スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サツマイモの茎を食す♪

RIMG0617_20120930212114.jpg
畑に植えてあるサツマイモは元気すぎてツルが伸び放題です。

あまりツルが元気だとツル呆けして地下のサツマイモが大きく育たないんですって。

土のあたりを少し掘ってみたらサツマイモらしいきれいな赤いお芋が見えたけどどのくらいの太さになってるか掘りだすまでわかりません。

ジャガイモの時のようにびっくりするほど採れるといいんだけど。

初心者でそうなんでもうまくいくわけないですよね。

サツマイモの茎が食べられることは知ってました。

先週マンドリン仲間のTさんがサツマイモの茎を炒めて食べたらおいしかったと言ってたし。

山ほどあるサツマイモの茎。一度食べてみないとね。

そのあと畑で先輩のオジサマにサツマイモの茎は食べますか?と聞いたら「食べられるみたいだけど実際には食べたことないよ」
左隣の畑のオジサマに「サツマイモの茎食べたことあるかい?」と聞いてくれました。
そのオジサマ「あるよ~~ 戦時中にね」

戦時中ね~~ いったい何歳なの?

その答え聞いてあまり食べてみようと思わなくなり茎をカットしたのですがそのままになってました。

その後よくコメントいただいてるkuuzaemonnさんのブログ記事にサツマイモの茎のことが載ってました。

調理した写真もあります。

皮剥いて調理すれば美味しいようです。

こんなにあるんだからなにかして食べてみないとね。

元茎から出てる葉がついてる茎を採ってきました。

kuuzaemonnさんは畑でおじさんと一緒に皮を剥いたらしいです。ということは生のまま剥くということ。

生のまま剥いた方がいいのか蕗のように茹でてから剥いた方がいいのか???

kuuzaemonnさんのやり方を真似てみました。

どっちから剥くといいのかよくわからないままなんとか剥けました。

茹でてからもう一度みるとまだ皮がむけてないものがあります。

ひっぱたらすぐ剥けました。茹でてからの方が剥きやすいみたいです。

この茎を短くカットして鷹の爪とごま油で炒め、本だし、みりん、醤油で味付。
サツマイモの茎のきんぴらです。
RIMG0638_20120930211942.jpg

蕗よりも歯ごたえがありますが結構いけますよ。

サツマイモの茎といわなければわかりません。(というよりサツマイモの茎の味を知ってる人はそんなにいないですよね。)

kuuzaemonnさん 食べ方教えてくれtれありがとう!






スポンサーサイト

強化練習

RIMG0599.jpg
先週と今週の2回にわたっての定期演奏会前の強化練習が終わりました。

本番(11月3日)まで残すところ練習は4回です。

うちのクラブは現在指導者が二人。

なので2週にわけての強化練習になりました。



以前は合宿練習をしていました。

泊りがけで練習も楽しいし、夜までしっかり練習ができるのはいいのですがだんだん年齢が増してくるといろいろ準備なども面倒になりそんなに遠くないところ(江の島女性センター)でやってたので夕方まで参加して家に帰り翌日まだ参加という人も多くなってきました。

なにも学生の時の合宿のようにしなくてもいいじゃないかということで1日強化練習にしようと日帰り合宿になってかなりたちます。

今の私たちにはこのくらいでないと疲れてついていくのが大変。一日強化練習でも終わるとグッタリです。


大学生の頃は合宿は夏休みは1週間朝から晩まで(それもエンドレスでいつ終わるか予定なし)練習づけだったわね。

あれは若いからできること。大学という4年や2年という限定の期間の中でやっていくのだからしかたないですね。

初めて参加した合宿(スキー場なので遅くまで音だしても大丈夫)で深夜まで練習のあと楽譜を写したり(あの頃はコピーでなく自分で音符を書いて写した)でやっと寝て翌朝ラジオ体操で起こされ髪ぼうぼう寝ぼけ眼で行くと先輩たちはきれいにお化粧までしてすっきり顔でびっくりしたものです。
上級生になるとこうなるのかなと思いましたがなりませんでした(笑)


二週間先には演奏会場でのリハーサルがあります。

あとひと月ちょっとですがあっという間に本番の日になってしまいそうです。

本腰を入れて練習をしないと。
RIMG0598_20120928233920.jpg
でも今回の選曲は難しい。
いまだに指使いが確定されてない(これは私だけのこと)焦り気味です。
ご覧のように楽譜に指使いをなんども書き直ししてます。早く決定させないとです。

時間よもう少しゆっくり回っておくれ。







フルブラでにんじんとキウイのサラダ

RIMG0502_20120924021739.jpg
二種類作った自家製フルーツブランデーのもう一つ柑橘(ニューサマーオレンジ)とキウイのフルブラを使ってみました。
漬け込みは二日間。

ちょうど畑から間引きにんじんを採ってきたのでにんじんを新鮮なうちに食べましょう。

ドレッシングにフルブラを入れてみては?

