スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日からフランス~~

hanna_20111030022151.jpg

明日から8日まで友達7人でフランスに行ってきます。
おばさんの修学旅行版です。きっとにぎやかだよ。

3月のロシアへの演奏旅行が震災直後で中止になったのでフランス行きの話がでて「ハ~イ 行きたい」と挙手。

ヨーロッパかなり久しいです。
ハンナが来てからもうじき8年になるので確実に8年は行ってません。10年ぶりになるでしょうか。
ヨーロッパだとどうしても最短でも1週間以上になるので預けるのがかわいそうで近くの国しか行ってません。
今回は夫が居るようになったので家に置いておけるので安心です。
こうなると夫婦二人での旅行は難しいです。
思い切って預けていけばいいのですがお散歩も自分のにおいがないと必死に探します。
昨年息子のところに4日間ほど預けてみたのですが息子のところのキナコ(チワワ)と仲良くできるかなとおもったのですがダメでした。
息子やお嫁ちゃんは大好きなんですが置いて行かれたのがさびしかったようです。
こういうのを聞いてしまうとペットホテルに預けてケージの中にずっと入れられてると思うとかわいそうです。
もうシニアになってるし、あまりストレスを感じさせてしまうのは避けたいです。

横浜は今日も暖かい一日でした。

フランスにいとこがいるのでメールできいたら10日ほど前はマイナス4度までになったとか。
いとこは現在はパリでなく田舎住まいなので多少気候は違うと思いますがパリは結構北に位置してるので寒いのかもしれません。
ついつい荷物が膨れ上がってしまいます。
先週急に膝に痛みがあり、あわてて整形外科に行ってみました。
水でもたまってるのかなと心配でしたがたいしたことなかったので薬とお湿布薬をたくさん出してもらいました。
眼の薬といい風邪薬もうちの先生にたくさん出してもらったのでなんだか薬係のよう。
こんなに薬をもって旅行に出かけるのは初めてです。

ハンナのお風呂も昨夜入れたし、義母のホームにも土曜日行ってきてしばらく来られないと伝えてきました。
体は動きませんが体は元気なようなので一安心です。
怪我をしないようにフランスを楽しんできます。

では 行ってきます。





続きを読む »

スポンサーサイト

花芽かな??

005.jpg
しばらく水を与えてただけでよく見なかったのですがミニ胡蝶蘭に花芽が出てきました。
大きい胡蝶蘭も育てたことがありますがなかなか花芽が出てきませんでした。

このミニ胡蝶蘭はとっても優秀です。
花が終わってから茎を切ったら二番花が伸びてきて咲きました。
根本からカットして半年くらいですか?
またまた花芽になるべきだろう茎が出てきてます。
根は下向きにでてくるのでたぶんこれは上に伸びてるので花芽だと思います。

花芽だとしても開花するのはきっと来年でしょうね。


010_20111030213447.jpg
そしてシクラメンが数鉢ありますが全部から花芽が見えてきてます。
この何年かはシクラメンがちゃんと開花するようになってきました。
昨年はかなりしっかりとした花で本数もたくさんでてきたので今年も期待してます。
でも花屋さんできれいな開花株をみるとほしくなります。

007_20111030213528.jpg
二年前に購入したミモザです。
もう丸いものが先端にたくさんついてます。
ミモザは早くても年開けて2月ごろの開花だと思うのですが今頃から蕾がでてくるのでしょうか?
年内に咲いてしまうのかしら?

009_20111030213556.jpg
こちらは日本水仙です。
掘り上げておいた球根を土に埋めたらもう葉が出てきました。お正月に間に合うかな?

023.jpg
鉢いっぱいに茂り蕾がニョキニョキしてきたのはオキザリス(ピンク)です。
このピンクのオキザリスはついこの間まで何もなくなってたのですがが米粒のように細かい葉が出てきました。

