スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトンが来ましたよ~~

hannna.jpg
ぴかぴさんからバトンが渡ってきました。

バトンのルール

1. バトンを回してくれた人の質問に答える 。
2. 次に回す人への質問を考える。
3. 次に回す人3人を指名する

1のぴかぴさんよりの質問はペットに聞かせる曲は?です。
バトンあまり好きでないのですが今回は質問は一つだけだったのでお引き受けします。

さぁてハンナに聞かせる曲ってなんだろう?あまり深く考えたことなかったです。
あの子が5年前にファミリーになった時にペットショップの人が夜中も音楽を聴かせてたというのでチビハンナをケージに入れて2月だったので夜は寒いだろうと毛布をかけてさらにケージ全体にウールの布を被せて暖かくしてあげ、CDをかけて夜を過ごさせてました。その時も毎日違うものをかけてたのでハンナが好きな曲ってなんだかわかりません。

私が楽譜を広げマンドリンの練習をしてるときには決して邪魔すること無いです。
ソファに寝そべってじっと聴いてるんだか寝てるんだか?
多分何の曲でも好きなんでしょうね。
ハンナが来て1年後からはパートがマンドセロに移ってしまいあまり練習もしないし、練習をしても低音でメロディー的な部分が少なくなって聞いててもおもしろくなかったでしょうね。

あ!ひとつだけ嫌いな音楽がありました。
それは冬の間通る灯油の移動販売車の流す音楽。
歌がついててイケダノトオ~オ~ユと子供の声で歌ってるのですがこれが遠くから聞こえてくると大変玄関の横よ見張り台で吠えまくります。
もう一台音楽を流してくるのは大丈夫なんですよね。
何が気にくわないのかさっぱりわかりません。

犬と音楽と結びつけて浮かぶのはやはりショパンの『子犬のワルツ』ですね。
今の家を建てるときにピアノは弾かないからと譲ってきてしまったのですがピアノがあった時は時々この曲を弾いてました。
いかにも子犬がじゃれ合ってるようで大好きな曲です。こう見えてもハンナ走るのがとっても早いんですよ。
ピアノでハンナに聴かせてあげたかったですね。でも今弾いたら指がつっかえて「おかあさん これじゃ転んでしまう」と文句がきそう。

留守にする時に時々かけていくのは
服部克久さんの音楽畑シリーズの楽園のやすらぎです。
1.Sound  響
2.The Sring of Life 青春の輝き
3.Nipponia Nippon 淡紅(とき)色の夢
4.Le Rhone  ル・ローヌ
5.Whale's Bolero 鯨のボレロ
6.A La Plage  渚にて
7.Nature  自然紀行
8.Elegie   エレジー
9.Autumn  秋風の頃
10.Snowman  スノーマン
11.A Christmas To Remenber  思い出のクリスマス
12.Learus  朝風のイカロス

が収録されてます。
淡紅色の夢と鯨のボレロは演奏したことがある曲ですがタイトルの通り全体がやすらぎをもらえる曲です。クラシックのようにかしこまって聞くこともなくてBGMには最適。

バトンを回すのはこれでおしまいにします。やりたいかたはもっていって下さいな。



上の写真はトリミングに出す前の毛が伸びきった状態のハンナです。
でもお顔だけはスッキリに。
お父さんに捕まえられてお顔だけカットしてもらったので体とのバランスが悪くてスフィンクスの様だと二人で笑ってしまいました。ハンナごめんね。
その後トリミングにだしたので今のところ全体がスッキリしてます。
1.jpg 2.jpg
1                          2
3.jpg

お父さんのカット屋さんは思いついてすぐ始めるので下に何かをひいてといっても無視です。
お陰でハンナのお昼寝ベッドは毛だらけになってしまい後の掃除が大変なんです。
お顔だけでなく体もカットしてくれるといいのですが・・・。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。