スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後です

今年の記事もこれで最後です。

最後になってしまいましたが最近いただいたものを載せておきます。
Fujikaさんの柿350
干し柿の一人者でいらっしゃるFujikaさんよりいろいろな種類の干し柿の詰め合わせをいただきました。
お一人でこんなにいろいろな干し柿を一度に作られてしまうのですから毎年驚かされます。
私も一度チャレンジしてみたいのはまるいオレンジ色の干し柿。
こんなのが作れたらいいなと思ってます。
中はこんなにとろん
お味もとっても上品な甘さで中はしっとりとろりんでとっても美味しい干し柿でした。
似たようなものにあんぽ柿というのが市販されてるので買ってみましたが柔らかすぎて生のようであまり美味しくなかったです。
Fujikaさんのこの佐渡八珍柿は絶品でした。
隣の小さいものはつくばのMy柿と書かれてます。Fujikaさんの柿です。ハート型の柿で可愛い。
さらに小さいのは長野の柿、右上の黒っぽいのは那須の蜂屋柿、隣は山梨の大和百目という柿です。
それぞれに味わいがも甘さも違うんですね。
柿の味がこんなに違うものとは。一度にこれだけの干し柿を味わえるのは贅沢なことでした。
楽子さんは干し柿のリゾットを作られてましたが、私は美味しくてそのまま毎日いただいて全部私のお腹に消えました。

Fujika さん ありがとうございました。

ルレクチェ
新潟のえーちゃんさんからは洋梨の最後を飾る香りのよい高級なル・レクチェをいただいてしまいました。
黄色く香りが出てきたら食べ頃。これはとろけるようななめらかな食感です。
そして今週ハンナの誕生日にとおくってくれたのがこれ。
suthiti.jpg
ディズニーのキャラクターでスティッチといいます。これが人気があるそうです。
たしかハワイの女の子のアニメのものですね。リロ&スティッチといいましたか。
去年ぱみさんの所におじゃましたときにちゅちゅちゃんが一生懸命DVDを見てたのがこれでした。
ハンナにかぶせてみました。
すてぃっちはんな350
似合いますか?ハンナはバイクの前籠に乗って風きるの好きだからこれかぶせて乗せてみようかしら。
なんだか食べられてるハンナみたいにも見えますよね。(笑)

えーちゃんさん ありがとうございました。

別になりますが、洋梨は今年はいろんな種類を食べることができました。
洋梨と言ったら昔はバートレットしかなかったです。最近は洋梨の主流はラ・フランスのようですね。
でも洋梨は他にもいろんなのがあるんです。
まず9月下旬の出始めのころにマルグリット・マリーラという洋梨。これはとっても大きい洋梨です。形がユーモラスです。
ユーモラス
その後10月にゼネラル・レクラークという洋梨にも出会いました。これは皮があまり綺麗ではないです。茶色っぽくなってくると完熟で食べられます。
ゼネラル・レクラーク
そして山形の叔母からラフランスもたくさん届きました。写真を撮るのを忘れました。

もっともっと洋梨は種類があります。来年はまた違うのを食べてみたいです。

慌ただしい1年であったような気がしますが2008年もあと1日をきりました。
ごらんになってくださる皆様ありがとうございました。
来年は皆様にとっていい年でありますように。
スポンサーサイト

今年も年末の風物詩に

まぐろうり
三浦半島三崎漁港で開かれるまぐろ祭りに今年も行ってきました。

この年末はとっても暖かいです。
30日はマグロ祭り最終日なので混雑が予想されるので6時半に出ました。6時半だとまだ薄暗いです。
高速を走ってるとどんどん明るくなってきます。
朝日
6時55分過ぎ東の方角が明るくなってようやく日の出です。

ここ何年かは諸磯経由で三崎に入ります。この道はまだあまり知られてないようでスイスイです。
諸磯はヨットハーバーが絵になる風景で好きな場所です。もちろんカメラに納めます。
諸磯350

今年は海の臨時駐車場が整備されてきてちゃんと駐車場になってました。(まだ完成してはないようで鋪装されてません。このところ天気がいいので水たまりはなかったです。)

