スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいお年をお迎え下さい♪

IMG_5253wan.jpg
とうとう31日に突入してしまいました。
2009年あっという間でした。
最後の日がバタバタしないようにキッチンで一人で奮闘中です。
と言ってもきっとドタバタになるのはいつものこと。
こういうときに娘がいたらいいなぁと思ってしまいます。
なんとか少しお節料理が進行中です。
お節料理は作ってもあまりたべてくれないので無駄だと思いながら、スーパーは元旦から営業で昔と違うと思っても何も無いのも寂しいので少しだけでもと作ってます。
IMG_5441.jpg
栗きんとん、黒豆、のし鶏、かずのこ、いくらの醤油漬け、金柑の甘煮、岩石卵、煮豚が完成しました。
明日はお煮染めでも煮ましょう。

一年間ありがとうございました。
スポンサーサイト

お正月の準備-三崎まぐろ祭に-

風物詩ようやく年賀状を終えました。いつもギリギリにならないと動き出しません。でも今年は更に輪をかけて遅くなってます。

恒例の年末の行事になってる三崎のまぐろ祭に行ってきました。
いつもは最終日の30日なのですが今年は29日の中日です。出発は6時でまだ暗いです。いつもなら起こされてリビングに降りてくるのですがハンナさん自分で降りてきましたよ。一緒に生活して6年にもなると我々の行動を敏感に感じ取ってます。いつもは階下に来てもリビングのベッドに入り込んでますがお留守番は嫌とばかりにひっつき虫になってます。
IMG_5402.jpg
大丈夫!今日は一緒に連れて行くよ~。
空は雲が厚そう。雲が切れてる部分だけオレンジのボーダーになってます。雲が厚いので日の出は無理かなと思ってましたが途中から出てきました。
IMG_5398.jpgIMG_5404.jpg
すでに人がいっぱい。
テントのブースのほかにも道ばたにもお店がズラ~です。
屋台
こんなイカのお店です。
IMG_5405.jpgIMG_5406.jpg
IMG_5407.jpgIMG_5408.jpg
イカ団子、イカめし、イカ汁、イカまんとイカづくしです。あれ!まぐろまんはないのかな?
カメラ向けたら「イカマン買いな」というのでいただきましたよ。

我が家の目的はこれ!三浦大根です。三浦大根

年末になるとスーパーでもときどき見かけますがここのは新鮮。産地でもお値段は300円から500円とお安くないです。傷物は200円と格安になってます。(翌日は紀伊国屋に行きましたがなんと700円でびっくり仰天。ここまでくると庶民的な大根ではなくなります。)これを狙う人も多いようで残りが3本しかないです。大きいのを2本購入。
夫は青首大根よりも三浦大根が好きです。確かにおでんなどはこの大根はしっかりしてて美味しいですね。
それともう一つマグロの尾の部分。尾

交通費かけて傷物大根とマグロの尾っぽを買いに行くなんて馬鹿馬鹿しいと思いながら毎年来てます。他では売ってないので仕方ないですね。
マグロの尾も値上がりしてます。
家はあまりマグロのお刺身好まないんです。(私は別)この尾は鍋用です。処理はめんどうなのですがネギマ鍋にするには安くて美味しいです。刺身用はパルシステムで購入済みです。

IMG_5430.jpgIMG_5431.jpg
蟹やきんめ鯛も安くて心が動きますが冷凍庫が一杯で入りません。きんめは左のバケツは2尾で2000円でした。
花や果物もありましたが、松飾りを求め買い物終了。
今年はこんな変わったものが出てました。
IMG_5418.jpgマグロパン
トロマグロ串と魚の形のマグロパンです。
あやめ雪medama.jpg

このあと家に直帰でなく通過してコストコへ。時間はまだ9時半前。混雑前に入ってしまおうという魂胆。
駐車場がガラ空き。こんなの初めてです。でも車がどんどん入ってきます。
まだ開店前でしたがどんどん集まってくるので寒いので店内にいれてくれてますが売り場にはまだ行けません。
10時からのようでしたが早くオープンになったようです。
入り口にお正月用の花が安いです。もう頼んであるので残念です。来年はここで買おう。
主にお酒、ビール、シャンパン、チーズ等を購入。
11時前には帰宅してました。
午後は昨日の大掃除の続き。でもまだやりきれてません。常日頃やってないと年末にしわ寄せで大変です。

