スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大慌てでクリスマスプディングの仕込み

クリスマスプディング仕込み
いつもならクリスマスの一月前の勤労感謝の日あたりに作るのですが、なかなか手をかけることができなくて少々焦り気味。
昨夜になって 明日で11月も終わりだ~~

材料
仕事の帰りに足りない材料を買い込んできてようやくクリスマスプディングの仕込みにかかりました。
ケンネ脂は昨年アツさんのご主人のお陰で手に入れた物を真空パックにして冷凍してあったのでまだ大丈夫です。
もっと時間があったらゆっくりと細かく刻むのですが今回は少々粗めです。
全部をまぜて仕込み終了。
器にバターを塗り具を入れてこのまま一日置きます。

材料、作り方はクックパドにある私のレシピをご覧下さい。
Cpicon クリスマスプディング by ポメマル
材料少し変更しました。
レシピにはにんじんも入れたのですが今回は省きました。
ドライフルーツは何種類かのレーズンとプルーン、クランベリー、パイナップルと箱根でみつけたドライトマトもいれてみました。
以前はコストコのベリーミックスドライフルーツをつかったので苺とかブルーベリーも入ってました。
この苺が酸味があって良かったのですがコストコにいく時間なかったのでドライトマトです。
ドライトマト
このドライトマトはイタリア料理の素材のドライトマトではなくこういうもの。

明日はマンドリンの練習をしながら一日がかりで湯煎にします。



スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

大通り公園の銀杏並木

銀杏並木
箱根の紅葉につづき銀杏の黄色い紅葉です。

午後、横浜市役所に用があって関内まで行ってきました。

この時期なので大通り公園の銀杏並木を散策してきました。

残念ながらもう裸木になったものもありましたがまだまだきれいな黄色い銀杏が見られます。

風が吹くとハラハラと葉が落ちてきます。見頃は今週まででしょう。

スケッチ
今日の横浜はとってもいいお天気で穏やかな日差しです。あちこちでスケッチをしてる方、絵画教室の生徒さんのグループが目につきました。

IMG_9697.jpg
ぎんなんがところどころ落ちてて臭いです。植え込みに入り込んで拾ってる人もいます。
ぎんなんは先日たくさん処理したのでもう要りません。

柔らかな午後の日差しに映える銀杏をご覧下さい。


銀杏並木の先は海です。大桟橋を背にこんな船が停泊してました。
IMG_9710.jpg
中華街がすぐですが中華の美味しそうな匂いが漂ってました。


強羅公園の紅葉とローストビーフ

紅葉
紅葉の記事の更新が遅くなりました。

11月24日に箱根までドライブしてきました。
足にヒビが入る前に息子の車で箱根まで行ってから1月以上になります。あの頃はまだ暑いくらいでした。
勤労感謝の日で休日の後で平日は空いてるだろうと思ったのに結構渋滞してますね。
皆さん同じ目的なのでしょうね。
箱根への山道も車が連なってます。
芦ノ湖あたりはもう冬の様相でしょうから目指すは強羅公園です。
途中から道を変えたらスイスイ。

公園の駐車場を見落としてしまって美術館の駐車場に止めました。
美術館のお庭の紅葉がとってもきれいです。
でも反対の公園に。
IMG_9634.jpg
強羅公園は山の斜面に作られてるので公園の上の入口か入ることになります。
段差があちこちにあるので注意しながら足下をみて降ります。
つい紅葉がきれいなのでカメラを向けたくなります。
夫からカメラを撮りながら歩くなときつい注意。
しぶしぶ「はい」
撮る時はしっかり止まってからです。
今の時期に捻ってギプスになったらえらいこと。
マンドリン仲間から3日までは怪我しないようにと言われてました。

