スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かにを堪能しました~♪

松葉かに
区役所の仕事が始まって1週間が過ぎまた明日から1週間が始まります。
フルタイムの仕事に体が慣れるまでしばらくかかります。(年々大変になります。)
今年は3月末までしか受けてないので1ヶ月半です。
毎週金曜日はお約束で休みなのですが、現在内科にも行ってるので週1(それも半日)行ってないと仕事がわからなくなりそうなので掛け持ちで頑張ろうと思ってます。
ブログの更新がどうしても後回しになってしまいます。

土曜日に長男夫婦が来ると木曜日の夜メールが入ってきました。
翌日は彼の誕生日です。息子の誕生日は結婚してからやったことがなかったかも。
二人でお祝いしていたのでしょう。
翌週は夫の誕生日もあるので一緒にしてしまおう。
さて何を作ろうか?冷凍庫に合鴨の大きな塊があるので鴨のローストか鴨鍋と思ってましたが、金曜日の朝、急に『蟹』のことを思い出しました。

この蟹は仲間のMさんから教えてもらったもの。
昨年秋にサロンコンサートをご一緒したアルト歌手のNさんの出身地が京都丹後でお知り合いの網元さんから直接送ってくださるというもの。
「かにすき」がとっても美味しかったとMさんのご推薦のもの。
お正月にと思ってましたが取り寄せ損なってました。
3月までは送って下さるとのことで朝、早いかなと思いましたがマンドリンの練習に出てしまうので電話を入れました。こちらは民宿茂左衛門も経営されてます。
夕方なら14時~16時着で送りますと。
かにすきがあれば他にはあまり用意しなくても大丈夫。

バースデーケーキ
土曜日、息子に久しぶりにバースデーケーキでもとチョコレートケーキを焼きました。
チョコレートだけの味も飽きそうでジャム棚を見てオレンジコンフィを使おう。バターケーキではないので生地に混ぜ込むのはちと難しいので後で挟みました。
そしてチョコレートでコーティングしてからHappy Birthdayとチョコペンで文字を書いてみました。
文字はいびつになってしまいましたが最近バースデーケーキなんて滅多に作らないから作ってて楽しかったです。
チョコレートケーキ断面
オレンジコンフィを挟んで正解でした。オレンジの甘みと酸味苦みがチョコレートとマッチしてます。
そしてお赤飯もレンジで作りました。

肉じゃがコロッケ
冷蔵庫に先日肉じゃがを作ったら煮すぎたの煮くずれてしまってなぜかどろどろ状態になってしまったのがあったので煮汁を飛ばして小さく丸めて肉じゃがコロッケに。小さく作ったのでつまみにでもなるかも。

14時過ぎに蟹が大きな箱で届きました。
松葉蟹が3Lサイズで4.5匹分(2.5㎏)入ってます。すきだしとかに味噌の缶詰、大根のお漬けものが入ってます。これで4~5人分で10,500円。
瞬間冷凍なので流水につけて戻します.15分も水に浸ければいいので楽です。
かにすき
料理屋さんのように殻だけを包丁で削るのは難しいので包丁の刃だけを入れました。これで2匹半です。
足りなければあとで足すつもりでしたがこれでも十分でした。

水を煮立て先端で肉の少ないところを入れて出しをとりすきだしを入れて煮立て蟹をさっと煮て食べます。
生の松葉かには甘くて美味しい。
普段は生のかには入らないからどうしても茹でたかにを使うことになります。これはこれで美味しいですが生の蟹だとさらに美味しい。
煮えた蟹の殻を剥くのが熱くて大変なので途中からハサミで蟹を縦に半分にカットしたら食べやすくなりました。

蟹をサッと煮たもの、しっかり煮たもの、爪の部分とそれぞれに味が違います。これが茹で蟹だとわかりません。

皆しばらくは蟹と格闘。野菜を入れる頃は蟹の濃厚な出しがでてお豆腐がお出しを吸い込んでなんとも美味。
野菜は半分くらい残ってしまいました。

いや~ 蟹ってこんなに美味しいものだったんですね。
蟹自体は美味しいですが今までそんな感激するほどではなかったです。
松葉かに最高です。

次男が同席してなかったのですが後で一人で鍋をつつきさらに鍋の汁は濃厚に。
かに雑炊
翌日の昼はこの汁で雑炊を作りましたが蟹の味が濃厚でこんな贅沢な雑炊はめったに食べられないです。

