スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バースデー

サーモンクネルのグラティネ
昨日記事をアップさせようと思ったら間違えて消してしまった~~。
もう一度おなじこと書くのは手間だけど頑張って・・・・

病院行きの土曜日は夫の誕生日でした。
前日になって長男から来ると言うメール。

RIMG1130.jpg
バースデー用に何か作らないとで前夜アップルパイを作りました。
アップルパイはとっても久しぶりです。
これに使ったリンゴについては後日。
少々トラブルありましたが焼き上がりました。

お料理は作ってみようと思ってたものがありました。
fleur de selさんが先日載せてらしたサーモンクネルのグラティネです。
クネルというのは川カマスという魚でつくるものらしいのですがないのでサーモンでもレシピを作ってらっしゃいました。
サーモンなら入手できます。
RIMG1112.jpg
お刺身用のサーモンをグラブラックスにしておきました。
本当はディルを使いますがなかったのでフェンネルの葉とパセリです。

帰ってからだと最初から作るのは時間がないので真夜中になってましたがバナードというシュー生地のようなものを作っておきました。
帰宅したのは4時なのですぐサーモンを切り、バナードと卵他をFPに入れて混ぜます。
冷蔵庫にはいってたので硬くなってFPがうまく回りません。
少し混ぜて回しましたがあまりやるとモーターがダメになりそう。
卵が少なかったかもしれません。

生地自体は柔らかいです。粉の上にとって成形して茹でます。この生地がべた付いて結構やりにくい。
小さめにまとめてなんとか茹でました。
茹でたら意外としっかりしてます。もっとはんぺんのように柔らかいものと思ってました。
べーカーの下にほうれん草とマッシュルームのソテーをしいてクネルをのせてクリームソースをたっぷりかけてチーズをかけて焼きます。
レシピではクリームソースでしばらく煮ておおきく膨らんだものをべーカーに入れるのですが時間切れと大きい鍋をださないとでカット。
煮たらもってふんわりしたのかもしれません。
ソースを作りながら隣でポロ葱とサボイキャベツと人参をブイヨンで煮てます。

少し固めですが美味しかったです。これは私の作り方が悪かったのでリベンジしないとです。

サーモンをこんなおしゃれに変身はなかなかできないのでチャレンジしてよかったです。

fleur de selさん 素敵なレシピありがとうございました。

この日は
サーモンクネルのグラティネ
RIMG1167.jpg
ポロ葱とサボイキャベツと人参のスープ煮(サスピさんのレシピを参考にできあがりにオリーブオイルをかけました)
サボイキャベツの外葉のクリスプス
塩鶏
サラダほうれん草とレタス、トマトのサラダ
このサラダはベーコンのホットドレッシングのつもりだったのですが普通のドレッシングで
アップルパイバニラアイス添え

こういうものを作る時はもっと時間がゆっくりでないとダメですね。
これに息子は前日の残り物の麻婆豆腐でご飯を食べてました。

バースデーですがお花を贈ってもね。ちょうどこの日は↓の満開の桜をたっぷりみてきたからいいでしょう。









スポンサーサイト

一足先にお花見! 松田の桜まつり

sakura_20110227143428.jpg
昨日は半年ぶりの夫の診察日で沼津まで行ってきました。
家を出たのは5時過ぎ。まだ真っ暗です。
そして前日は本当に暖かかったのに予報どおり真冬にもどりなので寒い!

入試も一息ついたからか交通量が結構多いですね。

足柄SAで休憩。駐車場は満杯です。
でも早すぎてまだお店が一部しかやってないです。
半年前は寄らなかったので一年ぶりなのかもしれません。
改装したようで大部雰囲気が違ってました。

病院には7時過ぎにつきましたがすでに車がいます。
夫は4番目でした。今までだと2番目くらいだったのですがまた患者さんが増えたのかもしれません。
関西から米村先生がいらっしゃるのは10時頃なので夫は血液やCTの検査ですが私は待合い室のソファで寝て待ちます。
ここの病院は普通でしたら結果は1週間後になるのでしょうが遠くから患者さんが集まるので診察までには結果をだしてくれます。
診察が早く終われば寄りたいところがあります。
病院前の道路を工事してて車が渋滞してるとのこと。
もしかしたら先生の到着が遅れるかも。
10時になっても呼ばれないです。
やはり少し遅れたようですがなんとか診察も終わり、まだ経過をみるということで診察は5分で終了。
病院を11時にはでることができました。

