スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ミステリーツァー② 梨花女子大

女子大blog
台風18号すごかったですね。各地で被害に合われた方には心よりお見舞い申し上げます。
うちの方も風雨すごかったですがお蔭さまで被害ないようです。

この天気で今日は敬老の日で義母のホームへと思ってましたが途中多摩川を通るので桂川のようになると大変だし、何もこんな日には出ない方が安全なので止めました。
出かけられないので韓国の続きにいきましょう。

2日目、目が覚めたのは7時。
エステにいくのは6時は無理との意見が多く7時になりましたが間に合うはずもないです。
それでもチルコロからは3名が行きました。
二日目の朝blog
エステ組は朝ごはんを食べてくるのでいいのですが残留組は昨夜のコンサートでリンゴやバナナ、大きなケーキをいただき手渡されたのもあるのでお部屋にあったポットでお湯を沸かし、お茶を入れてそれで朝食です。

2日目のコンサートは韓国の名門の梨花女子大学でのコンサートです。
14時からなのでホテルを11時出発します。

それまでは自由です。
さてどうするか?
昨夜の打ち上げで教会の方がノアの方舟のような素晴らしい教会にいらっしゃいと言われたというのでそちらも魅力的。(教会はこの日はいかなかったようです)
ロッテワールドが隣なのでロッテワールドにも行ってみたい。
ウエディングblog
残留組5人はホテルの中をウロウロ。地下に行ったらレストランの前に花輪がたくさん並んでます。結婚式がありょうです。こういう飾り方は日本ではないので珍しいです。
ロッテマートというのがあるらしいけどどう行くのかわかりません。傍にいたホテルの人に聞いたら駐車場を通り抜けてとえらい遠い。行きついたのはコンビニ。違うんだけど~~。
とりあえず外に出てロッテワールドのチケット売り場をのぞいて見ることに。
土曜日なので大型バスがどんどんきて人もいっぱい。
チケットは一日、4時から、7時の三種類があります。

明日は昼間はフリーなので明洞にお買いものにも行きたいし、ワールドで遊びたいし、教会もいいし・・・
夜にする?スケジュールがはっきりしてないけど夕方からどこかで先生の初心者の講習会があり、小さい演奏会があるとか、そのあとで食事に行くとかさっぱりよくわかりません。
スムージーblog
結局未定のままカフェでベリーのスムージーを飲んでホテルに戻りました。
エステ組はよもぎ蒸し、あかすりの後わかめスープの朝ごはんを食べてきたようです。

女子大まではホテルの下の地下鉄で行きます。
出ようと思ったら玄関に花嫁、花婿さんが着きました。美男美女ですよ。(↑写真は花輪とともに)
蚕室(チャムシル)から梨大までは約40分かかります。
ソウルの地下鉄は以前乗ったことありますが切符の買い方は変わったような気がします。
地下鉄blog
駅に降りると安全を考えてホームが壁になってて電車が着くとドアが開きます。日本の地下鉄は全面壁ではないですね。こちらの方が安全性はありそう。
地下鉄は色と番号でわかりやすいんです。駅名が読めなくても番号で大丈夫。
女子大前の通りblog
梨大前の通りです。坂を下がっていくと目の前に女子大が見えてきました。
ここでまた記念写真女子大前で記念撮影blog
梨花女子大は2度目です。たしか2回めに女子大で演奏会がありました。
この時は春で大学が試験中でした。演奏会のチラシを1日間違えて作ったようで慌てて今日だと道路やあちこちに張り付けてありました。
そしてホールに暖房と冷房を間違えたのか寒くて震えて印象に残ってる演奏会です。
それでも来てれた学生さんやお客様はとても喜んでくれました。
今回は女子大のSiloam Mandolin Orchestraの35回定期演奏会だそうです。
前はバスでホールまで行ってくれたのでしょうか、坂の上にあるので楽器を担いでフーフーです。
女子大ホールblog
ようやく着きましたよ。懐かしいホールです。
女子大生blog
女子大生は1、2年生が主だそうで約70名ほどいるそうです。3、4年生は就職、留学などで忙しく少し、それとOBもはいってます。
こちらでも合同演奏があるのでまずはその練習です。
女子大での一緒に演奏するのはかなり速く難しい曲がありますが、お隣にいた学生さんたちは一年生のようでしたがみなさん半年ほどしかやってないのにちゃんと弾いてます。若いっていいですよね。
私達も大学の頃は半年で定期演奏会にだされたんですから。
またここでも自分たちの練習はほんの触りだけでお昼だとお弁当を渡されました。
せっかく素晴らしいホールを持ってるのに控室が少ないんです。小さい控室に学生さんと一緒。
ビビンパ弁当blog
お弁当はビビンパ。これに甘目のコチュジャンソースとマヨネーズをかけていただきます。美味しかったです。

演奏会が始まりました。
まずは1年生だけの演奏です。えんじ色のリボンをつけてます。女子大生の衣装は上は白、下は黒ですがカジュアルにパンツスタイルです。
私たちは上下とも黒。女子大生にとっては私達は彼女たちの親よりもずっと年上ばかりです。
今回はマネージャーとして来ているYさんにカメラを渡して演奏会場から撮ってもらいました。
TAMA演奏拡大分blog
女子大生との合同演奏です。
RIMG0107-cropblog.jpg
こちらもいい演奏ができました。
終了後女子大生にはお友達がお花やプレゼントを渡したり、スマホで写真を撮るのにモデルになったりとにぎやか。昔昔の若かりし頃を思い出しました。
パートごとblog
私も各パートを慌てて撮りましたが2ndだけ撮ることができませんでした。(学生さんは若くてきれいなので顔隠さずです。)



今度は別の建物に行って打ち上げです。前の時は夜だったので焼肉屋さんに移動した記憶があります。
女子大での打ち上げblog
学内のある建物の4階の広間で昨日キムパを作ってくださった方がチヂミを焼いてくださってます。
テーブルにはプルコギ、キムパ、サラダ、トッポギ、フルーツ、トマト、ゼリーなどが用意されてました。
トッポギはちょっと辛めでしたがどれもおいしかったです。サラダのドレッシングは梨のドレッシングです。

