スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽南蛮

神楽南蛮
一つ前に書いたわらびさんからいただいた「神楽南蛮」を使ってみました。
見た目はへちゃむくれピーマンですが南蛮というだけに唐辛子です。
素手では危険ということでダスキンのレンジカバーについてるビニール手袋をはめての作業です。
まるで手術するみたい。(医院からいただいてくれば良かったかな)

以前クックパドでロンドンのミリアムさんが柚胡椒ならぬライムと青唐辛子でライム胡椒(クリックするとミリアムさんのレシピ集にリンクします)というものを作ったことがありました。
これがきっかけで大勢の方がいろんな組み合わせの胡椒を作るブームが起きたことがありました。
ミリアムさんずっとブログ更新が途絶えてます。また入院しているのではないかと心配です。

もちろん私もその1人。
たまたまペルー産の黄色い唐辛子を見つけたのでレモンで黄色いレモン胡椒を作ったのです。
その時なんと素手で唐辛子をおろしたので指は真っ赤になってピリピリ。
目に直接ではなかったのですが付近に指を近づけたら目が痛い。洗っても洗ってもピリピリです。
えらい目に遭ってしまった前例があるので今回は絶対に素手ではやりませんよ。

まずは検索したら一番多くヒットした南蛮味噌を作ってみます。
kaguranannbann.jpg
辛いのは種と白いわたらしいので手袋した手で4つ割にしてから取り除きました。
まな板に種が残らないように注意してから3つは粗めのみじん切りに。
手袋をして包丁で切るのは初めて。なんとやりにくいこと。
オペで手袋をしてあんな細かい作業をするんですからすごいですね。(手袋が全く違うでしょうが)

1つは千切りにして塩をまぶしておきます。これはもう一つ見つけたレシピで「たたき」だそうです。

鍋に油を温めてみじん切りの神楽南蛮を弱火で炒め、みりん、味噌を入れてから舐めてみました。
辛いかも~。
お砂糖と思いましたがオリゴ糖の瓶が目に入ったのでオリゴ糖を加えました。
少し煮詰めてから大葉の荒切りを加えて完成。
紫蘇の香りが爽やか。IMG_8319.jpg


tataki.jpg
もうひとつの「たたき」は塩をして1~2時間置き、水につけて塩を少し抜き野菜(キュウリ、茗荷、人参、大葉)を千切りにして氷水に放したものを水気を切って全部を和えます。
神楽南蛮の塩気が全体にまわりこれはこれでさっぱりと美味しいです。
夫がドレッシングをかけても良さそうというので青じそドレッシングを少しかけたらこれも爽やかさが増してご飯のおかずにもなります。

南蛮味噌は若干の辛さがとっても美味。くせになるかも。ちょっと水分が多いのでオリゴ糖でなくお砂糖にしたらおにぎりの具にもよさそうです。甘くなくても良さそうですよ。
ご飯のお伴にグーご飯にのせてな南蛮味噌。


これはピーマンでは出ない味です。シシトウでも似たようなものができそうですがやはりこの神楽南蛮が美味しいんでしょうね。
神楽南蛮は赤くなっても使えるというので残りは赤くさせてみようかな。

なんていいながら翌日もこんなものにしてみました。

スーパーの本コーナーで立ち読みした今日の料理のテキストでこんなつけ麺のたれが目にとまりました。
ピーマンを使ってましたが神楽南蛮で真似てみました。

シャブシャブ用豚バラ肉とナス、モロッコインゲン(これもわらびさんからのもの)と神楽南蛮をサッと炒めて簡単にめんつゆを入れて煮た具たくさんのつけ汁。薬味に庭の茗荷と葱。

素麺でもいいのですが具たくさんなので稲庭うどんか島田うどんがいいですね。

島田うどん
島田うどんにしましょう。麺は冷たく、汁はアツアツがいいんですよ。テキストにはどう書かれたのかはわかりません。
神楽南蛮の少しの辛味がとってもいいです。
つけうどん
島田うどんについては過去に記事にしてあります。参考までに。