かにはまだ残ってます。焼きかにもいいな。一応冷凍庫に入れたのでもう少ししたら食べてみます。
これだけ楽しめたら安いです。
きっと毎年食べたくなるでしょう。


スポンサーサイト

クイジナーフードプロセッサーその後♪

piza.jpg
コストコでクイジナートのフードプロセッサを買ったのは2月の初めでした。
餃子にキャベツをかけてみましたが、パン生地捏ねも試みました。
初めて作った時は水分量を間違えたこともあり、なぜか膨らまなくてそのまま捨てるには惜しいのでピザにしてみました。
家ではピザはふっくら膨らんだ分厚い生地よりクリスピーナな方が好まれます。
失敗生地なのでどうかなと思いましたがカリッとしてて美味しいものが出来ました。
残りは冷凍してあるのであと3回作れます。

シンプルなチーズのピザです。
急にピザになったのでトマトソースとかピザソースがなくて手作りケチャップを出したばかりだったのでケチャップをアレンジしてチーズをのせました。

羽
そしてその後再度パン生地を捏ねたのですがこの時は羽を間違えて左のカッターの方でやってしまいました。
一応まとまったのでいいのかなと思いながら何か変だな・・・・・
シマッタ! 羽が違うと気づいた時は既に遅し。
捏ねが不足してると思うので手で少し捏ねたのですが前回と同じく膨らみがすごく悪いです。
おかしいなぁ?
ピザ生地はまだ冷凍庫で眠ってるので長時間かけて少し発酵させてなんとかロールパンにしました。
膨らみが悪いので当然小さいパンです。
2回目のパン
香り味はよかったんですが・・・・
どうしてもおかしい?
もしかしてイーストの働きが悪いのかも。
試しにイーストを買ってきて3度目の挑戦です。
今度はちゃんと捏ね用の羽にして準備は完璧です。
時間通りに捏ねて生地を取り出したら生地が温かいです。
多分これなら大丈夫でしょう。
この日は5月頃の陽気だったのですがオーブンで発酵させました。
まだしばらくかかるからとマンドリンの練習を始めたのが間違いのもと。
つい忘れて練習に身が入ってしまいました。
おそらく1.5時間はゆうに超えてたでしょう。
最近何か他のことをやってると忘れてしまいます。(少々呆けてきたかもね)
思い出して慌ててオーブンをみたらボールからはみ出しそう。
ちゃんと膨らんでるので今までの失敗はイーストが不良だったようです。

これは発酵しすぎだわ。フィンガーテストをしたらプシューッと萎むほどでは無かったものの行き過ぎです。
切り分け丸めてベンチタイムをとってバターロールに整形。
今度は大きさも普通の大きさまで膨らみました。
3回目のパン
焼成温度が低かったのか色つきが悪いので時間を長めにしたら皮がちょっと固め。
3回も失敗すれば今度は成功するでしょう。
上の画像では大きさの違いがわかりませんね。日をあまり開けずに作ったので小さいパンがまだあるので並べて大きさの比較です。
失敗作と
下の2つが前回の膨らみの悪いもの。これはパン粉にでもしましょうか。
ハンナはパンが好きですが大きく3回目のと2回目のを食べさせたら2回目のは食べてくれませんでした。犬でもわかるのかな。

それにしてもイーストは瓶に入れておいたのですが冷蔵庫にいれて無かったから衰えてしまったのでしょうか。

何年か前クックパドに登録して間もない時にナンを作るのに収納庫にしまい込んでたイーストを使ったのですがなんと9年前のでびっくりしたことがありました。
あれはアルミの小包装になったフランスのものでしたがイーストが9年も持つということで皆さんを驚かせてしまったことがありました。

今あるのはスーパーで売ってるカメリアのもの。なるべく早く使った方がいいみたいです。
そして冷凍か冷蔵しておく方がよさそうです。

バレンタインデー

ワンコと人間のチョコ
もう15日になってしまいました。
バレンタインデーなんてタイトルにしましたが今年はチョコレート見にも行かなかったです。
毎年あげてるからたまになくてもいいよね。