寄り道は大井松田の河津桜で今桜まつりの真っ最中。
この桜まつりはブログのお友達の鎌倉大根のななママさんから知ったもの。
2年ほど前の記事に青い空に濃いピンクの河津桜と黄色い葉の花と真っ白の冨士山がとってもステキでした。
わざわざだと面倒になりますが病院の帰り道ならいいでしょう。
ただ土曜日のお昼頃なので駐車場に入れるかどうか???

ななママさん情報で混んでると駐車は河原の方かもと。
案の定満杯で上の駐車場はダメで河原の方に。河原が凄い車の数です。ここからシャトルバスが出るようです。
歩いたら20~30分とのことですがシャトルバスを利用することに。このシャトルバスの乗り場まで停車場所から結構離れてます。
それ以後も車はドンドン入ってきて凄いことに。シャトルバスがなかなか来ず、やっと来たのはミニバスでたくさんは乗れないです。
その後普通のバスがきてなんとか最後に乗り込めました。
シャトルバスは何台もあるようですが道路が混んでるのでなかなか来ないようです。
バスがどこまでいくのかと思ったら山の中腹にあるハーブ館までですがこの道がすさまじい。
細くて急坂で急カーブでよくバスが満員で上るなと感心。
道が細いの上からバスが来ると手前で待ってないといけないのです。
ようやく到着。今度は人がすごい。
桜は満開で山の斜面一面に咲いてます。
RIMG11381.jpg
山にはミニ汽車ポッポがあってこの線路を人を乗せて走ります。このミニSLを撮ろうと人だかり。SL写ってないですが満開の桜の下を走ります。

上から桜の中を下がっていきます。
ななママさんが撮られていたような場所をゆっくり探してというわけにはいきません。
冨士山は朝はくっきりとしてましたがお昼過ぎになるとぼんやりしてしまいました。
RIMG1152.jpg
冨士山は諦めて菜の花と桜の写真と思いますが人の列がひっきりなしでじっくりカメラを向けられません。
写真を撮るに平日の午前中ですね。
これは菜の花。nanohana.jpg
ソメイヨシノが咲く頃は菜の花はもう遅いですよね。
河津桜なので一緒の写真が撮れるのです。
朝の冨士
ちなみに今朝の冨士山はこんなにきれいでした。

ソメイヨシノとは違って鮮やかですがとってもきれいでした。
お庭に1本あるのと違って綺麗です。
一足先にお花見を楽しみました。
あと一月もするとソメイヨシノも満開になりますね。

この山はミカン山のようでミカンを売ってます。
歩いてる人がほとんどミカンを持ってるんですよ。
デコポンを試食したら酸っぱいので止めたのですが駐車場までの間にもご自宅の前で販売してます。
温州ミカンが150円と安いので私も一袋購入してきました。

帰りの車の中よりこんな感じで咲いてます。
RIMG1165.jpg

松田の桜まつりは3月6日まで開催中です。


水耕栽培!

今日はとっても暖かい一日でしたね。植物の芽たちもこの暖かさで目覚めたかも。
でも明日はまた冬に戻ってしまうらしいです。
寒暖の差が激しくてついて行くのが大変です。
でも確実に春はすぐそこにきてますね。

RIMG0778.jpg
これは我が家の水耕栽培です。
水耕栽培というとduckbillさんのような本格的なものを指すのでしょうから私のは単なる水栽培です。
市販の野菜の根っこを水につけただけのもの。
今の所順調に育ってます。
窓辺で暖かい陽射しを受けながらクレソン、セリ、九条葱、人参、春菊が育ってます。

セリ
まずはセリ。お鍋するたびに切り落とされる根っこ。
コレを水に浸けておくとすぐに新芽が出てきます。

クレソン
そしてこちらはクレソン。
クレソンも水に浸けておくだけですがクレソンはよく買うのでそのたびに水に浸けるのですが気温にもよるのでしょうか?
芽はでてきて根っこもでてくるんですがすぐにドロドロになってきてダメになることが多いです。
今回はしっかり白い根がでてきて上にも伸びてます。
土に植えた方がいいかな?
本当は綺麗な流れのある川に植えるのが一番なんですよね。