女子大生の紹介や演奏会の感想などがあり、またまたビンゴです。

ビンゴになると大騒ぎですっごく嬉しそうで若いっていいなぁと思ってしまいます。
RIMG0332_20130916191910080.jpg

これは大学の指揮者さんから私達にプレゼントしてくださった手作りのお皿です。名前わかりませんが韓国の伝統の工芸品だと思います。
以前似たようなお皿を宮廷料理のお店で買いました。
これは果物を入れるのにいいです。今はバナナが入ってます。

名残惜しいですがお別れ。学生時代の1ページをマンドリンで楽しんでもらいたいです。

演奏会もすべて終わりました。

明日はどんなミステリーツァーになりますか。


スポンサーサイト

韓国ミステリーツァー①

一日目プログラムblog
9月6日から9日まで韓国に行ってきました。帰国して一週間になるんですね。早いです。
ちょっと疲れと原稿入力の仕事、10月から始まる調査の下調べなどで忙しくでブログまでいきつきませんでした。

タイトルのミステリーツァーでびっくりかな?
本当の目的は演奏会です。
なんでミステリーかはだんだんわかります。

韓国に演奏会で行くのは10年以上ぶりです。(前のパスポート処分してしまったようでわかりません)
韓国に初めて演奏会で行ったのは1996年12月1日です。(よく覚えてるでしょ?初めての時は教会でのコンサートでした。
RIMG0325a.jpg
教会から大きな額にはいった写真をいただいたのがリビングに飾ってあります。)
もうかれこれ17年も前の事になります。
その後1年半から2年置きくらいで3回行った記憶があります。
17年前マンドリーノTAMAの方から韓国に行こうとお誘いを受けた時は「韓国?」くらいでした。私はキムチはダメだし~~
反日感情もあり旅行もメジャーではなかった頃です。

マンドリーノTAMAには韓国からお嫁に来たIさんが在籍してて韓国でマンドリンの演奏会を計画してくれてうちのクラブからも何人か参加したのです。
皆、韓国は初めてでしたが近い国だけどこういうことでもないと行くことはないかもしれないと参加したのです。
写真でみるとなんと総勢35名という大所帯でした。改めて写真を見るとチルコロから11名参加してました。

12月始めでソウルは前日が大雪が降ったという大変な日でした。

演奏会場は漢江を渡ったある教会でした。
雪の翌日で夜の演奏会で見たこともない主婦のマンドリン合奏にお客さんが来るのかと思ってましたがたくさんのお客様が来てくださいました。

教会の方で信者さんに声をかけてくださったのかと思います。
演奏すると素晴らしい拍手をくださいました。日本で味わったことのない拍手だったのです。
その頃はまだ反日感情もあり日本の音楽はダメという厳しさでした。
それでも1曲だけ「浜辺の歌」を演奏させてもらいました。初めて聞く音楽なので韓国語でナレーションを入れてもらい演奏したのですが涙を流して聴いてくださる方もいて感激でした。
韓国の方はイエス、ノーがはっきりしてます。
良かったものには温かい大きな拍手を惜しみなくくださいました。
それが私達にはものすごく感動してその後もなんどか訪れることになったのです。

そして久々の韓国演奏旅行の話があり、参加することにしました。今回はチルコロからは8名、総勢21名で行ってきました。

ここまでは長い前置き。

★韓国メンバーさんに業務連絡です。日数がたってしまったので記憶違いがあるかもしれません。違ってたら教えてね。


6日の朝はお天気でした。前日は横浜は大雨、雷とすごい天気でどうなるのかと心配だったので良かった。
荷物を空港に送ってないので全部自力でもって行かないといけません。今回は羽田からのフライト。
成田空港だと家から成田までの方が韓国フライトより遠いんです。

全員集合で9時30分定刻にフライト。
富士山blog
上空から世界遺産になった富士山が見れました。雲海に浮かんだ富士山です。冠雪のない富士山がちょっと残念。
機内食はこれ。
往機内食blog

金浦空港に早めに着陸しましたがそこからターミナルまでノロノロで降り立ったのは定刻11時30分。
ちょうど他の便との到着と同じようで入国審査は行列。
韓国入国は結構厳しいものがあるようで指先をおいて指紋や顔写真も撮られました。フランスは書類も何もなかったのに国によって大分違います。
出口には添乗員さんとIさんのお友達が待ってました。Iさんのお友達は全員に韓国の海苔巻のキムパを作ってくれたものを1人づつ渡されました。
ホテルまでのバスの中でのお昼だそう。機内食を食べてきたのでそんなにお腹空いてませんがどんな味かと少し食べました。
キムパblog
キムパは見た目は海苔巻と同じですが酢飯でなく普通のごはん。中に錦糸卵、きゅうり、にんじんなどいろいろな具が巻かれてます。初めて食べましたがとっても美味しかったです。それにしても21本も朝から作ってくださったIさんのお友達に感謝感謝です。

途中で免税店に寄り道(ツァーのシステム上仕方ないようです)。見ただけで蚕室にあるロッテワールド内のロッテホテルへ。
ゆっくりしてる時間なく、衣装と楽器だけ持って再びバスに乗り、演奏会場に向かいます。

よくわかりませんが会場はソウル郊外のようです。40分ほどして演奏会場に到着。
合同風景blog
ホールでは一緒に演奏する三つのクラブの方がステージにスタンバイ。
皆さんもう衣装に着替えてます。時間なく合同演奏の練習です。
演奏会は7時からですがホールを使えるのが5時まででいったん閉めてしまうんだそう。
一日目合同blog
ところどころ席が空けてくださってるのでその中に入ります。お隣にいた方が少し日本語がわかるようで一安心。
まずは讃美歌から。
続いて私達の指揮者である山本先生で双頭の鷲の下に。弾き方がバラバラのところがあり統一して。
もう一曲 花祭り。
女性指揮者さんの李さんが韓国のアリランを。

時間切れで私達の曲をリハーサルしてる時間なくさわりだけで終わり。
8月21日にTAMAさんと初合わせして一週間前にチルコロで一通り通しただけです。怖~~~~。

演奏するのはサラン・マンドリンクラブ、ルヤ・マンドリンクラブ、もう一つが名前忘れてしまった(ごめんなさいプログラムはハングルなので読めません)
初心者の方が多いようですが皆さんいい楽器を持ってます。
17年前空港に降り立った時女性ばかりが見慣れない楽器を持ってるので不思議な目を向けられたのがウソみたい。