今年は夏が暑く急に寒くなったからか箱根も紅葉がきれいです。

紅葉の写真をご覧下さい。箱根もまんざらではないです。



お昼は夫が調べてくれたハンナも入れるイタリアンのお店に。
元箱根の船着き場前にあるラ・テラッツァです。
IMG_9639.jpg
このお店はテラスが中庭のようにひろくとってあります。
先客のワンコも何匹がいます。
テラス席寒そう。暖かい毛布が箱にたくさん用意されてるので椅子に敷き、膝にもかけました。
日差しが降り注ぐと結構暖かいですがのんびりとお食事をするにはちょい寒い。

パスタをいただきコーヒーを飲んで終了。

仙石原にあるというお肉屋さんに向かいます。
相原精肉店という肉屋さん。
ここのローストビーフが有名なんですって。

息子が先日来た時にここのローストビーフがすっごく美味しいと聞いてたのでせっかく箱根にいるんだから行ってみないとね。
仙石原の道から少し入ったところにその肉屋さんはありました。
入口は小さいのに中では行列ができてます。かなり有名店の様です。

精肉店なので普通の肉もたくさん。牛ほほ肉もあるようです。
ローストビーフよりもほほ肉の方が私的には興味あり。ほほ肉は?と聞いたら売り切れですって。(残念)
ショーケースの上のバットにローストビーフの塊がゴロゴロと。
100g単位787円の紋次郎と577円の箱根山の二種類。
どっちを買ってみようかなと隣をみたら切り落としがパックされててお買い得になってます。
二種類入ってるというのでお試しに買ってみるにはいいでしょう。
行列には若い子たちも。何を買うのかなと見ていたらメンチカツとかコロッケでそれも一つ。
ここで揚げたてを食べるのが目的のようです。

相原精肉店の情報は
住所: 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原226 乙女屋ショッピングマート内 
TEL: 0460-84-8429
営業時間: 9:00~19:00
定休日: 火曜日


IMG_9656.jpg
この日はローストビーフとポテトサラダにしました。
やはり高い方は肩ロース、安い方はモモのようです。
そのままでスライスして食べてみたらとっても美味しい。

夫はそのまま出すときっとグレービーソースがないと言い出しそう。
案の定夫がソースがないとクレーム。

家で焼いたのじゃないから仕方ないでしょう。ソースなんて売ってなかったもの。
ローストビーフはグレイービーソースがあってこそ美味しいんだって

そんな無理なこというな(怒)いつも私が焼き汁でグレービーソースを添えてたのがいけなかったなぁ。

「無くたってお肉がいいから美味しいよ。」

「肉は確かに美味しいけどソースが欲しい。」

我が儘言うな!イヤなら食べなくていいのよ。どうしてもなら辛子醤油でいいじゃない。

ホントに我が儘なんだから。
こんないい肉は使えないけどローストビーフは家で焼くしかなさそうです。

IMG_9670.jpg
今夜は端っこを刻んでジャガイモとまぜてローストビーフコロッケとなりました。
このコロッケ美味しかった~~。じゃがいもはもちろんルクエスチームケースでホックホク。

帰りは西湘バイパスが渋滞しそうなので御殿場に降り東名で。
下り道からの富士山です。
午後なのでくっきり画像ではなくなってます。富士山は朝の方がきれい。
冨士
車のなかからなので電線が写ってしまったりでようやくじゃま無しで撮影できました。






ルクエで黒豆大福

daihuku_20101126224308.jpg
先日区役所そばの和菓子屋さんで豆大福を買ったら黒豆大福でした。
黒豆大福は初めてでしたが美味しいですね。
タイミングよくみたこな研さんのブログで豆大福が載ってました。

そしてまたまたタイミングよく叔母が北海道にいってて送ってくれた荷物に黒豆がはいってました。
北海道の黒豆は丹波の黒豆と違って薄くて小さめです。
お正月の黒豆にはやはり丹波のお豆がいいですね。

この黒豆で大福を作りましょう。いちご大福以来の大福です。
普通の豆大福は茹で赤エンドウで少し塩味がついてるのかな?

