スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休初日

IMG_9915.jpg
4日から始まった区役所の仕事も折り返し地点になりました。
5月1週は連休がはいるので平日も休みにしていいというので29日から8日までの10日間の長い休みに入りました。
4月は仕事のほかに義兄の葬儀、帯状疱疹(ヘルペス)、風邪、花粉症、義母の入院とバタバタでした。

少し気分転換にと初日の29日はお天気も良さそうなので私にしてはとっても珍しいプロ野球観戦に行ってきました。
このチケットは新聞屋さんからゲットしたもの。
Web会員だけに来たメールで3月に開催予定だったゲームが震災でできなかった分を少しだけポイントでゲットできるというので申し込んだもの。
ゲームはいろいろありましたが夫は巨人ファンなので横浜-巨人戦になりました。

私は野球は全くオンチです。
今までに球場に足を運んだのは一度あります。
野球大好きなマンドリン仲間から誘われてついて行ったのは何年前になるかしら?
その時はナイターでしたが今回はデイゲームです。

関内駅についたらすごい人。
崎陽軒のシウマイ弁当(横浜スタジアムではこれが定番のよう)を買ってスタジアムに。

2週間前はスタジアム前の横浜公園ではチューリップ祭りをやってたので見てからと思いましたが入場の列にそんなどころではないです。
内野自由席は満杯。一番上まで席がなさそう。バラバラに空きを見つけてなんとか座りました。
IMG_9922.jpg
連休始めの空は柔らかい空色できれいです。

ゲーム前にタッキー&翼の今井翼君が来てるというので挨拶があったり、キャンプ地の沖縄の子供達が招待されてそこに萩本欽一さんが登場で子供達の投球にコメントしたりしてました。
kinntyna.jpg
横浜側には『がんばろう日本』の膜が出ました。

ゲーム開始!
初っぱなから巨人は調子がよく点がはいります。
IMG_99161.jpg
外野席に近いので応援がすごい。なんだか元気をもらえそう。
横浜はなかなかヒットもでず可哀相。
半ばになったら横浜にもヒットが出始め追いつかれ、6回では逆転となりました。
最後まで居ると陽もかげってきたりで寒くなるので途中で帰ることに。
結局6-7で巨人は負けたようです。
試合よりも前に座ってた小学生の男の子の応援を見てるのが面白かったです。

IMG_9923.jpg
帰りにチューリップを少し見てきました。
チューリップ祭りも終わってるので終わってる花もかなりありました。

IMG_9926.jpg
球場入口の寄せ植えの花。オレンジ色が元気でますね。

明日は義母の病院に行ってきます。
義母は今回は脳溢血で倒れました。右脳なので左半身が不随となってます。
先週行ってきましたがろれつはまわりますが喋ることはできます。
半身が麻痺してるということはまだよく理解してないようで手足が重くて動かないと訴えてました。
家に帰りたいと言ってましたがリハビリしてどこまで良くなるものなのか全くわかりません。

今までの入院は骨折でリハビリで頑張って歩けるようになりましたが、今回はちょっと違うので気が重いです。






スポンサーサイト

春の香 筍

RIMG1498_20110420230001.jpg

先週末から風邪を引き体調を崩してしまいました。
仕事をそうそう休むわけにはいかないので区役所には出てましたが咳こんだりまわりの方には迷惑をかけてしまいました。

夕食後は起きてられず休む毎日でした。

ようやく良くなってきて今日は久々にブログ更新します。

先週のことですが生の筍が安くなって来たので茹でてみました。

ここ何年かはフィノさんの京都の筍を戴くのが楽しみで他の産地のはあまり買わなかったのですが今年は京都の筍は望めそうにないので九州産のものを買ってきました。

たまたまテレビの料理番組筍料理をやってました。

糠でなくても小麦粉でもアク抜きができるとのことで小麦粉の水溶きを入れて茹でてみました。
分量は水3リットルに対して小麦粉大さじ3、酢大さじ3、塩30gです。

京都の筍なら生で丸ごとオーブン焼きかそのままグリルで焼くのですが・・・・

ゆがいたものを焼いてみました。

ソースは番組でやっていたウニ味噌マヨソースをアレンジしてカラスミをほぐしたものを使いました。

白みそ大さじ1、マヨネーズ大さじ1、カラスミパウダー大さじ1、出汁大さじ1を合わせた物をかけてみました。
木の芽(少々育ちすぎ?)をそえて。
カラスミマヨソースはこくがあって美味しいです。

京都の筍には及びませんがまあまあです。

ただ根元の方を煮ましたがやはりえぐみを若干感じます。

RIMG1497_20110420230508.jpg
細かく刻んで味付けして木の芽細かくしたものをと白胡麻、赤梅酢しょうがを酢飯に混ぜ込み油揚げを煮たものに詰めてたけのこいなりです。

料理本をみてて面白いアク抜き方法を見つけたのでそれもやってみたいと思います。

結果はまたブログで。

スマイラックスの花

RIMG1514.jpg
スマイラックスってご存知ですか?