すでに買い物客で溢れてます。
三浦大根
まずは三浦大根を品定め。今年は高めかな。この画像のは400円ですが1本800円なんてびっくり大根もあります。特別大きいとは思えなかったので何が違うのか聞いてくれば良かった。
300円からしかないですね。
去年は先端が2本足になったのとか表面が割れてしまったのでも中はどうってことないものが100円くらいであったのですが今年はなさそう。
重いので買うのは最後。

まぐろ祭りのブースの中へGO!
ハンナだっこされて
ブースの中は人混みなのでハンナは夫にだっこしてもらいます。

まぐろ1
家はあまりまぐろのお刺身を好まないのでそんなにいらないのですがとりあえず最初に入ったお店でこんなブロックを発見。大トロから赤身までが入ってます。
値段もメバチマグロなのでリーズナブル。
夫が買いたいものは尾の部分。このお店で聞いたらもうとっくに売り切れたと。では仕方ないからあまり大きくないものをゲット。

他のお店を見ていたら後の方に尾を発見。
まぐろ
なんだあるじゃない。
いつもだと500円からなのにここのお店中央の小さいものは300円ですって。
400円のものを買ってきました。
尾は解体するのに面倒であまり嬉しくないのですがネギマ鍋などにはもってこいなんです。
出来れば脂がのってるものは煮ても柔らかくて美味しいです。
初めてこの尾を買った時は一緒に本マグロも買ってきたのですがなんとこの尾の部分を刺身で食べたらとっても美味しかったんです。
本マグロよりも美味しかったです。(もしかして本マグロの尾だったのかもしれませんね。)

ここに来るとマグロのほほ肉とか目玉とか変わったものも目にします。

花屋
お花屋さんもあります。シクラメンが安いのですが今年はあるのでやめ。
千両の鉢植えを買ってきました。

最後に大根を2本キャベツ1個、ブロッコリー、サラダほうれん草、ターサイを買って今回は終了。

露天も出てて去年ペットのお店で首輪を買ったので今年も探したらあったのですが初日に売れなかったから持ってこなかったですって。
去年買った皮のリードの金具が壊れてしまったので新しいものを買いたかったのですが残念でした。

キャベツ畑
三浦の特産は三浦大根とキャベツ。
キャベツ畑が広々と続いてます。
いつも思うのですが三浦は気候も温暖でのんびりとしてて住みやすそうと思います。






続きを読む »

今日は大工さん

daiku.jpg
今日の横浜はとても暖かく年末とは思えないほど。
今年最後の家庭ゴミの日で昨日の大掃除で大きなゴミ袋が3つも出しました。
どうしてこんなにゴミが溜まるんでしょう。
昨日ホームセンターに買い物に行った時に合板ベニヤ板を買ってきたのですが夫も掃除をしてるので
切ってとも頼みにくくもう休みかと思ったら月曜まで仕事があると朝はいつも通りに出てしまいました。

夫に頼んでもすぐやるわけもなさそうだし今日は風もなくあったかなので私が大工仕事をします。

よ~~し やるぞ~~!!

電動ノコがあるといいのですがあいにくないのでノコギリをギコギコさせるしかないです。
二階のベランダには昨日出たプラスチックのゴミの大きな袋が2個もあります。(横浜市はプラスチックの日が週1のみすでに先週木曜が今年最後でした。)

ノコギリもずっと使ってないので動きが悪いです。(556をかけてから使えばいいのに)

以外と上手なんですよ。ちゃんとまっすぐに切れてるでしょ?
50×55㎝の大きさにカットします。
ホームセンターでこの大きさの棚板をさがしたのですが規格外でした。
1枚目は割と切りにくかったですが2枚目はなぜかスイスイと。3枚目は手が疲れてきて休み休み。
なんとかカットできました。

これを黒い元オーディオケース(だったと思う)にはめ込みます。
本当は黒く塗った方がいいのですがペンキを買ってこなかったので来年回しです。

オーディオケースなので棚があったのですが処分してしまったようです。
側面に穴はたくさんあいてるのでタボをはめ込んで板を載せるだけでいいのです。
tana300.jpg
3枚をこんな風に載せてみました。
今までは籠を置いて洗濯物をいれたりしてましたがリビングに本が溢れてるので少し移動させることに。
本を収納させるには棚を付けないとなりません。

kansei300.jpg
ベニヤが厚くないので上の方には衣類を入れました。これは夫の作業着です。
籠に積まれてましたがお店のように並べてみることに。
こうすると一目瞭然です。
奥行きが50㎝もあるので本は手前に置くと後ろが空いたままになってます。
何か入れないともったいないので文庫本でも入れようしら。