わらびさん 美味しかったですよ。ごちそうさまでした。


スポンサーサイト

ヘビウリと太きゅうり

へびうり
先日、三浦で買ってきたヘビウリと太キュウリを使ってみました。

まずはヘビウリ。ヘビウリはインド原産のものだそうです。
インド周辺の国にはこういう物が市場にたくさん売られてるようです。

カットすると中は空洞。独特な香りがあります。
どんな料理に使われてるのかとみたらインド系なのでカレーとかサンバルのようです。
サンバルとはインドネシアの調味料です。

そんなサンバルなんてないわと更に見てたら家であるもので作れるサンバルというのにヒット。
サンバル
ではサンバルから作ってみましょう。
トマト、タマネギ、ニンニク、唐辛子、ナンプラー、塩、胡椒が材料です。
ヘビウリを皮を剥きカットして茄子と炒め、サンバルで煮ましたがカレーの方が合いそうです。
カレー粉、クミン、コリアンダー、カルダモンを入れました。
ヘビウリと茄子のインドネシア風カレー
ご飯に鶏胸肉の茹でたものをのせヘビウリカレーをかけました。
特別に美味しいものでは無いけれど野菜カレーとしてはまあまあです。ヘビウリは皮ごとだったのであまり柔らかくはならなかったです。
一緒に茄子も入れましたが茄子の柔らかさとヘビウリの少し歯ごたえのあるのが面白いです。

へびうりと茗荷の塩もみ
ヘビウリレシピで最初に飛び込んできたのが茗荷との塩もみでした。
ちょうど家の茗荷が少しだけ収穫できたので塩もみしてみました。
これはあまり癖がなく茗荷の香りがいいです。


太キュウリは買っては見たものの成長しすぎで種が一杯かもとしばらく手が付かず放置状態。

でもそんなことしてても仕方ないのでピーラーで皮を剥いてみました。

そしたらなんととっても瑞々しいんですよ。
種がいっぱい
縦に切ってみると種はかなりあります。
スプーンでゴーヤのように種を取り煮てみます。

melocotonさんのところでみたsalahiさんのキュウリのトマト煮のつもりだったのですがこの暑さなので和風に行きましょう。

翡翠キュウリ
乱切りにしたきゅうりを濃いめのお出汁で煮ます。皮を剥いたので翡翠色がきれいです。
名付けてキュウリの翡翠煮です。
くたくたに煮てもいいのですが少し歯ごたえがある程度にしました。
翡翠色が汚いウグイス色いならないようにすぐに水につけて冷やします。
あら熱が取れたらバットにあけて冷蔵庫で冷たく冷やします。
食べる時に生姜のすり下ろしをたっぷり入れて下さい。
煮汁をあんかけのように葛をひいて冷やしてもおいしそうです。
ガラス鉢にいれて見た目も涼が感じられるように。

まだキュウリが残ってるのでトマト煮も作ってみました。
きゅうりのトマト煮
salahiさんはこれに生ハムのスライスをのせてましたがなかったのでそのまま。
タイムをのせてみました。
作ったもののなぜかあまり食欲がわかないです。保存容器に入れて冷蔵庫でお休みしていただきました。
そしてようやく食べてみました。
ありゃ~ 見た目よりもずっと美味しいです。
温かいうちに食べてみなかったのでわからないのですが冷たいトマト煮美味しいよ~~。

キュウリとベーコンの炒め物
これはベーコンとの炒め物。
加熱したキュウリはシャキシャキと歯触りがいいんです。

キュウリというとほとんど生ですが育ちすぎの太いキュウリは加熱すると美味しいものです。

また三浦まで買いにいくかな。



テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

<動画> ハンナのお腹の毛カット

ハンナをトリミングにだしてからもう1月経ってしまいました。
今回はもう暑いだろうとサマーカットで3㎜にカットしてもらいました。
3㎜だと体のピンク色が透けて見えるくらいになってしまいます。
それがもう2㎝くらいに伸びてます。
年を取ってきたせいか太りすぎなのか散歩でも息づかいが荒くハァハァとうるさいくらい。

