スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の更新です。

RIMG1227_20121204011302.jpg
久しぶりの更新で前回の記事から約2週間も経とうとしてます。
このところ少々いそがしくバタバタと過ごしてました。

12月に入ったとたんなんと寒いのでしょう。
ついこの間までいつまで夏のようなんだなんて言ってたのがうそみたい。
年々寒さが身に応えるようになります。
この冬は寒い冬になるんでしょうかね。
初雪も前年よりもかなり早いようです。今シーズンは雪を覚悟しておかないといけないのかも・・・


ブログおさぼりの間ミシンを出して縫い物をしたり刺繍やらいろいろやってました。
RIMG1224_20121204011258.jpg
まず作ったのはこれ 子供服です。
秋になった頃鎌倉スワニーに行った時に見つけたチェック地です。
サンプルのポンチョ風コートがかわいかったのでカイエ家のちび姫ちゃんに良さそうと買ってきました。
すぐ作るつもりがいつまでも暑くて冬ものを縫おうという気持ちが起こらずそのまま袋に入ったままでした。
10月の山荘でお会いしたときには間に合わず、そのあとは演奏会まじかで縫い物どころではなくなり、演奏会が終わってようやく生地を引っ張り出してきました。
このコートは周りをグルッとメートラインでくるんで仕上げます。
生地を買った時に一緒に買ってきたのですがつけてみたら計算違いでフードの分を忘れてきました。
あわててスワニーに買いに行きました。
最初に買ったメートラインは欲しい色が不足しててこれでも合うかなと買ってきたのですが今度はあったのでどうせなら欲しい色に変えましょう。
RIMG1222_20121204011611.jpg
出来上がったのはこんなコートです。袖つけもなく簡単なデザインですが洋裁もあまりやってないとあれ?どうするんだっけ?です。

早速送りましたら着姿を動画で送ってくれました。大きいかなとおもいましたがちょうどいいサイズだったようでした。

RIMG1295_20121204012301.jpg
メートラインを買いに行ってギンガムチェックを買ってきました。
スモッキングをしてエプロンに仕立てます。
お友達のお誕生日プレゼントでお嫁に出します。
ただでさえお誕生日から日が経ってしまってるので刺繍をするにはもっと大きいチェックにすれば良かったのですが。
RIMG1293_20121204012258.jpg
ウエストにスモッキングではなく胸当てとポケット口にスモッキングをします。
なのでスモッキングによるギャザーはありません。
チェックなのでしるし付けはないのですぐ取りかかれるのは助かります。
RIMG1255.jpg
真ん中に花かごを置いてバリオンローズの刺繍をするつもりだったのですがバリオンローズのバラは失敗しそうで
簡単なお花にしました。
フレンチナッツと葉を入れるとかわいくなります。
チェックの色が小豆色なのでわりと落ち着いた感じです。
完成品はこんな感じ。RIMG1292_20121204012256.jpg

大分遅くなりましたが無事渡すことができました。とっても喜んでくださったようです。


今もう一つのスモッキングのエプロンを作ろうと頭をひねってます。(スモッキングは前に済んでる)
RIMG1233_20121204011146.jpg
それと最近知ったトルコの刺繍のイーネオヤという手芸に興味魅かれます。
これはBSで放送されてる「恋する雑貨」で知ったもの。
針一本で編んでいくとても繊細な編み物です。
作り方の本はないかと調べたらありました。
トルコのスカーフの縁どりにはこのイーネオヤが編みこまれてるそう。
いろいろ調べてみるとイーネダンテルというのは細いレース糸を編むようでボビンレースのような仕上がりになるそう。イーネオヤよりもイーネダンテルの方が興味深いです。
メキッキオヤというのもありこれはタティングレースと同じようなものでシャトルを使って編みます。
RIMG1234.jpg
イーネオヤを本を見ながら編んでみましたがなかなかうまくいきません。
コツがあるんでしょうね。
どこかでワークショップでもあるといいのですが。

なんだかトルコに行ってみたくなりました。











スポンサーサイト

スモック刺繍のおけいこ

RIMG1116.jpg
blog友のMeguさんが主催するスモック刺繍のお教室に行ってきました。
スモック刺繍に興味もってるお友達のTさんと一緒です。

場所は藤沢のサロン・ド・ミディという影山さぎりさんのおけいこサロンです。
藤沢に降り立つのは何年ぶりでしょう。

全く知らない場所だから迷わないなんて思ってましたが大分変っててあれれ?でした。
なんとか時間までにいけたのでよかった。

サロン・ド・ミディはビルの4階にありました。
ドアを開けたら素敵な空間が広がってました。
page3_20121018000806.jpg

Meguさんと生徒さんが3人でもう始めてました。
私たちも加わり遅れてきた方が2名で7名でのおけいこです。

スモック刺繍は大好き(というか刺繍はこれしかできない)ですが自己流なので基本を教えていただきます。

テーブルにはチェックにリボンやくまさんを刺したかわいいサンプルがありどれも素敵。(写真は撮ってません)
目移りしますが今回はドッティングスモッキングを教えてもらいます。白地にパープルの水玉の生地を選びました。
Tさんはグレーのチェックを選びました。