白で淵に赤い花が咲くオキザリスを分けてもらったのですが同じような種類なのに茎がぐっと長いです。
時期も白い方が早いです。

大型台風でかなり痛めつけられた庭ですが元気に育っておくれ。






青空に柿が映えますね~

021.jpg

duckbillさんのところで干し柿の記事をみてもうそんな時期なんだと。

昨年は叔母からかなり早い時期に渋柿がきたのですが気温が高すぎてカビが生えてしましました。

今年ももうじき11月だというのに夏日があったりで干し柿はどうだろうかと思ってました。

旅行にでるのでできれば帰国した頃に送ってくれるといいんだけどと思ってたのですが叔母から今、柿もいでるので送るというメールが来ました。

今収穫時期だと1~2週間先は無理だよね。
急に寒くなったことだし出かけるまでにある程度乾いてくれることを祈って柿の到着を待ちました。

013_20111029001103.jpg
この日に限って午前中に来ない~~。
宅配便が着いたのは夕方でした。
大きな箱なので何個あるかなと開けてみたら他のものもはいってたので全部で32個でした。
duckbillさんは144個もあり皮をむくだけで大変だったよう。
たった32個だって結構時間かかるもの。144個もあったら嫌になりますよ。

あれ~~!今回はT字に軸を残してくれてないよ~~。
Fujikaさんから柿クリップがあるからいいやと皮を剥いたのいざとなったらどこにしまったのか見つからない。

軸の根本にしっかり麻ひもを縛ってハンガーにつるして扇風機の風をあてようとおもいましたがうまく角度があわず
除湿機の洗濯乾燥にして一晩かけておきました。

翌朝みたら重さで紐から抜け落ちてるのが3個。

仕方ないのでこういうことはあまりやりたくないのですが、軸と紐を木工ボンドで貼りつけるしかないですね。
017_20111029001053.jpg
少しでも水分が飛ぶようにザルに並べて天日干し。
ボンドが乾いてからduckbillさん方式でハンガーの下に棒を取り付けて二段にして干してます。
020.jpg

月曜いっぱいでどのくらい水分がとぶでしょう。
お天気であってほしいです。

そのあとは夫がやってくれるか??です。

他にも庭や玄関の植木達、ベランダの植物に水をやってもらわないといけないし、ハンナの散歩や世話やき、食事も作らないといけないので柿のことまで頼めません。

留守の間雨が降らないことを祈るしかないです。
鳥につつかれないことも祈るばかりです。

柿と同梱されてたのは食用菊のもってのほかと山形の赤カブと栃栗大福でした。
014_20111029001113.jpg
015_20111029001123.jpg

栃栗大福は鶴岡では有名な木村屋さんのお菓子です。
食べてみましたが栃の実の味がよくわからないです。
大福という割には皮も固めです。皮が茶色っぽいので栃の実がはいってるかもしれません。

二日間ほど快晴の中干したので少し小さくなってきました。
明日は西の方から雨で関東地方も曇りで夜は雨の予報です。
なるべく小雨であってほしいです。
11月になるとしばらくはいいお天気が続くとか。
干しっぱなしで留守にするのでお天気でありますように。





栗きんとん食べ比べ

002.jpg
先日きのこの会でご一緒したカイエさんからメールがきました。
中津川の栗きんとんの食べ比べに行くので送ってくださるとのこと。
わ~~!うれしい!!
昨年その記事を目にした記憶がありました。

中津川は岐阜県です。
栗の名産地で栗きんとんは昔から有名です。

本場ものの栗きんとん届くのが楽しみです。

眼科の診察から帰ってきたら届いてましたよ~~。

箱を開けたら箱入りのものと個入りのものがいくつも入ってました。
kinton
この個入りのものはそれぞれお店が違うんですよ。
(サムネイルにしてますのでクリックすると大きくなって店名がわかります。)
食べ比べと言ってたのでそれぞれのお店のものを入れてくださったようです。

あとでカイエさんからの説明では昨年は6店舗だったのですが今年は13店舗も出店していたとか。
売り切れで入荷待ちのお店もあり全部がそろわなかったとか。
いえいえこれだけあれば十分ですよ。
いかに栗きんとんで競ってるのがわかりますね。

003a.jpg
きんとんなので形はどこも同じようです。突飛なデザインなんてないです。
わ~~!それぞれのお店の違いわかるかしら??