とても1ヶ月半持たせるのは無理かもしれないと思ってたら夫が玄関で何かしてます。
見たらハンナをひっくり返してお腹の毛を梳きばさみで梳いてます。

ハンナはウ~~ともワンとも言わずにおとなしくされるままになってます。

なので動画にしてしまいました。
全くの無言でつまらないのですが・・・・

ハンナの毛梳き posted by (C)pomemaru

ハンナ少しは涼しくなったのかな?
昨日は思わない涼しさでしたがまた暑さが戻ってきてしまったね。
背中までやってくれそうにはないので近々トリミングしてもらわないとね。

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

わらびさんから届いたトマトちゃんたち

山の花
あの猛暑から一気に涼しい日にダウン。
涼しいのは有り難いですがちょっと極端な天気ですね。

わらびさんのキッチンガーデンで丹精されたトマトいかがですかというメールをいただきました。
ブログでイタリアントマトのフィオレンティーノやボルケーゼ、PURPLE RUSSIANが大きくなってきた写真をみてました。フィオレンティーノはインパクトあるお姿のトマトです。実物を見てみたいのでいただくことにしました。
大きな箱が届きました。
まず出てきたのがわらび山荘でさいてる山のお花たち10種類ほど。トップの写真はコップにいけてみました。
そしてもう一つ緑色の花が1束。udo.jpg

わらびさんから1
そしてトマトが3種類、大葉、暑さで山荘に避暑に行かれて産直のお店で求められたというかぐらなんばん、丸茄子とモロッコインゲンとわらび家のグリーンカーテンにもなって白インゲンとたくさんのものが入ってました。

山のお花はホタルフクロ、ギボウシ、アザミ以外は名前も知らない花たちです。
グラスにいけてみました。楚々としてますがとっても素敵です。華やかなお花もいいですがこういうなにげない花も捨てがたいです。
緑のお花はなんだろうと思ってたらメールが入りました。なんと独活の花(蕾かな)ですって。独活なのでたべられるそうです。薄い衣をつけて天ぷらがいいとか。
ちょうどこの日は天ぷらをしたのですが揚げ終わってしまいました。
息子が帰ってきたので9時過ぎに天ぷらを揚げたのでこの独活も少し揚げてみました。
おそらく息子は食べないだろうと一緒にもりつけたのですがなんと何も残ってませんでした。
独活の花の天ぷら
翌日天ぷらで食べてみました。
確かに独活の味がして美味しいです。

IMG_8281.jpgIMG_8282.jpg

フィオレンティーノを切ってみました。種が少なくて酸味があまり感じないです。焼いても良さそうです。

IMG_8298.jpg
左がボルゲーゼでミニトマト。断面も味も普通のミニトマトです。
右はPURPLE RUSSIANはウクライナのトマト。パープルというので紫がかった赤です。
一見不健康そうなトマトのようですが切るとトマトらしいフレッシュないい香りがします。
味も爽やかで瑞々しくて美味しいです。
私として生で食べるのはこのPURPLE RUSSIANが好きかも。

トマトもいろんな種類がありますね。今年はシシリアンルージュ1苗しか植えませんでしたが来年は種から育ててみようかしら。

IMG_8265.jpg
産直で買ってくださった緑の辛いピーマン。見た目はフィオレンティーノと似てます。
中辛なんばんとかかれてましたがわらびさんの説明では「かぐらなんばん」というものだそうです。
かぐらなんばんで検索したら新潟県長岡野菜。あの中越地震の山古志村の特産でシワがお神楽の鬼の面に似ていることから付いた名で、地方(旧東頚城郡牧村)によっては「オニゴショウ」とも呼ばれている。緑のも赤くなっても辛さは変わらないとのこと。
辛いのは中の種とわたで緑色の部分はそんなに辛くないとか。
でも唐辛子なので素手で触るとビリビリといたくなり目のあたりをさわったらひどいことになるらしい。