Merry Chistmas & Happy Birthday

ブッシュドノエル
25日にアップさせるつもりでしたがワインを飲んでしまったら眠ってしまいました。翌日は出かけてたので夜になって記事を書いたのですがなぜかエラーになって記事が全部パーになってしまいました。気を取り直してまたPCに向かってます。

25日はハンナの6回目の誕生日でした。
うちの子になってもうすぐ6年になるんですね。ついこの間のことと思ってました。
回りのワンコたちも代替わりで小さい子が増えてきました。年上のワンコは虹の橋を渡ってしまってます。
つい先日も大好きなボルゾイのルークが死んでしまいました。
ルークはハンナがお散歩デビューで初めて出会った犬でした。3ヶ月の小さいハンナからみるとどんな大きさに見えたのでしょう?怖い物知らずの頃だったのでなんのその。大きいけどルークだけは大丈夫でした。(黒ラブの大きいのは怖がります)


以前はクリスマスイブにお祝いしてましたがハンナが来てからは25日のクリスマスになってます。
この日は年に一度ハンナ専用のケーキを作ります。

この日の朝のお散歩でポンタくんに会いました。ポンちゃんも同じ25日がお誕生日なんです。
ポンちゃんママによるといつも忘れてしまうらしいです。
ハンナのケーキを焼くので手間は同じなのでポンちゃんにもケーキをプレゼントすることに。

お散歩から帰って早速スポンジにとりかかります。
人間用でないのでお砂糖は極力控えます。今回はオリゴ糖を使いました。
卵1個にオリゴ糖大さじ1小麦粉大さじ2の割合です。
bo-ru.jpg スポンジ
クリームは水切りヨーグルトにオリゴ糖を少々加えたもの。苺は嫌いなのでミニトマトをトップに。
アーモンドとパセリを飾りました。ハンナケーキ

人間様のものも作らないといけません。
今年はオードブルに力を入れてみました。
前日作ったのはホタテとカニのテリーヌ。
おらこちゃんの生ハムのパテも作る予定でしたが急遽この日の夜お通夜に出席することになり断念。
他にもクリスマスケーキ、パン、ポタージュを作る予定を断念して市販の物に頼ることに。
慌てて買い物に出ましたがスーパーではもうお正月用品に変わってます。クリスマスケーキは少しだけワゴンにありましたがあきらかに売れ残り品です。こんなの買う気になりません。
近くのケーキ屋さん(鎌倉にあるレ・ザンジュの工房)に行ってみました。私としては4号が欲しかったのですが無くて駅前のコージーコーナーをみたら4号はあるにはありました。大手のお店のものは冷凍品でしょう。先ほどのケーキ屋さんのブッシュドノエルの方が良さそうです。
それにしてもクリスマスケーキって以外とお高いんですね。
子供が小さい頃からクリスマスケーキを買った記憶がないような。毎年楽しんでブッシュドノエルを作ってました。
最近は一月前にクリスマスプディングを一週間前にシュトレンを焼いてます。
ケーキのモードになってたのでこのブッシュドノエルを購入。マカロンものっててなんだかワクワク気分になりました。

帰宅してからポンちゃんにケーキを届けチキンにかかります。
丸鶏ではなく骨付きももです。でもこれパルシステムのものですがかなり大きいんです。普通なら30分くらいで焼けますがそうは行かないです。べーカーにジャガイモを敷き肉をのせてローズマリー風味でやきます。ジャガイモに肉汁が染みこんで美味しいんです。他に人参のグラッセ、芽キャベツソテーを作り、ポタージュは温めるだけ。ワインは冷やして一段落。お通夜に出かけました。

お焼香が思ったより早かったのと夫がちょうど通りかかる時だったので寄ってもらい以外と早く帰宅できました。
チキンをもう一度オーブンで温め、オードブルを盛りつけてハンナのケーキにもローソクを6本たてて火をつけました。吹き消せないので私が代わりにフ~~。おめでとうハンナ!この一年間も元気でね。


オードブルはテリーヌの他にあるもので生ハム、春に作ったオイルサーディン、黒胡椒のクラッカーに冷凍庫にあったポークリエットを塗ったもの。それに今年はこんなものを奮発しちゃいました。
キャビア
キャビアで~~す。ちゃんと本物ですよ。色はグレーです。
クラッカーにのせていただきます。あまりしょっぱくなくていいですよ。これほんのチョビッとです。