刺繍糸の扱いかたから違ってる~~。
これだから自己流はこまるんですよね。

4つの水玉を中心に集めてお花のようにするんですがなぜかうまくいかなかったんです。
なんと裏から刺すんですね。方向もあるようで目から鱗です。
そして水玉を先に刺すのかと思ったらダイヤモンドステッチを先に刺すのにも目から鱗。

page4_20121018000457.jpg
水玉とは全く違う雰囲気になったでしょう。
習いに来てよかったわ。
まだ未完成です。中心にフレンチナッツを刺すのですがビーズを刺そうとおもいます。


オープンキッチンからいい匂いがしてきました。時間はもうお昼です。このおけいこはランチ付きなんです。
オーナーの影山さんがランチを用意してくださってます。
RIMG1118_20121018000706.jpg

さぁテーブルの上を片づけてランチです。
作ってくださったのはチキンのトマト煮。
テーブルに黒のレースっぽいマットを敷き白いお皿を置きました。このお皿が白のレリーフで重厚な雰囲気を醸し出してます。」
RIMG1117_20121018000942.jpg
黒のナフキンにパンを取ります。パンが入ってる入れ物も素敵。
トマトジュースで煮込んだチキンのお料理美味しかったです。
デザートにお土産に持っていったパウンドケーキを切っていただき、美味しい紅茶を入れてくださいました。

お腹が膨れたところでまたおけいこに戻ります。

小さいお子さんがいる方もいてお迎えもあり早くお帰りになる方も。

ある程度できたので後は家でやります。
Tさんのにはバリオンローズの刺繍が入るのでやり方を教えてもらいました。

こちらも今までフランス刺繍針でやってたのですがメリケン針でやるんですって。
え~~知らなかった。

家に帰って忘れないうちに残りを刺繍を完成させました。

何に仕立てましょう。サンプルはお弁当袋なんですが違うものにもしたいです。



                           



先日ゲットしたプリーターをまだ使ってなかったので旅行バッグにいれて持っていきました。(旅行バッグでないと入らなかったのです)
使い方を教えていただきたくて。説明書よりも実際に見ないとわからない部分もあります。
布を巻く芯棒があるのですがこれをどこかでかわないとうまく巻くことができないのだそう。
Meguさんのもってた棒は半分に開き磁石が入ってて布が動かないようになってるんだそう。
こういうことも本には載ってないんですよね。
プリーターは長いこと使われなかったので油きれもあるのでしょう。
動きが硬くときどき怪しい音がします。
でも少しっでしたが出てきたのはこんなできれいにプリーツが寄ってます。
繊細な機械でもありますし使い方よく理解しないまま使かったら壊しそうなので持って行って良かったです。



刺繍を始めると面白くなります。
Meguさんまた近いうちにお教室に伺いますのでよろしくお願いします。






punto Smock (イタリアのカワイイ子供服の本)

IMG_8410.jpg

お盆休みの台風一過。この時期には迷惑な台風でしたね。

スモッキング刺繍の日々のMeguさんのところで少し前に紹介されていたイタリアのカワイイ子供服の本‘punto Smock’がたくさん届いたという記事にぶつかりました。
個人輸入をされたんですね。

MeguさんはネットでAtelier de Smocks というショップをされてご自分の作品やこういう本を出してます。
そこでこの本も買えるというのですぐポチしてしまいました。

そして届きました‘punto Smock’が。2才くらいの女の子がとってもカワイイです。
中にはこんなカワイイ服がたくさん。


表紙の赤い服の女の子を見ていて思い出しました。かれこれ10年も前になりますがスペインに演奏旅行をしに行ったことがありました。
IMG_8436.jpg
その演奏会場の広場にいた女の子がこういう長めのドレスを着てとっても可愛かったので思わずカメラを。

この時はデジカメはまだ電池で海外に行くにはたくさんの電池が必要というので普通のフィルムのカメラでたくさんとってきました。
パソコンにデータがないのでアルバムから探してきました。
この子のお洋服はスモックはして無かったですね。
日本では小さい女の子のこういう長めお洋服はあまり着ませんよね。結婚式とか特別な時でしょうか?

