スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大潮で潮干狩り

asari.jpg
昨日は大潮で今夏3回目の潮干狩りをしてきました。

大潮というのに海は完全なる干潟ではなく水がありました。
潮見表をみたら32㎝と書かれてたのでそのくらいの水が残ってる大潮のようです。

昨日の干潮は10時18分。
家を10時少し前に出ましたが野島についたら水に皆さんつかって採ってます。

水着は着てないし短パンより少し長めのパンツをはいてるのでヘタすると濡れそう。

この前は中潮だたったので当然水があるのは覚悟してました。今日は大潮なので水に浸からずに熊手で掘ると思ってたのに。

岸には緑の海藻が一杯流れ着いてて海藻をわけながら貝を探します。

昨日は少しは干潟で島のような所もありましたが熊手は役たちません。

表面に浮いてる貝がたくさんいます。
この前の中潮の時はあまり見かけなかったんですが。急に発生したのかしら?

採ってみると表面はツルツルしてます。バカ貝?でもバカ貝はもっと白くぷっくりしてます。これは何の貝なのかな?

わからないので網に入れちゃいました。

海藻をどけると比較的大きいアサリも見つかります。大きいアサリが見つかると嬉しくなっちゃいます。

干潟が多く出てればマテ貝をとってみようと塩も持ってきたのですがダメですね。今日はマテ貝を採ってる人も居ませんね。1回目の時はマテ貝を採ってるおじさんがいてとっても面白そうだったんです。
昨日は教えてもらおうと思ってたのですが居ませんでした。
夫が1個だけマテ貝を採りました。
夫は少し掘ってカガミ貝を採ってました。

アサリも生まれたての小さいものは一杯います。
これはなるべく採りたくないですが大きいのがでてこないと網の中へ。

1回分でほんの少しのつもりが始めるときりがないですね。
近所から来るというおばさんと話しをしながら手を動かします。
大潮だ中潮だと貝を採りにくるので冷凍庫は貝で一杯なんだそうです。それでもまた来ちゃうと(笑)
その気持ちわかりますね。

かなりの暑さですが足だけでも海に浸かってると涼しいんです。
なんだかんだと1時間半くらい海に浸かってました。

家に帰って大きい洗面器に入れてかえてみると結構な量。

IMG_8597.jpg
アサリと他の貝と分けて持ってかえった海水をかけて暗くしておいたら新聞紙がビッショリ。

貝はこんなに元気で水を吐いてます。
IMG_8598.jpg
本当は夜食べるつもりだったのですが献立が急変で貝まで手が回らなくてそのまま夜中まで置かれてました。

砂抜きはかなり進んだので引き上げてバットに入れ替えキッチンペーパーをかけて冷蔵庫へ。

アサリはサイズごとに固めて見ました。(トップの写真)
大きいのはバター炒めや酒蒸しに、中はパスタに、小はかわいそうだけど潮汁にします。

kai_20100824012659.jpg
アサリ以外のものはカガミ貝も大小様々。

もう一つのツルツルした貝はネットで検索してみたらもしかしたらハマグリの一種なのかもしれません。
チョウセンハマグリというのに貝の柄が似てます。

カガミ貝は砂抜きよりも砂肝を取ってしまった方がいいようです。
明日は大きい物は開いて手術してみましょう。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。