ホールでのお食事blog
5時になったのでホールの食堂で夕飯を用意してくださってるのでいただきます。
セルフなので食べられるだけ取るようにとIさんから言われましたが食堂の方がドンとお皿に盛ってくれました。
スープもたくさん。
どれも赤くて辛そう~~。緑の茎わかめ(なのかな?)だけ辛くなかったです。
申し訳ないですが食べきれませんでした。

他のグループの演奏を聞けるのかと思ったら全部チケットがはけてるんだそう。なので客席で聞くわけにはいかず控え室でモニターだけです。

始まりました。モニターの音が小さいので残念ながらよく聞けません。

どんどん進んで私達の番になりました。
ピアノ曲で有名なランゲの花の歌から。
響きはいいホールです。終わると温かいあの拍手が。(日本の方の拍手が冷たいというのではないのですが違うんですよね)

怯える小鳥、服部克久/淡紅(とき)色の夢(Nippnia Noppon)、葉加瀬太郎/エトピリカ、ラベルの亡き王女のパバーヌ、AUROREで無事演奏終了。
思ったより落ち着いて楽しく弾くことができました。
一段と大きい拍手をいただきました。

今度は全員(約100名)での合同合奏本番です。
アリランはアンコールで弾きましたが会場の方は喜んでくださいました。

9時終了。さぁこれから打ち上げ会場に向かいます。
お店はこちら。ハングルは読めないので店名わからず。

私達の他に残ってくださった演奏者さんと教会の方たちとです。
三つのグループは教会の中の一環だそうです。

前にルヤ・マンドリンの方が座ってました。その中に白髪がきれいな方が目立ちます。
なんと75才ですって。マンドリンは70才になって始められたとか。
Iさんがいつもパワフルでエネルギッシュで感服してますがそれにもましてお元気な方です。
1日目打ち上げblog
お料理はトトリムクムッチムというどんぐりの粉を固めたものが入ったサラダのようなもの。
サラダのようになってます。こんにゃくともくずもちとも違う面白い食感です。
このお豆腐はほんのり温かくておいしいです。ヤンニョムをつけていただきます。
ゆで豚のお皿が出てきました。
白菜の漬物と切り干し大根のキムチが添えられ、コチュジャン、にんにく、小エビの塩辛のようなものがそれられてました。
これはポサムと言ってました。サムは包むという意味だそう。
ポは豚肉だったかな?
白菜に豚肉をのせて切り干し大根のキムチ、タレなどをのせて包んで食べます。これは以前にもどこかで茹でたキャベツでしたが食べた記憶あります。
豚肉は皮つきですが柔らかく美味しかったです。

その後、皆でビンゴをやり楽しいひと時を過ごしました。

ホテルに戻ったのは11時過ぎ、朝4時半に起きて長い一日でした。

翌日は韓国エステに行く人は朝6時と言われましたが皆疲れてるので7時に変更。
起きられそうにないのでパス。

Iさんはさらに早く5時に迎えが来て市場に行くとか。行く人はと言われましたが誰も手をあげる人なし。

一日目終了です。

これは終わってから控室で集合写真。下段左のブーケをもってるのは韓国の指揮者さん。私達の指揮者男性なので控室にはいませんでした。
演奏後集合写真blog












厳かに修道院コンサート

RIMG1241aa_20121206135940.jpg
少し前の出来事です。

11月最後の日曜日で前日まであまりいい天気出なかったのですが朝から雲一つない快晴で暖かい日でした。

チャリティーコンサート出演でアンサンブル華音15名で西鎌倉にあるモンタナ修道院まで行ってきました。

モノレール西鎌倉駅から徒歩でちょっとありますが暖かい日だったのでお散歩気分でルンルンで。

修道院に行く途中に竹細工の先生のお店「おかもと」があります。
前日のお教室の時に言うのを忘れたのでお店を覗いたのですが誰もお店に居なかったです。
「先生!作品がいっぱいあるのに不用心ですよ~~。」

モンタナ修道院に行くのは初めてです。修道院付属のモンタナ幼稚園は知ってましたが・・・
鎌倉はお寺が有名でたくさんありますがなぜか修道院が3箇所もあります。鎌倉駅に近いレデンプトリスチン修道院、横浜に近い方になりますがイエズス会修道院「瞑想の家」、そしてこのモンタナ修道院です。
他にも教会関係も結構あります。
昔鎌倉に住んでた時はあまり感じなかったのですが不思議ですね。
検索してたらこちらのサイトに行き当たりました。「週刊!三浦半島」の中の「祈りのまち」です。やっぱり不思議に思ってる人がいました。
RIMG1242a.jpg
丘の上にあるのかと思ったら違いました。
こちらが入り口。奥に幼稚園があります。
思ったよりもずっと大きいです。
RIMG1243_20121206115152.jpg
向こうに見えるのが聖堂しゃろーむです。ここで今日のコンサートがあります。
ドアを開けたらソプラノの山崎英子さんとメゾソプラノの二宮弘子さんがリハーサルを行ってました。
教会なので響きがいいです。
白くてきれいでモダンな感じの聖堂です。
page_20121206120411.jpg

コンサートは京都暁星高校支援のためのチャリティーコンサートです。
説明書があったのですがもらってくるのを忘れました。どんな支援なのか全く理解してません。

すでにチケットは完売状態とか。
有料コンサートは失敗は禁物で緊張しますね。

リハーサルで一番心配なのがメゾソプラノの伴奏です。少し前に一度合わせる時があったのですが不参加でした。
思ったより早くないので一安心。

食堂で温かいお茶をいただいてお昼。
その間もコーラスのリハーサルが進んでました。

私たちの出番は二部なので大分時間があります。

お客様も集まりはじめました。
RIMG1245a.jpg
コンサートが始まったので少しだけ聴きに行きました。

二部が始まりいよいよ出番です。
バージンロードから入ります。とっても厳かな気持ちになります。
マンドリン演奏は三曲。
教会ということで選んだのは定期演奏会でも弾いた「華燭の祭典」の第二楽章「教会」他には「浜辺の歌」と「見上げてごらん夜の星を」です。ステンドグラスから陽の光が差し込みいい雰囲気です。
その後マンドリンのみが残ってハモンドオルガンとともに二宮さんの伴奏をします。
リハーサルよりもゆっくりの出だしで調子がとりにくいです。
少々やりにくいとこともありましたがなんとか終了しました。