人参
これは人参。カットしておいたら葉がでてきました。

春菊
これは初めてやるもので春菊。
春菊の固い部分を見たら脇から小さい葉がでてるので水に入れてみました。

春菊は土の方が大きくなるのかもしれません。

九条葱
九条葱の根っこも水に浸けておいたら芽が伸びてきてます。この写真は少し前のもので今は緑の葉がグンと伸びてきました。

昨年も九条葱は土に植えておいて伸びてきたのをカットしてずいぶん役だってくれたのですが夏の終わり頃でしたか黒いアブラムシのようなものがビッシリくっついてしまい気持ち悪いので引っこ抜いてしまいました。
今年もそうなるのかと思うと植えられません。

寒い中ガラス越しに日光をたっぷり浴びて新芽を伸ばしてるのをみるのは楽しみです。

そしてこちらは二階の窓辺においてある苺2鉢。
RIMG0935.jpg
一鉢は昨年からのもの。
RIMG0936.jpg
こちらは今年かってきたもの。既に赤く大きい実がついてて味見で食べてしまいました。
この苺も甘くて美味しい。
昨年からの苺に蕾が出てきて開花した時に受粉させるのにもう一鉢あった方がいいかなと思って買ってきました。
苺はブルーベリーと違って違う花粉をつけなくてもよかったんです。
咲いた花の花粉を筆でつけてあげればいいみたいでした。
受粉してもまだ温度が低いのでなかなか大きくなるには時間がかかりそうなので少し育ってる苗をみてるのは楽しいです。



肉じゃがならぬ鶏皮じゃが

RIMG1081.jpg
ツジメシさんのところで鶏皮を使った鶏皮鍋がありました。

鶏皮をお鍋に博多もつ鍋の鶏皮バージョンのようでした。

鶏皮で思い出したのが父が好きで(でも母はあまり好きではなかったよう)時々登場してた鶏皮を柔らかくなるまで煮てタマネギとジャガイモを入れて甘辛く煮た肉じゃがならぬ鶏皮じゃがです。

二人とも他界してますので詳しいことは聞けません。
記憶に辿ると父がどこかで鶏皮を仕入れて来たようです。
父は料理は殆どできないので母に作り方を教えるだけで母はあまりいい顔して作ってなかったような気がします。
鶏皮を煮てる時ってあまりいい香りではないんですよね。

大きな鍋で作ってましたからかなりの量だったのだと思います。

私も子供ながらに鶏皮?でした。鶏の皮を食べてるのってなんだか恥ずかしい。
鶏の皮ってあの見た目のブツブツが気持ち悪くて鶏肉イヤというお友達が多かったです。
でも柔らかくなった鶏皮を引っ張り出して盗み食いするのがいいんですよ。

鶏皮はコラーゲンが豊富なので翌日になると煮こごりのようになってしまうんですよね。
煮こごりの中のクニュッとした鶏皮を探すのが翌日の楽しみ。そしてジャガイモが滲み滲みで美味しい。

なんだ結局は鶏皮すきなんじゃない。

何となく作ってみたくなってスーパーの肉売り場をみたら鶏皮だけ売ってました。
焼き鳥で夫、長男は鶏皮が好きですが普通の鶏肉の皮を剥がして茹でて串で縫うようにさして油出しになるので最初に焼いてます。なので鶏皮だけなんて買った事無かったです。

スーパーの鶏皮はブヨブリョ脂が多いですね。
まずはサッと茹でて臭みをとります。今は鶏皮に羽の根元がついてるなんてことはないですね。
子供の頃は茹でた鶏皮についてる根元のようなものをとった記憶があります。
新たに水を入れて煮ます。しばらくすると黄色い脂がでてくるのでアクとともにしっかり掬い取ります。
生姜と葱の青いところを入れて柔らかくなるまで煮てから櫛形切りのタマネギとジャガイモを入れて日本酒をたっぷり、お砂糖と醤油で味を付けます。

こんな作り方だったと思います。
食べたら懐かしい味がします。
でも皮が柔らかいというか脂っぽいです。食感がイマイチです。
子供の頃のはもっとしっかりした歯ごたえがあった気がします。
所謂ブロイラーでなくもっとしっかりした鶏の皮だったのかもしれません。