黒豆は茹でるだけでいい?
この前買った黒豆大福は塩味では無かったような気がします。
薄味で普通に煮てみました。(お砂糖、お醤油がはいってます)

一緒に小豆も入ってたので私好みの甘さかなり控えめ粒餡もつくりました。

まずはレシピ通りに3つ作ってみました。ぎゅうひに豆を均等に混ぜるのは難しいです。
3個なので夫と息子にも食べてもらいました。
たぶんあまり甘くないと思うけどと言うと夫は「こういうものは甘いのがいいんだ」だって。
やなら食べなきゃいいじゃない(プンプン)
文句いいながらも完食したよ~~。
息子は何も言わずに食べました。


今日は定演前最後の練習でした。
午後も練習するのでお昼持参。午前中の疲れを取るためにもと餡も豆もまだあるのでパート人数分(11人)の少し小さめの黒豆大福を作りました。やはり豆が均等に散らせるのは至難の技のようです。
仕方ないので上に豆をのせてみました。

女性にはこの位の甘さがいいと好評でしたよ。
大福もルクエで作ると本当に簡単なんですよ。



本番まであと一週間最後の追い込みです。今からハラハラドキドキです。
IMG_9660.jpg
夕方忘れないうちに弦を張り替えました。
今回はいつもより高い弦を奮発してしましました。
少しでもいい音が出るようせめてもの神頼みです。

おめでとう!ミシュランガイド2011

昨日強羅に紅葉を見に行ってきたのですがその前に嬉しいニュースが入ったので先に載せます。

ミシュランガイド2011に私の知ってるお店が載りました。
北鎌倉駅前にある日本料理のお店『円』です。HPはこちら

昨日(もうすぐ一昨日です)の夕飯の時に夫が
「北鎌倉の『まどか』って知ってる?」
「『まどか』? 知らない。」
「『円』って書くんだよ」
「え~~!『円』  知ってるも何もないわよ。昔習ってたケーキの先生のお店よ」
「それがどうしたの?」
「ミシュランに★1つのお店に選ばれたんだって」
「ひぇ~~!ホントに」
「食べたことあるの?」
「何度かあるけど・・・・」

夜のニュースで確認したかったのですが昨夜から久しぶりに自分整体教室に復帰で出かけてしまいました。
深夜のニュースも見たのですが東京のお店は出てましたが鎌倉は出てきませんでした。

今朝になって
「昨夜のニュースで堀江さんが出てたよ」
「ダンナさん?」
「いや奥さんだった」
「え~~!見たかったなぁ じゃやっぱり本当なんだね」

その後ワイドショーで鎌倉市役所の方がお店の名前を書かれてるところが出て二番目に『円』が書かれてました。
数ある鎌倉のお店の中で選ばれて嬉しいです。

ミシュラン★ おめでとうございます

私が堀江さんの奥さんにケーキを習いに行ってたのはかれこれ20年以上にもなります。

堀江さんとのおつきあいは次男が小学校に上がった時。
PTA役員に選出され1年生なのになんと副委員長に選出されてしまったのです。
当然委員会に出席することになります。

初めての委員会でとっても貫禄があるようにみえる方がいらっしゃいました。
意見もはっきりいわれる方で一見ちょっと怖いようにも思えたのが堀江さんでした。

お話してみると面倒見もよくとってもいい方でそれから委員会が楽しくなりました。
成人の委員長さんでクリスマスのグッズをみんなで作ったり、一品持ちよりで会合を開いたりしてました。
そういう時にもおいしいケーキをもってきて下さいました。

ケーキをお店に出してるプロでもあったのです。
息子さんがたしか三人いて野球部の集まりにはケーキをたくさん焼くとも。

小学校の近くに大きなマンションができ、そこにお引っ越しされてきたのでケーキを習いたくてお友達4人でグループを組んで月1回習いにいってました。
ケーキは自分で作成した物はホールで持ち帰りで先生が焼いたケーキを頂いて時にはお昼も頂いてましたね。