このコンサートに出演されてる方はほとんどエリザベト音楽大学を出られた方です。
こういう方たちと一緒にコンサートに出られるだけでも光栄です。


                                      

私のマンドリンはこのコンサートを最後にしばし休息となります。
チルコロマンドリーノは定演後パート替えがあり私は一回り大きいマンドラへ異動しました。

マンドラも10年も弾いてあげることがなく気になってました。
こわごわケースを開けたら弦はガリガリになってて指が滑らないほど。弦を替えてなんとか弾けそうです。
フレットを抑える感覚に慣れるまでしばらくかかりそうです。
しばらく弾かないと楽器もご機嫌悪いのですがなんとかなりそうです。
心機一新で頑張ります。

リハーサル

RIMG1070_20121013001517.jpg
県立音楽堂にてリハーサルがありました。

最初二部の曲を通した時ギョこんなんでいいかい?という完成度でした。
まだまだ練習不足があちこちに見えます。弾けてないところがいっぱい。

一部の曲になって少し落ち着いてきました。

そしてあっという間にお昼。

午後もしっかり練習です。お腹いっぱいだと眠くなってうまく弾けないんだよね。
RIMG1073.jpg
演奏会用に弦とピックを購入。
午後の練習は新しいピックを使ってみました。
よかった~このピック使いやすいです。
RIMG1072_20121013001536.jpg
午前中まで使ってたのは左のピック。
すごく使いやすくてかなり長いこと使ってました。先が丸くなってるでしょう。

新しいピックを買っても使いにくいと使われずが多いです。
ピックは試し弾きをして買うことができないんです。
好みの柔らかさや固さで選びます。
今回のピックは合格。

音がきれいになったような気がします。
そして細かい音符のところが弾きやすくなったような気がします。

リハーサル無事終了。
本番までの残りの日々はひたすら練習あるのみです。

弦は寸前に替えなければなりませんが一応準備OK。

後は衣装を手直しすることがあります。
すぐできるように目につくところに置いてあるのですがぎりぎりにならないとやりそうにないです。

後悔しないように練習練習練習です。




強化練習

RIMG0599.jpg
先週と今週の2回にわたっての定期演奏会前の強化練習が終わりました。

本番(11月3日)まで残すところ練習は4回です。

うちのクラブは現在指導者が二人。

なので2週にわけての強化練習になりました。



以前は合宿練習をしていました。

泊りがけで練習も楽しいし、夜までしっかり練習ができるのはいいのですがだんだん年齢が増してくるといろいろ準備なども面倒になりそんなに遠くないところ(江の島女性センター)でやってたので夕方まで参加して家に帰り翌日まだ参加という人も多くなってきました。

なにも学生の時の合宿のようにしなくてもいいじゃないかということで1日強化練習にしようと日帰り合宿になってかなりたちます。

今の私たちにはこのくらいでないと疲れてついていくのが大変。一日強化練習でも終わるとグッタリです。


大学生の頃は合宿は夏休みは1週間朝から晩まで(それもエンドレスでいつ終わるか予定なし)練習づけだったわね。

あれは若いからできること。大学という4年や2年という限定の期間の中でやっていくのだからしかたないですね。

初めて参加した合宿(スキー場なので遅くまで音だしても大丈夫)で深夜まで練習のあと楽譜を写したり(あの頃はコピーでなく自分で音符を書いて写した)でやっと寝て翌朝ラジオ体操で起こされ髪ぼうぼう寝ぼけ眼で行くと先輩たちはきれいにお化粧までしてすっきり顔でびっくりしたものです。
上級生になるとこうなるのかなと思いましたがなりませんでした(笑)


二週間先には演奏会場でのリハーサルがあります。

あとひと月ちょっとですがあっという間に本番の日になってしまいそうです。

本腰を入れて練習をしないと。
RIMG0598_20120928233920.jpg
でも今回の選曲は難しい。
いまだに指使いが確定されてない(これは私だけのこと)焦り気味です。
ご覧のように楽譜に指使いをなんども書き直ししてます。早く決定させないとです。

時間よもう少しゆっくり回っておくれ。







神奈川マンドリンフェスティバル

RIMG1716.jpg
日曜日第30回神奈川マンドリンフェスティバルが無事終了しました。

昨年4月17日に開催予定でしたが、3月11日の東北大震災で延期になりました。
幹事である相模原マンドリン倶楽部さんはあの時期で開催するのにずいぶんと悩まれたようです。
計画停電があったり、原発事故などもあり断腸の思いで延期となりました。
幹事は引き続きやってくださるとのことで私も神奈フェスの担当をしてたので引続き係りをすることにしました。

一月前に次回の幹事であるAクラブさんが演奏会が4月に予定なのでできないのでうちのクラブでできないかという話が浮上してきてびっくり。
うちに幹事が回ってくるのはかなり先のことと思ってたのですが、参加できなくなった団体もあり順番が繰り上がって次の次になってしまってるらしいのです。

最近はずっと4月に開催してるので4月開催となるとかなり準備が大変です。
11月に定期演奏会があるので定期演奏会と並行してやっていかないといけません。

最近の各団体の連絡はすべてメールになってます。うちのクラブは女性ばかり(それも高齢者が多くなってます)なのでこういうことが一番の苦手。
少人数の団体とのコラボという話もあり、男性も多いクラブのようなのでパソコン関係はやってくれる条件ならということになったのですが急にそちらも諸事情があり没になりました。
先月合同演奏の練習の時に各団体が集まって打ち合わせをしたのですがなかなかいい案が出ず保留。