力仕事をしたのでお昼はボリュームたっぷりにかき揚げ丼。
かき揚げ丼
昨夜の釜揚げ桜エビのかき揚げの残りもの。

夜はさっぱりと豆腐のステーキきのこあんかけです。
豆腐ステーキきのこあんかけ
ななママさんが先日柚子まき大根をのせてらっしゃいました。
冷蔵庫の買い換えで中身を全部出した時に一番上の奥の方に眠ってた柚子巻大根を発見。昨年作ったもので化石状態ですが甘酢につけて戻したらどうってことないです。
柚子大根捲き
柚子の香りもしっかりしてました。





冷蔵庫の買い替え

冷蔵庫新300 冷蔵庫古300
 
 
我が家に新しい冷蔵庫が仲間入りしました。確かこれで4代目です。

右の古い冷蔵庫は最長でなんと15年と4ヶ月も経ってました。
この古い冷蔵庫を買い換えた時はサーモスタットが壊れ、真夏で冷凍したものが溶けてきてしまって慌てて買いに回りました。
15年も使えば当然冷えも悪くなってきます。
冷えが悪くなってきたなと感じたのは夏の頃でした。
お豆腐が新しいのに悪くなりかけてたり、肉もすぐ匂いがついてきたりでそろそろ買い換えないとと言うのですが夫は壊れてもいないのに詰めすぎだとの一言。
確かに冷凍庫も冷蔵庫も一杯です。

そのうちにプラスチックの棚にヒビが入り補強してみたのですがダメでその部分にものを載せることが困難になってきました。

そして長男の次の一言が買い換えを決意させました。
「ビールが冷えてない」「買い換えたら」

古いのは容量は450㍑ありました。
子供達が食べ盛りの時期ならさらに大きい冷蔵庫と思うのですが人数も減って今より大きいものでなくてもいいんじゃないか。大きいと奥の方が見えなくて腐らせることもしょっちゅうでした。小さくなれば入れるものも少なくなっていいんじゃないかと小さくすることばかり考えてました。

土曜日半ば強引に電気店に引っ張っていきました。
こんな使いにくい状態のまま暮からお正月を過ごすのは嫌です。なんとか今年中に買い換えないと。
私が今のより小さめというのに夫は今より小さくなれば入らないというに決まってるから今と同じくらいのでいいんじゃないかと・・・アレレ???

一番の条件として横幅は75㎝くらいあってもいいが奥行きがないもの。
一時奥行きがかなり深めになったものが主流になってました。
一応カタログを見ると幅が60㎝というのがたくさんありますが奥行きが69㎝もあります。
キッチンの入り口に冷蔵庫置き場になってるのですがあまり出っ張らせたくないのです。
家を建てる時に冷蔵庫置き場の裏が階段下の収納になってるので凹ましてとお願いしたのですが私は10㎝くらいのつもりだったのですが実際には数㎝でした。なので70㎝くらいの奥行きになると出っ張ってしまうのです。

15年前の頃は一番大きいもので500㍑のナショナルのTHE BIGがあったと思うのですが家のリビングの色合いなどからして東芝の450㍑を入れました。
入れる場所に色、形を合わせると売り出しのものはなく結構高いものになってしまいました。

結局同じ容量の日立の450㍑になりました。今の冷蔵庫はどんどん大きくなってるんですね。一番大きいものは600㍑です。450㍑は小さいほうなんですね。色はそのときの流行が入るので前のような淡いベージュは今はないようです。
メーカーが違いますがピンクの冷蔵庫があったのでかわいいのでこれにしようと言ったらダメだしされました。
サイズは前のより小さめです。奥行きはあまり変わらないのですが横幅が74.1㎝から68.5㎝とスリムになりました。

新旧入れ替えが終わり中に詰め替えましたが今の冷蔵庫って扉の部分がペットボトルが二段入れられるように奥行きがあるので冷蔵庫の容量が少ないので思ったより入らないのです。思ってもいなかった誤算でした。
これならもっと大きいのを考えるべきでした。家はあまり2㍑のペットボトルは使わないのです。せいぜい1本もあれが十分です。この上の500㍑でも横幅は変わらず奥行きが2㎝くらい大きくなるだけなら大きい方にすれば良かった。