なんばん味噌というものに使われてるのが一番多いです。
わらびさんは天ぷらにしたら美味しかったとのこと。
天ぷらやったばかりなのでもう少し先です。
なんばん味噌というのをつくってみようと思います。

わらびさん 珍しいものをたくさんありがとうございました。






杏シロップ漬けのシロップで

杏シロップに柑橘を加えて

先日届いた樹上完熟杏のシロップ漬けを作った時に杏が上に浮いてしまったので瓶をあけて詰め直し、再び水を張って加熱し直しました。
IMG_8129.jpg
これだけの瓶が小さい瓶3本に収まりました。
そしてのこったのが大量のシロップ。
これを捨てるのはもったいない。
氷を入れて飲んでみたら杏の香りと酸味がほどよく溶けて美味しいです。

もっとレモンをいれてもいいかなとフルーツのカゴをみたらお友達からいただいた柑橘類(名前がわからない)があるのでこれを絞って入れてみました。
香りからするとジューシーフルーツのような感じでした。
杏の香りは薄くなりますがさっぱりして美味しい飲み物になりました。

最近は捨てないで利用しないとというecoな気持ちになってます。

杏寒天

杏寒天を作ってみました。
こちらは杏のコンポートを利用したもの。

このところかなりの暑さなのでお菓子もケーキではなく冷たいゼリーとか寒天寄せが多くなります。

杏の酸味が爽やかです。


眠り病?? 朝市のイワシでエスカーベッシュ

イワシのエスカーベッシュ
暑さからなのか眠り病にかかったみたいに眠いです。

土曜日からかしら?土曜の午前は仕事でした。(たまに土曜勤務あります)
帰宅してお昼のあとは眠くてソファにゴロンとしたら夕方近くまで寝てました。ハンナの散歩は姪っ子がいってくれてパス。

夕飯の後も片づけもせずに横になったらいつの間にか寝てて目が覚めたのが11時過ぎだったでしょうか?
それから片づけたりサクランボのコンポートを作ったりブログをみたりと寝たのが2時過ぎでしたか。
夕飯の時明日は日曜だし朝市行こうかなんて言ってたのですが寝るときになったら面倒になってました。

「朝市に行くなら起きろ」
「まだ4時半過ぎじゃない。さっき寝たばかり」
「行かないのか?」
「どっちでもいいわ」
「ほら行くぞ~」
「仕方ない。起きてハンナ散歩させてくるわ」

この日は早朝でまだ爽やかで気持ちいいです。
5時には太陽が上がってきて暑くなりそうな気配です。
暑くなりそうなのでハンナはお留守番がいいかなと思ったのにどこかに行くと察してスタンバイしてます。

行き先は三浦海岸の先の金田湾の朝市。
高速も空いててスイスイで30分くらいで着いてしまいました。
朝市は5時半からやってるのでもう駐車場は満杯です。こんなに早くから皆さん来てるんですね。感心感心。

朝市に着く頃からは雲がでてきて太陽を隠したのでそんなに暑くはないです。
ハンナは入れないので車の中で待たせるので暑くないのは助かります。

建物の外にも軽トラでスイカを山に試食をさせてたり、私も一切れ試食、甘くておいしいけど大きいスイカは食べ切れません。

松輪の鯖
隣には松輪のさばがこんなに安い。ほかにもいろいろな魚が並んでます。

中も見ないとね。
サンドイッチほか
入口前にはサンドイッチやおいなりさん、お赤飯などを民宿の方が出してます。
今買わないとなくなるよと言われマグロカツサンドとお赤飯を買いました。
中は奥行きがなく横に広がってます。魚が多いですが野菜、お菓子、果物、花といろいろありますよ。