長い服は動きづらいからもありますね。(家は男の子二人だったもので経験なし)
でもとってもカワイイかったんですよ。

アルバムを見ていたらこういうカワイイ写真も。
IMG_8437.jpg
ウベダというところでの演奏会の時のこと。ステージがフラメンコになったら女の子たちが会場の隅に出てフラメンコを踊り出したのです。
こんな小さい頃からフラメンコのリズムが染みこんでるんですね。
女の子たちは7~8才くらいの子と姉妹。いくらシエスタの国と言ってもかなり遅い時間に子供たちが遊んでるのも驚きでした。
この女の子たちももういい娘さんに成長してるでしょう。
IMG_8441_20100813013807.jpg
こちらは会場が違いますが確かコルドバのアルカサルでの演奏会。


スモック刺繍大好きなんですが姪っ子たちが大きくなってしまったのでやらなくなって昨年Meguさんのブログをみてたら刺繍をしたくなってお友達のお孫さんやお子さんにそしてあげくはハンナの服まで作ったのですが。
スモック刺繍は子供服がカワイイので鎌倉のスワニーで小花模様のダブルガーゼでスモック刺繍をしたワンピースとパンツの組み合わせを途中まで作って季節が変わってしまい箱に入れられたままになってました。
IMG_8419350.jpg
だしてみたらシワクチャ。まだお袖のところが仮縫いのままになってます。
IMG_8418.jpg
スモック刺繍は一色でシンプルなステッチです。

誰のという訳でもなく作ったので完成したらどなたかのお子さんにプレゼントしようかしら?







エマーフというスカーフ

シフォン布地
先日ネットで買ったという布地をご紹介しました。
この中の一番下の茶系のシフォン地をつかってこんなものを作りました。
エマーフ
これエマーフというものだそうです。
みつけたのはこちらのブログから。
Meguさんご本人が着用されてます。とってもステキでこれ欲しいと一目ぼれ。
Meguさんはちゃんとお店“atelier EMA”さんで購入されたものでシックなペーズリー柄のエマーフでした。
厚かましくそれを真似させていただきました。
要するに長方形のスカーフの両端を縫って袖にしたもので袖口にスモッキング刺繍をして縮めました。
大人のスモッキングです。

エマさんが作られるのでエマーフというので私が作ったものにエマーフと呼んではいけないのですがいいネーミングがうかばないのでとりあえずエマーフと呼ばせて下さい。
同じようなペーズリーを探したのですが見つからないのでとりあえずシフォンの布地をみつけたので購入してみました。
安いと思ったら50㎝単位なので安いのか高いのかわかりません。
自分の目でどんなものか確認できないのがちょっと不安でもありましたが思ったよりいいものが出来ました。1.5mで二枚できそうなのでお高いものではなかったです。
シフォン地なので縁の始末をどうしましょう。三つ折りで端ミシンもあまり綺麗でないですね。
端を始末するミシンがあったのですが壊れてしまったので買い直してないのです。
しかたないのでジグザグを細かくして端の始末をしてから端ミシンをかけました。こうすると薄く細く始末ができました。
困ったのがスモックの印付け。化繊なのでヘラの後がつきにくいんです。
苦肉の策で裏からボールペンで印を付けてしまいました。
柄なので目立ちません。
スモック刺繍
生地に合わせて4色の刺繍糸でダイヤモンドスモッキングをしました。でもあまり色の変化がよくわかりませんね。
今本物を見たらステッチがダイヤモンドステッチではくケーブルステッチになってるじゃないですか。
この方が伸びないかもしれません。よくみないで始めるからこういうことになります。

こういうスカーフは類は化繊なのでシワになりにくいのでバッグの隅に放りこんでおけます。薄手でも羽織ると温かいです。袖を通すのでずり落ちるのも防げます。

まずは自分用にと思ってたのですがやり出すまでに時間がかかりやっと完成。
これは鶴岡の叔母のお誕生日プレゼントになりました。
叔母はこういうのが欲しかったと喜んでくれました。

Meguさんのブログ“スモッキング刺繍の日々”はネットサーフィンしてて見つけました。
とっても素敵なスモッキングの作品がたくさん載ってて私にスモッキングを思い出させてくれました。

Meguさんからいただきもの
先日お掃除をしてたら出てきたというスモッキングをした布が載ってました。どなたかに差し上げるとのことでしたのでお願いしていただいてしまいました。
とどいたのがこちらです。紫のチェックにとってもきれいに丁寧に刺繍が施されてます。
裏もきれいに仕上げられて参考になりました。
この刺繍をした布をどう使いましょうか?