でもハンナにはチョコがあったんですよ。
おとといトリミングに出したらおみやげにチョコレートをいただきました。
↑の3色のチョコレートは犬も食べることができるのだそうです。
もちろん人間もです。ベージュのを食べてみたらコーヒー味でした。
こんなものも出来てるんですね。

昨年のバレンタインの時息子にチョコレートをあげたら息子はほんのちょっとで息子の部屋に入り込んで残りを全部ハンナが食べてしまった事件がありました。
チョコレートは犬にはあげない方がいい食べ物の一つです。
一粒くらいでない量を食べてしまったのでクリニックで見てもらいましたがたまたまアーモンドチョコでチョコレートとしての分量が少なかったのとカカオの割合が高いチョコレートでなかったので無事でした。
翌日の排泄物にはしっかりアーモンドが出てきました。
悪いことはできないものです。

今年はちゃんとチョコレートをあげるからねと言っておいたのですが怒られたことを覚えてるのでしょうか?白、茶、ベージュのチョコを3個並べておいても食べようとしません。
チョコだよ
欲しいのは手に取るようにわかります。わざとそっぽを向いてるんですから。
1個を鼻先に持って行っても同じなんです。目だけがチョコに向いてます。
お口に入ったわん
口に入れてあげたらやっと食べました。
あとのはご覧の通りあっというまになくなりました。
おいしいわん
おいしいんだワン!
これで3個目
あ~あ もう無くなっちゃったワン!3個だけですか?

今日はあつい
いやーね 今日はなんて暑いんでしょ。トリミングしたあとだからいいけど・・・・
フ~~!お洋服いらないわ。


こちらは人間用です。
Fujikaさんのチョコ
バレンタインデーの朝Fujikaさんから荷物が届きました。急に暑くなったのでチョコレートが溶けたのではと心配されてましたが溶けて無かったです。
手作りのピール類にチョコレートをかけたものと干し芋でした。
チョコレートの箱もFujikaさん手作りのもの。
こういうのは作ったことがないです。
Fujikaさんピールをたくさん作ってましたね。バレンタイデー用にするんだったのね。チョコがけにするのは大変だったと思います。でもきっと大勢の方に喜ばれたことと思います。
大事に少しづついただきます。

干し芋
干し芋は密芋で作られたものかな?
干し芋はハンナの好きなものです。
チョコレートと違ってこれはちょうだいちょうだいと足にまとわりついてきました。
休日前日に八百屋で味見にと干し芋をもらったらもっとちょうだいと大騒ぎ。
八百屋のおばさんに犬ってこんなもの食べるの?と呆れられてしまいました。結局大きな1枚の半分をもらってしまたようです。
この干し芋は丸ごとで半生で柔らかくて美味しいです。
ハンナに取られないように食べないと。

Fujikaさん ごちそうさま!



春の到来を感じます・・・・が花粉症が心配♪

かわいい
昨日はとても暖かくて春のようなぽかぽか陽ざしに春の到来を感じます。何となくうきうきしますね。
でもこのまま春にはならないのでしょうね。
お散歩しててこんな可愛いもの発見。

kawaduzakura.jpg ume.jpg
お散歩してても水仙や梅が花盛り。ご近所の河津桜だと思いますがもう5分咲きになってます。
ソメイヨシノよりもピンクが濃くて花も大きいです。青空に生えて綺麗です。
公園の桜も先端の蕾が膨らんできてます。

狭い我が家の庭にもあちこちに春が・・・
芽 hagoromo.jpg
こでまりの新芽です。他にも山椒にも新芽が。右は玄関脇のハゴロモジャスミンの蕾。

 ブラックベリー
これはブラックベリーの新芽。2年前に植えたと思いますが昨年は梢を伸ばしただけでした。
今年は花が咲いて実がなるといいのですが。

こちらはレモンの蕾。
remonn.jpg
先日たった1個だけなった実を収穫してレモンカードを作りました。
レモンカード


そしてこれはベランダにあるブルーベリー。もう花が咲いてます。昨年より早いです。
余り早いと蜂などの昆虫による交配がされないでブルーベリーがならないかもと心配です。
ブルーベリー1 ブルーベリー2