たこ(茹でた物)はかなり色黒さん。この間小坪で買った生たこの方がはるかに安いので不要。サザエ、アワビもあります。鯖もありますがこちらは松輪と書かれてません。
聞いたら同じ鯖で揚がる場所が違うだけなんですって。アワビはここでもさすがにいいお値段でした。
水槽のようなものに小イワシが入ってます。そこにいたおじさんが今の時期のイワシは脂がのってうまいんだよ。もう5袋買い占めてました。いくらと聞いたらザル一杯で300円です。
アンチョビにはちょっと向かないけど買ってみました。
隣には小さめのスイカがあり、シャリウマとかかれてるのでこの前の三浦スイカと同じなので1個ゲット。
5個入り箱もありましたが多すぎ。
外で松輪のさばが4尾500円になってました。買うしかないですよね。
バジル
鉢植えもあってバジルとレモンバジルを購入。家のバジルなぜか伸び悩んでるんです。

帰りもスイスイで家に着いたら7時前。早朝のお買い物いいですね。


買ってきた鯖とイワシです。新鮮で目が透明できれい。
まずは魚を隣の弟の所へお裾分け。
冷蔵庫に入れるのさえも面倒で発泡スチロールの箱に入れて眠いのでしばしお休み。

お昼は買ってきたサンドイッチとお赤飯で簡単に。

魚を処理せねばと思いながらも手に着かず。ようやく動き出したのは2時過ぎ。
2尾ある鯖は1尾はしめ鯖に。いくら松輪のさばは生でOKと言っても今の時期なのでしめた方が安全です。
もう1尾は味噌煮。あまり煮魚上手でないんです。
松輪の鯖味噌煮
夏なのでこってりな味噌よりもさっぱり味噌煮がいいですよね。

イワシは手開きでやりましたがこれもあまり上手でないんです。
イワシの刺身
良さそうなところだけお刺身に。
おじさんの言ったとおりとろんと脂がのって美味しかったです。鮮度がいいのでちっとも生臭くないです。
先日フランスの海辺の町ラロシュレにお住まいのemiさんのブログで美味しそうとみたイワシのエスカーベッシュに。(トップの写真です)買ってきたバジルも早速お出まし、飾りはレモンバジルです。彩りに冷蔵庫から塩レモンを出してちらしました。いいアクセントになります。作った日は冷やすまでの時間がなかったのですが残ったのを冷たくひやしたものはもっと美味しかったです。
残りはつみれにでもしましょう。でもこの日はいささかたべきれないので冷凍に。

少人数だと朝市に行ってもたくさん買えないのが残念です。

夜はある程度片づけをして座布団にゴロンとしたらそのまままた寝てしまいました。
息子が帰ってきたのも気づかず、目が覚めたらなんと真夜中でした。いくら寝ても寝たりない感じです。
不眠症よりはいいのかな?

今日は少し風があるのでいいですが少し暑さが和らいで欲しいです。

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

アボカド、パインが育ってます♪

毎日猛暑というよりも酷暑でいささか疲れてきました。

この暑さだと植木鉢は水を怠ると砂漠状態です。水やりも毎日のことになると辛いです。

紫陽花もアガパンサスももう終わりです。
たくさん咲いたアナベルは今年は綺麗な緑のドライフラワーになりそうもないのでカットしてしまいました。
墨田の花火は強風でかなり痛めつけられてるのでこれもすでにカットしてます。
唯一開花してるのはカメレオン ホバリアホベラ という品種です。
これはカメレオンという名前の通り色が変化するんです。
カメレオン
IMG_8023.jpg
咲き始めはピンクですが少しライムグリーンになってきました。同じ花なんですが下のはちょい萎びれてグンナリしてますね。
このまま室内に入れて秋に屋外にだすとチェリーピンクなってくるとか。
去年は赤くなるまで持ちませんでした。今年はどうかな。