消費電力は格段に違うようです。古いのは68kWh/月ですが新しいのは330hWh/年だそうです。
冷蔵庫はよく10年前のと比較してますが電気代が省エネになるのは嬉しいです。

魔女のたれ
前の冷蔵庫の一番上の奥のほうにこんなものを発見。
tugukiさんの魔女のタレです。かなりの量ができたのでいくつかに分けて瓶詰めにしたのの一つです。
いつ作ったのかな?しっかり蓋がしまってるので大丈夫でしょう。冷蔵庫にも入ってることだし。
ブタ丼
お昼に豚ドンを作ってみました。
時間が経過してるのでとってもまろやかになってました。




クリスマスとハンナのバースデー

ポインセチア
25日はクリスマスとハンナの5才のバースデーです。
形だけのクリスマスディナーでテーブルを飾りました。
ディナー


オードブル
オードブルはスモークサーモンとスタッフドエッグ、エビとホタテのマリネ。
蕪のポタージュ
スープは蕪のポタージュ。ちょうど蕪が余ってたのと白いスープを作りたかったのです。
前、カリフラワーのポタージュもクリスマスの頃のレシピとして載せたことがありますが蕪も美味しい。
優しい味です。
チキン
メインはローストチキン。特に変わったものはないです。

今年はdiningplusでベビーターキーを売り出してるのでたまにはターキーでもいいかなと思ってました。

昔ターキーを紀伊国屋で買い求めたことがありますが小さくても3㎏もあるので食べきるのが大変でした。このベビーターキーは1.8㎏というからかなり小さいものです。
でも先月から取り始めたパルシステムでしゃもの骨付きももがでてたのでチキンになりました。
1本ga800円くらいするのですがこれが大きいんです。
味付けはシンプルに塩・胡椒のみ。下にジャガイモを敷いてローストしたのでジャガイモにチキンの肉汁がしみこんでます。
ブロイラーと違ってしっかりした歯ごたえのある肉で美味しかったです。皮がパリパリに仕上がりました。
骨のところに飾りの紙をつけるのですが今年はそれも無しです。

最近はクリスマスケーキというものを全く作ってません。我が家のクリスマスケーキは
プディング
シュトレン
ちょっと熟成が不足のクリスマスプディング。1週間前に焼いたシュトレンの2本立てです。
昔はよくブッシュドノエルを作ってましたが。
ハンナのケーキ
このケーキ類が出来てるのでクリスマスのお料理を作るのに楽になりました。
なのでハンナのバースデーケーキを作りました。
近くのスーパーが経営者が変わってしまったので豆乳生クリームが置いてません。
カッテージチーズを作るには牛乳が足らないのでかぼちゃのクリームを塗ることにしました。
卵1個にお砂糖少しと薄力粉少しで小さいスポンジを焼きカボチャをレンジで柔らかくして潰し蜂蜜少々と牛乳で作ったクリームを塗りアーモンドスライスを差し込み粉砂糖を少し振りました。
ケーキの切れ端にクリームを少しつけてあげたら喜んで食べたのすがあとは夜のお楽しみです。
ケーキ食べてるハンナ
ハンナも夜はチキン(クリスマス前に丸鶏を茹でたのでそれを取っておきました)と野菜を入れてもらいケーキをあげたら取られては大変とソファに運んで背を向けて食べてます。
取る人いないのに美味しい物は取られまいという習性でしょう。写真を撮るにも上を向いてくれません。




年賀状

kesigomuin.jpg
年賀状にようやく取りかかりました。
どうしてこう期日が迫ってからでないと動き出さないのでしょう。
毎年そう思ってるんですから呆れます。

パソコンがここまで普及してなかった頃はパソコンで作るのは珍しくて良かったのですがみんなが作り出すと何となくつまりません。
今年こそは手作りの年賀状にするぞと思いながらギリギリでパソコンの力に頼ることになるのです。