栗とお砂糖なのでどれもおいしい。栗大好き人間にとってはうれしいかぎり。

消費期限がどのお店のものも生ものなので短いのが残念。

どうやっても一度に全部は食べられないです。

たくさんあるので義妹や姪っ子を呼んでおいしいうちに食べようかと思いましたがそれでは食べ比べにならないです。
消費期限までには間に合いませんでしたが食べつくしました。(箱入りのものは別)

少しづつ甘さやしっとりさ、栗のつぶつぶ感が違います。

どれが一番いいとは言い難いです。

どれもおいしいんですもの。

栗きんとんの食べ比べを居ながらにして体験してしまいました。

カイエさん ごちそう様でした。









産直の食材

170_20111026143230.jpg
昨日は夏のような暑さで街行く人も半袖姿が目立ちました。
月曜日からインフルエンザの予防注射が始まりました。
待合室は暑くてクーラーでも入れたくなるほどでした。
そして一転今日は予報通り寒い。
夏から一気に初冬になったようです。
今年の気候は本当に激しい変わりようです。

1日から趣味仲間とフランスに行くことになってるのですが準備が進みません。
フランスは暑いのか寒いのか????
ニースから入っていくので南は暑いくらいなのかもしれません。


立科の自由農園で買ったりいただいてきた食材をご紹介します。

トップバッターは赤いルバーブ。
自由農園にありました。
エンジェル千代子さんが真っ赤なルバーブで村おこしされた富士見町は近いはず。
なのでこのあたりでも赤いルバーブが栽培されてるんでしょうね。
細いのと太いのがあったのですがわらびさんがジャムにするなら赤い部分が多い細い方がいいとのことで約1Kgの束を買ってきました。

パイなどもおいしいですがとりあえずジャムにしました。
帰ってすぐに作らなかったのでか細いので少し乾燥したからかいつもより煮崩れるのに時間がかかりました。
ruba-bujam.jpg
ジャムはこれだけできましたよ。

012_20111025164443.jpg
食用ほおずきは珍しいものなので少しずつでしたが医院のスタッフさんに分けました。
さやつきを2粒づつしか差し上げなかったのですがその2粒をご家族5人で食べたと聞いてもっとあげればよかったと反省。
みなさんみるのも食べるのも初めてのものだったようです。
弟のところにもお土産にしたのですが義妹が本を見ながらおいしくてぱくついてたらほとんど食べてしまい娘たちの口にまで回らなかったとか。
生でもいいのですが少しだけジャムに。
以前melocotonさんが帰国の際食用ほおずきのドライになったものをお土産でいただいたのがおいしかったので真似してドライにしてみました。
169.jpg
ミニトマトのようなのでドライトマトと同じ方法で半分にカットしたものを低温のオーブンで2時間ほど焼き、太陽に当てました。
ドライほおずきができましたがあまり甘くないです。
きっとそのままドライでなくなにか一仕事してるんでしょうね。
食べられないほどのすっぱさでないのでおやつに食べます。

マルメロ
Fujikaさんが山荘に来る途中の産直で箱買いしたマルメロをいただいてきたので5個もいただいてきました。
マルメロは久しぶり。
自由農園にもありましたがマルメロは産毛のようなものに覆われてるはずなのにないです。花梨をこう呼んでるのかなとも思い買ってこなかったのです。
Fujikaさんからのものは少し産毛がありました。でも香りが薄いです。
花梨はカットするのに大変なくらい固いのですがマルメロはもう少し柔らかいです。
これも割とスッと切れました。

皮も種も全部刻んで煮ます。
柔らかくなったらザルなどで濾します。
これを鍋に戻し、お砂糖、レモンを入れて煮詰めます。(約2時間)
鍋底をヘラで引いて壁が戻らないくらいまで煮詰めます。
これをバットに流して固め、グラニュー糖をまぶします。
024.jpg
大変手間はかかりますがパート・ド・フリュイは甘酸っぱくておいしいんですよ。

残りひとつは豚肉との煮込みにと思って冷蔵庫にいれてあります。

マルメロ箱買いしてくればよかったなぁ。
ネットで取り寄せしたかったのですがもう終わってるみたいです。
後で調べてみたらマルメロには「在来種」「スミルナ」「かおり」があるそうな。
以前秋田から取り寄せたものは香りが強かったので在来種のようです。日本に昔からある種類だそう。
このマルメロはスミルナのようで西洋種で加工するにはこちらの方が適してるそうです。