庭はバッタの小さいのが飛び回り庭の紫蘇は穴ぼこだらけ。
それに蒸し暑くなってきて蚊がブンブンで庭にはなるべく出たくないです。

家の中においてある植物も暑くてお気の毒。先週ようやく大きくなりすぎた木蓮を息子がバッサリと切ってくれました。日当たりはよくなりブラックベリーにも日があたるようになりましたが日陰が無くなった分日差しが強くて今年も窓にすだれをかけました。

IMG_8024.jpg
今窓際に置いてあるのはこちらの方達。
ミニ胡蝶蘭(長いこと咲いてましたがそろそろ終わりに近づいてきたようです)、アボカドとパイナップル。

アボカドもパイナップルもどちらもリサイクルです。

アボカドの種を二つ水に浸けておいたら1個だけ発芽してきました。
以前アボカドの種を育てることに霧中になってましたがずいぶんと久しぶりです。
まだ水栽培なので小さいです。
ごらんの通り上部に葉が出てきました。そろそろ鉢に植え替えてあげた方がいいのでしょうがもう少し眺めておきます。

小さいのはパイナップルです。
食べた後の葉を水煮付けておいたら根元から根っこが出てきました。
パインの根

近くのスーパーでピーチパインとスナックパインを売り出してましたがピーチパインは中央の芯まで食べられると書いてあったので食いしん坊の私にはこれはいいと買ってきました。
IMG_7660.jpg
これがピーチパイン。普通のパインよりもずっと小振りです。
そしてとっても甘くて美味しい。
でも桃の味はよく分かりませんでした。

アボカドもパイナップルも南の果物なので元気なのかもしれません。
ドンドン根っこを伸ばしてます。
このまま育って小さいパインが上に出来るかなぁ。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

アボカド味噌ナムル

アボカド味噌ナムル
美味しんぼ日記のsawatanさんのところで美味しそうなアボカド料理を発見。
アボカド大大大好きというほどではないけど惹かれるレシピでした。

アボカドというとわさび醤油でが定番でしょうね。
おいしいけど飽きてくるんです。

一目見たときこれは美味しそうとピンときました。

早速作って見ました。

レシピ元はbellavista777さんのものです。

黒酢を使うのですが黒酢ないので普通の米酢+少量のお砂糖です。
葱の芯の他に紫蘇の葉をみじん切りにして入れてみました。

ラー油が入ってるので唐辛子はやめて赤ピーマンと黄色ピーマンの小さい角切りをソースにも入れててみました。

白髪葱をたっぷりのせ、大葉の千切り、赤と黄のピーマン、白胡麻をふりました。

アボカドってレモン汁をまぶしておかないと黒くなってしまいますがカットしてすぐソースで和えたら変色しなかったです。

食べてみました。これとっても美味しいです。

アボカド1個分を1人で食べてしまいました。

bellavista777さんとっても美味しかったです。

アボカドのひと味違う食べ方としてお奨めです。

チキン白ワイン煮
今夜はこのアボカドの味噌ナムルとチキンの骨付きもも肉とキャベツ、ジャガイモをタジン鍋で白ワイン蒸し煮にしたものでした。

ジャガイモとアボカドでお腹一杯になってしまいました。

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

あぢ~~い~~で鶏飯

鶏飯
昨日は暑かったですね。

今までは暑くても朝夕が涼しく風があるので過ごしやすかったのですが昨日の猛暑はどうにもなりませんでした。

クーラーが苦手な私なので昼間は扇風機をかけっぱなしにしてありとあらゆる所を開け放しておきましたがどうにも暑いかったです。
家の中でも熱中症になるからエアコンかけろとは言われてますが頑張ってました。
夕飯の頃はさすがに疲れてきてあちこちを閉めてクーラーを入れました。今年初です。

昨日は朝4時過ぎに蚊の音で目が覚めてしまったので早いけどハンナの散歩に出ました。
ポンタくんのママが5時頃の散歩は爽やかだったというのでカンカン照りにならないうちにお散歩してこようとでたのですがちっとも爽やかでなくこんな時間でも暑い。
明るいですがまだ太陽が出てないので道路が暑くなってないのでハンナの足にとってはよさそう。
でももう少し涼しいといいんだけどね。