ウエディングブーケに使われる細かいリーフです。

何故かこの葉が好きで何年か前に鉢植えを購入して育ててます。

このリーフは蔓性でどこにでも絡まってしまうのが難点。

このスマイラックスに蕾のようなものが見えたのが3月28日でした。
RIMG1411.jpg

そして開花しました。スマイラックスに花が咲くなんて知りませんでした。

葉も小さいので蕾も花もとっても小さい。

RIMG1501_20110417005915.jpg
地味な花ですがたくさん咲くときれいです。
香はないです。


ヘルペス

左上腕の内側にヘルペスができました。

少し前から左腕を動かす時に変な痛みが走る時があったのですが腕の内側を見なかったし気にもしてませんでした。
お風呂に入っても直接手で触れることもなくわかりませんでした。

気付いたのは義兄の葬儀で宿泊した函館のホテルです。
大浴場から上がり大きい鏡の前で何気なく腕を上げたら赤くなっててブツブツがたくさんできてます。
痛みはないので翌日外科医ですが三男に見てもらったら帯状疱疹かもしれないから皮膚科に行くようにと。

早速皮膚科に行ってきました。
病名はヘルペスですって。

ヘルペスって口のところにできるのと同じもの? 
夫は口唇ヘルペスをもってて時々なってます。

ヘルペスも単純ヘルペスと帯状疱疹があるそうです。どちらもヘルペスウイルスが引き起こすようです。

15年程前に左足太ももに熱を持った水疱ができてなかなか治らなかったことがありました。

雪が降ってて寒いので厚手のタイツをはいた時にチクッとしました。その後そこが腫れて水膨れのようになり熱をもち痛みも伴ってました。てっきりタイツに虫でもいて噛まれたのかなくらいに思ってました。
結構長い間痛みも水疱もあったのですが仕事が忙しかったのでそのうち治るだろう悠長に考えてました。
大部経ってから子供が皮膚科に行くことがあったので診察の時に思い出しついでに診てもらいました。
その時『帯状疱疹』だと言われました。
帯状疱疹はひどいと死にいたることもあると言われ怖いものだと知りました。
その時は水疱は一つでしたが今度は12個とたくさん出てます。

RIMG1497_20110412020400.jpg
よくみると水疱のようになってます。
あまり気持ちいい写真ではないので小さく載せてみます。
左腕を上げて右手でカメラを持ちシャッターを押したのでよく撮れてません。
この写真は診察受けてからのもので黒いかさぶた状になりかけてます。


皮膚科の先生はこのくらいだと単純ヘルペスなのか帯状疱疹なのか分からないと。
かさぶたもできはじめてるので終わりの頃だろうと。
痛みはあまりなかったので塗り薬だけもらってきました。

日が経つにつれてピリピリとした痛みがでてきました。
水疱はかさぶたになってきてるので治ってきてるそう。
ピリピリ感はしばらくはあるとので自然に治るのを待つしかないそうです。

それに瑞方の跡が残るのできれいになるのは数ヶ月かかるんですって。

調べてみると帯状疱疹は再発することはないそうです。
ということは以前できた足のは帯状疱疹ではないですね。1個だったし単純ヘルペスだったのでしょうか?
こちらでみると単純ヘルペスにはあまり当てはまらなさそう。
今回のは所謂帯状まではなってませんがピリピリ感が残ってるので帯状疱疹なのかもしれません。

医者がもっとこうだと断定してくれるといいのですけどね。

しばらくは左腕のピリピリ感に悩まされそうです。



ケーキ屋さんの桜もち

RIMG1501.jpg

今日も強い揺れがありましたね。
仕事が終わりバイク乗り場でケータイが緊急エリア情報が鳴りました。
そのまますぐ近くのスーパーに行くと中から人がたくさん出てきて皆さん上の方を見上げてます。
何かあったのかな?と思ったら大きい揺れで外に出たとのこと。照明が揺れてました。