全部食べたらケーキは別腹なのに入る余地なし。
夫も要らないと・・・なんのために買ってきたのかね~~
夫はシュトレン一切れとコーヒーでいいんですって。
しかたないので翌日夫の実家にいくのでそのまま持って行きます。

ハンナのケーキは全部は多すぎで半分あげました。ハンナはおかしいクセがあって大きいままだと食べないんです。
大好きなササミでさえ丸ごとだと口にしません。でもお菓子だからいいかなと思いましたがじっと見てるだけ。
小さくしてあげたらガツガツと食べ始めました。

姪っ子が選んだというプレゼントが届きました。
プレゼント IMG_5388.jpg
おもちゃはピーッと鳴るのでちょい怖いみたいです。とろろ昆布のようなとり・けずりは大喜びでした。

プレゼントに新しいリードを買いにいくつもりだったのが行かれなくてもう少し待ってね。

テーマ : クリスマス - ジャンル : ブログ

クリスマスミニコンサート

IMG_5355.jpg
天皇誕生日は横浜は快晴で朝から暖かな穏やかな日でした。
NPO法人“絆”さんが主催のクリスマスコンサートがありました。

前日、同会場で練習があり、いいお天気でしたが風が冷たく寒かったです。
練習会場が暖まるまでなんと寒いこと。手が冷たくて弾くのも大変。
やっと暖まってくるとギターが温度の変化に敏感で狂ってきます。
温風で楽譜が飛んだり翌日の本番は暖房を切ろうということになったので当日は穏やかな暖かい日だったので助かりました。

IMG_5354.jpg
会場の入り口にはクリスマスツリーが飾られ、二階のホールにはモールが飾られクリスマスらしい飾り付けがされてます。
会場はNPO法人絆の主催者である個人の建物ですがロココ調のおしゃれな建物です。
主催者さんは子供たちに生の音楽を聴かせたいという思いでチラシを配ったそうですがクリスマスの時期からか子供たちが思ったより集まらず急遽大人を対象にしたのです。

午前中通しリハーサルをしてコンサートは2時から。
演奏者16人(指揮1名)お客様約40人ほどの小さいコンサート。

パッフェルベルのカノンから始まり。
最初は子供を対象だったのでディズニーや宮崎アニメの曲でしたが「トトロ」を「ふるさと」に変更で一緒に歌っていただきました。皆さんとってもいい声で歌ってくださいました。
クリスマスコンサートなので「ジングルベル」はお客様に鈴を一緒に振って頂いたり「きよしこの夜」は歌って頂きました。
とってもいい雰囲気で演奏者とお客様が楽しんで一体化してるようでした。
あっという間に最後の曲「ラデッキー行進曲」になってしまいました。もう1時間もやってるの?という感じです。
ラデッキーは小さい指拍子、大きい手拍子を演奏と一緒にしていただき終了。
大きなアンコールの声にお応えして「ジングルベル」をもう一度演奏。

とてもいいコンサートになって私たちも満足。

その後はいつも行ってる華屋与兵衛で打ち上げ。

ランチで来ますが今日は乾杯でビール(私は車だったので残念ながらジュース)におつまみ。IMG_5359.jpg IMG_5360.jpg

おしゃべりに花が咲いてる中、会場に聴きに来て下さった方(その方は栄ソリスティの方)がいらして感想をいただきました。
今までマンドリンの演奏を聴いてあまりお好みではなかったそうですがミニコンサートはとっても良く、マンドリンを見直ししてくださったとのこと。
マンドリンを聞くには会場の大きさがちょうど良かったとのこと。
丁寧に演奏していてこのメンバーで続けて欲しいとのこと。
とっても嬉しいコメントでした。

このお話を持ってきてくれたHさん。半年以上も前の事で9月から月1~2回練習をして曲を作ってきました
とっても細やかで心配性でコンサートがどうなるか心を痛めたようです。このソリスティの方のお言葉でなによりも安堵したことでしょう。
Hさん本当にお疲れ様でした。お陰様でいいコンサートができました。
こういう小さいコンサート最近あまりやってないのですがお客様と一緒になれるのがいいです。

