スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪

RIMG1400a.jpg

予報通り朝目覚めたら白銀の世界でした。
先月の雪の時はうちの方はたいして降らなかったので初めての大雪です。
私が起きた時は息子はすでに出かけたあと。
道路もうっすらと白くなってました。
息子は高速道路を使ってるので雪だと心配です。メールをしたら無事に着いたという返事で一安心。

今日は竹細工教室で使ってる教養センターからの依頼でやってる講座の6回目で最後の日でした。
私たちはまだ初心者にもかかわらず先生一人では大変ということでアシスタントで参加するようにと言われてました。
私は1回目は参加しましたが仕事で行かれずその後は夫が毎回出てました。
最後の回は私も行くつもりでしたがこの雪では行かれません。
8時半ころ先生から今日はセンターから中止になったという電話。
雪というので前日材料を運び込んでたらしいのです。
この雪では車で行くのも考えものです。

晴れてれば竹細工に行き、午後は畑の手入れでもしようと思ってたんですが・・・・

こんな訳で家で雪を見ながら過ごすことに。
RIMG1394.jpg
午前中はずっと降り続き二階から見たらこんなです。
タティングレースの編みかけがあったので仕上げ、マンドリンの練習をしたりのんびりと過ごしました。

夫が雪が降ったらハンナを雪で遊ばせようと前から言ってたので雪に出したらハンナ固まってしまいました。
雪の冷たさに車の下に潜り込もうとするのでリードもつけずに入り込まれたら出せません。
まだ小さい頃は雪でも大丈夫なときもあったのですが8才にもなると嫌みたいです。
家に入れたらリビングへすっ飛んで行きました。

雪も3時頃には止んできました。
車に積もった雪は数センチはあります。
はやいうちに玄関前の雪をどけないと凍結して明日の朝が怖いです。
とっても水分の多い雪でビショビショ。
RIMG1399.jpg
葉っぱの上に積もった雪がシャーベット状です。
植木鉢のマーガレットは雪の重みで折れてしまってました。

たまにしか降らない雪ですが年々雪はうれしくないです。
雪国にいる叔母のに言ったら怒られそうです。

夕方なのでワンコの散歩も始まってます。
ハンナは雨だとにお外に出さないです。家の中でもトイレができます。
道路が濡れてるので散歩に出すとお腹がビショヌレになりますがちょっとだけ出してみました。
なるべく雪がないところを歩きましたが服がビショビショで可哀そうで途中で抱っこするはめに。

こんなくらいの雪でも都会は弱いですね。
スリップ事故や転倒してけがをした人が続出してましたね。
明日の朝が心配です。

明日はかなりの暖かさになるとか。
本当に気温の変化が激しすぎます。
インフルエンザもまだまだ流行ってますし風邪もまだまだです。

花粉症は今年は少ないと言われてますが先日目が痒かったこともあり花粉症がどんな症状ででてくるのかしら?

明日から3月。そろそろ暖かくなり春が早く来てほしいです。

RIMG1396.jpg
これは黒キャベツ(カーボロネロ)の苗です。
2苗購入してベランダに置いておいたら一つはたおれてたので無事でしたが鳥に食べられてました。
ブロッコリーはなぜか大丈夫だったのですが鳥にとっても黒キャベツおいしいのかしら?





スポンサーサイト

My菜園

RIMG1286.jpg
ここは三月から借りることになったMy菜園です。

金沢区には横浜市でやってるシーサイドファームという大きい貸農園が海の近くにありますがなかなか空かないのとちょっと遠いので敬遠してました。
もっと近くに貸農園ないかなと思ってました。

近くといえばいつもいく公園から山の方に入ると山の開けたところに畑が作られてるのですがここもなかなか空かないのと水の設備がないので水を持っていかないといけないのです。使わなくなったお風呂を置いて雨水を貯めてる人もいます。
山の中なので車やバイクがすぐそばまでにいくわけにもいきません。

昨年秋(九月ごろだったらしい)仕事中たまたま近くのコンビニに行く用がありました。
途中に不動産屋さんがありカラー印刷のポスターがありました。なんだろうとみたら貸農園と書いてありました。
気になったのですが仕事中なのでそのままスルー。
詳しいことを聞いて来ようと翌日不動産屋さんに行ってみました。

ポスター貼ってあるけど二期目の募集が終わってしまってて空待ちでよければ名前を登録しておいてというので登録しておきました。
場所は向かいの山で時々ハンナの散歩で歩いたことがありました。その時は栗やみかんの木が植わってあとは畑でした。
そこを貸農園にしたのだそう。
ここならずっと近いです。