となるとにんじんだといちじくよりもニューサマーオレンジの方が合いそうね。

瓶を開けてみました。

あ~~いい香りだわ~~!
RIMG0522.jpg

にんじんだけでは彩が悪いわね。キウイの緑なら合いそう。

フルブラにもキウイいれてるし相性はよさそう。

ドレッシングにフルブラを入れてみます。

<レシピ>
レモン汁とフルブラにオリーブオイルに塩、こしょうのドレッシングをかけたもの。
間引きにんじんなので細いのを三本使いましたが普通のにんじんなら1本使ってください。
千切りにして少しの塩をして水気を少し絞ります。
ドレッシングはレモン汁大匙1、フルブラ大匙1、オリーブオイル大匙2、塩、ブラックペッパー少々。


「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」参加中
自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ


<ニューサマーオレンジとキウイのスパイシーフルブラ>
ニューサマーオレンジ 1個
キウイ    1個
ブランデー  360cc
クローブ   4粒
ニューサマーオレンジは1cmの輪切りにして皮を剥く。皮は黄色い皮の部分だけにする。
キウイは皮を剥き輪切りにする。
瓶にオレンジとキウイを入れてブランデーをまで注ぎクローブを入れる。



フルブラでもう一品! いちじくフルブラ香るチキンソテー

RIMG0504_20120926145839.jpg
この自家製フルーツブランデーのいちじくを使ってお料理してみました。
このフルブラの作り方は一番下にあります。

自分で言うのも変ですが結構頑張ってますよ~
あまり時間をおくと嫌になってしまいますからね。

冷蔵庫に塩麹につけてあった鶏もも肉が一枚ありました。
これで作ってみます。

RIMG0571_20120926151143.jpg

材料 2人分
鶏もも肉  大1枚
塩麹  大匙1 コショウ
フルブラ  大匙1 オリーブオイル 少々

(ソース)
ミニトマト 6個
フルブラに付けたいちじく 2枚
バルサミコ酢  大匙1
フルブラ  大匙1
水     大匙1
メープルシロップ  大匙1
青紫蘇   2枚
 

作り方
1.鶏肉を洗って塩麹を落としてキッチンペーパーで水気をしっかり取る。
2.オリーブオイルでこんがりソテーしてブランデーをかけて蓋をして蒸し焼きにする。
3.肉を取り出した後のフライパンにミニトマトのざく切り、ブランデー漬けのいちじくをカットしたものを入れて炒めフルブラ大匙1と水大匙1を入れてアルコール分を飛ばすように煮る。
4.コショウ、バルサミコ酢大匙1、メープルシロップ大匙1入れて煮詰めソースにする。
5.お皿に鶏肉を削ぎ切りにして盛り付けソースをかけ青紫蘇の千切りをのせる。
付け合せはお好みでどうぞ。今回はレタスです。

「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」参加中
自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ


<いちじくのシナモンフルブラ>
いちじく(今回はみどりのバナーネ使用)3個
ブランデー360cc
シナモンスティック 1本
いちじくは洗って水気をとり1cmの輪切りにします。瓶に入れてブランデーを口いっぱい注ぐ。シナモンスティックを入れる。
3日ほど漬け込みました。

いちじくのフルーツブランデーでパウンドケーキ

RIMG0556.jpg
先日作ったいちじくとシナモンスティックのフルーツブランデーがとてもいい香りになってきました。
ちょっと飲んでみるといちじくの香りが結構しておいしいです。

ケーキにしてみました。

本当はkuishinbouさんの赤ワインのパウンドケーキを作ってみようと思い立ったのですが最近あまりお菓子つくってなくてココアがない~~ 赤ワインは飲んでしまってない~~。
これじゃできないじゃない。
バターは柔らかくしてしまったし、粉は計ってふるっちゃったしでこのまま進めるしかないです。