クリスマスローズも開花し始めました。
kurisumasuro-zu.jpg 紫クリスマスローズ
黄水仙 ムスカリ
そしてティナティナという黄色いミニ水仙とムスカリ。

ギンギアナム sakurasou.jpg
これは今年で何年になるかしら?ギンギアナムです。
一昨年植え替えたので元気になって花芽がたくさん出てます。右は飛び種で増えたともらってきた桜草。

苺ほうれん草 アブラムシ
昨年ぴかままさんが帰国の際に買ってきてくださった苺ほうれん草の種を蒔いたもの。暖かくなって再び動き出しました。中心にはアブラムシがたかってます。苺なので甘いのかな。
食べるものなので薬は使いたくないので筆でムシを払ってますが効果無いでしょうね。なんとか実が付くまで戦ってみます。


植物たちの春はもうすぐ。
内科医院のほうも春が近づいてきてインフルエンザ、風邪が大部治まってきました。
先生曰く先日の雨が効果を奏してるとか。
その代わり出てきたのが嫌な花粉症です。
もうマスクをしてむずむずしてきたという人もいます。
私はまだなんて強気でしたが何となくくしゃみが出たり鼻水が出てきてます。
あ~~!今年もダメかぁ。

来週から税の申告時期で3月末まで恒例の区役所勤務に入ります。
毎日外気に触れ、多くの人に触れるので私の花粉症対策でこれを注文しました。
IMG_1026.jpg
べにふうき茶です。いつもはペットボトルですが今年はティーバッグもでてたので(こちらの方が安い)
両方とも注文。仕事に行くにはボトルの方が面倒でないです。
なるべく軽いといいんだけど・・・。
私はひどくなると鼻がダメになって匂いが感じられなくなります。
今のところ大丈夫です。




ル・グラン・マカーブル

プログラム
早くアップしないとと思いながら昨日の寒さで少し風邪気味でした。

先週の土曜日(7日)の夜ぴかままさん出演のオペラ鑑賞に行ってきました。
この時期インフルエンザ蔓延で出演者さんも観客のほうもインフルエンザでないことを祈りつつ当日を迎えました。
当日はいいお天気。前日の予報では暖かいとのことでしたが思ったよりも風が冷たい。
家族の夕飯は前日におでんを煮てあったので余裕しゃくしゃく。
たまにはワンピでも着ようかと出してはみたものの、夜は寒くなるしタイツをはくのも面倒で止め。
いつもと変わらずの格好です。
余裕しゃくしゃくのはずだったのに出ようと思ったらpasmoが見あたらない。手袋が片方どこにいったでバタバタ。
バスの時間に間に合わなくなってバイクを出すことに。ワンピでなくてよかった。
バイクだとダウンコートか皮のコートでないと寒くて乗ってられません。

『ルプパ』の時はブロガーさんが多かったのでオフ会をしましたが今回はKIKちゃんが体調不良で直行直帰なので楽子さんと少し前に会って二人のプチオフ会をしました。
今年も名古屋チームとお味噌交換会をするので前日にメープルママさんから名古屋チームのお味噌が届いたというので持ってきてくれました。
これは後ほどご紹介します。
初台の新国立劇場は二度目。ぴかままさんの初めてのコンサートがちょうど3年前の2月9日で隣のオペラシティの中のリサイタルホールでした。偶然同じ時期でした。

5時15分開場です。KIKちゃんが着いてるので会場に向かいます。
KIKちゃんはどこ?前に階段を上がってる人が何となく髪型が似てると思ったらやっぱりそうでした。
KIKちゃんとはずいぶん久しぶりです。

ずらっと行列が出来てます。当日券に並んでる人でした。
両日とも完売状態でさらに当日券にこんなに並んでます。すごいですね。
見たことある人がと思ったら水戸のリリカル&ほげさんご夫妻でした。