味は今まで作ったものと同じです。

もっとパート・ド・フリュイが作りたいなぁ。

168.jpg
Fujikaさんからいただいたものの中に生の落花生がありました。
山荘に到着した日に食卓にあった落花生は(写真ない)一つの殻に4粒もの落花生がはいってました。
こちらも珍しいもので黒い落花生です。
袋にもクロとかかれてました。
黒い落花生?そんなのがあるんですね。
むいてみたら本当に真っ黒。
でも実は普通の色をしてました。薄皮だけが黒いんです。
茹でようかと思いましたが炒ってみました。
ちょっと炒りすぎてしまいましたが香ばしくておいしかったです。
007_20111026142617.jpg
落花生ご飯も作ってみました。
黒いままいれてみようかと思いましたが下茹でしました。
茹でたら水に色素がでて黒くなりました。
皮をむいた落花生と人参、干しシイタケを入れて炊き込みました。
落花生がほっくりとおいしいんですよ。
最後になってしまいましたがきのこ狩りで収穫したクリタケは水煮にしてくださっていただいてきました。
173_20111026143038.jpg
こちらもごはんと汁ものにしていただきました。
シンプルにクリタケと油揚げを少々です。
クリタケのおいしさを素直に味わえます。

天然のきのこいいですね。
普段は栽培ものしか食べられないので本当に贅沢です。

乾燥のコウタケを少しづついただいてきたのでもうしばらくしたら使ってみます。























白樺湖でのきのこの会Part4

ミラー
やっと最後のPart4にたどり着きました。

山荘での最終もいいお天気、今回はお天気には恵まれました。

わらびさんが少し離れた場所にきのこを採りに行く人は6時集合と声をかけてました。
川越さん、duckbillさんは行くと言ってました。

起きてリビングに行ったらカイエさんが一人キッチンにいましたが、車が2台なくてもうきのこ狩りに出かけたようでした。
きのこ狩りにははやりduckbillさんご夫婦、川越さんご夫婦、わらびさんご夫婦が行かれたようです。

ハンナとまずは湖畔をお散歩。湖は人気もなく静かです。山々がミラーのように湖面に写しだされてます。
鳥さんが仲良く泳いでます。(上の写真)

最後の日はみなさんゆっくり過ごして帰られるとか。
連休最後の日なので道路は渋滞は避けられないので早くか遅くかのどちらかにしないと去年のように大渋滞にはまります。

私達は帰りに立川の義母のいるホームに寄っていくことにしたので渋滞前の午前中に出発となりました。

ぴかままさんが起きてきました。

今回のお部屋割はduckbillさんご夫婦、カイエさんファミリー、そしてうちの二人と一匹が一部屋づつ使わせていただき、川越さん、ミッキー男性二人が同室、ぴかままさん、楽子さん、Fujikaさん、川越さんの奥さんの女性四人が同室でした。
私達が後から参加となったので二組のご夫婦を引き裂いてしまいました。
女性四人で楽しそうで私もそっちに行きたいと言ったらもういっぱいだよと断わられてしまいました。

わらびさんたちがいないので何をどうするか?
朝ごはんには香茸ごはんに香茸とろろを食べさせていただけるようです。どんな味なのか楽しみです。
炊飯器を開けてみたらきのこが入ってすでに準備されてます。

ぴかままさんが昨日産直で買ってきたビーツをまきストーブの上で焼いてたのですが夕食には間に合わず朝食用になりました。
137.jpg
ビーツのサラダ。昨夜の手作りマヨネーズにヨーグルトを混ぜて色鮮やかなピンクのサラダです。
ビーツがほっこり甘いんですよ。

昨夜お刺身にしたあとの魚の頭でカイエさんが出汁をとってます。

136_20111025000724.jpg
ひよこ豆やじゃがいもでサラダを。

そうこうしてるうちにきのこ狩りに行ってた人が帰ってきました。
そんなにたくさんは採れなかったようです。(写真わすれました)

さぁ 朝ごはんの準備がはじまります。

昨日のお刺身にした魚の頭の出しはduckbillさんがホールトマトを入イタリアンに味付け。

わらびさんはとろろをおろし乾燥コウタケをグラインダーでパウダーにしたものをまぜてコウタケとろろを作られてます。

果物をカットして並べたり、卵茸をいれたオムレツを焼いたり、シコイワシを焼いたりといろいろならびましたよ。

148.jpg
出来立てのスープを配りいただきま~~す。
お椀によそったので味噌汁のようにみえますがイタリアンなんですよ。
お魚の味がよく出てます。
141.jpg
こちらは生チーズだったかしら?
ジャムが三種類添えられてました。黒イチジクとトマトと???(何だったかしら)
私は黒イチジクのジャムでいただきました。これがとっておいしいです。