その前にエマーフと幼児服を仕上げてしまわないと。

10日ぶりの更新です♪

フェンネルの花
フローレンスフェンネルの花が咲いてます。

なんと7月も9日になってしまいました。
前の更新からなんと10日も経ってしまいました。
ブログに載せようと思う記事はたくさんあって写真は山のようにたまってます。どれから載せていけばいいのかわからない状態です。ぼちぼち載せていきます。

前にもスモック刺繍の記事を載せましたがこのところスモックに力が入りパソコンも見ない状態でした。
手芸に一度のめり込むと全く他のことを忘れて没頭してしまいという悪い癖をもってます。
タティングレースを編んでる時は朝起きてぼーっとしながらも家事もせずにレースを手に取ってることもあります。仕上がるまでは他のことはどうでも良くなってしまうのです。

若い頃は服を縫うにも2日以上かけるのはいやで徹夜仕事になることもしばしばありました。
スピードはあるので裏の仕上げはいい加減で母によく雑だと怒られました。
私の洋裁はシルエット重視で何回も着る服は目指してませんでしたが母の洋裁は丁寧で何年も着られるのをモットーとしてました。性格の違いですね。

今はそこまで没頭出来なくなってきてるので仕事やら買い物にでる時間も取られると仕上がるまでに本当に時間がかかってしまいます。

幼児服
ハンナの服の次は子供服を作ってみたくなりお友達のお孫ちゃんのお洋服を作らせてもらいました。
生地はハンナの服と同じです。(たまたまたくさん買ってあったのです)
スモック刺繍部分
ラグランの袖ぐりにスモックを入れレースをつけてみました。
レースは家にあったものではメーター数が足りないので買いに行ったのですが最近は私が思ったようなレースがないのにびっくり。
何軒か回ってようやくこれならまあまあというレースを見つけました。
最近は手作りが廃れてきたとは思えないのですが手芸用品を扱うお店がめっきり少なくなりました。
生地屋さんもどんどん減っててスーパー内に入ってる生地屋さんでは欲しいものが無くて困ります。

このお洋服の後に作っていたのはこちら。
IMG_2973.jpg
生地はシーチングで先日のベトナム料理教室の後ユザワ屋で買ってきたもの。
サンドレス風のワンピースです。前後の胸の所にスモックをしてます。木立が可愛いアクセント柄になってます。
IMG_2974.jpg
ターゲットは1才半のおじょうちゃん。
2才用の服なのでちょっと大きくて今年は着れないかもしれません。

刺繍をしてるときは楽しませてもらいました。
服に仕立ては↑のとおり雑な性格であまりきれいではないです。

また作らせてね。

思い出のスモッキングワンピース

今までのスモッキングワンピ
この前ハンナ用にスモック刺繍の服を作りました。

過去にいくつか少女服を作ったことがあります。(姪っ子二人に)
どんな刺繍だったのかもう一度見てみたくてまだ取ってあるかと聞いたらあるというので出してもらいました。
へー! こんなに作ったんだと我ながらびっくり。
こんなに全部を並べて見たことないですから。
全部を取っててくれてありがとう。お恥ずかしいですがご紹介しますね。

まず手始めはこの小さいお洋服です。この時は姪っ子がまだ一人だったと思います。
2才用白いワンピ
1才か2才くらいの服だと思います。
白のコットンに色糸でスモック刺繍をしてレースも一緒につけてます。どなたか親戚の方の結婚式があるというので作った服です。後ろもちゃんと刺繍を施してます。2SAI KAKUDAI
後ろヨークにもスモック
これ着ると本当にかわいかったんですよ。

つり紐のスカート
これはどっちの子に作ったの覚えてません。
このスカートみるまですっかり忘れてましたから。
スカート刺繍拡大
これはチェックの地にダイヤモンドスモックを施しただけのもの。あは~ よく見るとチェックが歪んでるわ。
ただのチェックがスモック刺繍を施すと可愛くおしゃれになります。

これは姉妹に色違いのお揃いです。
どっちがピンクが好きかは聞かずに作ってしまいました。なんとなくお姉ちゃんがブルーになってしまいます。
刺繍の拡大
これはよく着てくれたようでよく見るとシミが付いてしまってます。
このくらい細かくチェックだと無地感覚で刺せるので楽でした。
ポケットの口もスモックをして絞ってます。