その時にご主人が作られたというカラスミを頂いたことがありました。
今では私もカラスミを真似して作ってますが、カラスミが作れるものなんだということを知ったのです。ご主人はある料亭の花板さんだということを知りました。
要するにプロの方が作った自家製カラスミでした。その頃はあまり口にもしたことがなかったのですが不思議な美味しさを覚えてます。

ご主人が料亭を辞められて北鎌倉に日本料理のお店『円』を開いたのは少し後のこと。

その後私が横浜に移ってしまい、時々北鎌倉に出向くと和服を着た堀江さんにバッタリと会うことが何度かありました。
あのあたりで和服といっても作務衣のような時もありますがそういう服装の方を見かけたら堀江さんと思っていいでしょう。

円は北鎌倉駅改札を出て徒歩10歩くらいのところに位置します。
『光泉』という鎌倉では有名ないなり寿司のお店の二階にあります。

たしか『光泉』は堀江さんのお姉さんのお店だとも聞いてます。
目の前は白鷺池(小さい池ですが)が見えて場所的には素晴らしくいいところです。

紅葉を見に行くときに北鎌倉の前を通ったのですがまだこのニュースを知らなかったです。

しばらくお邪魔してないのでお祝いに伺いたいところですがほとぼりが冷めるまでは混雑することでしょう。

HPをみたら堀江さんのお菓子も通販で求めることもできるようです。
お菓子にリンゴのケーキが載ってました。
このケーキはたくさん習った中でも未だに作り続けてるものの一つです。
私が適当にアレンジしてしまったところもありますがマンドリン仲間にも評判がとってもいいケーキです。

ミシュランガイドに載ってお店自体はこじんまりしてるのできっと混雑してしばらくは忙しいことでしょうがお体に気をつけて下さいね。


銀杏処理 穴子鍋 

IMG_9580.jpg
先週末に息子が大きなビニール袋を持って帰ってきました。
「何これ?」「銀杏だよ」現場近くで銀杏がたくさん落ちてたので拾ってきたらしいです。
ヒェ~ 袋の中は銀杏の枯れ葉が一杯だよ~。
その中に黄色っぽい銀杏の実が見えます。まだ潰れてないので袋の外までは匂いが強くないです。

むか~しむか~しの事。
結婚して間もない頃のことを思い出しました。
その頃社宅に住んでましたがご近所の方に誘われて夫が近くの街路樹の銀杏拾いに行ってバケツ一杯の銀杏を拾ってきたことがありました。
一階にいたので土に埋めておくといいというので庭の土の中に埋めておいたことがありました。
土の中で果肉を腐敗させて種を取り出すのですが約1月ほど埋めておいたでしょうか?
匂いはかなりきついものだったのは記憶にあります。
銀杏を処理したのはそれが最初で最後でした。

庭に埋めるったって掘り起こすところないなぁ。それにあの匂いがご近所迷惑かも。
とりあえず袋のまま庭に放置されてました。

息子はバケツに入れて砂と水で混ぜると果肉がとれるとも言ってましたがだれがやるのよ。
このままにしておくわけにもいかないし銀杏は食べたいものね。

ネット検索したら袋の上から潰して種を取り出すのが一番手っ取り早いようです。

意を決してゴム手袋、マスク、万が一果肉が飛び散ってもいいような服装で袋の上から潰してみました。
実だけでなく葉もたくさん入ってます。全部グチャグチャになったものから種を取り出すのも大変そう。
思い切って袋を開けてみました。
マスクをしてるので思ったよりも大丈夫。
ゴム手袋のままつっこみ一粒を潰して実を取り出す方が早そうです。
種をバケツに放りだし小一時間かかって全部取り出しました。袋はしっかり口を柴ってさらにビニールゴミ袋に入れて翌日のゴミにだします。

バケツに取り出した種はまだ果肉が付いてるので水で何度も洗ってようやくきれいになりました。
IMG_9581.jpg
大きなザルにこれだけ。結構な量です。
あとは陽にあてて匂いが薄らぐのを待ちます。その後お天気があまりよくないです。

