に精出してレースの方は休んでました。
演奏会が終わり練習に行きだしたら夏休みに入り(8月はお稽古もお休み)秋になるとチルコロマンドリーノの定期演奏会が11月に控えてるのでまたしもレースはお休み。
演奏会が終わったら義母の骨折で入院騒ぎ。
レースのお稽古が月2回土曜日なので病院に行くのとぶつかりレースはどうして後回しにされてしまいました。
義母が退院した直後に私の指の怪我でまたしも復帰のチャンスがつかめません。
もう7月に入ってしまったので来月は夏休みです。復帰は秋になってしまいそうです。

編むのに左手を使いますが薬指はあまり使わなくても編めるのでレース糸が傷にふれないのでまず小さいドイリーから始め上のものは2枚目で直径16㎝のドイリーです。
20070708232239.jpg

こちらは1枚目のもので直径8㎝のドイリーです。これはきれいな布につけてポプリを詰め込むか針刺しにでもしようかと思います。

今日やっと編みあがり糊をスプレーしてアイロン仕上げをしました。
1年も手つかずだと編み方を忘れてたりで困ったものですがなんとか仕上がりました。でも目がきれいに揃ってません。
編み出すと楽しさが蘇ってきます。

2枚目のドイリーはお友達ブロガーさんのために編みました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。