いい鶏皮だったらもっと美味しいでしょう。




ジャンボレモンのピールとチョコがけ

RIMG1077.jpg
Fujikaさんからいただいた各種ピールのチョコがけが美味しくてなくなってしまったのでご近所さんのジャンボレモンを貰ってきました。

去年は年内にいる?と聞いてくれたのに今年は何も言わないけど全く取った形跡もないのでお外で会った時に「レモン欲しいの」とおねだりして3個も貰ってきました。
ジャンボレモン
3個もいらないんだけどね。

お庭のものなので無農薬がいいですね。
とりあえず1個を茹でて水にさらし苦みを抜きお砂糖をれて煮て乾かします。

本当h大きいザルにのせて外で乾かしたいのですが最近ヒヨドリがベランダに来てます。
買ったばかりのサンチュが早速食べられました。
ヒヨドリは干し柿も食べてくれたのでピールも食べてしまいそう。
なのでお部屋の中で乾かしました。
安全なのでついついそのままにして置いたら乾かし過ぎでカリカリ。砂糖戻りもあったみたいで砂糖まぶしのよう。
RIMG1071.jpg
そのまま食べるとちょい苦いです。
チョコがけしてしまえば大丈夫。

そのチョコですが先日姪っ子が修学旅行でシンガポールのお土産にマーライオンのチョコを持ってくれました。
他にもチョコレートあるので食べきれないのでコレを溶かしてしましましょう。

RIMG1072.jpg
溶かすのはルクエのペティートです。
nonさんがチョコレートを溶かすのにいいとお奨めしてました。
まず半分で。様子を見ながら溶かしました。
本来ならテンパリングとかいうのをやらないといけないのでしょうが面倒なのでそのまま溶かすだけ。
RIMG1074.jpg
ピールをくぐらせて網の上にのせて乾かします。
見た目があまり滑らかでないけど食べたら結構美味しい。

まだピールが残ってるので続きをしないと。

RIMG1076.jpg
ペティートにくっついてるチョコはもったいないので牛乳を入れてレンジでチン。
ミルクチョコドリンクになりました。
これに先日貰ったフランスパンを浸して食べると美味しい。
このパンはなんでも1889年創立のフランスのパン屋さんPAULというお店のフランスパン。塩気が少し強いので甘いチョコドリンクに浸けると美味しいです。
RIMG0987.jpg


寒い夜はビーフシチューで

RIMG1070.jpg
立春過ぎてから雪が降ったりここにきて寒さが戻って真冬よりも寒いような気がします。

今日は予報としては暖かくなるとのことでしたが横浜は風がとっても冷たくてあまり暖かく感じませんでした。

河津桜はかなり開花し、公園のソメイヨシノの先端は蕾が春を待ってます。
寒くても春はすぐそこまでやってきてます。

この寒さでまたお鍋とかシチューの出番が多くなってます。

先週ビーフシチュー用の肉を買って置いたので肉だけでも煮ておかないとと土曜日の朝肉を煮始めました。
午後は出かけてしまったので更に煮るのは日曜日の作業に。
日曜日も寒かったので肉を煮てると暖かくなっていいです。

この日は鍋の予定だったのでシチューは翌日の出番を待ちます。

丸一日寝かされたのでグンと美味しくなってるます。

長時間煮込むと思って肉も人参もジャガイモの大きく切っておきました。

赤ワインもたっぷり入れて以前作って冷凍してあったドミグラスソース(もどき)、少し前に作ったトマトピューレも入れてたっぷりのソースで煮込まれてます。

肉はミットゥンさんが頬肉でおいしそうなビーフシチューを作られてましたが頬肉は普通には入手できないので普通のシチュー用です。3時間ほど煮ましたが柔らかいけどすね肉はこれ以上は無理です。
本当は頬肉とかバラ肉の角切りで作りたいんですよね。なんでスーパーのシチュー用ってすね肉だけなんでしょう。
コーンビーフっぽい食感になるのがあまり好きでないです。

ビーフでなく豚肩ブロックとかバラ肉で作った方がいいんじゃないかと思うことも。
でもビーフシチューなのでどうしてもビーフが欲しいですよね。
寒い日はやりこういうシチューが美味しいです。