三人がチケットを買う時期がずれたのでそれぞれ違う席です。
私は友人二人と一緒で私達の席は10列ですがなんと最前列。新国立劇場中劇場はオーケストラピットを使うときは9列まではオケピになるようで10列目が最前列になってました。
でもこれがラッキー。舞台と目線が同じなんです。そして前に人がいないので見やすい。
中劇場は奥行きが深い舞台です。こんなに奥行きのある劇場はあまりみたことないです。
オケピでは音合わせが始まって舞台には人が一人、車のついた台に乗って動いてます。パフォーマーというらしいです。
もう始まってるのかしら?オケピの音は音合わせでないのかな・・・。でも指揮者がいないからまだよ・・・とか。
ようやく指揮者のウリ・セガル氏が入ってきました。

このオペラは東京室内歌劇場 創立40周年記念で実験オペラシリーズです。
作曲 ジェルジ・リゲティ

キャスト(7日と8日のダブルキャスト)
ヴィーナス・ゲポポ   森川栄子
アマンダ         津山 恵
アマンド         小畑朱実
メスカリーナ      西川裕子
ゴーゴー侯       池田 弦
ピート          高橋 淳
白大臣         青地英幸
黒大臣         和田ひでき
ネクロツァール     松本 進
アストロダモルス    若林 勉
ルフィアック       小畑秀樹
ショビアック       大澤恒夫
シャーバナック     中原和人

第1場
現代音楽のオペラなのでクラシックとはかなり違います。
まず登場したのが酒飲みピートでお酒の屋台を引っ張ってます。女性二人アマンダとアマンド登場この二人は恋人同士。
かなり奇抜な衣装と演出です。この二人の声がとても綺麗。
予言者ネクロツァールが登場してピートを従えて予言を実行しに出る。

第二場
天井からマネキン(死体?)が何体もついてるものがあり、メイドの格好の男性アストラダモルスがメスカリーナ(妻)に弄ばれてる。メスカリーナはメガネをしてるのでぴかままさんかなと思ったけど声が低いので違います。メイドの格好だけでもおかしいのに妻にお尻を出せと言われパンツを何枚も履いてるのがおかしい。
演じる方も大変ですね。
そうこうしてるうちにぴかままさんヴィーナスの真っ白の衣装で登場。高い台の上にいて横になって歌ってます。足を上げて少々悩ましい。
この後だったかしら舞台に霊柩車が登場。予言を実行するために宮殿にむかう。

ここで休憩。小さい画像はクリックすると大きくなります。
dagakki.jpg
オケピの中を覗いてくださいとのことでみんな除きに来てます。ちょうど真下が打楽器です。
打楽器担当が三人ですが一人でなんとたくさんの打楽器を扱うのでしょう。
楽団の中にマンドリンが入ってます。一緒に行った友人の後輩の方です。
出番はわずからしいのですがfffffで弾くのにマンドリンという楽器自体そんなに大きな音が出ないので練習が大変だったそうです。
様々な楽器が入りいろんな効果音を出してました。
okepimoji.jpg
後でわかったのですが↑のプロンプターBOXとはこの黒いBOXでしょうか?
副指揮のS氏がプロンプターでここに入ってたのだと思います。
プロンプターという言葉を初めて聞きました。検索したらこの黒いBOXに入っていろいろ指示を出すという重要な役目をするようです。

第3場
場面は宮殿。仲の悪い黒大臣と白大臣が食べ物にしか興味持たない王子を牛耳ってます。この王子さま男性のようですが声が高いので女性なのかなと思ったらカウンター・テナーという音域だそうです。日本では数少ないカウンター・テナーと解説にありました。
そこにぴかままさんが秘密警察長官ケポポで登場。ゲポポは鳥です。危険を知らせるのに素晴らしいソプラノです。さすが我らがぴかままさん。
予言者たちが登場、予言実行の前にお酒で酩酊して予言が実行されない。王子が物陰に隠れて舞台でお菓子食べてるのもおかしい。

第4場
予言は失敗。死んだと思った人々が集まってメスカリーナも生き返って予言者にとどめを刺す。第1場のアマンダとアマンドが現れ何ごともなかったかのように戯れて終幕。