そうだ赤ワインの代わりにいちじくのフルーツブランデーを使ってもいいじゃない。

途中とってもいい香りが部屋中に充満してます。

焼きあがりました。

パウンドケーキなので翌日の方がおいしいんだけど~~
食べてみたいですよね。
RIMG0557.jpg
うふふ~~ 美味しいで~~す。
チョコレートの甘味とブランデーがいいですよ。
フレッシュいちじくに浸み込んだブランデーが後になって効いてきます。



材料(20cmのパウンド型)
バター  120g
キビ砂糖  70g
卵     2個
薄力粉  150g
B.P    小さじ1
シナモン  小さじ2/3
刻みチョコレート 50g
スライスアーモンド 50g
いちじくのフルーツブランデー 60cc
漬け込んだいちじくのスライス  3枚
別に薄力粉 少々

作り方 
1.バターは室温に戻しておく。薄力粉とB.P シナモンはふるっておく。
2.柔らかくしたバターにキビ砂糖を三回くらいに分けて入れる。
3.室温にもどした卵を1個づつ入れてよく混ぜる。
4.粉類と刻んだチョコレートとスライスアーモンドを交互に1/3づつ混ぜる。フルブラを加え、いちじくを7ミリくらいにカットして粉をまぶして混ぜ込む。
5.紙をしいた型に入れてならし、180℃にあたためたオーブンで50分焼く。

★スライスアーモンドを使いましたがくるみでも美味しいでしょう。
ブランデーがたっぷりでいちじくもブランデーが浸み込んでるので車を運転する時は控えて下さいね。

「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」参加中
自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ


 

最悪墓参り 彼岸花は遅れてます

RIMG0540.jpg
今年の秋のお彼岸は二日に分けました。
土曜日は竹細工の帰りに横浜霊園へよって私の両親の墓参りをしてきました。
この日は夏のような暑さでした。

日曜日は朝から冷たい雨で寒いほど。
夫の方の墓参りは月曜日に行くことにして日曜はどこも行かずのんびりと。
といっても定演を控え今週も強化練習があるのでマンドリンの練習をせねば・・・(一応やりましたよ)
プリーターをだしてみないといけないんだけど印の要らないチェック地を買ってきてあったのでバイヤス使いにしてハネコムステッチをやってみようとやりだしました。
チェックなのですぐ取り掛かれます。
バイヤス裁ちなのですがチェックが正方形でないので(計ってみたら0.55×0.65)正バイヤスにならないです。
ステッチをさしていくとずれてきてしまいます。
でも、もう布を裁ってしまったのでやるしかない。
ステッチの練習だよね~~。
やりだすと止まらなくなるのが困るところ。
夜遅くまでかかりましたがなんとか刺繍だけできました。
RIMG0530_20120924231725.jpg
エプロンになる予定ですがいつのことやら。

そして今朝は朝からいいお天気。爽やかでやっと秋らしくなりました。
白山にあるお寺までいきますよ~。
RIMG0539.jpg
ハンナも今日は一緒にお出かけです。
途中でいいお天気なのでカメラを向けました。
RIMG0536.jpg
大黒あたりからのベイブリッジです。

順調に走ってましたが都心にはいると結構混雑してます。
いつも降りる北池袋が渋滞してます。このまま並べばいいのに何を思ったのかしりませんがそのままスルー。
すぐ次で降りればいいのになぜかそのまま???
そのあとはすぐ出口がでてきません。日本橋まで行っちゃうの?と思ったら上野の出口がありようやく高速を降りました。
結構走ってきちゃったよ。このまま逆方向にのればいいのに普通道路で行くみたい。
上野は夫の育った地なのでまあいいか。
路線バスの後を走っててバスの右折について曲がったら後ろから横浜3×× 6×××の車は停車しなさいとアナウンス
え!家の車??後ろにパトカーがいる。
どうしたの?
右折禁止だって。バスが曲がったからついて右折したけど。バス以外右折禁止場所なんですって。バスで標識なんか見えなかったよ(怒)
取締期間らしくあちこちで取締やってます。
違反は違反といわれりゃ仕方ないけどね~~カチンときます(怒)
なんでいつものところで降りなかったんでしょ(怒)