付け合わせのサラダは寒いので買い物にもいかなかったのでレタスはないしでキャベツ。
冬の間はあまりサラダ欲しがらないし、レタスもそう安くないのでキャベツでもいいや。
ハムとスライスアーモンドにキュウリをレモンマヨネーズで和えたもの。

この日のデザートは簡単にオレンジをカットしたもの。





ライスロール

RIMG1042.jpg
今米粉パンやお米でつくるGOPANが流行ってますね。

先週のパン教室はライスロールというものでした。
米粉でなく五穀米を炊いたものを混ぜ込んで焼くというもの。

お赤飯が入ったパンは食べたことあるけど五穀米を混ぜ込んだパン?

どんな味がするんでしょうね。とっても興味深いものです。

普通にパン生地を捏ねて先生が炊いてきた五穀米ご飯と黒胡麻を最後に混ぜ込んで発酵させます。

成形はオーソドックスに丸パンで焼く前に切り込みを入れてバターの細切りをのせて牛乳を塗って焼きました。
こんがりいい色。
香ばしい香りがします。

パン教室は土曜日の午後なので帰宅するとすぐ夕食の時間なのでたいていが焼きたてのパンが主食となります。
RIMG1038.jpg
この日はポロ葱とフェンネルとジャガイモのスープを作っておきました。
ポロ葱がいつもはないのでたいてい長ネギで作りますが先日のonoさんから頂いたポロ葱(リーキ)がまだあるので
ポロ葱で作れました。
せっかくなのでフェンネルの株も入れてみました。
たっぷりのバターで炒めて煮込み味付けはシンプルにコンソメと塩、胡椒です。
RIMG1030.jpg
最初はポロ葱の緑と白がル クのマルミットのフルーツグリーンとピッタンコできれい。
できあがりは緑色がなくなってしまいます。

そしてメインは前日逗子の魚佐次さんで買ってきたヤリイカで香味焼き。
RIMG1036.jpg
これは前もって作っておけないので下ごしらえだけして帰ってから焼きました。
このレシピは20分で晩ご飯で堀江佐和子さんが作ってたのを真似てみました。
ヤリイカは柔らかいですね。
このサイズにしては肉厚でおいしいです。

ライスロールからそれました。

RIMG1043.jpg
ライスロールはふんわりと柔らかいです。割ってみてもご飯はほとんど分かりません。
ほとんど一体化してます。
食べると時々食感が違うものが触れるのでこれが五穀米なのでしょうね。

少し甘味がありますがお食事パンにも十分です。ご飯も入ってるのでボリュームがありますよ。
これはまた作りたくなるパンです。










プレゼント用のベルベデーレができました♪

RIMG1051.jpg
ブログ5周年記念のプレゼント企画のベルベデーレがようやくできました。

長らくお待たせしましたが応募して下さった9名の方にお送りいたします。

お手元に届くまでしばしお待ち下さいませ。

shinohahaさんとnonさんのご住所がわかりませんのでブログの方にお邪魔させていただきますね。

RIMG0980.jpg
大変お待たせしてしまったのでタティングレースで今、小さいドイリーを編んでます。

気に入って下さると嬉しいのですが。







グルーポンで沖縄料理

RIMG1011.jpg
グルーポンとい文字をご覧になった方も大勢いらっしゃると思います。

私もメルマガやブログ更新の時によく見かけます。
たくさんの方が利用して安くなるというもののようですがそんなに興味もなくでした。

夫がこのグルーポンに登録したとのことで逗子にある沖縄料理店『来楽』(くらと読みます)に行ってきました。

普通に頼むと2人で4000円ほどのメニューが1980円なんですって。

逗子の町を歩くなんてあまりないこと。
京急とJRの駅が少し離れてるので乗り換えの為に銀座通りを歩くことはありますが他の通りは滅多にないです。

行く前に逗子駅前にある魚佐次さんの店先を覗くとヤリイカが美味しそうで購入。
帰りにはもう店じまいしてるというのでヤリイカを持ち歩くことに。

目的のお店はなぎさ通りを少し行った所にあります。
居酒屋さんでした。
予約をしてるのでいいのですが居酒屋さんで6時だとまだ誰もいません。
沖縄の音楽がかかってます。
中は暖かいのでヤリイカを持ち込むのも心配なので外にビールの樽が置いてあったのでその隣に置いておきました。見える所なので持っていく人はいないでしょう。