149.jpg
コウタケご飯は香りがいいです。これだけでも十分おいしいのですがこれにとろろをかけていただくんですよ。
贅沢なごはんですね。私ならどちらかしか作らないでしょう。
後にも先にもこれが最後かも。
143.jpg
お腹いっぱいですがFujikaさんのロールケーキも食べなくては。
二種類の栗のペーストを巻き込んだロールケーキおいしかったです。

楽しくおいしい時間はどんどん過ぎていきます。
渋滞にはまらないようにはなるべく早く出るしかないです。
名残惜しいですがお別れです。
片づけもしないで食い逃げ状態ですね。

行きよりもはるかに荷物が増えてます。
Fujikaさんが玄関横にそれぞれのコーナーを作ってくれてお土産をまとめてくださいました。
こういうのはさすがにFujikaさんの細やかな心遣いです。
私なんて今回はお土産を準備する時間がなくて買い出しでいったスーパーで花売り場の唐辛子の大きな束で間に合わせてしまいました。
それなのにいろいろいただいてきてしまいました。ありがとうございました。
163.jpg
164a.jpg
167a.jpg161.jpg
ハンナにもふみえさんからフードのセットがプレゼントしてくださいました。かわいいお皿もついてるんですよ。


中央高速も大した渋滞にならず府中ICを降りました。
たしかこの時点で2時前だったと思いますが山荘に電話したらまだみなさんまだいらっしゃるとか。

義母のところに寄って休日の普通の混雑を通って家に着いたのは5時頃でした。


わらびさんふみえさんありがとうございました。
楽しい連休でした。

また来年も楽しみです。





白樺湖できのこの会Part3

106.jpg

なかなか先に進まないですね。ようやく続きです。

メインイベントのきのこ狩りが終わって山荘オフの楽しみのひとつの産直への買い出しツァーに繰り出します。
全員参加ではなく腰を痛めてるふみえさん、楽子さんの旦那さんのミッキー、Fujikaさんがお留守番。
barikenn.jpg
ハンナもこのバリケンに入れられてお留守番。
自由にさせておいてもいいんですがお外に出たがってしかたない様子。置いて行かれたら後を追ってくると大変なことになるのでバリケンに突っ込まれました。
川越さんご夫妻は別のところにきのこ採りにいかれました。

今回は佐久方面の産直ではなく、立科の自由農園を二か所とスーパーマーケットを回ってきました。

最初に行った自由農園は産直なので野菜や旬のりんごがたくさん並んでます。
赤いルバーブやマルメロに食用ほおずきもありました。
かぼちゃも珍しいものがいろいろあります。
jannbokabotya_20111021003808.jpg
こんな大きいオレンジ色のかぼちゃ。大きさ比較にカイエさんのチビ姫ちゃんと一緒に撮ってみました。
これはハロウィーン用なんでしょうか?
077a_20111021003914.jpg
そしてぴかままさんが抱いてるのは宿儺かぼちゃ。これは小さめです。
結構お高いかぼちゃですがここではかなりお安かったようです。(買ってくればよかった)
これも甘くておいしいかぼちゃです。
これをみて昨年好評だった夕顔がないかなと探しましたがもう時期はずれだそう。
バターナッツもありましたが1個250円と家の方で買ったのより高いです。
私は赤いルバーブとマルゲリット・マリーラ(大きい洋ナシ)と食用ほおずきを購入。

次の自由農園も似たようなものが並んでます。
こちらの方が食用ほおずきが皮をむいたものがパックになってて少し安いです。
じゃがいもがいろんな種類がありアンデスと長いもを買ってきました。

最後はスーパーでパーティー用に足りない食材を購入。
私はタブレ用にパセリとお豆腐とトマトとレモンを購入。家の方でなぜかパセリがなかったんです。
でも現地のスーパーのパセリが高いのに楽子さんとびっくり。それもほんの少ししか並んでなかったのでこれで我慢。