いつ順番が回ってくるかわかりませんが待つことに。

それが急に一人の方がやめたので順番が回ってきたそうです。
私の前に一人いらしたそうですが連絡が取れなかったので家に回ってきたんです。(どうやら二番目だったらしい)

一応畑を見てから契約してくださいというので翌日夫と見に行ってきました。
RIMG1291.jpg
駐車場もちゃんとあります。
畑だったところが小さく区分けされていろんな野菜が植わってます。
契約で見に行った日は晴れて日当たりがとってもよかったです。
この写真をとったのは3時すぎだったのと曇りでした。山が近いので3時過ぎになると陰ってしまうとか。
RIMG1289.jpg
簡単な屋根のある小屋があって農具などをおいておくこともできます。隣には休憩所もあります。
RIMG1290.jpg
小川が流れててそこから水を引いて貯めてあります。この水は自由に使えます。

家が借りた農園の広さは3m×10mの30㎡。これだけあると結構いろんなものを植えられそう。
皆さんいろんなものを作ってます。
RIMG1287_20120226020830.jpg
こちらはお隣さんの農園。これは玉ねぎでしょうか?
RIMG1288_20120226020841.jpg
こちらは全面をネットで覆ってしまった菜園。すごいですね。

見に行ったときにおじさんが作業してて全くの初心者だといったらみんなが教えてくれるよと。

農園はすでに更地になってるのですぐ使えそうですが不動産屋さんは今月まではその方の権利なので三月からにしてと言われてるのでそれまでに農具や水を運ぶポリタンク、小川のすぐそばでないのでポリタンクをのせるキャリー、ハーブや野菜の種、種を発芽させるポット、発芽用の土、不織布、ビニールシートなどを購入してきました。

何ができるか楽しみです。

素敵な室内履き

RIMG1259.jpg
前日の暖かさはどこに・・・
またまた寒い一日でした。
せっかくひらいたお花もかわいそう。


名古屋の楽子さんから上のようなすてきなプレゼントが届きました。

編み物お得意な楽子さん。

かわいい室内履きと名古屋のおいしいものとブログで見て作ろうとおもっていたリンゴのモスタルダが届きました。

お手紙には時期がずれてるけどと書かれてましたが今年はまだまだ寒いです。
寒さが戻った今日、早速履いてみました。

ブログをみるとこのサボ(というらしい)は楽子さんは4足も編んでました。
オレンジの糸にグレーの糸を絡めて編んであるのが色合い的には私が一番好きなもの。

RIMG1293.jpg
コロンとした形がなんともかわいいです。サボという名前がぴったり。
見た目大きいかなと思いましたが履くと若干大きいけど足首まであるので大丈夫です。
RIMG1260_20120226014059.jpg
こちらは横から見たもの。

手編みって暖かいですね。


RIMG1294.jpg
こちらは同じ頃患者さんからいただいた靴下です。

これは見た目がかなり小さくて入るのかな??でした。
伸びるのでこちらも大丈夫でした。
RIMG1295.jpg

ご年配の患者さんですが手芸がお好きで姉妹でいろんな手芸品を作っては持ってきてくださいます。
この靴下は娘さんが被災地に送るので作ってと言われて30足ほど編んで喜ばれたとのこと。

編み物ができる方っていいですね。


私はタティングレースはできますが普通のレース編みとか編み針でのものは苦手なんです。

この二つの作品を見ると楽子さんのはさすがに感覚が若いですね。
いろいろな編み物の作品を載せてらっしゃいますがどれも素敵な作品ばかりです。
感化されて昨年の夏は私も麻糸でバッグを作ったっけ。

お二人ともありがとうございました。

味噌煮込みうどんの素としそ味噌は名古屋の味を楽しみます。





ようやく春の気配が・・・

RIMG1330_20120225011810.jpg
今週の後半は本当に寒かったですね。
こんなに寒いと感じるのは年のせい???だけではないですよね。

今年はとうとうヒートテックの長そでのインナーを着てしまいました。

昨年フランスに行くときに寒いといけないと購入してみたのですがフランスでは着ることがなかったです。

いままでどんなに寒くても袖のあるインナーを着ることはほとんどなかったです。
タンクトップ型のインナーで見ごろはダブルでも袖はずっとシングルだったんですよね。
でも今年は長そでを着たら脱げなくなってしまいました。