何日か前にも夜強い揺れがありました。
被災地の近くでどんなにか不安でしょう。

今日は11日で東北大震災から早くも1月もたってしまったんですね。

区役所でも14時46分に全員立って1分間の黙祷をしました。


先週から区役所に通勤中です。
例年だと2月中旬の申告の時期から始まるのでそろそろ終わりの頃なのですが幻となってしまったロシア演奏旅行があったので係長さんが気を使ってくれて4月からにズラしてくれました。

2月から仕事に入った仲間の一人が終盤で先日お菓子を振る舞って下さいました。

箱を開けたら「あ!桜もちだ」とみんなで大喜び。

桜もちのですが和菓子ではないとのこと。

『菓子の音』というケーキ屋さんのお菓子だそう。

食べたらほんとケーキです。

和菓子と洋菓子が見事にマッチしてます。
こんなお菓子初めてですがとっても美味しい。

季節限定品というので買いに行ってみました。
『ケーキ屋さんの桜もち』と書かれてます。
他にも変わったものあるかなと探したら白いのもあります。名前は『ジャポネ』です。
これは季節商品でないので通年あるようです。
抹茶ムースが入ってるとのこと。
桜もちとジャポネを1個づつ買ってきたので夫と半分づつしました。

カット面をご紹介しますね。
RIMG1504_20110411013921.jpg
桜もちはこちら
ピンクの求肥の中は抹茶のスポンジに桜のムースが二段に大納言甘納豆がちょこんと。

RIMG1505.jpg
こちらはジャポネ。スポンジに抹茶のムースに甘納豆が白い求肥に包まれて上に生クリームと甘納豆み黒胡麻のクッキーがトッピング。


どちらも美味しいですが桜もちは香りもあり桜の葉の塩気もあり私はこちらの方が好みです。
ケーキの種類は他にもたくさんありました。
お友達によると季節限定のお菓子がお奨めだそうです。
夏はビールゼリーが美味しいとのことで夏が楽しみです。


菓子の音  
〒236-0031 神奈川県横浜市金沢区六浦4丁目11−34 サングレイス 1F
045-786-1775




RIMG1541.jpg

桜が満開です。


RIMG1482.jpg

今朝の公園の桜です。
やはり雨と風で散ってますね。

RIMG1484.jpg
雨は上がってますが曇り空で青空でなかったのでピンクが沈んでます。

明日の散歩に期待しましょう。

午前中は夫はテニスに行ってしまったし、なかなか太陽が出てこないので家で入力仕事をしてました。

お昼過ぎに帰宅してからだんだん陽の光が明るくなってきました。

平日はしばらく仕事に追われるので日曜しかお花見に出られません。
やっぱり鎌倉の桜見に行こう~。
お花見に行くなら車は渋滞でダメというのでバイクということになりました。

ハンナも久しぶりで今年初めてのバイクツァーです。
午後なので既に上り車線が渋滞してます。逆行なので途中まではスイスイ反対車線はノロノロなのでバイクのカゴにハンナが乗ってるのを物珍しげに見られるのはいやですね。

途中から鎌倉方面も混んでます。鎌倉市内は車幅が狭いのでバイクで車の横をすり抜けるのも気を使います。
ハンナはいつもバイクに乗って信号で停車すると立ち上がって後ろをみるのですが今日はなぜかずっと前を向いて座ってます。

八幡宮の裏に駐車しようと思いましたが入れないので駅前の本屋さんに止めて段葛を歩きます。

RIMG1511.jpg
やはり青空のもとで見る桜はきれいです。

震災がなければこの時期鎌倉祭りの時期なんですが今年はお祭りは自粛なので雪洞も点いてません。

段葛の桜は既に葉が出てきてます。
ここの桜の木も老木になり新しい木に植え替えられたのと切られたのもあり昔ほどトンネルができるほどではないです。
昔のような桜のトンネルになるにはまだ何年もかかるでしょう。

鎌倉山の桜も段葛も前のような華やかさがなくなりました。

今鎌倉でいいのは鎌倉霊園と逗子ハイランドの桜でしょうか?
あと源氏山も桜がたくさんあります。
昔の家は源氏山まで山道を歩いて30~40分ほどで行けたのですが遠くなってしまい、鎌倉駅や北鎌倉駅から歩いてまではなかなか行かなくなってしまいました。