頭にくることばかりだけど   ふ~~
済んだことは考えるのやめにします。

お寺は平日なので人が少なく静かです。
彼岸花が咲いてませんね。
ようやくみつけたのはこの花付きが寂しい一輪。RIMG0543_20120924232040.jpg
そしてようやく茎をだしてきたばかりというような蕾が少しだけしかないです。
RIMG0544.jpg
かなり遅れてますね。こんなに咲いてないのは記憶にないです。いままで遅れててもお彼岸の中日にはある程度開花してましたから。

昨日の雨でかお墓に飾られた花がまだどこもきれいです。これがお天気だと一日でしおれたり枯れてしまいますからね。
RIMG0542.jpg
苔むした灯篭がいいですね。

この後は義母のホームへ。
違反で時間を撮られたのでホームにちょうどお昼の時間になってしまいます。
お食事はみなさんと集まって食べるので邪魔するのでホームセンターによったりお昼を食べて時間を潰して行きました。
「ご飯食べた?」と聞くと「まずいので食べなかった」と。
食べないからか大分体重が減ったそうです。
2週間ごとくらいに見てるのであまりわかりませんが元気なころからするとかなり痩せたでしょう。
最近計ったら41kgだったとか。
動けないので軽い方が介護する人には楽でしょうが食べないのは心配です。
バナナとかお寿司やお菓子を持っていきましたが食べたくないと。
寝てるばかりなので妄想が激しくなってます。
私が入院して弟が心配してると言うのでびっくりです。
聞き流すしかないですが最近は話を聞いてるのさえ面倒になってきてます。

本当かどうかわかりませんが左手が少し動くようになり、左足で立てたといいます。
少しでも動くようになってくれば世界が少しづつ変ってみえるようになるかもしれません。
家に帰りたいと言ってるのでほんの少しでも希望がかなえられるといいんですが。

このままホームで人生を終えるのは寂しいですね。


せっかくいいお天気だったのに明日はまた雨で寒いとか。
今、外では雨が強くなってきて雷もなってきてます。
天候の激しさにもついていくのが大変です。






自家製フルーツブランデー2種

RIMG0501_20120923214904.jpg
レシピブログにはだいぶ前に登録してたのですがもほっぽらかしでした。

先日何気なくメルマガを開けました。
自家製フルーツブランデー(フルブラという)にアンテナがピッ!

今年は梅酒をブランデーで漬けたんです。だからかしら?
梅酒のように長期間漬け込むのではなくフレッシュなフルーツを1~3日漬けるだけでいいみたいです。

フレッシュ感いっぱいのフルブラってどんなかな~~。
申し込んだらモニターに当選してしまいました。
届いたのはサントリーブランデーV.Oとガラスの保存キャニスター(500ml)2個です。

すでにオレンジ、レモン、マンゴー、りんご、トマト、メロンetcのレシピが完成してます。
フルーツ限定だしあと残ってるフルーツは???

注意書きには
1、米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでんぶん又はこれらの麹
2、ぶどう(含 やまぶどう、干しぶどう
3、アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、拡酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩   類、色素、香料又は酒類のかす
は酒税法で混和してはいけないとのこと。
1、2はわかるけど3はよくわかりませんね。
要するにぶどう、干しブドウ以外のフルーツを使えばいいということです。
アルコールは20度以上の蒸留酒に限られるんですって。
セミナーも開催されて参加された方のブログをみるとブランデーでもV.Oくらいのランクの方が軽くていいんだそう。(梅酒もこれを使いました)

ちょうどこの日は定期演奏会前の強化練習中でお昼休みすぐ隣のJA横浜の「はまっこ」へ行ってバナーネを買ってきました。
時間が遅かったので残り2パックで選ぶことができませんでした。
バナーネが欲しかったのでこれしかない。で帰ってよくみたら先端のところがカビてる~~。
その部分だけ切り取れば食べられます。

そのバナーネがあったのでいちじくのお酒ってあり?
検索したらあるみたいです。
透明のお酒でつければいちじくの色が淡いピンクになるんでしょうがブランデーでは茶色だからダメですね。
RIMG0497_20120923215021.jpg
キャニスターは500mlなのでそんなにたくさんフルーツは入りません。イチジクの輪切り3個分を入れてブランデーを注ぎました。