下手なあらすじでごめんなさい。

最後にぴかままさんヴィーナスでまた登場するかなと思いきや終わってしまいました。

表現でちょっとびっくりな場面もたくさんあり舞台に霊柩車が登場したのにもびっくりでしたがとてもおもしろいオペラでした。
こういう現代音楽のオペラを見る機会はぴかままさんがいればこそ味わえるので嬉しいことです。

最後のカーテンコールでもぴかままさんはあちこちに気を遣ってました。

これだけの舞台を演じるのはものすごいエネルギーがいることでしょう。
本当に皆さんお疲れ様でした。

プチオフで楽ちゃんからおみやげをいただきました。
楽ちゃんから
手作りのシークァーサーチェッロ(リモンチェッロのシークァーサー版)とカレー味のおせんべいです。
リモンチェッロは濁ってしまいますがこれは透明で綺麗です。レモンとまた違う味と香りです。


この野菜 芸術的でしょ♪

ロマネスコ
明日はぴかままさんのオペラがあるので家族におでんでも作っておこうと大根を買いに練習会場の隣にあるJAハマッ子に行ったら変わった野菜とご対面。
変わったもの好きな私としてはスルーできません。

いろいろカゴに入れましたがその中でも一押しはこれ。
カリフラワーの一種で『ロマネスコ』と言います。
栄螺のようでもありお釈迦様の頭の用にも見える芸術的なお野菜。
JAでの名前は『サンゴ』と付いてました。
ロマネスコよりはサンゴの方が覚えやすいかもしれません。

海外のブロガーさんのところでみたことがありますので最近入ってきた品種なのでしょう。
イタリアの野菜で黄緑サンゴといもいうそうです。JAでの『サンゴ』は正しいようです。
また『カリブロ』という名前で福岡県久留米市で栽培されてるらしいです。

でもこれは久留米産ではなく横浜市内産のものです。
近くでこういう野菜を育ててるのは嬉しいです。
これを練習会場に持ち帰ったらみんな初めて見る物のようで話題をふりまきました。


実は家のベランダにも似たようなのがあるのですが・・・
ロマネスコ?
ガーデンセンターで買ったのは『紫カリフラワー』でしたが出てきたのはこちら。
黄緑色の突起が出てきて「あら お釈迦様の頭のよう」 間違えて名前がつけられたのでしょうか?
カリフラワーロマネスク
これはどうみても『ロマネスコ』ですね。これも変わってていいわと思ってたらさらに伸びてきて形が崩れてきてさらに先のほうが紫色になってきてます。
カリフラワー?
これは紫カリフラワーになるのかロマネスコになるのかわかりません。いつ収穫していいのかわからないので成り行きを観察してます。

そして他に見つけたものはこれらです。
ポエム他
白いのは名前忘れてしまいましたが里芋の茎とのことでみそ汁に向いてるとのこと。
からし菜
チリチリした繊細なレースのような葉っぱはからし菜なんですって。
漬け物にするからし菜とは品種が違うようです。わさび菜というのもあるのでピリッと辛いのでからし菜なのでしょう。でも紛らわしですね。
色は紫と緑がセットされてました。サラダでいいそうです。
黄色い花が咲いてるのはオータムポエムという「アスパラ菜」ともいう花菜です。
菜の花は花が咲かないで食べますがオータムポエムは花がついたのを食べるそうです。
金時人参ほか
赤くて細いのは金時にんじん。お正月用に出回る金時にんじんの細いもの。
別に珍しいものではないけどふきのとうもおいしそう。




春巻き二種

春巻き二種
春巻きも時々無性に食べたくなるものの一つです。
中華街で買う春巻きの皮で作った春巻きはそこらのスーパーで売ってるものよりもパリッと揚がって美味しいのですが春巻きの皮だけを買いにいくには時間がもったいないです。
スーパーので作りましょう。

中華街の皮は丸いのですがスーパーのはなぜか四角いのしかないですね。

肉の春巻き用
定番の春巻きは野菜、肉、薄焼き卵、春雨などを炒めたものです。
これはこれで美味しいのですが以前白身魚で作ったら姪っ子が美味しいと喜んでくれた春巻きがありました。

私が今回食べたいのは白身魚の春巻きです。
でも家族は春巻きと言ったら肉の春巻きというでしょうね。
息子は小さい頃からこれがいいと思ったらそこから冒険することなく頑固に同じものが好きです。