新銀杏は加熱すると翡翠色できれいですね。
この日はにんじんご飯を作ったので本当はこれにも翡翠色の銀杏が入ると綺麗だったのですがあの匂いがまだするので手をつけませんでした。
IMG_9585.jpg
にんじんと油揚げだけです。青葱とか三つ葉とか入れればいいのにね。中心が赤いのはカメラが壊れたのでタイマーのボタンが赤く付いたままになってるからです。(カメラについてはまだ後日の記事で)

anagonabe.jpg
そしてメインは生穴子が安かったので白焼きにして穴子なべにしてみました。

関西なら穴子の骨も頭も一緒に着いてくるのでしょうが関東では身だけした売られません。

美味しい出しを作って水菜と生椎茸、シメジ、油揚げ、お豆腐と白焼き穴子を煮ました。

IMG_9584.jpg
食べ始めの頃は穴子がちょっと癖がありましたが煮ているうちに美味しい出しがでてきて水菜やお豆腐がとっても美味しいです。

穴子が安い時に白焼きにしておくといいですよ。

穴子鍋というものがあるのか検索してみたら松茸と穴子の鍋というのがありました。

松茸とだったらもっと香りが良くて美味しそうですね。


ブログ村に参加してます。クリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログへ



タルトタタン

タルトタタン
消費せねばならない紅玉リンゴが3個リビングのテーブルの上に。

先に使わなければならないのに新たに買ってきた紅玉でジャムを作ったのでそのままになってました。

候補に挙がるのはアップルパイ、アプフェルストゥルーデル、タルトタタンです。
どれも材料は同じですね。
アプフェルストゥルーデルはパイ皮の仕込みが面倒なのでパス。
タルトタタンは以前作ったことあるのですが失敗作に終わってました。

タルトタタンに再挑戦。

以前のはキャラメレーゼをしなかったので色がボケてました。
今回はカラメルで煮てみます。

IMG_9548.jpg
グラニュー糖と水を火にかけてカラメルを作りバターを投入。火を止めてバターを溶かします。
IMG_9549.jpg
マンケ型にカラメルを流し込み皮を剥いた紅玉リンゴ(紅玉は3個だったので冷蔵庫にあったレッドゴールドが少しボケてきたのでこちらも使いました)を詰められるだけ詰めて200℃のオーブンで90分加熱。リンゴをひっくり返して更に90分オーブンで加熱します。
この間リンゴから水分が出てくるので最後の15分くらいになったら温度を上げて(220℃)蒸発させました。
IMG_9554.jpg

そのまま完全に冷たくなるまで冷やします。私は前夜作りそのまま一晩おいておきました。
IMG_9565.jpg
翌日パイ皮(面倒なので市販のパイシートを使用)を少し大きめにカットして(小さいパイ皮は少しのばして真ん中ではぐ)被せ冷蔵庫でしっかり冷やして200℃のオーブンでパイ皮がカラッとするまで25分ほどやきました。
IMG_9566.jpg
ある程度冷めてからナイフでリンゴの周りを剥がして型を揺すってみて動くようならお皿を被せてひっくり返して開けます。
動かない時は型をお湯につけて温めてから取り出すといいです。

IMG_9569.jpg
完成品がこれ。
リンゴを4個半も使ったのにこんなに薄いです。

食べてみました。お砂糖はかなりの少なめです。キャラメリーゼしたのでほんの少し苦みが大人の味。
これにバニラアイスを添えるともっと美味しいと思います。

【タルトタタンの材料】
紅玉リンゴ  3~5個(大きさにもよります)
グラニュー糖  50g
バター     50g
水       大さじ1
冷凍パイシート 2枚


テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

しょうゆ豆

大豆を煎って
少し前にNHK『和の極意』という番組を見ていてしょうゆ豆というものを知りました。
ぼんやりと見ていたので大豆を乾煎りして醤油に浸けたような・・・・
醤油だけだったのか他にお酒とかみりんが入ったのか???
ネットで検索してみるとしょうゆ豆というのは乾燥空豆を乾煎りして醤油に浸ける物のようです。
そのまま醤油漬けにしてるものやお酒が入ったものもあります。
香川県のの郷土料理のようで近くにいるマンドリン仲間のHさんがそちらの出身で知ってるとのこと。
そのままお醤油に浸けるようだとのことです。
乾燥空豆なんて無いので大豆でやってみましょう。

大豆を洗うべきかそのまま煎るか?またまた疑問。
サッと水を通したら皮にシワが入ってしまいました。
やっぱりそのまま煎るのかもしれません。
鍋で乾煎りしてると乾いてきて素に戻りました(笑)
気長に転がしながら香ばしくなるまで煎って瓶に入れてお醤油をドボドボ。

醤油豆
すぐお醤油を吸い込んで色が変わってきます。

しばらくしてつまんで食べてみたらしょっぱ~~い

このまま漬け込んでおくのも心配でみりんやらお酒やらを入れて結局は水もいれて薄めてしまいました。
それでも最初に吸い込んだしょっぱさがなかなか抜けないです。

醤油豆
これってどうやって食べるんだろう?
お酒のあてには良さそうですがそのままつまむには味がかなり濃いですよ。
少しづつつまんで減ってきてますが・・

炊き込みご飯にでもすればいいのか?
その前にご飯に混ぜ込んでおにぎりにしてみました。

IMG_9501.jpg
これおいし~~い。
おにぎりは大成功。
こうすると豆の甘さも感じられます。
見た目は納豆を混ぜ込んだおにぎりのようにも見えますね。

豆が全部なくなったらまた作りたくなってます。
節分の煎り大豆と同じなので節分の時に残った豆を利用するのもいいですね。



バイバイ松葉杖

kouyou.jpg
これは少し前に撮ったものですが庭のさるすべりの紅葉です。今は大部葉が落ちてしまいました。

このところ少々忙しくてブログまで手が回らず更新が滞ってました。

先週松葉杖がとれました~~。
本当はもう少し使った方がいいのでしょうがヒビが入ったところを触っても痛くないので先生が無理をしないようにという約束で返却しました。

先週後半から先月行われた国勢調査の調査票の審査という仕事が入ってました。
その前に受け付けもあったのですが動けないのでパスしてもらったのはいいのですが審査する調査区が少し増えてしまいました。
松葉杖をつきながらの区役所通い(ヒビは左足なので車の運転はなんとかできるようになってました)
怪我をしたことは担当者も承知なので私は机に座ったままで資料やらを揃えてもらって審査するだけ。
職員さんをあごでこき使ってました。

受付も出てないので調査票は自分で書いたので内容はわかりますが他の流れが全くわかりません。
初日にはじめたのが調査区中でも8単位区もあるややこしいものでやり終えるのにかなりの時間がかかってしまいました。
こんな状態では期日中に終わりそうもないと焦り気味。
今までの調査の審査は2週間という期間中でも3日くらいで終わったので半日くらいの出で数日の予定だったのですが今回はそうはいきません。
国勢調査は全家庭対象なので量がとんでもないです。
区役所の職員も駆り出されてるようで顔見知りの職員さんや係長、課長の顔も・・・
みんなこれは大変だ~~と。
5年前の調査よりも大変なようです。

のんびりやってたら終わらないのでなるべく毎日通勤状態(今回は土日もやってます)
言われるままにやってたので理解してなかったのもいけないのです。
ある程度やって飲み込んでくると思ったよりも進むようになってようやく終わりました。