もう一つは何しよう。
RIMG0498_20120923215129.jpg
冷蔵庫に萎びる寸前のニューサマーオレンジを1個みっけ。
オレンジのブルブラは美味しいようなのでこれでもいいわよね。
皮は除いて輪切りにし、皮は白いところをとって瓶に入れました。フルーツ少ないかなでキウイを1個足しました。

でできたのがトップの2瓶。

オレンジは1日でいいようなのですがキウイはどうかな?中をとって2日にしましょう。
いちじくは香りが写るまえで時間かかりそうなので3日にしましょう。

コンテストいやだけどあるんですよね。
★自家製フルーツブランデー部門  ★ドリンク部門  ★料理部門があるそう。

グランプリはフランス旅行。もう一度いきたいなぁ。
でも三部門すべてに応募ですって。ということはちょい無理かな。

とりあえずフルーツブランデーは作りました。



「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」参加中
自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ


フルーツブランデーの分量を書いておきます
<いちじくのシナモンフルブラ>
いちじく(今回はみどりのバナーネ使用)3個
ブランデー360cc
シナモンスティック 1本
いちじくは洗って水気をとり1cmの輪切りにします。瓶に入れてブランデーを口いっぱい注ぐ。シナモンスティックを入れる。

<ニューサマーオレンジとキウイのスパイシーフルブラ>
ニューサマーオレンジ 1個
キウイ    1個
ブランデー  360cc
クローブ   4粒
ニューサマーオレンジは1cmの輪切りにして皮を剥く。皮は黄色い皮の部分だけにする。
キウイは皮を剥き輪切りにする。
瓶にオレンジとキウイを入れてブランデーをまで注ぎクローブを入れる。



憧れのプリーターがやってきた~♪♪

RIMG0484.jpg
先日の布地の記事の最後にあるものをゲットしたと書きました。

今日私のところにやってきましたよ~~!!
これで~~す。
READ社のプリーターです。

プリーターというのはプリーツを寄せるマシーン。
スモック刺繍をするときに無地は細かく印をつけて縫い縮めて細かいヒダをよせてから刺繍をしますがこの下準備が大変なんです。

スモック刺繍に出会ったのは大学入学祝いに祖母がスモック刺繍が施されたブラウスをくれました。
そしてお友達がチェック地にスモック刺繍をしたエプロンをプレゼントしてくれたのもきっかけでした。
友達ができるなら私にもできるかもと本を何冊か探してはまり込みました。
お教室がどこにあるかも今のようにネットで探すなんてことは無理で本を見ての自己流です。
無地にスモック刺繍したものにあこがれエプロンを何枚か作りました。

結婚する時に母がお祝いをいただいた方にお返しにスモックのエプロンを作りなさいというので一生懸命白無地に印をつけてヒダをよせ刺繍をして母がエプロンに仕立ててくれました。
何枚作ったか覚えてないくらい作った記憶があります。

子供は男の子二人なのでスモックの可愛いドレスを着せるわけにもいきません。それでも赤ちゃんの頃ならと次男が生まれた時に水色の細かいチェック地に刺繍をして帽子を作って被せたこともありました。

祖母が買ってくれた襟ぐり回りにスモックをしたブラウスを作りたいと思いながら印をつけてプリーツを寄せるには分量が多すぎで断念。
こいういうマシーンがあるとは知りませんでした。

このマシーンを知ったのは何年か前にスモック刺繍が再び見直されたのか本が何冊かでてきてその中の本の後ろに載ってたのです。
扱ってる会社も載ってたのですぐ見たのですがちょっと高いので断念。

でもずっと頭の隅っこにこのマシーンいいなと。

先日何を見ててたどり着いたのかわからないのですが以前から気になってたA~Zスモック刺繍という本が楽天オークションに出てるのを発見。
同じ方が出品されてるものの中にこのプリーターがありました。
本と同じ日に〆だったのでとりあえず本だけ落札。
その後プリーターのことが気になってました。
オークションでもそんなに安いものではありません。私のおもちゃとしてはかなり高価なものです。

使いこなせないかも でもこんなものがオークションで未使用で今後出る可能性はなさそう
清水の舞台から飛び降りる気持ちで入札しちゃおうか。
何日か悩んだ末出品者のamikakeさんに連絡しました。
どうせなら早く使ってみたいです。
入札してくれれば早く終了してくださることに。(落札価格は内緒です)
amikakeさんわがままを聞いてくださってありがとうございました。