またこのメンバーで演奏しましょうね。




ようやくクリスマスの飾りつけ

リース
最近はご近所ではクリスマスのイルミネーションがめっきりみられなくなってきました。
子供が大きくなってしまうとだんだん飾りつけもしなくなってきます。
家もご多分にもれず。
昔は毎年リースをフレッシュで作ったものです。
今年はリースをと思ってたのですがなかなか作れずあと一週間という時に去年使ったものをだしてきました。
こんな地味なリースだったかしら?
リボンでも絡めればもう少しましになるのにそれもめんどう。今年はシック(というより地味)でいきます。

リビングには去年まではベンジャミンがあったので赤いリンゴやリボン、玉などを飾ってたのですがお亡くなりになってしまいました。現在リビングにある緑の植物はパキラだけ。
パキラのツリー IMG_5326.jpg
仕方ないのでパキラに赤いリボンでも飾ってみましょう。
枝が細いのでリンゴとかガラス玉は無理です。★のチェーンのようなものがあったのでこれもつけました。なんか南国のツリーみたい。

デコレーションの箱を開けたのでついでにひっぱりだしたのは赤いリンゴのキャンドルスタンド。
リンゴのキャンドルスタンド
これ何年前に作ったものかな?クックパドで日記を書いてた頃だったので数年前になりますね。
小麦粉を練って低温のオーブンで焼き絵の具でペイントしたものです。
出したら葉の縁の方が崩れてたりリンゴに少しカビのようなものがありました。拭いたらきれいになったのでテーブルに置いてみました。赤い実、白いツリーのキャンドル、松ぼっくりの小さいツリー、そしてマンドリンをもった天使。
キャンドルスタンド350
クリスマスの柄の布の上に置いたら少しクリスマスらしくなりました。

玄関にも少しクリスマスらしく。
gennkann.jpg
ツリー型の板にサンタさんをトールペインティングでサンタさんを描いた物。トールペインティングを習ってた時のものでもうかなり前の作品です。
sanntakuro-su.jpg
トールでもお髭と眉と袖口と裾がモコモコにしてあります。
これはリバーシブルで裏にも絵がかいてあります。

中央はクリスマス風景のオルゴール。kurisumasu_20091220152800.jpg
中はこんな風景になってます。曲目は「諸人こぞりて」です。
キャンドルは医院のスタッフさんからいただいたもの。キャンドル
片づけるもの面倒だからこれだけと言いながらこんなに出てしまいました。


三つ編みパン
昨日パン教室で三つ編みリースのパンを焼いてきました。
このパンをクリスマスまで持たせるとカチカチになりそう。
パンのリースは最初から飾り物として作る物もありますがこれは食べられるものです。もう食べちゃいました。
パン教室では毎月のパンの他に今まで習ってきたパンを復習の意味で班ごとに好きなパンを焼きます。
私たちの班はあんドーナツだったのですが隣の班はシュトレンを作ってました。
シュトレン
夜になってシュトレンでも焼こうと10時過ぎにこね始めてしまいました。
リッチな生地なので発酵に時間がかかります。結局焼き上がったのが2時近くでした。
粉を国産のもののみだったので水加減を少し変えたのではたしてどういう出来でしょう。朝少し食べてみたら大丈夫そう。
この分量でもう少し作ってみます。ギリギリだけどプレゼントに間に合うでしょうか?
いつもギリギリにならないと動き出さない悪いクセです。