先月ぎりぎりになってなんとか順番通りにやって欲しいとせつにお願いしてようやく承諾していただき解決。
今回の幹事さんもようやく次が決まりホッとしたでしょう。


前日は寒い雨の1日でしたが当日はいいお天気になりました。
雨で桜の花びらがかなり散ってしまいピンクの絨毯になってます。
RIMG1697.jpg
そして新緑の季節に移り変わってきてます。

スケジュール通りに演奏も進み無事終了。
自分たちの演奏、合同演奏も気持ちよく楽しく弾けました。

打ち上げにはこのフェスティバルの産みの親であるNさんがいらしてました。

中学の教師をしていたNさんが教師を辞められて地域でマンドリン教室を開き、湘南地域のマンドリンクラブを集めて平塚でフェスティバルを開催したのが始まりです。10回目までNさん中心でやってましたが中断、その後まだ続けようというメンバーが場所を横浜に変えて神奈川マンドリンフェスティバルとして幹事を順番にしてやってきました。

Nさんは毎年見に来られてたようですが30回という記念の回で打ち上げにも出てくださいました。
10回で止めてしまったのにこんなに長く続くなんて考えもしなかったと喜んでくださいました。
30年過ぎ去るとあっという間ですが長い年月ですね。

各団体の方のお話はどこの団体もみなさんご高齢になってきて、出たいけど足が動かないとか施設に訪問演奏に行くが自分にあう施設かどうか見てくるなど、まだ笑話で聞けますが現実としてそう遠くないことです。
30年も続けてるということは年齢も同じだけとってることで今までと同じではかなりきつくなってきてます。

幹事になるといろいろ大変ですがここまで続けてきたので少しづつやり方を簡略して続けていきたいものです。

相模原マンドリン倶楽部の実行委員の皆様2年間やっていただきありがとうございました。

私もフェスの係りから解放されます。


一月ぶりの練習

RIMG1498_20110507004601.jpg
これは秋に植えた水仙 `ニューベイビー`小さい花ですがきれいな明るい黄色です。

一月ぶりにマンドリンの練習に参加してきました。
まだ区役所の仕事中ですがGWの連休をはさんでるので休んでいいとのことで金曜日なので出かけてきました。
今度やる楽譜が送られてきてました。
ざっと休みの間にみたのですがどれも聞いたことない曲で一人で練習してもよく分かりません。
練習してないけどどんな曲なのか聞くだけでもいいやと開き直り。

久しぶりの仲間たちの顔。
やっぱりいいですね。

前半は弾けないなりに楽しかったです。

ただ一部屋に40名くらいの人がいるのですごく息苦しいです。
休憩時間には外にでて深呼吸。

後半はさらに難しい曲でオタオタ。
約3時間近く音符をみてるのは疲れます。
少しでも練習をすべきだったと後悔しますがすでに遅い!

午後は震災のチャリティーコンサートの練習がありました。
こちらは一昨年クリスマスコンサートで演奏したメンバー構成です。
このチャリティーの件は一月前に歌手の方からのお話があるというメールが来ました。
ずっと出てないので詳細の方は分からないのですが以前一緒にコンサートをした歌手の方からのお話なのでしょう。
震災のためのチャリティーなら練習に毎回でられませんが是非参加したいと返事をいれました。

いきなり一日練習は少々きつかったです。
一月も弦に触れてないので左手の指がすっかり柔らかくなってしまってます。
最後の方は弦を押さえるだけでも指先が痛いです。

楽器は毎日練習しないとダメというのが良く分かってはいるのですが・・・

20110124 020
疲れた時はオレンジジュースが美味しい。
近くのスーパーに珍しく国産のブラッドオレンジが並んでます。
ブラッドオレンジは外からみてもどれが真っ赤になってるのかわかりません。
RIMG1487.jpg
カットするとよくてこんな感じ。
このブラッドオレンジは味が濃くて甘いです。
できればもっと全体が真っ赤だといいんですが。
ジュースにしたのは一個は赤が強いものがあったのでかなり赤いジュースが取れました。
まだスーパーにはブラッドオレンジが並んでます。
いっそのこと箱買いしちゃおうかな・・・。






新しいケースに買い換え♪

マンドリンのケースもいろんなものがあります。

RIMG1226.jpg
昔はハードケースで結構重いものをつかってましたが弾き手がだんだん年とってくるのに合わせてか軽いものがでてきました。

以前は持ち手だけのものだったのですが肩からかけられるものになり最近はリュック型が多くなってきてます。

RIMG1233.jpg

私もハードケースからこのミラクルライトケースに変えて何年になるのでしょう。10年以上は使ってると思います。色は紺だったのですが緑かがった不思議な色合いになってきてこれ何色?と聞かれるほど。
壊れてはいないのですが20日後のロシア行きもあるのでリュック型に変えることにしました。
車で練習会場に行ってる時はなんでも良かったのですが1年前から駐車場が有料になりバスを使うことが多くなったのでそろそろ買い換え時かと思ってはいたので壊れてないのにもったいないようですがいい機会です。
韓国、中国の時はスーツケースも大きくないので良かったのですが以前スペインに行った時大きいスーツケースと肩からかけるケースだと肩からずりおちそうになります。私はなで肩なので特にです。
今度行くロシアはまだ寒いでしょうし雪でもあると怖いので両手が使える方が安全です。

am-case-red.jpg
最近はこういうカラフルなケースも出てきてます。グラスファイバー製でアランフェスといいます。
チェロケースの小型版みたいですね。
一時チェロケースに憧れて欲しいと思ったことがありました。
楽器はいらないからケースだけ。その時ケースでも30万円くらいすると聞かされて無理だ~~。
こんな事書いてチェロケースっていくらするんだと検索したら確かに30万近いのもありますが安いのもあるじゃない。でも安いのがあっても買うのは止めますね。
このアランフェスもいいなと思ったのですが少し重いので考えてしまいました。

RIMG1230.jpg
結局普通のリュック型の方がいいかもと決断。ベルトが2本ついて背中にしょえます。

マンドリンケースどこか安いところはないかと探したらyahooオークションが一番安いようなので電話で確認。
見たところはリュック型のようなのですがベルトが1本なのでリュックのようには使えないというので止めました。
ネットでいろんな楽器屋さんにあるのですが面倒になって指揮者の先生にメールで注文しました。
旅行までにはいらなければどこかでと思ったら最新型が入ってるとのことで今日の練習にもってきてくれました。
いままでのリュック型よりも少し軽くなってるとのこと。
RIMG1229.jpg
こんなものがついてます。
RIMG1227.jpg
RIMG1228.jpg
スカーフのようですが使い道は楽器を包む布でした。
コレをみた仲間は肩や膝にかけてもいいじゃないだって。
確かにそうも使えそうです。
ツルツルして楽器を包みにくいですね。たたまれたまま楽器の下にとなりそう。

RIMG1235.jpg
前のケースにつけていたおしゃべりミッキーも移しました。
このおしゃべりミッキーはお腹を押すと「君はほんとうにステキだよ」などいくつかの言葉をいいます。
ハンナがこれが嫌いでミッキーがステキだよといってるよといっても後ずさりしてワンワン吠えてます。

このミッキーはTDRで買ってきたのではなく第一生命からもらったものです。




後にも先にもこれっきり!