こんないきさつで私のところにやってきました。

とても繊細なマシーンなのでこわごわ出してまずは記念撮影。
横からです。RIMG0486.jpg


黒と金できれいなマシーンで思ったよりも軽いです。説明書きも添えてくださいました。
RIMG0485_20120921222346.jpg

針がずらっとついてます。ここに糸を通して縫ってプリーツを寄せます。

A~Zの本にもこのプリーターの使い方が載ってます。(このプリーターの使い方を見て欲しくなったのも一理)

すぐ使ってみたいところですがよく説明を読んでから触ってみます。今夜はとりあえず箱にしまいました。
RIMG0489.jpg
一緒にこの本も入れてくださいました。
page_20120921222858.jpg
外国のスモック刺繍のお洋服ってなんて可愛いんでしょう。
日本で見る子供服はパステルカラーのものが多いですがこんなシックな色も素敵でしょう。
左下のは男の子。
どこにスモック刺繍?
RIMG0492_20120921222933.jpg
この★がスモック刺繍なんですよ。

こんな使い方うちの子供たちが小さい頃やってみたかったです。

一度基本を学ぼうとMeguさんの来月のお教室を申し込みました。






畑記事は別のブログにお引越し!

RIMG0387_20120919224416.jpg
これはしびらんの花 ようやく咲いてくれました。

春から始めた畑。
はや半年が経ちました。

何もわからないままに始めた畑でしたが思ったよりも生育がよくていろんなものが収穫できました。

本当はちゃんとメモっておかないといけないのですが何もしないまま写真だけは撮ってました。
これではいけないと思い畑の記事はこちらにお引越しさせることにしました。
exciteブログで 
新米ファーマーの畑ブログ』に綴っていきます。
HNはpomemaruです。
こちらにもたまには載せることはあると思いますがこれから先の畑はこちらからご覧ください。
それと最近こんなサイトを見つけて登録しました。
Cropnetといって野菜を作ってるコミュニティのようなもの。生育過程まで記録ができます。


My畑でこの半年の間に何を育てたか思い出すと
ソラマメ→ お店にあった最後の3苗を植えました。遅かったですが豆が空へ向かって大きくなってくるのを楽しみました。ハンナの好物でほとんどハンナが食べましたが。
     
キヌサヤ→ これも他の畑よりも遅かったですが毎日収穫できました。花もきれい。

じゃがいも(男爵)→ たった1袋で6月末には22㎏も大収穫

トマト→ ホームセンターで60円で大玉3苗、ミニトマ3苗購。ト マトがどれくらいなったのか記録してないのでわかりませんが日に30~40個もってくるので1500個以上はなったでしょう。大玉も50個以上はなってると思います。トマトはそろそろ終盤のようです。

セロリ→ 普通のセロリは脇に軸が伸びてますがなぜか中心がぶっといセロリができました。香りよく柔らかくておいしかったです。そのあとも植えましたが暑すぎてダメになりました。

レタス→ ほかの方の畑でできたのをいただいたら美味しかったので家もと探しにいったらもう「最後だからもっていきな」とのことで3苗を畑に植えました。どんどん大きくなってあっという間に収穫に。

いちごホウレンソウ→ 種もあったのですが1苗を植えましたが以前庭に植えたよりも色濃い実がなりました。これはみなさん知らないようで「あれ何」とよく聞かれました。実はジャムに。葉はホウレンソウとして食べました。

トウモロコシ→ おおkトウモロコシの植え方も知らずに5本植えました。なんでも大きくなることを考えて苗と苗を離して植えたらトウモロコシはくっつけた方がいいんですって。
根元から二本になってきたので一本を抜きとり間に植えました。虫がつくというので専用の薬をかけたり・・・
トウモロコシは一本に一つの実なんですって。それを無視して育てましたがやはり実いりはよくなかったです。でも朝早く収穫したトウモロコシはなんと甘くやわらかくておいしいんでしょう。お店のが食べられなくなって困りました。

ズッキーニ→ 2苗植えたのですが台風4号の被害で1つダメに。残ったのがびっくりするほど元気に育ち、私もまだそんなに暑くなる前はせっせと朝8時に見に行き受粉をしました。その結果1本で20本以上もズッキーニを収穫。