数日間だけですがクリスマス気分を味わいます。



嬉しいお荷物♪ 

ロンドンのmelocotonさん、長崎のオムラーさんより嬉しいものが届きました。

meloちゃんとは今回はお会いするチャンスがなくて残念でしたがおみやげを送ってくださいました。
meloちゃんから
こんなにたくさんです。
干しナス
これはブログで見たトルコの干しナスです。中身はくりぬかれ皮だけでナスの抜け殻という感じです。
よくここまできれいに中身をくりぬいたものです。
ドライほおずき種がシースルー
これは食用ほおずきのドライです。一見レーズンのようですがシースルーで種がたくさん見えます。
食用ほおずきは最近初めて知ったものです。生よりも酸味があります。そのままでも美味しいですがケーキに入れても良さそうです。
クリスマスプディング他
クリスマスプディングは今年は作る暇が無かったので嬉しい!
可愛いボール型のものはクリスマス柄のチョコレート。
ハート型の容器のものはマーマイトです。
NZのホテルの朝食にベジマイトという黒い海苔の佃煮っぽいものがでてました。それと同じようなものだと思います。
ググって見たら塩辛さと匂いが強烈とのこと。そんなでもなかったような気がします。NZのものは塩辛さも匂いもそんなに強くないようです。なるほどそれで大丈夫だったんですね。
なんでもあちらの方は野菜をほとんどたべないのでこういうもので酵素を採るようです。
観光客ようには野菜を作ってるらしいのですが・・自分たちでは食べないとか聞きました。
強烈な匂いがちょっと退けますが食べてみないとね。
キャラメルログ
赤いバーはmeloちゃんの旦那様の故郷のスコットランドのお菓子でキャラメルログです。
このお菓子ウエファースとキャラメルクリームが層になってナッツがまぶされてて美味しいお菓子でした。


こちらはオムラーさんからのお荷物です。
オムラーさんから
保存食のプロのようなオムラーさん。
時間さえあれば毎日のように保存食を作られてます。
私もしょっちゅう何か作ってると思われてるようですがオムラーさんの足下にも及びません。
保存食をご紹介します。
おつけ物

私がお漬け物弱いのですが夫は漬け物好きです。まず手にしたものがキムチでした。
とても美味しいと好評でした。
金山寺味噌は漬け物というよりも味噌だから大丈夫かもで食べてみました。
あ!これは大丈夫です。

これだけのお漬け物が我が家にあるのは滅多にないこと。

お野菜はオムラーさんが毎日のように顔を出してるEMアサちゃんのお野菜。
無農薬の産直のようなお店なのでしょうね?
いつも新鮮なお野菜の話題でいいなと思ってました。
春菊、ほうれん草、人参、蕪(この蕪の形は初めてみます)葱、レモン。
春菊と葱はこのところ寒いのでお鍋が多く早速使わせていただきました。
鮮度抜群なので春菊がきれい。葱は九条葱だそうです。九条葱は大好き。
京都の九条葱よりしっかり育ってますが柔らかくて美味しいです。
それにお出汁も。
これだけあればしばらく暮らせそうですね。

meloちゃん、オムラーさん ありがとうございました。




忘年会

IMG_5164300.jpgIMG_5165250.jpg
いつも仲良くしている仲間8人で忘年会をしてきました。
去年は全員揃わなかったのですが久々に全員集合になりました。

場所は横浜ベイシェラトン28Fのベイビューです。
昨日の火曜日のランチはレディースdayでさらに25%OFFになるというなんともラッキーな忘年会でした。
28Fなので目の前に横浜港が広がってます。その先にベイブリッジがみえるといういいロケーションです。
窓際の席が予約されてました。
夜は夜景がきれいでしょうね。

レディースdayなので女性ばかりです。後で聞いたら男性もお一人いらしたようです。

オードブルとメインをチョイスして
まずは赤ワインで乾杯。
「何に乾杯?」 「はてなんだろうね。今年は何もしてないわね。」 「まぁ いいじゃないでカンパ~~イ!」
車でないので大丈夫。

gurasu.jpg
テーブルに置かれたグラスがあまりきれいでないです。こちらはカウンター席です。私たちのテーブルではないです。
この青いグラスです。傷かなと見ましたがちがいます。
ワイングラスも置かれましたがこれもなんとなく汚い。みんなもそう思ったみたいです。「汚いと言う? 言いにくいよね。」と言ってるうちにワインが注がれてしまいました。仕方ないですね。でも気になるなぁ。
シェラトンと言えば一応一流ホテルなのに・・・

そうこうしてるうちにオードブルが運ばれてきました。
o-dobur.jpg
全員同じものだったようです。
タコとイカのマリネ????(料理名忘れました)
中央にのってるのは何?百合の蕾のような形をしてます。そして横に添えられてるピクルス類の白い小さいものは?
ラッキョウの芯ではあるまい??