それぞれお買いもの終了。山荘に戻り一休みして準備にかかります。
Fujikaさんが何やら山荘の外でなにか洗い物してます。
Fujika_20111021022139.jpg
畑でとれたサトイモできのこ鍋に使うものだそう。

わらびさんから5時から始めると言われ時間はたっぷりあります。
まずはカイエさんがひよこ豆やら豆類をゆで始めました。

私が今回作るのはチキンカツとタブレとお豆腐とトマトと豚肉の煮ものです。
チキンカツには普通のソースでもいいのですが楽子さんがサルサの記事を書かれてたのでサルサソースを作ってとリクエストしてました。
たぶんこういうソースだとカツがさっぱりいただけるかなと思って。
もう一つのソースはマスタードマヨです。ディジョンのマスタードにマヨネーズを合わせたもの。
なんの変哲もないチキンカツですが素材のチキンにはこだわって大船の鳥恵さんに注文を入れておいたもの。
ここのは胸肉に小さい骨がついてコートレット型になってます。
パーティーには見栄えがいいんではないかしら。なるべく小さめの肉でとお願いしてましたが開いてみると結構大きいです。
これだけでおなかいいっぱいになっちゃいそうと言われましたが一応人数分あるんですよね。
残ったらお持ち帰りにしてもらいましょう。
ふみえさんに手伝ってもらって衣つけ。14枚もあると手伝ってもらえると助かります。
ぴかままさんが故郷のお料理のザンギを作るので鶏の揚げ物が二種類になってしまうと心配してましたがぴかままさんはもも肉、私のは胸肉なので重なっても大丈夫でしょう。
ザンギを揚げ終わってからカツにとりかかります。
syokki.jpg
食器はこのようにたくさんそろってなんでもあります。
大皿類は別の収納場所にこれまたたくさんあります。
そこからいくつか選んで置いておくと早いもの勝ちで使われてしまいます。
Fujikaさんが一番大きい黒いお皿を取っておいてくれました。
これは春にはタコの香味サラダを山のように盛り付けたものでした。
お料理はどんどん出来上がっていきます。
マヨネーズはぴかままさんが手作りマヨネーズをいとも簡単に作ってくれました。
mayone-zu.jpg

カイエさんは今回もこだわりのお料理をいろいろと作ってます。
来るときにお魚を買ってこられたようでカサゴ(ではなくノドグロだそうです)はお刺身なんですって。
ここでduckbillシェフの出番。
手際よく三枚に裁いて霜降りにして薄づくりをつくってしまいました。さすが~~。
私が手伝ったのはもみじおろしを作ったくらい。

duckbillシェフは昨年のフィノさんの京都のタケノコの瓶詰を持ち込んで姫皮のカルパッチョを作られるよう。そして手打ちパスタを作る予定のようでしたがいろいろありすぎなので止めようかと・・・・
いえいえ食べたいので作ってと要望。
なんとパスタマシーンまで持ってこられてました。
慣れた手つきでパスタを伸ばし、奥さまのMさんがリコッタチーズやオリーブを置いてあっという間に生っパスタ完成。これを茹でてソースは白いんげんのソースです。

kinoko_20111021021425.jpg
テーブルの方ではミッキーが朝採ったきのこやわらびさんが用意してくれたきのこ、イノシシや羊などの肉類をお皿に並べたものにひとつづつ名前を書いた旗をたててくれてます。
Fujikaさんは出来上がったお料理をきれいにセッティングして料理名と制作者を張り付けてくれてます。

omiso_20111021022159.jpg
そしてこのきのこ鍋の味付けにとみなさんが作ってるお味噌を少しづつ持ってくるようにと言われてたのでお味噌集合。みんなで味見。それぞれに味が違うものです。
家の味噌は今年は作るのが遅くまだ熟成途中で昨年の残ったものです。
以前やってたお味噌交換会を思い出します。
これらの味噌を合わせ味噌にします。

5時開始は大幅に遅れ女性陣は温泉に行く時間もなくなりましたがなんとか完成。

お料理は追記を見てください。



続きを読む »

抜糸してきました。

kosumosu_20111017144120.jpg
眼科の診察日でした。
もしかしたら抜糸かなと覚悟はしてましたが・・・・嫌だな・・・

「縫合したところがついているので今日は抜糸しますよ」と。
つい逃げ腰になります。
「こんなのが怖いって年じゃないでしょう」と笑ってくれますが・・・初めてのことだもの。

また麻酔でもかけるのかと思いましたがその場で抜糸されました。
少しは痛いのかなと思ってましたがよくわからないうちに終わってました。
「なぁんだ」でした。

とれた糸を見せてもらいましたがものすごく細くてゴミみたいです。
こんな細い糸で縫うんですね。
結び目も大きいとゴロゴロするので抜けないように縫うのってすごい器用な人でないと難しい。
布でさえできるかな??