RIMG1521.jpg
八幡宮の源平池の周りの桜も満開。人もすごいです。

やはりこの時期ウキウキしますね。

鎌倉祭りは中止ですが4月17日(日)13時より『流鏑馬』は開催されるようです。






新ニンニクと新タマネギ

RIMG1498.jpg

桜は満開のようですがまだ暖かくならないですね。
せっかく満開になったのに雨と強風で早くも花びらが散ってしまってます。

新のつく野菜が出回ってます。野菜はすっかり春です。

新ニンニクが安かったので買ってきました。鹿児島産の新ニンニクです。
青森産のはいいお値段しますがこれは1個100円という安さでした。
きれいなピンクが見られるのはこの時期だけです。
皮をむいたら真っ白です。

刻んでパセリと合わせ柔らかくしたバターに混ぜて香草バターにしておきます。

鶏肉のムネ肉を観音びらきにして塩胡椒をして肉タタキで伸ばし粉を振ってこの香草バターを包み込みます。

RIMG1503.jpg
フライ衣をつけて多めの油で揚げ焼きにします。
これはキエフ風チキンカツです。

RIMG1504.jpg
香草バターが少なかったですね。もっとナイフを入れたらバターがジャ~~と流れ出る程がいいのですが。

これはこのバターがソースです。
なのに夫はチキンのフライなのでソースをかけてました。
フライ=ソースの定義が頭から離れないようです。

ロシアで食べられるかもしれなかった幻の料理です。



もう一つ新野菜。
RIMG1499.jpg
新タマネギの丸ごとオーブン焼きを前から作ってみようと思ってました。

計画停電もこのところ中止なのでちょっと長めにオーブンを使ってもいいですよね。
他の電源はなるべく使わないようにしてね。

タマネギは皮ごとなのかホイルで包んだ方がいいのか?
検索してみたらどちらもありますね。
タマネギのジュースが出てくるようなので薄皮は剥いて4等分に切れ目を入れて二重のホイルで包みました。
200℃のオーブンで約50分やきます。
RIMG1500.jpg
タマネギ2個だけではもったいないので一緒にジャガイモもホイル包みにしてやきました。

RIMG1502.jpg
アツアツをホイルを剥き塩、胡椒を挽き、オリーブオイルをタラリ。

ほんとにと~~っても甘いです。

タマネギ1個があっという間に平らげられます。出てきたジュースも勿論残さずいただきました。
新タマネギ美味しいです。



チコリで

RIMG1473.jpg

hanatomoさんのところで見たチコリのグラタンに興味津々。
作ってみたいけどチコリがあってもお高いです。

今週から区役所の仕事に入ったのでお昼休みにすぐ前のショッピングセンターに行って物色してたらザルにはいってるチコリ発見。
先端がちょっと傷んでて黒くなってますが剥けば使えそう。
なんと4個で100円ですよ。
勿論ゲットにしないてはありません。

外葉を剥いたらきれいです。
RIMG1476.jpg
縦半分にして茹でて冷まし、ロースハムを巻き付けてグラタン皿に並べます。hanatomoさんのは大判のハムで巻かれてましたが丸い普通のハムだったので被うくらいです。

RIMG1480.jpg

ゆるめのホワイトソースをかけてシュレッドチーズをかけてオーブンで焼きました。

根元の芯の部分がまだ少し固いです。もう少し茹でるかこの部分をカットした方がいいかもしれません。

チコリは苦みがありますが加熱してるので苦みはあまり感じません。

1個で一人分が十分になります。
白菜に見た目は似てるけど白菜でというわけにはいきません。
お洒落なお料理です。
チコリも国産で作られてきてるので買いやすい価格になってきてるようです。
4個100円までは行かなくても1個100円くらいになってくれると嬉しいです。

4個だったので1個残りました。

RIMG1485.jpg
チコリボートもつくりましょう。




義兄の葬儀

RIMG1463_20110407011031.jpg
義兄の葬儀があり函館まで行ってました。
義姉から訃報が届いたのが土曜日のお昼。
昨年、年内までもたないかも知れないとのことでしたが新年を家族全員で迎えたとのことでした。

一昨年頭の腫瘍の手術をし、少しいい状態である昨年5月中旬函館にいきました。
昨年は開花が遅く満開の五稜郭の桜を見てその後ごひいきのお料理屋さんでビックリするほどの食欲を見せてくれたのがついこの間のようです。

函館市内には全く雪はないですが周辺の山々はまだ白く雪が残っててきれいです。

式場は花で溢れていい香で満ちてます。
RIMG1457_20110407011041.jpg
二段になった花器が約100基ほど壁面全部に並べられてます。こんなにたくさんの花に溢れた葬儀は初めてです。
お花の送り主も北大の名誉教授のお名前もみられ、義兄が北海道の小児医療に貢献していたのかがわかります。