RIMG0911.jpg
ハンナのワンコ友達のパピヨンのパピ君のお家の河津桜が開花してきました。


タイトルを見てなんのこと?ですよね。

実は人生初の指揮を経験しました。
今年になってからいつもの練習のあとロシア演奏旅行の練習をしています。
指導者が来る日はいいのですがそうでない日はメンバーが交代で指揮をすることに。
まさか指揮が回ってくるとは思わなかったのですが・・・

先週言われたのでこの一週間気が重かったです。
とりあえずCDにある曲で練習してみたりもしましたがスコアを預かってるのでないのでパート譜だけだと分からないところもあります。
速度が変わらない曲はまだいいのですが拍子がいろいろ変わったりritとかフェルマータがあるとその呼吸が難しいです。

前日の午後は仕事でなんとなく風邪っぽいような気がして明日熱でも出るといいなと思ったり。

翌日は朝からかなりの雨。
私の気持ちを表してるなぁ。

風邪っぽいような気もするけど熱はないし休む理由が見つからない・・・

Hさんの車が迎えに来る時間になってしまい覚悟を決めてでかけました。
この頃には雨も上がって向こうの方は柔らかい水色の空が広がってきてます。
私の気持ちにこの水色の優しい色が大丈夫と言ってくれてるよう。

午前の練習が終わりこのまま「はい さようなら」と言いたい。

指揮棒あるわよとWさんが差し出してくれていよいよ覚悟の時。

家で手でやってみたときよりも指揮棒を手にしたら少し気持ちが変わったようです。

最初はもう弾ける曲ばかりなので指揮がみんなについていけばいいやと思ってましたが途中でそれではいけないと思い直し、なんとか10曲を終えました。

みんなにわかりやすい指揮だったと言っていただき重責からときほぐされました。

いい経験でしたがきっとこれが最初で最後の指揮でしょう。

それにしても指揮者ってすごいなぁと改めて感じました。


RIMG0922400.jpg
このシクラメンは夏越しをした株です。
満開になりました。
本数を数えたらなんと60本です。

園芸店で買ってきても次々に交代して咲きますが蕾が全部が開花するというのは初めてです。

ロシアへの練習開始

20110108 009
今日はそうでもなかったですが、昨日はなんと寒い一日だったのでしょう。
今シーズン一番の寒さで東京では初氷が張ったとか。
横浜は東京ほど下がらないのですがほんとに寒かったです。

年々寒さが応えるようになります。
ハンナの散歩もダウンコートを着てもまだ寒い。
あまりの寒さにずっと日の目をみなかった毛皮のコートを出してみました。
20110108 018
私には分不相応な毛皮(ミンク)のコート。
もちろん私の趣味ではありません。
最近はこういう毛皮のコートはめったに見ることないですよね。
義母からもう着ることもないからと譲り受けたのですがずっと暖冬が続いてたので毛皮を着ようとも思わず、タンスにしまわれたまま何年になるのでしょうか。
着ることなさそうなのでリサイクルに出してと思ったのですが二束三文にしかならないのでやめて家にありました。
毛皮のコートなんてこっぱずかしいですが昨日の寒さには負けます。
今まではマフラーくらいしか使ったことないんですがさすがに毛皮は暖かいですね。
冬のパーティーで薄いドレスの上に毛皮というのがなるほど実感しました。

昨日の寒さはロシア行きの練習開始にぴったり。
3月末のロシアはまだ極寒でしょうか?

ロシアに向けて本格的に練習が始まりました。
このお正月休みにはほとんど楽器に触らずだったので一日練習がきつかったです。
現地ではバラライカの楽団との演奏会と聞いてましたが情報によると学生のようです。
趣味でやってるというのではなくバラライカのプロになる学生のよう。
かなり年齢差がありますね。どういうことになるんでしょう。
ソウル、スペインでも一緒に演奏したのは若い人たちでしたが私たちもまだ10年以上若かったんですよね。
年齢差は考えないことにしてしっかり取り組みます。

上のは借りてきたエルミネージュ美術館の本です。
これから少し勉強しないとね。
20110108 010
絵だけでなくこんな宝飾品もあるみたいです。



昨日は七草でしたね(まだお飾りを片づけてないのを思い出しました。明日は町内会のどんど焼きです)
朝に食べるのがいいのでしょうが息子は出るのが早いし、夫も私も朝はパンとコーヒーくらいなので夜のお粥になりました。

帰ってからお米を洗いハンナの散歩に出てからルクでお粥を炊きました。TVで炊飯器でお粥ができるというのを見たそうで家の炊飯器はできないのか?と
出来ないわけはないけど利用したことないです。
家は七草を入れても食べないのでセリとカブです。

20110108 006
カブは小さく角切りにして煮始めの頃から入れてしまいます。セリは出来上がってから食べる分だけ入れてサッと火をとおします。
これに濃いめの鰹だしの餡をかけて。
おかずは昨日のおでんが未だ残ってるのと息子は糠秋刀魚で。

やはりお正月も1週間たつとこういう優しいお粥はいいですね。
そして熱いのがこの寒さにホッとします。

たった1カップのお米ですがたくさん出来てしまったので今日のお昼は中華粥っぽくローストチキンの残りを入れてセリをドサッと入れて卵を入れました。
これでお粥完食しましたよ。



いよいよ明日・・・不安だ~~!