あの先生キャピキャピしてるけど以外にも器用なんですね~~。

抜糸でおしまいかと思ったらまだ充血がとれないので目薬を変えて一日4回と、6回の二種類の処方がだされました。
一週間は薬をささないといけないんですって。

「かなりひどい傷なんだよ。まだしばらくはかかりますよ。」と言われてしまいました。

少しよくなると薬を4回もさすのを忘れてることがありました。

みなさんにご心配おかけしましたが抜糸して眼帯が外れました。

全体にまぶしい分なんだかとても疲れます。

トップのコスモスはちょうど一年前に行った昭和記念公園のコスモスです。
足にヒビが入ってたのに引きずりながら見に行ったなと思い出してます。


白樺湖できのこの会 Part2(きのこ狩り)

mira- 2
二日目いいお天気です。(山菜の会の時は雨だった)
まずはハンナと白樺湖畔をお散歩。
まだ静かな湖。山がミラーになって湖面に映ってます。
白樺湖ファミリーランド方面が見えます。
asamohya_20111015215657.jpg
中央の煙のようなものは朝もやでしょうか?拡大してみました。
今年は紅葉が遅いようでまだ緑の木が多いですね。

duckbillさんご夫妻はすでに到着されてました。
朝4時半に出られたとか。やはり早朝出発は早いですね。
これで全員集合。
東京方面からはduckbillさんご夫妻、川越さんご夫妻、Fujikaさん(今回もご主人様はお仕事でお一人です)そして私ども二人と山荘の主わらびさんご夫妻。
名古屋方面からは楽子さんご夫妻、カイエさんご一家、ぴかままさんで総勢大人14名+の大所帯。

6時55分に集合。いない人は置いていくと言われて時間厳守。さあ山荘裏山での初めてのきのこ狩りです。きのこは食用か毒かは全くわからないのでベテランさんと一緒でないとダメです。
今回はわらびさん、川越さん、Fujikaさんがきのこに詳しい方です。
最初は3歳のチビ姫ちゃんがいるのでハンナも連れて行くつもりでしたが片目だし、やはり好きな方向にいってしまうので留守番させることに。
ケンネルに入れてお留守番となりました。

裏山で横一列に並んでローラー作戦でいくそう。

片目だと距離感がわかりません。山の中なので日差しも柔らかいので眼帯をとってまぶしくないので眼帯なしで行くことに。でも雑木の小枝があちこち出てるのでまた目をささないように注意深く歩きます。
033.jpg
ローラー作戦はすぐにバラけてしまいました。

初収穫
きのこ発見!小さい茶色のきのこ。クリタケというものらしいです。
今年は気温が高く、雨が少なくきのこが出てないんですって。
貴重ですよ~~~。

木の切り株にきのこ発見でしたが広葉樹の切り株に生えるのは違うのだそう。
あやしいきのこはいくつか発見しましたが・・・
白くて丸いのはホコリタケですって。いかにも怪しいネーミング。
donngurinokara.jpg
見つけたとおもったらどんぐりの殻だったり。

なかなか見つからず収穫なし。採れないのかなぁ~~。

別の場所に移動。

こんな生え方
その時「きのこ発見」にみんなで駆けつけます。duckbillさんがこんなのを見つけました。
木の裂け目にこんな風に生えてます。
その前にも株になったのを見つけてました。すごい!

doku.jpg
夫がこんな変なきのこを発見。毒きのこのようです。毒のようなので捨ててきたら後でぴかままさんがきのこ図鑑を購入して食べられるものだった様です。残念。