散歩が終わって家についたら5時で太陽が昇ってきました。

なんと昨日は30℃になった時間が朝6時48分なんですって。前日は7時台、一昨日は8時台だったというのに1時間ずつ早くなってます。こんな早朝から30℃を越えてるなんて先が思いやられます。
館林では38℃以上もあったとか。体温以上の暑さは応えるでしょうね。

昼間にせみの声を聞いてないのに夕方ヒグラシのカナカナという声を聞きました。変ですね。
ヒグラシって夏の終わりの頃に鳴くのではなかったでしょうか?

こういう暑い日のご飯をつくるのいやだ~~~。
でも作らない訳にはいかないのが現実です。

サラッと食べられるものがいいですね。
冷や汁もいいのですが今日は冷たい飲み物ばかりが口を通っていました。息子も魔法瓶に氷をたくさん詰めて行ったので食事は温かい方がいいでしょう。

息子の好物でもある鶏飯にしましょう。
前日にトリムネ肉を保温調理したものがあります。
肉を細く裂き、錦糸卵、生椎茸の焼いた物、かまぼこ、みつば、白髪葱、きゅうりのQちゃん、白胡麻を大皿に盛りつけてご飯に好きな具を好きなだけのせてチキンベースのアツアツのスープをかけます。

鶏飯は奄美大島の名物。
パパイヤの漬け物が入るそうですがそんなのないのできゅうりのQちゃんで代用します。

息子は丼で2杯食べてました。

お食後は黒胡麻プリン。
黒胡麻プリン
多少涼しいうちにと朝から作りました。


甘いよ~♪ 余市のサクランボ

余市のさくらんぼ
北海道 余市からサクランボが届きました。

このサクランボはかなり久しぶりにYahooオークションを覗いて落札したものです。

入札をしたのは6月半ばでした。
予約とのことでしたのでサクランボが届くのは先のことでした。

北海道からだと通常の宅配便は2日かかってしまうので航空便で届くそう。
同じ送料で5箱まで送れるというので弟のところ、医院のスタッフさんに声をかけました。
初めての取引先だし、山形でなく余市のサクランボがどんなものかよくわからないのが少々不安でした。
昨年の評価をみると美味しいサクランボというのが多いので大丈夫でしょう。

北海道のサクランボは山形に次いで2位の生産量があるらしいですがみたことないですね。

それにこのサクランボは訳ありと書かれてて多少傷がありでギフトには向かないと書かれてました。
それでもいいよと皆さんOKしてくれたので5箱注文しました。

出品者さんから私が落札した直後から北海道では濃霧が発生し、低温になってしまい生育がかなり遅れそうだというメールが入りました。
私の後に出品したサクランボは取り消しにしてしまったけど私の分はちゃんと生育がよくなるまで待って納得のいくものを送りますということでした。

その間なんどかメールをいただきました。
もう七月も中旬になるわねと思ったらやっと収穫が始まりましたというメールが届き、順に出すのでもう少し待って下さいとのこと。
それにしても遅いから催促しないとと思った矢先送りましたというメールがきました。

待ちに待った余市のサクランボが届きました。
山形のサクランボより赤くて可愛い。これも『佐藤にしき』なんですよ。

yamagatasakurannbo.jpg
すこし前に鶴岡のおばからもサクランボが届きました。ね!色が薄いでしょ。
赤味が強い分でしょうか甘味も強くて美味しい。
確かにいくつかは小さい傷がありますがどうって事ないです。

もうスーパーでもサクランボの姿が消えてきてます。
この暑さになるとスイカの出番ですね。
1㎏あるので生食でなくコンポートかなにかにした方がいいかな。

杏でコンポートもジャムも作ったのでやっぱり生でデザートですね。


テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。