仕方ないので半分ずつ作りました。
こちらは肉の種。これは完全に冷まさないといけないので時間のあるときに炒めておかないとなりません。

白身魚の春巻き
こちらは私が食べたかった白身魚の春巻き。
これは炒めないので食べたい時にすぐできるのがいいです。

白身魚の春巻き用たらの春巻き
今回は生鱈と生椎茸、葱、三つ葉薄焼き卵を使いました。
白身魚は細切りにして酒、塩で下味をつけ、片栗粉少々と卵白をまぶしておきます。
野菜を太めの千切りにして薄焼き卵の切ったものと合わせて皮でまくだけ。

春巻きって低めの油で温度を上げながらゆっくり揚げるとカリッと揚がるのですが今回の春巻きの皮はあまりよくなくて油のきれが悪い。
こんなはずではなかったのですがちょっと油っぽいです。一番上の写真でもわかりますね。

焼き春巻き
翌日のお昼に春巻きに油を塗ってオーブントースターで焼いてみました。
これはさっぱりと美味しかったです。

2009年お味噌作り

新聞紙で包む
去年のお味噌がまだ1容器残ってるので作るのをやめようかと思いましたがパルシステムのカタログで仕込み用の瓶を見てしまいました。
今まではタッパーウエアで作ってましたが今年は昔の作り方のように瓶で作ってみたくなりました。

味噌瓶
小さい方の瓶を購入。材料もパルシステムで頼みました。
過去2年間はタッパーの人に大豆と生こうじ(コシヒカリのこうじ)とこだわったもので仕込んでました。

パルシステムの味噌作り
パスシステムのカタログに作り方がのってました。
本
そして先日買った保存食の本にもお味噌の作り方が載ってます。
全く同じではありません。
こうなったら両方の作り方をとりましょう。

塩分量の出し方
この本には塩の分量の計算式が載ってました。
パスシステムの方には種味噌を入れてます。
種味噌は聞いたことありますが入れたことはないです。熟成が早くなるのかもしれません。


豆を約3.5時間煮て豆の重量を量り計算式で塩の分量をだしました。
12%が標準なのですね。昨年仕込んだものは12%無かったですね。
なるべく塩分を少なくしたのですが昨年はカビが何度か出てしまいました。
塩分が不足だったのでカビてしまったのでしょう。
前年度の味噌をしきつめて
大豆つぶし
味噌玉
味噌玉をならして
塩袋で重し
瓶をホワイトリカーで消毒して種味噌を入れ、先日購入したクイジナートFPで潰した大豆と塩こうじを混ぜた味噌玉を空気を抜くように投げ入れ上部をラップを貼り付け、塩をポリ袋に入れてのせ重しにします。
トップの写真のように蓋をして新聞紙で覆って紐をかけてラベルを貼って冷暗所で寝かせます。

今年の分量は
大豆1㎏
生こうじ1㎏
塩 450g
種味噌 250g


昨年は
大豆1.2㎏
生こうじ1.4㎏
塩  400gでした。

昨年のお味噌はつぶし方が雑でした。そのままをおみそ汁に溶かすと豆粒のかけらがごろごろです。
nameraka.jpg
ハンディミキサーでなめらかにしました。
まだ一容器分はあけてないのでどうなってるでしょう。
開けてみました。
2008味噌
秋に使い始めたのよりも固めに仕上がっていい感じに出来てます。これは酒粕で蓋をしました。
でもつぶし方がやはり荒いですね。

節分

海苔巻きといなり寿司

今日は節分。
ロンドンでは記録的な大雪というニュースが流れてましたが横浜は暖かい一日でした。
そういえば昨日坂の途中のお家の桜(河津さくらだと思う)が開花してました。
今度写真撮ってきますね。

明日は立春です。暦上では春になりますがまだまだ寒さはこれからです。
インフルエンザも流行ってきてます。
仕事場でもある医院でもインフルエンザと思われる患者さんが増えてきてます。
疑いで終わる場合も多いですが先日インフルエンザの患者さんと遭遇しました。検査の結果はA型でした。その日は帰ってしっかりうがいと手洗いをしてしまいました。
これからは花粉症の時期で嫌な季節です。