そしてコートも厚手のダウンでも寒くてとうとう毛皮を引っ張り出してしまいました。

この毛皮はシルバーミンクで義母がもう着ないからとくれたものですが暖冬が続いてて着ることはなくお荷物状態。高価なものでしょうが着るのには勇気がいて何年も出したことがなかったのです。

日の目を見ることなかったですが一昨年一度だけ区役所の仕事の時にあまりの寒さで毛皮のコートを着てバイクで出勤したのですがミンクのコートでバイクは考えるとすごくおかしいですよね。

昨年も一度だけ寒さに勝てず引っ張り出しました。

今年はなんともう3回も着てしまいました。
毛皮は本当にあったかい~~です。
現在はあまり毛皮を着てるのを見ることもなく重いので着るのに覚悟が要りますが、今年の寒さにはありがたいです。
なるほど動物は毛皮をきてるので寒くないわけですね。でも夏はかわいそう。
RIMG1333.jpg

今週は少しだけ暖かい日もありようやく梅が膨らみ、蝋梅が咲いてきてます。
昨日は朝は風が冷たかったですが暖かくなり早咲きの梅が香ってました。
寒いうちから咲く河津桜もまだまだです。

明日は診察日で沼津までいきますが一年前の診察の時は暖かくて帰りに松田の満開の河津桜と菜の花を見てきたのですが今年は無理でしょう。

来週バスツァーがあり偕楽園の梅を見に行く予定ですが全く期待できません。

桜の開花予想も出てましたね。
東京周辺は3月31日とかなり遅いです。

でも確実に春はそこまでやってきてますね。

は~~るよこい は~~やくこい♪♪








これは芸術作品ですね

RIMG1252.jpg
職場の仲間のTさんからこんな素敵な石鹸のカービングをいただきました。

ピンクのバラと抹茶色の小さいバラです。
RIMG1251.jpg

Tさんから今までに二ついただいてます。

確実に腕をあげられててこんな素敵なバラをカービングできるようになってますね。

こういうすてきなのを見ると私もやりたくなってきます。

でもナイフでここまでカットは出来そうにないです。

夏に展示会に行きましたがその時はメロンも彫られてました。

今年はスイカにカービングかしら?

展示会が楽しみです。


RIMG1261.jpg

カービングはできませんが竹細工教室で作ったのは花入れです。

初めて竹ひごを編むという作業がでてきました。

これが結構難しいです。

篭目編みという編み方です。

6本の竹ひごを使いますが基本的な編み方です。

竹の節をへそになるように中心になるように置くのですが慣れるまでちょっと大変。

そしてそれを立ち上げて大きな網目でラフな感じに編んで中に竹筒を入れて口を束ねて出来上がり。

そのままをみるとあまり素敵でないですが花を入れて壁にかけるといい感じになります。

我が家は和室をつくってないのでしっくりくる柱がないです。
リビングの扉のガラス戸に吸着フックをつけてあったのでかけてみました。

今の季節椿がぴったりなのですが庭の白玉椿はまだ蕾です。なので庭の水仙を1本入れてみました。

RIMG1292a.jpg
これは夫が昨日お教室ではなく教養センターで開催されてる短期講座に手伝いにいって作ってきたん花桶です。
緑の真竹と黒っぽい竹で作りました。

RIMG1312_20120223015308.jpg
義母の部屋に暮れにミニ角松を飾ってきました。一月中旬に片づけようとしたらまだ置いておいてというのでそのままに。さすがに一月いっぱいで強引に片づけました。
なにもなくなると寂しいというのでこの花桶にまだ開花してませんがミモザを入れて持っていきました。
咲くと黄色が鮮やかできれいなのですが。





縮緬キャベツで巻きキャベツ

RIMG1283.jpg
近所のスーパーで三浦産の野菜を置いてあります。
縮緬キャベツ(サボイキャベツ)がありました。
こういうのを見るとスルーできません。ようやく近くでも入手可となりました。

肉厚のキャベツで見た目は固そうですが煮込むとおいしいキャベツです。

小ぶりで1個250円は求めやすいですね。

このところ寒いのでロールキャベツにしましょう。
RIMG1316.jpg
硬い外葉三枚ははずし下茹で。普通のキャベツより時間がかかります。

RIMG1319_20120219224103.jpg
小ぶりなのでロールキャベツはちょっと無理そうなので肉種を挟んで元の形に成形して煮ます。
ロールキャベツならぬ巻きキャベツです。