怪我した当初は2ヶ月くらいかかると言われましたが思ったよりも回復が早くてホッとしてます。
演奏会もギプス無しでできそうです。

昨日は足を少しかばいながらもゆっくりとハンナの散歩につきあってきました。

明日からは医院の方の仕事にも復帰します。
約1ヶ月も仕事から遠のいてたのですぐ仕事になるのか不安です。








リハーサル終了 ラストスパート

JURIA_20101105004629.jpg
ジュリアです。夏にも開花したのですがあの猛暑であっというまに開花して散ってしまいました。
庭に出られなかったので家の中から撮ってみました。
IMG_9362_20101105004922.jpg
葉っぱはみごとに虫さんの餌食になってます。葉裏にもたくさん発見。イヤだけど割り箸で退治しました。
今年は庭の植物たちのことはあきらめるしかなさそう。

2日に県立音楽堂にて定期演奏会のリハーサルがありました。

足のケガをして2週間その間外にでたのは病院と一度郵便局に行っただけ。そろそろ家の中も飽きてきてます。
自由に外を歩きたいです。天気が悪い時はいいのですがお天気になるとウズウスします。
でもギプスと松葉杖がじゃまですね~。
診察初日はギプスが2ヶ月くらいはしないとと言われたのですが痛みがないと強調したらなんとギプスをはずしてベルト固定にしてくれました。
松葉杖はまだダメと持ち帰ることに。
家の中はかえってあぶないので壁とか台を伝ってヒビの箇所をつかないように踵だけをついて歩いているのですがまだ治ってるわけではないので普通に歩いて体重がかかると付くものも付かないと脅かされてきました。
リハーサルにはどうしても出たかったので外出したいと言ったら松葉杖は使うようにと。

しばらくギプス生活と思ってキャストシューズまで購入したのに・・・
看護婦さんが「また使うことあるかも知れないから取っておきなさい」だって
もう二度と使いたくないです。

松葉杖は今日はさよならできるかと思ってたのにまだダメだと。
家の中ではリハビリもかねてヒビのところは付かずに踵だけをついて壁などをつたって歩いてるのに。
先生曰く「家の中は支えるところがあるけど外はつかまるところがないから足に全体重がかかるのでダメ」とのこと。

明日どうしても出かけたいところがあると言ったら松葉杖は使うことと言われてしまいました。

近くにいるベースのHさん車で迎えにきてくれるのですが楽器とバッグと紙袋と持ち物が多いです。
できれば松葉杖は置いていきたかった。

会場に行ったら時間にならないと入れてくれないのでみんなが集まってました。
そこに松葉杖で降りるのはあまりにも目立ちます。いやだな~~

みんなで荷物を分担して運んでくれ、何もしなくていいからねと椅子に座らせてくれました。
椅子出してステージ作りなどを客席から見てました。
譜面台、楽器も出してくれて舞台まで肩をかしてくれたりとみんな忙しいのに申し訳ない。
トイレに行くにも付き添ってくれたり皆さんの親切に本当に嬉しいです。感謝感謝です。

この2週間練習にも出られず家で1人練習してきましたがうまく弾けるかしら?
どこか変更になったことがあったかもしれません。
速い所が自分が弾きやすい速度になってしまってるかもしれません。

でもみんなと弾けることが嬉しい。

午前は1時まで練習してお昼。2時から(本番が2時からなので)本番通りに司会もいれてのリハーサル。

お昼は私の為に小さい部屋を使うようしてくれてHさんとNさんが一緒にお昼を食べてくれました。

本番通りのリハーサルが始まりました。
舞台袖から出るところからです。
私は動かなくていいからとそのまま残ってみんなの出方を見ることに。

前半の練習はまあまあでしたが後半は少々疲れてきてうまく指が動かないところがでてきてしまいました。

リハーサルに出られて良かったです。まだまだとてもいい出来というところまでいってません。
あと練習あるのみと痛感してきました。
本番まで練習はあと4回しかできません。


本番のご案内をさせて下さいね。
IMG_9463_20101105003903.jpg
これが我がクラブの演奏会のご案内状です。クリックすると大きいものが見られます。 

今年は土日が会場がとれなくて平日の開催です。
興味のある方ぜひご来場ください。



ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。