054a.jpg
わらびさんがとっておきの場所は案内するとのことであるいてたらなんと道端にクリタケの群生を発見。
みんな採る前にカメラでパチパチと大撮影会。

056.jpg
さらに行くとすごい大株が斜面にありました。
同じクリタケのようですが育ち過ぎ。こういうのをババと言うんだそう。
ジジはないんかい?

konnnani058.jpg
思ったよりも大収穫です。
歩きながらきのこの整理。こうしておかないと後が大変なんですって。
kasiwaba_20111015220240.jpg
帰り道 柏の葉が紅葉しかけててました。


daisyuukaku.jpg
山荘に帰りきのこを食べられるもの、怪しいものに分類。
食べられるきのこはほとんどがクリタケです。アイシメジとかスギタケとかいうのも少しありました。
ね!大収穫でしょ。
ayasii.jpg
こちらは怪しいもの。
ha-togata.jpg
形がハート型のきのこ。ぴかままさんが乾燥させるとストーブのところに置いておきました。

クリタケの処理は川越さんとFujikaさんがしてくれました。さすがに慣れた手つきです。
その横で朝ごはんの準備です。
071a.jpg

duckbillさんがパスタとキヌアと玄米だったかしら?それらを使ってリゾットを作ってます。
私がパン教室で作ったパンはストーブの上に並べ温められてます。楽ちゃんのレバーのパテと私の生ハムのパテも出します。
わらび&文恵さんがオオツガタケのごはんとハナイグチの大根おろし和えをつくってくれました。
炭水化物が多いですがおいしくて完食。
パン二種類もも評判よくてよかった。
リンゴのケーキを持ってきたので食後にケーキの要望がありケーキも出しました。
私なんか満腹で食べられなかったです。

朝ごはんも終わりさあ夕方のパーティーの為の買い出しに出発で~~す。
ハンナは山荘でお留守番。
ごめんね。だってハンナは駐車場大っ嫌いで吠えまくるんだもの。

食材の買い出し、パーティー準備、そしてお待ちかねのお料理の数々はPart3へと続きます。






ハンナの皮膚炎

015_20111015151911.jpg

きのこの会の続きの前に。

山荘から帰ってハンナは長時間のドライブは久しぶりだったのでかなり疲れたのかグタッとしてました。

翌日もなんとなく元気がないです。ご飯を食べたと思ったら全部吐いてしまいました。
お散歩に連れ出すと一応外には元気に飛び出しては行くのですが、途中まで行くとUターンして一気に戻ってしまいます。
それでも人に会うとひっくり返ってます。

ひっくり返ったときにお腹にかさぶたのようなものを発見。
どうしたの~~ どこでケガしたのかな?
それとも悪い病気??

トリミングにだすとお腹はきれいにそられてピンクの肌が丸出しになるのでトリミングの人も気づくはずです。なのでごく最近できたのでしょう。

トリミングから約一月くらいたってるのでお腹の白い毛で覆われてるので見つけるのが遅くなりました。
すぐペットクリニックに連れて行きたかったのですが用があり行かれず、翌日はクリニックが定休日。

の木曜日は朝一で診察に連れて行きました。
皮膚炎だそうです。
それも一か所だけでなくなんと大小6か所もできてました。全然気づきませんでした。

よくある皮膚炎だそうで悪いものでなくてよかった。

菌(ポツリヌス菌といったかな)に対して皮膚が負けているそうです。
夏の暑さやシニアになって抵抗力が落ちてきてるんでしょうか。

塗り薬と飲み薬を出すと言われましたが飲み薬はかなり難しいです。どうごまかしても口から出す可能性が大きいです。
では注射をと首に注射をされちゃいました。

先週耳が臭いので耳に入れる薬をもらってきたばかり。薬の瓶を見るだけで逃げ回ります。
塗り薬もおとなしく塗らせないでしょうね。

ハンナは大の薬恐怖症なんです。

今まで病気らしい病気もしなかったですがこれからはいろいろな病気も出てくるんでしょうね。

それにしてもペットの診察代は高いですね。
先週からの二度の診察で1万円以上かかってます。

1歳からアニコムペット保険に入ってますがほとんど掛け捨てでしたがこれからは使うことが多くなるのでしょう。

お薬が効いてきたのか今日はかさぶたのようなものがはがれてきてます。
治るまであと少し。

ハンちゃん 元気でいようね。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。