RIMG1320.jpg
タコ糸で糸をかけコンソメキューブをいれて圧力なべで15分ほど煮ました。
RIMG1325.jpg
きれいな緑色でしたが緑の色は褪せてしまいます。ちょっと食欲減退な色です。

15分はかけ過ぎかも。かなり柔らかいです。
でも型崩れしないのがこの縮緬キャベツのいいところです。
RIMG1327.jpg

丸ごとなので切り分けて。




エビ蒸し餃子

RIMG1244_20120213010255.jpg
またまた中華街で買ってきた食材です。

RIMG1238.jpg
この皮です。澄麺皮 ドウメンピーと読みます。
エビ餃子用の浮き粉がはいった皮です。蒸すと透明になるものです。

エビだけで作ったら美味しいのはわかりますが今回は前々日に作ったハスのはさみ揚げの中身が残ったのでそれを加えてみました。
エビは最近よく見かける安いバナメイエビを使ってみました。
page_20120213010804.jpg
エビは皮を剥き1/3は荒く刻み、残りは包丁の背でつぶしました。
エビ100%で作るときは豚の脂身を加えるので肉だねのほかにラードを少し加えてみました。

皮は20枚あります。
お店で見かけるようなエビ餃子の包み方がわかりません。細かい襞をよせて独特な形になるはずなのですが初めてではうまくいきません。
結局普通の餃子のような形になりました。

中華蒸籠に10個くらい入れて蒸した方がよさそうなのでオーブンペーパーを敷いて間をあけて並べました。

強火で10分。

開けてみたら透明な皮にエビのピンクが透けて見えるはずだったのに白っぽいです。
バナメイエビってピンクにならないのかしら?
豚肉をいれてしまったのでダメなのかしら??

RIMG1246.jpg
透けた皮から具材からでた汁が溜まってるのが見えます。
この汁をこぼさないように取り出すのが大変。

この皮もちっとしててお箸にくっつきます。
トングで取り出しましたが皮が破けてしまい汁が漏れてしまったものもありました。

エビのプリプリ感がいいです。でもエビ100%でやった方がよかったです。

今度はブラックタイガーで。


バレンタインデー

RIMG1265.jpg
バレンタインデーの直前にFujikaさんより今年も素敵なプレゼントが届きました。

今年も3つのものが入ってます。

RIMG1266.jpg
細長い箱はFujikaさんが丁寧に作りためたピール類のチョコレートがけ。手作りのカードにこんなにいろんな種類。これだけの種類のピールを作るのは大変です。一種類のピールをつくるのだって大変です。
年々ピールもチョコ掛けも腕をあげてます。
そしてかわいいお花のプリントの箱も手作りです。こちらもすっかり上手になってます。
どれもおいしいです。

RIMG1267.jpg
こちらの箱は干し芋さんたち。
Fujikaさんの畑で採れたお芋もはいってます。
干し芋といってもカラフルでいろんな色があります。

RIMG1268_20120216003104.jpg
そしてこのすてきな包装はもちろん巻柿。

この巻柿をつくるのに秋になると干し柿を何千個も作られます。
そして種があるものはご家族で種をとって巻き簾に広げ芯に柚子のピールをのせて海苔巻の要領で巻いたもの。
RIMG1271.jpg
毎年たくさんの巻柿を皆さんで作って荷造りひもでぐるぐる巻いたものです。

我が家も昨年は叔母の庭の庄内柿、Fujikaさんからいただいた佐渡の柿、ネットで取り寄せた甲州大和柿の干し柿を作りました。
数にしたら80個くらいだったでしょうか。

お友達に差し上げたり、袋にいれてリビングのテーブルに置いておくと夫が夕食後につまんでのこり3個になってます。
本当は巻柿を作るつもりだったのですが。
昔は干し柿なんておいしいと思わなかったのですが・・・年と共に嗜好も変わり今は自然の甘味で本当に美味しいです。

無くなりかけてたのでFujikaさんの巻柿はうれしい。
でも大事にうすく切っていただきます。なのでまだそのままです。
本当はカットした断面をおみせしたいのですが・・・・今年はどんなバラ模様がみられるでしょうか。

Fujikaさん いつもありがとうございます。



昨日のバレンタインデー 夫には近くのスーパーのチョコ売場にあったブランデーのチョコを選びました。
息子は昨年もあげたのにそのまま放置されてたのであげませんでした。

kuishinbouさんが生チョコをご主人のためにつくられたという記事をみて真似しようとおもいましたがチョコレートはテンパリングが難しい。
たまたま日曜日の夕方チョコレートの番組をやってました。
温度を上げたチョコレートを大理石の台の上で混ぜながら冷まし、再び温度を上げるなんてプロの技。