ミニかぼちゃ→ もう畑はいろいろ植わり過ぎて狭くなってるので天空仕立てに。初めて小さい実ができた時はうれしかった。結局6個収穫しました。

スイカ→ はじめてなので小玉スイカを植えました。昨年からやってる方が昨年は失敗だったと聞くので素人ではハードル高いんだなと。野菜の時間をみてプランターで天空仕立てをしてたので畑で実行。こんな育て方してる人はいないので目立つったらないです。スイカの実は受粉してすぐからあの縞もようがあるのに感激。欲張って6個も育てたのであまり大きくなりませんでした。全くたべられないものができると覚悟してたのですが最初のは種が黒くなかったけどちゃんとスイカの香りと味(甘味がちょっと少ない)がしましたよ。後のはもっと小さくなりましたがおいしく食べられました。

ピーマン→ 現在進行中ですがあまり生育よくないです。南蛮かぐらのようなへちゃ顔ピーマンです。

ししとう→ これも現在進行中。最初の頃はあまり形がよくなかったのですがだんだんししとうらしくなってきました。

エゴマ→ ものすごく大きくなって私の背丈を超えてます。今は花が咲き穂ができてきてます。

アスパラガス→ 100均でみつけたアスパラ。絶対に育たないとおもいつつ植えました。ずっと出てこなかったのでやっぱりねと思ったら突然ニョキニョキと。今年は育てるだけ。今は葉が茂ってます。

食用ほおずき→ これはベランダの方が大きくなりました。畑に合わなかったみたい。

ネギ類→ 春にネギを20本ほど植えました。冬までこのままかと思ったら夏ネギだったようです。これは収穫しました。
下仁田ネギは畑の横に並べましたがさつまいもの葉に覆いかぶされて陽が当たらないです。先日数本抜いてすき焼きでたべました。
種から育てた根深ネギと九条ネギは現在進行形。

大根→ 夏ネギと同じ頃植えたミニ大根。6月には花が咲きだしたのであわてて引っこ抜きました。よく土を深く耕しが足りなかったので二股のやくるんと丸まったのが収穫。でも味は〇でした。

きゅうり→ 本当は春からやるんでしょうが夏になって6本植えました。この暑さと水不足できゅうりがまっすぐにならず。でもかなりの本数が収穫。今もまだ少しなってます。

落花生→ みなさんの畑よりずっと早くに見つけて植えました。まだ収穫にはなってません。

ルバーブ→ 今年は収穫は見込めないとおおもってたら何者かに被害をうけて大き目の茎を収穫してジャムができました。

沖縄野菜→ シビランはなかなか成長してくれなくてと畑に移住させたら1つだけが成長してくれて大分大きくなってきてます。葉だけ摘んでお浸しで食べました。ポロフェノールいっぱいのハンダマは元気に育ってます。

マーシュ→ 畑に直接種を播きました。1月ほどで5㎝ほどになったので収穫。フランスの癖の野菜です。

ハーブ類→ ハーブたちはバジルスペアミント甲斐ミントルッコラタイムディルフェンネルセージオレガノレモンバームレモングラスといろいろ。バジル、ミントがこんなに元気とは知りませんでした。とってもとっても出てくるのに少々疲れます。

さつまいも→ べにあずまと紫芋、鳴門金時と植えたのですが葉がものすごく元気でもしかしたらツル呆けしてるかも。いつになったら収穫できるのか?

にんじん→ 三回間引いて生育中。あと少しで収穫できるのかも。

春菊→ これもワサワサと生えてます。

ニラ→ 花がたくさん咲いてしまってます。葉が少し固めになってきてます。

パセリ→ この暑さでちょっと生育悪かったですが下のほうからまた葉がでてきてます。

いちご→ いちごはベランダにあったものを移植したものもあり4種類。とちおとめ、紅ほっぺは春だけですがあとの二種類は四季なりでずっと花をさかせ、実もできてます。
ランナーがいっぱい伸びて畝の通路になってる所までいちごが占領してます。親株をそのままにして来年を迎えさせます。

ナス→  結構たくさん収穫ありました。先月終わりに根を切り更新させて秋ナスができてきてます。

今月になって植えたものは
ホームタマネギ白菜キャベツ芽キャベツ美味タス(レタスの仲間)すずなりブロッコリーです。
種はリーキベルギーエシャロットを播きましたが最近の雨は降り方が凄くて流れてしまったかもしれません。
早くお天気にな~~れ。