次にスープ。
su-pu.jpg
カレー風味の野菜のスープです。
一見カレーの残りをスープにしたみたいとのだれかの一言がでてきました。
確かにそう見えますね。
そこから話しがカレーうどんに発展。カレーの残りにお出しを入れて(めんつゆでもいい)和風に味付けをするとカレーうどんになるとのこと。
カレーうどんの事は別記事にすることにしてこのカレースープ見た目よりは美味しかったです。
確かにカレーの残りの鍋に水と牛乳を足したような味でしたが。

いよいよメインの登場。これは魚と肉に分かれました。
私はお魚料理です。
カサゴのポアレ アピオス添え???(これも忘れてしまった)
アピオスは最近近くのスーパーで見かける野菜です。極小さいお芋です。
むかごの一回り大きいくらいです。
買った事無かったのでお味見。ジャガイモというよりもさといも系のようにホクホクムッチリしてます。
帰ってから調べてみました。

芋ではなく北米原産のマメ科の植物です。
アメリカ先住民が戦いの前の強精食にしていたり、東北地方ではホドイモと呼ばれ古くからお産の前後に食べられていました。
アピオスはジャガイモに似ていますが、ジャガイモと比べて鉄分は約5倍、たんぱく質は約4倍、カルシウムは約50倍も含まれています。
アピオスは、まさに食べれば元気が出る滋養の塊なのです。
アピオスは活性酸素を除去する力が高く、ガンや動脈硬化の予防が期待でき、血圧の上昇を抑制する効果も確認されています。

へえー スゴイものなんだ。ソースはなんのソースだったかしら?


ここまでいただいてデザートはブッフェ形式で好きなものを取ってきます。
デザートがた~くさん並んでます。デザートバイキングに来たみたい。
こういうデザートが充実はさすがにレディースdayですね。
少しずつ取りましたが全種類は無理。
最近はこのチョコレートフォンデュを見かけますね。ここにもありました。
小さく焼いたシューの皮とかドライフルーツを串にさしてチョコレートにくぐらせます。
先日作ったピールのチョコがけもこのくらいチョコレートが柔らかくなめらかだったらやりやすかったですね。
デザート
私のデザートのお皿。それでも欲張りすぎたみたい。お腹もある程度満腹状態ですからだんだんきつくなってきます。
コーヒーもお代わりしてなんとか食べ終えたのにもうそろそろお時間ですと言われ、コラーゲンゼリーが美味しかったと聞き小さいから食べられるかもと・・・
意地汚いったらないですね。
このゼリーちょっと甘過ぎでした。
13時40分からはまた別のちょっと遅めのランチコースになるそうで入れ替えです。
お会計の時にグラスのことクレームつけてと言ったのに言えなかったと。

コートを受け取って出る時に一言やはり行っておかねばと勇気を出して>「グラスが汚かったです。」
と言ってきました。
「すみませんでした。ありがとうございます。」だけでした。
やはりあの場で言わないといけなかったですね。あの人のところで止まったままになってるかもしれません。
グラスが汚いなんて一流のホテルとは言えません。
夜なら暗いから分からないという問題ではありません

ロビーでおしゃべりの続きと思いましたが空いてないので帰ることに。
お腹一杯でもう一見お茶を飲みに入る気持ちになれず解散しました。












パスティチオ

dannmen.jpg
先週合い挽き肉をたくさん買ったのでミートソースを作って冷蔵庫にストックしてありました。
一人お昼にご飯にかけてチーズをふりかけてオーブンで焼けば簡単ドリアができます。
夫が夕飯が要らない日は息子と二人なのでミートソーススパゲッティ。
子供が小さい頃はよくミートソースを作りましたが大人になると出番が少なくなってきます。
大量に作ってしまったのでなんとか使わないとね。
ラザニアと思いましたがギリシャのごはんのsalahiさんのところでみたパスティチオにしましょう。
ギリシャではポピュラーな食べ物のようです。
特徴はロングチューブマカロニを使うこと。
これを使うことによって切り口が揃って可愛いものになるんです。
以前作った時は普通のマカロニを使ったので切り口がきれいに揃わなかったです。

このロングマカロニなかなか売ってないんです。あちこち見ましたが未だにお目にかかれません。
楽子さんがどこかで見つけたと送ってくれたのですがかなりの月日が経ってしまいました。
zita.jpg
袋にはZitaと書かれてます。ディチェコのものです。
乾麺であること、使ってしまうと入手が困難ことで開封出来なかったのです。
でもいくらなんでも使わないと。
袋がしっかりしてたのでしょうね。袋に入ってても虫が食ったりするときもありますが全く大丈夫。
一応賞味期限はあるみたいですが気にしません。