義兄は札幌出身ですが好きな函館で病院勤務を経て小児科を30年以上も開業してました。
小児科医としてはかなり著名で地域医療にもつくして来ました。専門は小児心臓外科。
大柄な人ですがいたずらっぽい目と穏やかな笑顔で子供たちは大好きな先生だったことでしょう。
家の子供たちも何度もSOSをして助言をしてもらいました。
次男だったでしょうか生後2ヶ月くらいの時にお腹を悪くしておしめを替えるたびにうんちで汚れておしりが赤くただれて痛そう。かかりつけの先生からもみていただきましたがすぐ良くならなくて義兄に電話で相談したらすぐ今のミルクを止めて名前忘れましたが特殊なミルクを取り寄せるようにと。
お陰で事なきを得ました。
子供は大人と違って悪かったらすぐに病院に担いででも行くようにとも言ってくれました。
子供達が大きくなるまでは身近に小児科医がいるのがとても心強かったです。

東京で桜がチラホラ咲き出した頃旅だって行った義兄。
桜が大好きだったそうで昨年五稜郭の満開の桜を一緒に見ることができて良かった。
自宅の庭に函館独特の南殿(なでん)桜があり満開の桜をリビングの窓から嬉しそうに見ていました。
これは昨年の写真です。今年は主がいなくて南殿桜も寂しいでしょう。
IMG_6970300.jpg

義兄は享年74才。もう少し長生きして欲しかったです。
子供は4人で長女と三男は医療の道に進んでます。
長男と次男は東京にいますがあとの2人は函館にいますので義姉を支えてくれるので安心です。
子供が4人は大変な時もあったでしょうが今となってはいいなぁと思えます。

葬儀にはずっと好きだったというヴァイオリン、チェロのコンチェルトが流れてました。
義兄のお姉さんによると子供の頃は野球に夢中だったそうですが大学に入ってクラシックを生演奏で聴いて衝撃が走りそれ以後ずっとクラシックが好きだったそうです。

弔辞を読まれた方が昨年暮れにベルリンフィルの公演があったときに相当辛いはずなのに義姉を伴って演奏会を楽しんだようです。
最後に流れていたツィゴイネルワイゼンが印象的でした。






続きを読む »

良かった~

昨日お友達の手提げバッグと一緒に私の4枚の手提げバッグを送り出しました。

夜になってから手作り工房MYMamaさんのところを尋ねてみるといろいろと問題が発生してました。

詳細はこちらにありますのでご覧下さい。

善意で作っても受け入れ先のことも考えないといけないんですね。
現地では問題がまだ山積みでお願いするのも負担が大きいとのではないか暗礁に乗り上げてしまったようです。
そして欲しいと言って下さる方を募って欲しいと。
主催者の蟹江さんはとても心を痛めたようです。
たくさん集まった学用品。なんとかならないのか。

この記事を読まずに送ってしまってどうしよう~。
状況も把握しないで送ってしまったわ。
私のブログをみて作って下さる方も何人もいらっしゃいます。
困ったなぁ。

そして翌日もう一度覗いてみたら『リヴォルブ学校教育研究所』が賛同してくださりいわき市の教育委員会が引き受けて下さることになったという記事がありました。

新学期の6日に間に合うように第1弾を送り出すことができるようになったとのこと。

本当に良かったです。


pekonanamamaさんのブログからフィンランドのTutteliミルクのことを知りました。

フィンランド在中のホルン奏者のぷっちさんのブログを見て頂けると経過が詳しくわかります。ぜひぜひご覧下さい。

被災地の赤ちゃんにミルクはメーカーからたくさん援助されてますがミルクを溶く水がない。
フィンランドにはそのままあげられる長期保存の乳児用のミルクがあるそうです。

そのミルクを被災地に届けたいとTutteli to Japanが立ち上がってくださりTwitterやブログで呼びかけてくださりフィンランド航空が無償で日本まで運んでくれて小池百合子議員が日本側の受け取りを引き受けて被災地まで運んで下さる方がいて2000個のTutteliミルクが無事に石巻市に届けられたとのこと。
スピーディーな連携プレーに思わずジーンときてしまいました。

このことは産経新聞にも掲載されたそうです。

そして第二弾が成田に到着したそうです。

第三弾も準備中とのこと。

今回の東北大震災では世界中の人々の暖かい援助に嬉しくなります。

世界中 手と手がつながってるんですね。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。