美味しいチョコレートはプロに任せます。

RIMG1272.jpg
でも何か作ろうと始めたのは久々のマカロン。

マカロンもいろんなレシピがありどれが一番いいのかまでわからないのでいい加減に自分流にしてしまいました。

やっぱり失敗だ~~。
天板を二枚重ねなかったので下火が強かったのでしょう。
表面がひび割れができてしまいました。
少し長めに焼いたのでシートに底がくっついてしまうことはなかったのですが。

マカロナージュがやりすぎでしょうか?生地が軟らかめで形も流れて不定形です。おまけにピエの入り方が少ないときてます。

完全なる失敗作。
でももう一度作るのは面倒だし材料が切れてしまいました。
RIMG1279.jpg
ガナッシュを挟み上から粉糖をかけてごまかしました。

味はわるくないんですよ。家で食べるのなら良しとしましょう。

毎年隣の姪っ子たちがバレンタインの義理チョコをくれてましたが二人ともボーイフレンドができたので
今年はこちらまで回ってきませんでした。
ちょっぴり寂しいですがしかたないですね。これも成長の証しでしょう。





ハンナも大好きパリパリリンゴチップス

RIMG1250.jpg
ハンナの好物は何と言ってもお肉です。

みかんとかリンゴ、梨が好きというワンちゃんもいますがハンナは生の果物は全くダメです。

フジリンゴが萎びそうなので薄くスライスしてドライリンゴを作ってみました。

かなり薄くしたものはパリパリでおせんべいみたい。

ハンナはおせんべいは好きだし海苔は大好きなのでパリパリの触感は好きそうでためしにあげてみました。

匂いを嗅いでましたが口に入れてパリパリと食べてしまいました。

お気に召したようですよ。ドライリンゴというよりもリンゴチップスの方が適してます。

なるべくパリパリがいいのでまたリンゴを買ってきてパリパリリンゴチップスを作っってみました。
チップスというとポテトチップスは油で揚げてますよね。
リンゴのチップスも市販のものはお砂糖を使ってると思います。
ハンナも食べるのでお砂糖は使いません。リンゴそのものです。

最初の時は四つ割りにしたものを櫛形に12,3枚にスライスしてましたが皮のあたりまでパリパリになりきりません。
RIMG1247.jpg
なので今度は四つ割りを20枚以上にスライスしてみました。
たった1個のリンゴなのに天板に並びきれなく重なったものもあります。

100℃のオーブンで約2時間かけて乾燥させます。

パリパリリンゴチップスの完成です。

ハンナはすっかりこのパリパリリンゴチップスが好きになってしまいました。

果物だめなのですが干し柿は色が肉と間違えたのか夫が食後に食べてると欲しそうな顔して少しだけもらうことがあります。

干し柿にドライリンゴと変な犬ですね。
このリンゴチップは壊れやすいのが欠点。瓶に入れたくてもよほど口の広い瓶でないと入れるときに壊れます。
ジップロックの袋に入れてますが手荒く扱うと壊れてしまいます。
いい入れ物はないかしら?

ちょっと小腹がすいたときに口に入れるのにもいいんですよ。

今考えたのですが櫛形に切るから厚みが違ってくるんですね。そのまま縦にスライスするか横に輪切りにすれば厚みが均一なものができそうです。
お砂糖を付けたほうが色はきれいなのかな??




まぐろのカマの塩焼き

RIMG1134.jpg
年末のマグロ祭りで買ってきたカマを塩焼きにしました。

カマなのでシンプルに塩焼きですよね。
一応他の食べ方あるかなと検索してみたらマグロのカマは煮つけがおいしいというのがありました。
焼いてから煮ててこれもおいしそう。
でもとりあえずは塩焼きで。

あまり塩を強くしないでオーブンで焼きました。
なぜかあまり焼き色がついてませんね。もう少し焼き色がついた方が美味しそうに見えるんですが。

大根おろしをたっぷり添えて。
これだけ大きいと食べごたえが十分あります。
脂がのっててほんとおいしいです。

二個入りだったので夫と私で半分こ。これでも十分なくらいです。
息子は一つペロリでした。

RIMG1131_20120119010915.jpg
足りないかなと副菜に作ったのはイカときくらげとネギの塩麹炒め。
それに白菜と豚肉の具だくさんの味噌汁でした。

今度は煮てみようかな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。