こうして書きだすとあまりの多さに我ながらびっくりしてます。




いちじくで

RIMG0234.jpg
スーパーで売ってるいちじくはほとんど桝井ドーフィンという赤紫色のもの。

これではない種類が欲しいです。
そろそろ出てるかなとJA横浜のはまっこを覗いたら今年もバナーネという緑色のいちじくが出てました。
2パックゲット~~。
バナーネ1
写真撮り忘れたので昔のを引っ張りました。

いつもは生でも美味しいのですが今年のはあまり甘くない??
1パックにすればよかったかも。いちじくは日持ちしないのでこういう時はジャムにしてしまいましょう。
でできたのがジャム4本。(トップの画像)

義母のホームに行く途中にあるJA国分寺が改装中してきれいになったので寄ってみました。
RIMG0239.jpg
そして見つけたのがブラウン・・・とかいう種類のもの(忘れた)。
バナーネよりも小粒で後ろのブルーベリーと比べるとわかるかな?

調べてみるとブラウンターキーというのがあるのでこれかも。
これもあまり甘さがそんなにないですね。

結局この秋一番おいしいいちじくはうちのベランダのピンポン玉ほどのいちじく。
RIMG0240.jpg
ブラウン・・と一緒に並べてみました。ちっちゃいでしょ。

今年は大きくなるかと期待してたのに8月後半になって少し大きくなって色が白っぽくなったと思ったら柔らかくなって完熟してました。木からもいで食べるいちじくは何と甘いんでしょう。
RIMG0134-horz_20120919160417.jpg
左も熟してますが真ん中の汚いくらいのが美味しいんです。

木にラベルがついてるのですが日本種とかいてあるだけ。
日本種って何だと調べると蓬来柿(ほうらいし)しかないんですね。
いわゆる昔からあるのあこのいちじくだそう。
葉はきざみが少ないのが特徴とか(たしかに他のからみると刻みがすくない)
そして皮は赤っぽく先端が笑ったように開くのですが家のはなりません。全然ちがうでしょ?

一口サイズで20個ほどなりましたが加工するまでもなく生のまま口にはいってしまいました。

RIMG0441.jpg

RIMG0442_20120919160228.jpg
このいちじくの木一枝だけがピューと伸びて先のほうにまだ固い緑の実を付けてるのですが今までのよりも軸が長いんです。
15個ほど実をつけてるのでこれからがちゃんとした蓬来柿になるんだろうか?

いちじくには夏実と秋実、夏、秋実があるそうです。
蓬来柿だとすると秋種で8月には実を付けないようなんです。
家のは今年は夏に実をつけて秋にも実をつけるみたい。

全くなんだかわからないいちじくです。まあどうなりますか見守っていきます。
RIMG0320_20120919160517.jpg

ブラウン・・は小粒だったので赤ワイン煮にしてみました。デザートに最適でおいしかった。

土曜日の夜グレーテルのかまどという番組があります。
土曜日の午後10時にスイーツの番組は見落としてしまいます。
先週はそれでも見てました。
先週はジンジャーエールをやってましたがイチジクのシロップが美味しいと言ってたのでスーパーのいちじくでやってみました。レシピはこちら

イチジクの実だけにしてグラニュー糖をまぶしてしばらく置きジュースが出てきたら火にかけます。
3分ほど煮てトロッとしたら出来上がり。
冷蔵庫にいれて飲む時にグラスに入れてサイダー少量で溶かし、レモンを入れてサイダーを注ぐとのこと。
pagea_20120919160717.jpg
いちじくを煮ただけでは色があまりきれいでないです。ここにレモン汁を入れてかき混ぜたらきれいなピンク色になりました。
そのままではかなりの甘さでもあったのでレモンを入れたくなりました。
ここにサイダーを入れたら淡いピンクの飲み物に。きれいでしょ。
RIMG0434_20120919161137.jpg
シロップも甘くサイダーも甘いので私敵には甘味が強いので普通の炭酸水で割った方が美味しいと思います。

色もきれいだし結構おいしいです。

これにミントの葉を加えてもいいかも。このところ雨は降るし天候不順で畑に出てないのでミントなし。これはフレッシュでないとダメだものね。

ベランダのいちじくがどうなるか楽しみです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。