衣装
定期演奏会もいよいよ明日になりました。

最後の練習から1週間もあくことは始めてのことです。
こんな私でもこの一週間は珍しく毎日練習しました。
今回の演奏会はとっても不安です。
一生懸命練習したのにうまく弾けるかしら????

衣装も準備OK。
今回の衣装は上の二種類、クリーム色の長袖ブラウスとブルーグリーンのオーガンジーのブラウスです。
スカートは黒に見えますが焦げ茶色のオーガンジーです。
コサージュはスカートの残り布で当時の衣装係が作ったもの(私も参加)
このスカートはかなり前に作ったもの。しばらく着用してなかったのですがせっかくあるのだからとひっぱりだすことになりました。
でも約10年近くも経つとメンバーのウエストも変化してきててお直ししてもらいました。

私は自力で履けるようにするつもりでお直しには手を挙げてませんでした。
万歩計と測るだけダイエットが少し効力をあげてきてたのにあの足のひびトラブルでおじゃん。
全く散歩も出来なくなってしまいました。
慌ててお直ししてもらうことに。
だってスカートは履き替えず二時間ぶっ通しで履くことになるんです。
きついのを我慢してステージで気分悪くなっても困ります。
なんとか間に合って先日もどってきました。ウエストはバッチリ大丈夫そう。

靴はヒールのある靴はまだ怖いので低い靴です。ギプスでなくて本当によかったわ。

一番心配なのが明日のお天気。これから明日にかけて雨が降り、かなり荒れ模様になるらしいです。
雨は午前であがるようですがその後風が強くなるとか。
今日は暖かい日だったのになんということでしょう。

何年か前に12月に演奏会をしたことがありました。その時も雨だったんですよね。
雨にもかかわらず大勢のお客様がいらして下さいました。
うちの演奏会あまり雨になったことないのですがよりによって12月は雨。
12月の演奏会は相性悪いのかしら?

いい演奏会になりますように。



リハーサル終了 ラストスパート

JURIA_20101105004629.jpg
ジュリアです。夏にも開花したのですがあの猛暑であっというまに開花して散ってしまいました。
庭に出られなかったので家の中から撮ってみました。
IMG_9362_20101105004922.jpg
葉っぱはみごとに虫さんの餌食になってます。葉裏にもたくさん発見。イヤだけど割り箸で退治しました。
今年は庭の植物たちのことはあきらめるしかなさそう。

2日に県立音楽堂にて定期演奏会のリハーサルがありました。

足のケガをして2週間その間外にでたのは病院と一度郵便局に行っただけ。そろそろ家の中も飽きてきてます。
自由に外を歩きたいです。天気が悪い時はいいのですがお天気になるとウズウスします。
でもギプスと松葉杖がじゃまですね~。
診察初日はギプスが2ヶ月くらいはしないとと言われたのですが痛みがないと強調したらなんとギプスをはずしてベルト固定にしてくれました。
松葉杖はまだダメと持ち帰ることに。
家の中はかえってあぶないので壁とか台を伝ってヒビの箇所をつかないように踵だけをついて歩いているのですがまだ治ってるわけではないので普通に歩いて体重がかかると付くものも付かないと脅かされてきました。
リハーサルにはどうしても出たかったので外出したいと言ったら松葉杖は使うようにと。

しばらくギプス生活と思ってキャストシューズまで購入したのに・・・
看護婦さんが「また使うことあるかも知れないから取っておきなさい」だって
もう二度と使いたくないです。

松葉杖は今日はさよならできるかと思ってたのにまだダメだと。
家の中ではリハビリもかねてヒビのところは付かずに踵だけをついて壁などをつたって歩いてるのに。
先生曰く「家の中は支えるところがあるけど外はつかまるところがないから足に全体重がかかるのでダメ」とのこと。

明日どうしても出かけたいところがあると言ったら松葉杖は使うことと言われてしまいました。

近くにいるベースのHさん車で迎えにきてくれるのですが楽器とバッグと紙袋と持ち物が多いです。
できれば松葉杖は置いていきたかった。

会場に行ったら時間にならないと入れてくれないのでみんなが集まってました。
そこに松葉杖で降りるのはあまりにも目立ちます。いやだな~~

みんなで荷物を分担して運んでくれ、何もしなくていいからねと椅子に座らせてくれました。
椅子出してステージ作りなどを客席から見てました。
譜面台、楽器も出してくれて舞台まで肩をかしてくれたりとみんな忙しいのに申し訳ない。
トイレに行くにも付き添ってくれたり皆さんの親切に本当に嬉しいです。感謝感謝です。

この2週間練習にも出られず家で1人練習してきましたがうまく弾けるかしら?
どこか変更になったことがあったかもしれません。
速い所が自分が弾きやすい速度になってしまってるかもしれません。

でもみんなと弾けることが嬉しい。

午前は1時まで練習してお昼。2時から(本番が2時からなので)本番通りに司会もいれてのリハーサル。

お昼は私の為に小さい部屋を使うようしてくれてHさんとNさんが一緒にお昼を食べてくれました。

本番通りのリハーサルが始まりました。
舞台袖から出るところからです。
私は動かなくていいからとそのまま残ってみんなの出方を見ることに。

前半の練習はまあまあでしたが後半は少々疲れてきてうまく指が動かないところがでてきてしまいました。

リハーサルに出られて良かったです。まだまだとてもいい出来というところまでいってません。
あと練習あるのみと痛感してきました。
本番まで練習はあと4回しかできません。


本番のご案内をさせて下さいね。
IMG_9463_20101105003903.jpg
これが我がクラブの演奏会のご案内状です。クリックすると大きいものが見られます。 

今年は土日が会場がとれなくて平日の開催です。
興味のある方ぜひご来場ください。



ブログランキング・にほんブログ村へ




練習開始

mandorin.jpg
今夜は風が心地よくきもちよく眠れそうです。
風が吹いてるのは台風の余波なのかもしれませんね。
台風が接近してる地域の方はご注意下さい。

暑いといっても確実に秋になりつつあります。
まず陽の入り方が変わってきました。
家の中の陽の入り方はまだ感じませんが朝、散歩での陰が真夏と変わってきました。
トンボも今日見ましたし、栗も大きくなってきてます。