今年は消しゴムで判を作ってみようと思いながら探しにも行かなかったので土曜日にスーパーで探したのですが既成のゴム印はありますが自分で作るものがないです。

仕方ないのでパソコンでやるかとパソコンで無料の年賀状のサイトを探してあ~~だこ~~だ。
なかなか気に行ったものがない。
年賀状のデザインはうちの夫は全くタッチしません。
何でもいいんだそうです。私があの人にはこんな絵をあの人にはこの絵をといろんな種類を作るのですが夫曰く「そんなにいろいろ作ってももらうのは1枚だけだよ」と・・・
そりゃそうなんだけど。

日曜日はオフ会で出かけてしまうので土曜日中に夫の分だけでも作って宛名印刷はさせないと。
夜遅くなってようやく夫分完成。
夫は日曜日の午前中に(まだ家にいました)とりかかりあっという間に終了。
ところがよく見たら宛名書きで差出人に私の名前が入ってます。絵のほうに住所名前を載せてるのに。
それも夫の名前ならいいのですが私の名前になってます。
どうやら去年のデータがそのまま残ってたようです。
夫は修正ペンで消したらといいますが年賀状を修正したのはあまりいいものではないですよね。
翌日郵便局で換えてもらいました。
郵便局の人にどこを間違ってるんですか?と聞かれてしまいました。

結局やり直すのでオフ会で出かけたときに買ってきた消しゴム版作ってみることに。
消しゴム版を作るのは初めてです。
margoさんとかaiwhasさんは細かいのもきれいに掘ってました。
そんな細かいものは出来そうにないので簡単なものに。
思ったより作りやすいです。
インクもいろいろ買ってきて押してみたのですが版もいろいろ作ったら押すのが大変でした。
いろいろ考えてパソコンで地を作り一つの版と元旦だけを押すことに。

なんとかできあがりました。
夫がいうように「もらうのは1枚」に従って同じデザインになりました。
期日には間に合いました。


アサリのチャウダー

クラムチャウダー
冷蔵庫を買い換えることになったので冷凍庫整理をしてたらアサリを茹でて実だけにしたものがありました。
このアサリとやはり冷凍庫にあったコーンでチャウダーを作りました。

アサリは夏に八景の海で取ってきたものを何度かいただいたので煮て殻をはずして冷凍しておきました
すぐにパスタにでもするつもりだったのですが。

このアサリ結構な量があります。
冷凍庫の整理なので全部使ってしまったらアサリごろごろのチャウダーになってしまいました。
たくさん入ればそれだけ美味しいかなと思いましたが過ぎたる物は及ばざる如しです。

入れすぎで食べても食べてもアサリが出てきます。しつこいよ~~。
なんでもほどほどですね。

meloさん帰国で2008年最後のオフ会

omise.jpg
年賀状をまだやってなかったのでまずは年賀状優先で記事の更新をようやくします。

ロンドンのmelocotonさんが20日に帰国されるというので翌21日にオフ会をしてきました。
メンバーは前回(9月)と同じくぴかままさん楽子さんとの四人です。
21日は朝から気持ち悪いくらいに暖かく風が強い日でした。
集合は前回と同じ中目黒駅です。
ぴかままさんも大学が休みになりお正月まで東京のご実家です。
来年2月にオペラ公演があるので稽古もありのんびりと冬休みというわけにはいかないのです。
夜は稽古があるということだったのでランチオフです。

meloさんは時差ぼけで眠いので可哀相。翌日はちょっときつかったですね。
全員のケジュールが合うのがこの日だったのです。
今回はmelo夫さんは置いてけぼりで一人で帰国とのこと。ロンドンはずっと暗く寒かったそうですが
帰国した日とこの日はとても冬とは思えないような暖かさです。
melo夫さんもいらしてたら暑い暑いと大変だったでしょう。
スコットランドでは夏でも19℃くらいしかないそうです。
ぴかままさんは前日韓国料理を食べてお腹を壊したとのことでしたが全員集合しました。

行き先はイタリアンのお店イル ・ルポーネです。
目黒川がすぐ後ろを流れてます。
お店の名前の下のVERA PIZZAはナポリピザ認定証マークです。下がきれてしまいましたがNapoletanaの文字があります。ナポリピザ認定のお店は日本では28店舗あるそうです。
こじんまりしたお店です。
pizagama.jpg
テーブルからこんな釜が見えます。この釜でピザが焼かれるんですね。期待できます。
meloさんがお庭にこんな釜が欲しいと。