予約してあったのですぐにお料理が出てきました。
これはワカメとモヤシと蒸し鶏の和え物。
RIMG0995.jpg
お刺身の盛り合わせ。
RIMG0993.jpg
沖縄らしいものの三種盛り。島豆腐にスクガラスをのせたもの。ミミガーの和え物。島ラッキョの塩漬け。
RIMG0996.jpg
海ぶどうをふんだんにあしらったサラダ。
RIMG0998.jpg
お馴染みゴーヤチャンプルー ゴーヤがシャキシャキで卵をたくさん使ってます。
家のはゴーヤがもっと柔らかくなってしまいます。
RIMG1000.jpg
これはポーク&たまご。
RIMG1007.jpg
サラダも量が多いのでこのあたりになるともう入らないです。
卵自体にはそんなに味がついてないようなのでお持ち帰りにしてもらいハンナのお土産。
最後に沖縄そばで締めくくり。
RIMG1012.jpg
お腹一杯といいながらも箸が進みます。
沖縄で食べるよりも量が多いような気がします。

お腹パンパンです。ゴーヤチャンプルーも残ってしまったのでお持ち帰りにしてもらいました。

これだけ食べて1980円はお得です。
私達が居る間に1組みのお客さんが入ってきましたが、沖縄料理の居酒屋ならもっと遅い時間に混んでくるんでしょう。

昔ブログを始める前にクックパドで鶴見のリトル沖縄を歩こうというオフ会がありました。
初めてのオフ会でドキドキだったことを思い出しました。10名くらいの参加者でしたがとっても楽しかったです。
沖縄の素材屋さんを周り、沖縄料理店で夕飯を食べ、鶴見駅前の沖縄居酒屋に入ったらすでに大勢の人が歌って踊ってととっても賑やかでした。
きっとここの来楽も夜は賑やかなのでしょう。

グルーポン使い方によってはいいかもです。



後にも先にもこれっきり!

RIMG0911.jpg
ハンナのワンコ友達のパピヨンのパピ君のお家の河津桜が開花してきました。


タイトルを見てなんのこと?ですよね。

実は人生初の指揮を経験しました。
今年になってからいつもの練習のあとロシア演奏旅行の練習をしています。
指導者が来る日はいいのですがそうでない日はメンバーが交代で指揮をすることに。
まさか指揮が回ってくるとは思わなかったのですが・・・

先週言われたのでこの一週間気が重かったです。
とりあえずCDにある曲で練習してみたりもしましたがスコアを預かってるのでないのでパート譜だけだと分からないところもあります。
速度が変わらない曲はまだいいのですが拍子がいろいろ変わったりritとかフェルマータがあるとその呼吸が難しいです。

前日の午後は仕事でなんとなく風邪っぽいような気がして明日熱でも出るといいなと思ったり。

翌日は朝からかなりの雨。
私の気持ちを表してるなぁ。

風邪っぽいような気もするけど熱はないし休む理由が見つからない・・・

Hさんの車が迎えに来る時間になってしまい覚悟を決めてでかけました。
この頃には雨も上がって向こうの方は柔らかい水色の空が広がってきてます。
私の気持ちにこの水色の優しい色が大丈夫と言ってくれてるよう。

午前の練習が終わりこのまま「はい さようなら」と言いたい。

指揮棒あるわよとWさんが差し出してくれていよいよ覚悟の時。

家で手でやってみたときよりも指揮棒を手にしたら少し気持ちが変わったようです。

最初はもう弾ける曲ばかりなので指揮がみんなについていけばいいやと思ってましたが途中でそれではいけないと思い直し、なんとか10曲を終えました。

みんなにわかりやすい指揮だったと言っていただき重責からときほぐされました。

いい経験でしたがきっとこれが最初で最後の指揮でしょう。

それにしても指揮者ってすごいなぁと改めて感じました。


RIMG0922400.jpg
このシクラメンは夏越しをした株です。
満開になりました。
本数を数えたらなんと60本です。

園芸店で買ってきても次々に交代して咲きますが蕾が全部が開花するというのは初めてです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。