最近は節分の日に恵方巻きという海苔巻きを食べるという関西の習慣が定着しつつありますね。
今日もスーパーではたくさんの太巻きが売られてました。
具が7種類入ってるようです。

家で海苔巻きを好むのは私だけで家族はいなり寿司ですが太巻きを作ってみました。
具を7種類も揃えるのは大変なので普通の太巻きです。椎茸の甘煮と卵焼き、三つ葉と桜でんぶとシンプルです。
海苔巻きあまり上手ではないんです。
大抵いなり寿司を作った時はカッパ巻きを少し作ります。太巻きは市販のものをお昼に買ってきて食べることが多いです。

彩りに海老そぼろを入れたかったのですが普通のスーパーでは置いてません。
ではあの濃いピンクのでんぶでもと探したのですが見あたりません。お店の人に探してもらっても見あたらないです。無いはずないというのですが・・・・
桜でんぶの文字をみつけました。でも商品がない。恵方巻き用に完売?
お店の人がまだあるかもと探しに行ってくれました。
違う店員さんがこっちにありますよというので行ってみたら常温の棚にあります。さっきのは冷蔵の棚だったのですが。
常温で大丈夫なの???
裏をみると鱈、砂糖とは書かれてます。でんぶってそんなに日持ちするもの?
色も濃いし保存料もはいってるので家で作りましょう。
でんぶ作ったことないけど以前ツナ缶のそぼろや海老のそぼろを作ったことがあるから同じようにすれば出来るでしょう。
真鱈で作ってみました。色が淡くて甘みも控えめできれいな桜でんぶができました。
さくらでんぶ
レシピを忘れないうちにアップしておきました。Cpicon 桜でんぶ by ポメマル

結局太巻きは1本だけでしたがなんとかうまく出来ました。
恵方巻きは1本まるごと食べるんですよね。
でも1本なんて食べ切れないので普通にカットしました。
おいなりさんには紅しょうがと白ごまを混ぜてみました。

急にお寿司になったので鯛の頭があったので酒と水で煮て水菜と豆腐を入れた鍋になりました。
花咲かにのみそ汁も作りました。かにのみそ汁


母の命日とすいとん

お墓参りの花
母の命日でお墓参りに行ってきました。
母が他界して早18年になります。
父が他界して3回忌を待たずして追いかけるように逝ってしまいました。
父が呼んだのでしょうか。そんなに仲よかったとは思えなかったのですが。
父は結構我が儘な人でしたから母にはのんびりと好きなことをしてもらえたらと思っていたのですがあっけなく逝ってしまいました。
両親の誕生日は2月9日、10日と一日違い。子供の頃は同じ日ならいいのになんで二日続けてお誕生日なのと思ったものです。
父の好きだったフリージアと母の好きなスイートピーを供えてきました。
お墓には食べ物を供えておくとカラスがくるので供えないようにとのことなのでお花だけです。


先週『母のすいとん』のレシピがクックパッドのつくれぽ10人になって急にアクセスが増えました。
そして作ってくださった方が何人もいらっしゃいました。
ブログを始めてからはクックはほとんど更新せず、たまにレシピを書き留めるために使用してる程度でした。

『母のすいとん』はクックパッドに登録してから1月ほどでピックアップレシピで紹介された記念すべきレシピです。
たまたまお彼岸の日でお墓参りで母に報告をしてきたものです。
何人かの方が作ってくださって喜んでいただきました。
ブログに移行してからシステムが新しくなり作ったレシピに対するつくれぽという欄が設置され地味につくれぽが書かれ10人になったのです。皆さんありがとうございました。

今日もお墓参りで『母のすいとん』が大勢の方に見て頂き作ってくださるかたがいらしたことを報告してきました。母も喜んでることでしょう。

suitonn.jpg
そして私も久しぶりに『すいとん』を作ってみました。
寒い日こういうものをたまに食べて母を懐かしみました。

良かったらレシピをご覧下さい。Cpicon 母のすいとん by ポメマル
『すいとん』なんていうと非常食のような感じがあると思いますがお家にいつもある材料で出来ます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。