メニューをみて結局ランチを頼むことにしました。
ピザとパスタがあるので2人前ずつ。ピザはマルゲリータでパスタはアサリとウイキョウ(フェンネル)です。
ワインはぴかままさんにお任せ。暖かい日だったので冷たい白ワインがいいねと。
zennsai.jpg
まずは前菜が登場。
前回のツチヤのようにびっくりするような盛り合わせではなかったですが美味しかったです。
生ハム、マリネ、アンチョビ、丸いのはなんだろうと食べたらオムレツのようでした。

piza.jpg
マルゲリータが出てきました。ワ~~ おいしそう!
wain.jpg
白ワインはこれMANCINIです。暑かったのでさっぱりと美味しいです。

ナポリピザ認定のお店だけあってとても美味しい。トマトソースはフレッシュであの釜で短時間で焼かれるのでバジルがまだ緑色です。ナポリのピザは縁が大きく膨らんでるのが特徴なんですって(これは後で調べました)
生地がモチッとして柔らかいです。これはオーブンではなかなかできませんね。
この1枚が一人前ですがこのピザなら飽きずに食べられそうです。
(クラブの練習の後時々行くイタリアンのお店のランチだとピザだけだと1枚は飽きてしまいそうでいろんな種類を取って分けて食べてます。)

wain2.jpg
もう1本白ワインをオーダー。ぴかままさんお腹大丈夫??
こちらは前のよりこくがあったような気がします。
この時点で少し酔ってきたような・・・

asaripasta.jpg
パスタが出てきました。これは2人前を盛り合わせたもの。
アサリもふっくらフェンネルがいい組み合わせです。
pan.jpg
お皿に残ったソースをパンで吸い取ります。これは最初に出てきたもの。このパン素朴な食感のパンでした。これを再びいただきました。

ぴかままさんお腹の調子が悪いのに同じだけ召し上がってます。
夜練習があるのですがご自分の出番はないとのでいかなくていいらしいです。
リュックにはパソコンが入っててマクドナルドでつなぐのだそうです。帰りにマックに寄ってさわりだけアップされてるのにはびっくりしました。

thiramisu.jpg
デザートはティラミス、今回も美味しいお店で楽子さんありがとうございます。

何となく酔った頭で帰路に。
渋谷に出て今話題の岡本太郎の「明日の神話」を見てこようと思いながらPASMOを忘れてきて横浜経由のキップを買ってしまったのでまたの機会にしてmeloさんと電車に乗りました。眠らないようにしないとと必死に起きてました。
暖かい日だったので駅までバイクで来たことを思い出しました。
このまま帰ったら飲酒運転だ。横浜で途中下車して有隣堂で消しゴム版画のインクやクリスマスカードを探して少し時間つぶし。

日曜の夕方なので取り締まりはやってないことを願ってバイクで無事家に着きました。

皆さんからのおみやげはこちら。今回も行きより重くなってました。
meloさんからロンドンのもの。
meloさんから
ぴかままさんから。名古屋の味にはまってますね。
ぴかままから
楽子さんから。
楽ちゃんから
カレンダーはダンナさんのミッキーの写真が載ってます。
オリーブはなんと私のおみやげにしたものと同じになってしまいました。小豆島の新漬けオリーブ。
meloさんからもオリーブをいただきオリーブ交換会になってしまいました。

あっというまに楽しい美味しい一時がすぎてしまいましたが皆さんありがとうございました。

また遊んで下さいね。









ハンナの新しい服は・・・・・

ハンナの服
ハンナに新しい服を買ってやりました。
イトー○カドーで確か680円だったと思います。
赤い縞ニットのTシャツに紺の木綿の布がついてました。
ハンナに着せてみたらニット地の上に伸びない木綿地がのってて脇と裾は一緒に縫われてるのでニットなのに全く伸びないのです。ハンナは少し太めなので着せるのに大変。ようやく着せましたが今度は脱ぐのに一苦労。必死に怒ります。

安くてもこれでは着せられません。
何とかならないかと考えて木綿の地をニットからはずすことにしました。
スカートを別に250ゴムでくっつけて250
脇、裾からほどきニットだけ縫い合わせ裾はニットは端ミシンをかけてそのまま縁をぬいました。
赤いテープは木綿の裾に飾りつけました。
そうすると木綿の方は襟ぐりに2本のテープでくっついてるだけなので木綿のオーバースカートが止まってないのでずり落ちてしまいます。
変ですが赤いゴムひもをつけて落ち着かせました。
仕立て直しの後