刺繍は一番単純なケーブルスモックで一面花籠を飛ばしたデザインです。
これは息子が結婚してお披露目食事会の時に着てくれてました。

大きい子用ワンピ
そしてこれは小学校の高学年になって作ったもの。
同じくチェックですが色はかなり地味なアースカラーで刺繍は少し凝っていろいろなステッチを使いました。
スモック部分
薔薇の刺繍もたくさん飛ばしてロマンチックなイメージに。
へムを多めにとってあげたので裾はぎりぎりまで伸ばして着てくれたようです。
これも姉妹お揃いです。刺繍の薔薇の色を黄色系とピンク系にしてこの時はお姉ちゃんにピンク、妹に黄色のバラを刺してあげました。
後ろ
少し大きくなったので後ろもリボンではなくベルトにしてあげました。

もうその二人も今年は高一と高三です。
もうスモックの服を着る年頃ではなくなってしまいました。

今はチュニックが流行ってるので胸元にスモックしたチュニックなら着てくれるのかしら?

スモック刺繍続き♪

スモック後ろ姿
ハンナ用に刺したスモック刺繍を服に仕立ててみました。
スモックでかなり余裕があるのかと思ったら以外ときつめでした。
これはハンナが少々おデブさんだということです。
今ダイエット中ですが最近よく食べるので全然進みません。

ハンナの服
途中で着せてみたら寸づまりなので裾にフリルを足しました。
これを着せて散歩に出たら今日はとっても女の子らしいと褒められました。

でもこれをきて腹天(ひっくり返るのをこういうらしい)するんだから困ってしまいます。
全体に薔薇の刺繍をいれようかと思ったけどや~めた。
これは前からみたところです。
前姿

本
スモック刺繍の本を見つけました。
AMAZONで探したらまだいろいろあるみたいです。
スモック刺繍が今流行ってきてるのでしょうか?

今度は人間のおこちゃまのお洋服を作りたいと思います。


薔薇の刺繍ではないのですが先ほど全体に小花の刺繍を飛ばしてみました。
花の刺繍を
また可愛い感じになったでしょう?
しつこいかな?スモックにフリルに刺繍のトリプルだものね。

これで道ばたでも砂場でもどこでもひっくり返らないといいんだけど。
ハンナ~!無理な注文かな。


懐かしいスモック刺繍

スモッキング
スモック刺繍って結構めんどうなんですが昔から大好きなんです。
子供の頃の服は母がほとんど縫ってくれました。
割とデザインもおしゃれで襟がスカラップになってたり、ボタンをたくさん並べてデザインしたのだったりでしたがスモッキングはやらなかったのでこれだけは買わないとダメでした。
なのでお友達がいろいろなスモック刺繍のワンピースを着てるのがうらやましかった記憶があります。
その反動ではないのですが娘時代に本を何冊か見つけてスモック刺繍のエプロンをたくさん作ったものです。
最初の頃はギンガムチェックで刺してましたがそのうちに無地に色糸で細かく刺して見たくて本を見て自己流に作ってました。

高校だったか大学だったか忘れましたが入学のお祝いに祖母からヨーク全体にグリーン系の色糸でスモック刺繍をした白いブラウスを買ってもらいました。
このブラウス大好きでかなり長いこと着てました。ついこの間まで引き出しにあったのですが糸も切れてきてるので処分してしまいました。
結婚する時に母の友人たちからのお祝いのお返しにと何枚もスモック刺繍をせっせと刺して母がエプロンに仕立ててました。
人様に差し上げるものばかりで自分の所には一枚も残ってません。

子供が女の子ならスモック刺繍のワンピースを作って着せてあげられると思ってましたが残念ながら男の子二人で夢は叶わず。
それでも長男が赤ん坊の頃ロンパースとかベビー帽にスモック刺繍を刺したこともありました。

弟の所の子供が二人とも女の子なので小さい頃はスモック刺繍したワンピースを何枚か作っては着せてました。その子達もすでに高校生で大きくなるとこういう服はあまり着なくなるのでスモック刺繍のことは忘れてました。
先日ブログ検索しててある方のブログでスモック刺繍を見つけました。

さらに探すと本も何冊か出てるようで小物などにもスモック刺繍を施したものがあるみたいです。

スモック刺繍を刺してみたい気持ちがムクムクわき上がって来たのは言うまでもありません。
我が家の女の子はハンナだけです。ハンナ用の服でも刺してみますか。

余り生地を探したら細かい赤のギンガムが出てきました。
とりあえず何か刺してみようと。ケーブルステッチだけを刺してみました。
ワンコは分量が少ないのでこれだけ。
さあこれをどんな風に服に仕立てましょう。

ブリオンローズでバラの刺繍を入れたいのですがハンナさんはすぐどこでもひっくり返るので刺繍をしてもすりきれてしまうかも。
次はちゃんとお洋服にしたものを載せたいと思います。
服に仕立てるにはミシンをださないと・・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。