若干涼しくなってきたのでマンドリンの練習を始めました。
定期演奏会まであと3ヶ月を切ってしまいました。
練習不足なので早いところがうまく弾けないところもあるのにどうしても夏は練習する気がおきませんでした。
もたもたしてるとあっという間に3ヶ月なんて経ってしまいます。
ここで練習すると宣言したら少しはプレッシャーがかかってやるのではないかと・・・少し期待してるんですが。

今年は指揮者が二人。
二十○年以上もチルコロを指揮してくださってるY先生と昨年初めから若いS先生に指揮をお願いしてます。

なぜかこのお二人は音楽の作り方が全く違ってるので未だに戸惑うところです。

Y先生はずっとマンドリン・ギターの世界にいらっしゃる方。
S先生は音大作曲科出身の方ですがマンドリンの音楽は初めてです。
どうしてもオーケストラのような響きを希望するのですが楽器が違うのでそれが難しいです。

全部で12曲。

今年はパーカッションも管楽器も入りません。
マンドリン系、ギター、ベースのみの編成です。

最近は大抵パーカッション、管楽器が入って賑やかに、ダイナミックな演奏で、助けられてましたが今年は自分たちだけ。
なおさら練習が必須です。皆さんの足を引っ張らないようにしないと。




にほんブログ村 シニア日記ブログへ

神奈川マンドリンフェスティバル

IMG_6469.jpg
29回KMFが無事終了しました。
幹事団体さんお疲れ様でした。

KMFとは神奈川マンドリンフェスティバルの事で神奈川県で活躍するマンドリン合奏団体が年に一度集まり親睦を深め、お互いに研鑽し、音楽への情熱を高めることを目的として毎年開催してます。
今年は17団体で約450名の参加でした。
17団体はそれぞれの個性豊かな演奏を(団体数が多いので1団体12分)を披露しあいました。

私の所属するチルコロマンドリーノは2回目からの参加で28年間も毎年参加してるんです。
年月のたつのは速いものです。どんどん高齢化して行ってます。
これから先何年弾いてられるのでしょうか?

10回目までは創始者の方の平塚市で開催されててみんなで平塚公会堂まで行ってましたね。
その後は幹事が持ち回りになりほどんどがチルコロが練習場所に使ってる栄公会堂で開催されることが多いです。
遠く秦野市からいらっしゃる団体さんもいて以前秦野市で開催された時は遠いのでバスをチャーターして遠足気分で行ったこともありました。

来年は第30回で区切りの年になります。どんなフェスティバルになりますか。
諸事情で続けられなくなる団体も出てきてますがここまで続いたフェスティバルなので続けていきたいものです。


昨年から私がKMFの係を引き継ぎました。
引き継いだ時はたいしてやることもなかったのですが今年になっていろんな連絡事項が幹事団体からメールで来てちょうどフルで仕事の時期と重なりオタオタ。
一人ではできないこともあるかもと強引にNさんをサブにしてしまいましたがとても助かりました。
1年ではお役ごめんにならないそうであと1年よろしくお願いします。


今年は定期演奏会の年にあたります。
土、日の会場がとれなくて12月3日(金)初めての平日の演奏会です。

KMFが終わったのでこれからは定演に向けての練習が本格的に始まります。

ラナンキュラス
これは大好きなラナンキュラスのブーケ。
今日聴きに来て下さった方からいただいたもの。



テーマ : その他 - ジャンル : その他

出前コンサート

クリスマスローズ
土日とPCの調子が悪く更新できませんでした。

土曜日 横浜市立南舞岡小学校で地域の自治会のファミリーコンサートに部員35名でおじゃましてきました。

ここの学校は舞岡公園という広大な公園の隣にあり環境はとてもいいところです。
舞岡公園は通るだけですがハム工房とか田んぼなどもあり横浜でも田園を感じられる公園のようです。
この日は朝から曇りで肌寒いです。
前日まで暖かかったし車なので薄着で出て行ったら寒いのにびっくり。
衣装は半袖です。小学校なので場所は体育館です。
エ~~風邪ひきそうだわ。
練習は上着をきてればいいのですが本番はそうはいかない。
小学生のコーラスとPTAのコーラスの方たちとのコラボもあるので先生の指導で合わせます。
小学校の先生の指導はさすが年季が入っててわかりやすいです。

PTAのお母様たちがお昼にサンドイッチと暖かい飲み物を用意してくださったのをいただきました。
ありがとうございました。

自治会長さんのご挨拶の後私達の演奏とコーラスとのコラボ。
体育館は音が散ってしまうのでリハの時はあちこち開いてたのもあり後ろでは音が聞こえないと言われてpもfもあったものではないできるだけ大きい音で演奏するしかないと言われましたが本番は思ったよりも聞こえたのではなかったかしら。
自治会主催なのでご年配の方もたくさんいらしてます。

「オブラディオブラダ」から始めあまり乗り気ではない演歌に。「川の流れのように」と「天城越え」です。
これはほとんどの方が知ってる曲なので喜ばれた様です。
次は子供向けにディズニーの曲をいくつか。
私たち演奏する方も楽しくなってきます。手拍子も入れてくださってお客様も楽しんでる様。
しっとりと「浜辺の歌」と最後は賑やかに「ラデッキーマーチ」。
指揮者から合図で手拍子とお願いしたのに最初から手拍子が入ってました。
アンコールは用意してなかったので今日の曲からご希望を募りました。一番前に居る小学生が「天城越え」と言ったように聞こえたのですが司会者まで届かずオブラディを再度演奏でした。
「天城越え」を希望してくれた方ごめんなさいね。

子供たちとのコーラスで「翼を下さい」と「ふるさと」を一緒に演奏して終了。

雨が降りそうでしたが演奏途中でかなりの雨音がしてきました。

雨の予報だったのかしら?柿を干した
私は干してきた柿が気になってしまいました。
演奏を終えて出てきたら雨はさほど降ってません。一時的だったようです。

久しぶりの出前演奏会。たまにこうしてコミニュケーション取るのはいいものです。

お天気が良くないのに大勢の方にご来場いただきありがとうございました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。