これでなんとか着せやすくなりました。
680円の服のために糸やゴムなど買ってきたので高くつきました。
お外で
これを着せて外に出てみました。
ゴムが緩めだったので歩いてるとスカートがちょっとずれます。
さわって
ご近所のおじさんに会ったら早速道でひっくり返ってます。

どうしてこうゴロンゴロンするのが好きなんでしょう。
ごろごろ
ゴロン
ごろんごろn
冬になってくると静電気を帯びてきて白い毛が薄汚れてしまうのに自ずから道路に転がらなくてもいいのに(怒)
来週はハンナの誕生日です。

タルトタタン

タルトタタン
“フランスのくらしとおいしいものたち”のポプラさんタルトタタンをアップさせてました。
普通タルトタタンと言ったらリンゴですよね。
それが洋梨・マルメロ・リンゴの三種のタルトタタンだったのです。

当然私の好奇心がピクピク。
ちょうどこの三種の果物が揃ってたんですもの。作らない手はないです。

タルトタタンはあまり作った事がなくて秋に紅玉リンゴをたくさん送っていただいた時に一度作ってみたんです。
この時はパイではなくアーモンドのケーキ生地を流して焼いてみたのです。
型にバターとグラニュー糖を敷いただけでカラメルにしなかったのでひっくり返したら茶色くなってません。
グラニュー糖をふりかけてバーナーで焦がせばいいのですがバーナーがない。
仕方なくフライ返しとか肉たたきを熱して焦がそうとここと見たかったのですが我が家はIHにしてしまったので火が出ません。
卓上コンロを出せばよかったのにIHの中央に電気コンロがついててお餅も焼けるらしいので(まだ試したことなし)ここにフライ返しを置いて熱して何度かこころみたら少しだけカラメル状になりました。
フライ返しの裏が焦げ焦げになってしまったので諦めました。
で出来たのがこちら。
タルトタタンケーキ
うっすらとした焦げ目でタルトタタンにはほど遠いし。ケーキ生地なのでやはりちょっと違います。
味はまあまあだったのですが・・・。

今回はちゃんと作ろうと思いながら一向に進みません。
早くしないと果物が悪くなってきます。
パイクラストを作るのが面倒になってきました。
三階の夫の冷蔵庫にパイシートが残ってるはずなのですが確かめに行くのもおっくう。
キッチンの冷凍庫を整理したらパイクラフトのような塊を見つけました。ラップが剥がれて表面がちょっと乾燥してますがこれを使うことにしました。

三種の果物達をどの順で煮たらいいのでしょうね。
一番固いのはマルメロなので洋梨と紅玉を先に引き上げました。
その前にカラメルを作りレシピにはバターを入れて焦がし状態をストップさせると書かれてます。
バターを入れたら分離してしまいます。それをよく混ぜてマンケ型に流し込み煮た果物を入れたのですがびっちり詰め込まないといけないのに果物が足りません。紅玉2個、マルメロと洋梨1個づつでは足りなかったのでフジを煮て足しました。
冷めてからパイ皮をのせて焼くこと40分。
隙間から煮汁が出てきてます。煮方が足りなかったのかも。
レシピにはさましてカラメルを固めてから再びオーブンで温めるとのこと。
もっとぎっちり詰めないと崩れそうです。タルトタタン端から


面倒なのでそのままひっくり返しました。色は前のよりもきれいな色になってます。
やはり煮汁が流れてます。これではパイ皮が湿ってしまいます。急遽冷蔵庫に入れたらリンゴたちの表面にバターが固まってます。
口触りが悪いので食べる前はレンジにちょっとかけて温めてからです。
果物は3種だったのですが食感は4種になりました。
口に入ってこれはなんだと食べ比べるのも楽しいです。

タルトタタン美味しいですが結構面倒なお菓子ですね。
一度挑戦すればOKにします。
これを書いていたらアプフェル・シュトゥルーデルが食べたくなってきました。
本当はこっちの方が遙かに手がかかって面倒なのですがね。

年が開けて暇があるときにチャレンジします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。