500g入りなので半分使ってみます。

スパゲッティのようにお湯にいれてもなかなかお湯の中に沈んでくれません。
おはしで強引につっこみ茹でました。
その間にレンジでホワイトソースを作ります。
ミートソースも温めておかないと。ホーローの容器に入れてあったのでそのままIHにかけて温めます。ギリシャ風のミートソースはシナモンが入ります。
茹だったマカロニ長すぎるので半分にカットして耐熱容器に入れミートソースマカロニホワイトソースをかけてチーズをふりかけてオーブンで焼きます。
ラザニアだったら焼きたてをそのまま食卓にだすのですがこれはできたての熱々ではだめなんです。
マカロニを同じ方向にきれいに並べた意味がなくなります。
作りはじめたのが3時過ぎだったので焼き上がったら4時過ぎです。完全に冷たくなるまでは冷めませんでした。
やはり少し崩れてしまいます。
マカロニを茹でる時に少しオリーブオイルを入れたのがいけなかったみたい。マカロニがくっつかないよ。
大きなスプーンで取り出すのにマカロニがばらついてしまいます。
ラザニアはくっつかないようにオイルをいれますがこれはそのままで良かったですね。
余計なことはしないことです。
息子が帰ってきたころは完全に冷めてたのでトップの写真のようなカットした面がでてます。
ホワイトソースがもっと厚い層になってる方がよかったです。

なんと偶然にも今日のsalahiさんのブログではパスティチオをコロッケにしたバーガー パスコロというものが載ってました。

ピールのチョコがけ

tyokogake.jpg
最近相次いで大きな柑橘類を頂きました。
獅子柚子

まずは獅子柚子(鬼柚子ともいう)のご紹介。いかに大きいかケイタイを比較に置いてみました。
重さは約1㎏です。

近所さんのおじさんからですがこの獅子柚子は伊豆にもお家を持ってるので伊豆産です。
ハンナが大好きなおじさんでたまに帰ってくるとガレージが開いてるのですぐ分かるんです。
会うとジャーキーをくれるのでもう狂わんばかりに大騒ぎ。
おじさんもハンナに会いたかったと大喜びしてくれます。ジャーキーをくれるのはありがたいのですがちょい迷惑でもあります。たまのことなのでいいのですが毎日会ってたらえらいことです。

先日も久しぶりに帰ってきたところに鉢合わせ。
ガレージの中にみかんのはいった段ボールが積まれてます。
みかんをたくさん頂いてボンネットの上の箱をのぞいたら見栄えの悪い大きなこれが。
大船の歯医者さんの近くのお家にこの大きな柚子がなってるのはみたことがあります。
鬼柚子だと教えてもらいました(あとで検索したら獅子柚子ともいうそう)
「一個もっていきな」というので大きいのをもらってきました。
大きいわりにはあまり柚子の香りがしません。
しばらく飾っておいたら皮が柔らかくなってます。あわてて切ってみたら中がカビはじめてます。
ダメなところを全部捨てしっかりしたきれいなところだけを薄切りにしてゆでこぼしを3回ほど。
この柚子は茹でるとフワッと柚子の香りが立ってきました。
苦みがなくなってから砂糖で煮て天日干しに。
干しあがってからグラニュー糖をまぶしました。獅子柚子のピール
1㎏近くもあったのが半分以下しかつかえなくて残念でした。肉厚のピールです。

その後JAでこの獅子柚子を発見。ただ表面がこ汚い。小さめでしたが一番色のいいのをかってきました。
同じように茹でこぼしてからピールとマーマーレードに。
このピールはお砂糖をまぶさずに保存します。

マーマレードはキビ砂糖を使ったので色が茶色っぽくなりました。獅子柚子マーマレード

ジャンボレモン

そしてジャンボレモンもいただいたので(いただいた時はまだ緑色が残ってたのでしばらくおいて黄色くしました)
これも比較に普通のレモンを置いてみました。
去年もいただいたのですがピールを作ったら苦いものが出来てしまいました。
今回はしっかり3回ゆでこぼし水にさらしておいてからお砂糖で煮ました。
今度は苦みがかなり抜けてます。
美味しいレモンピールが出来ました。レモンピール

天日干しにしたものをチョコがけにしてみましょう。今年の冬にFujikaさんがいろんなものをチョコがけにしたものをいただきましたがとっても美味しかったので真似してみたかったのです。

オレンジピールをチョコがけにしたものはオランジェットといいますがレモンだとなんというのでしょう。
チョコがけにするチョコレートはちゃんとしたのがあるのでしょうがスーパーにある普通の板チョコで。ミルクとブラックを溶かしてかけました。
ピールのチョコがけ
レモンピールと柚子ピール、前に煮てドライにしたリンゴにチョコをかけました。
どれも美味しいです。

貴重な山野のさといも

さといも

モラタメさんよりこんなものが当たりました。

山野のさといも2㎏です。
当選が30だったので無理だよねと思いながら応募してました。

富山の杉森さんが育てた世界一のさといもなんです。
このさといもはマンガの「美味しんぼ」で絶賛されて口コミで広がったというすごいさといもです。
作者の雁屋徹さんは涙ぐんでしまったほどのものだそうです。
そしてこの土地(井波町)でなくてはこの美味しいさといもはできないんだそうです。2、3㎏離れても味が違ってしまうそうです。
数量200㎏を完全予約でしか手に入らないという貴重なもの。

まさかと思ってましたがサイトで当選の文字を発見。え~~!当たってるよ~~。
こんな貴重なさといもをモラタメさんからいただけるなんて幸運です。
発送が12月2日のことでで楽しみにしてました。3日には届くだろうと待ってましたが来ません。
翌日も待ちぼうけ。
おかしいなぁ 発送に手間取ってるのかな?
モラタメに問い合わせしてみようかな。
問い合わせのところをみたら1週間も到着しなかったら連絡下さいと書かれてます。
ではもう一日待ってみましたが来ません。
1週間ではないけど夜モラタメのお問い合わせにメールを入れました。
翌日の夕方ハンナが吠えるので出てみたら宅配便業者の車がいました。
あまりみたことない業者です。
ドアを開けたらいきなり平謝りで遅くなって申し訳ございませんと。
何だろうとみたらモラタメさんからでした。
なかなか来ないからと言ったらおじさんただただ「すみませんでした」
それ以上何も言えなくなって まぁいいか。
なのでなんでこんなに遅くなったのかの理由を聞きそびれてしまいました。

箱を開けたら紙袋がでてきました。中にさといもがたくさん。2㎏ってこんなにたくさんなのね。
箱に発送日が2日と書かれてたのでどこかに忘れられて置かれたままになってたのでしょうね。

発送の翌日に届いてたらきっと土が湿ってて黒い状態だったのではないかと思います。
里芋だからいいようなものです。他のものだったらえらいことになるかも。

粒ぞろいでしっかりしたさといもです。
家ではあまりさといもって買わないんです。私は大好きなんですが夫も次男もさといも好まないんです。
自分一人(昔は長男も食べてくれた)なのでスーパーの安売りのを買ってくると形は揃ってないしゴリゴリしてるものもあったりで今一の時が多いです。
なのでこんなにさといもがたくさんうちにあるのはめったにないこと。嬉しいですね。
さて何して食べてみよう。
一番のお奨めの食べ方は柔らかめに蒸して皮を剥き塩で食べるというもの。
さといもを蒸して塩でたべるのは衣かつぎといって父親が好きでした。
本来の衣かつぎは石川芋という小粒のものを使うのですがなんだかとても懐かしくなりました。

説明書にはさといもの田楽がのってました。
田楽
家族が食べても食べなくてもいいので作ってみました。小さめのものを蒸して皮を剥き半分にカットしてオーブントースターで焼き柚子の香りの白みその田楽味噌を塗ったもの。2個づつ串刺しにしてみました。
このさといもねっとりとして本当に美味しいお芋です。

そして定番の煮物にも。satoimo.jpg

我が家はさといもをあまり消費しない家なので煮っ転がしが上手にできないのです。
この煮物も煮っ転がしとはいえませんね。煮汁がたっぷり残ってます。
柔らかく煮て上に柚子をすり下ろしました。
こういう煮ものやはり美味しです。

まだまだたくさんあります。あとは何にしましょう。さといものグラタンとかコロッケも美味しそうです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。