スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初めてのベーキング

RIMG1155_20130131000950.jpg
ハンナのお腹ようやく復活してきたようです。
でも用心のためにご飯は少な目です。
今日は義母のホームに行ってきました。私は指の病院通いなどもあったので元旦以来です。
風邪をひいたとも言ってましたが元気でした。窓辺には竹のミニ門松がまだ飾ってありました。
もう一月も終わりなので処分しようとしたらまだ飾っておいてというのでそのままに。
ポカポカと暖かい日でしたが途中ではまだ雪が残ってました。


今年初のパンを焼きました。
kuishinbouさんのところでおいしそうなちぎりパンを見ました。

自由が丘WINGでちぎりパンが16個が焼ける型をかってあったのですがなかなかパンを焼くまで至ってませんでした。
指がまだ傷があるのでパンを捏ねるのは無理ですがkuishinbouさんはホームベーカリーで発酵までお任せとのこと。
実はホームベーカリーに全部入れてスイッチポンの食パンは時々作ってましたが捏ねるだけとか発酵まではやったことなかったです。
発酵までお任せならできるかも。説明書をみたら発酵まで1時間55分もかかります。
手捏ねの方が早いけどやってみましょう。
他の事をしてたらすっかり時間を忘れてブザーが鳴ったのも気づきませんでした。時間はとっくに過ぎてます。
気温が低いので過発酵にはなってなかったので計量、分割して丸めるのはなんとか指を使わずできました。ベンチタイム経て二次発酵はオーブン任せ。いい具合に発酵したので焼く前にオレンジピールを刻んでのせました。

いい感じにできましたよ。
粉400gなので食べるぶんだけのこして冷凍に。
ピールは上にのせたので焦げかけになっちゃいました。こういうものは中に入れないとダメですね。
RIMG1155_20130131001238.jpg
夕食は畑野菜たっぷりのあさりのチャウダーでした。
RIMG1159_20130131001200.jpg
ふんわりと焼き立てパンは美味しいですね。
発酵までお任せは楽でいいです。また作ろうっと。




スポンサーサイト

ハンナのお腹その後

RIMG1124_20130129014943.jpg
お薬をなんとか飲ませて少しよくなったお腹ですが日曜の朝はちょっと怪しかったです。
RIMG1132_20130129015012.jpg
ずっとお日様のあたるところでお昼寝してました。

私は午前中は陽射しがあたたかそうなのでバイクでちょっくら畑へ行って小松菜の間引きをしてきました。

午後は私もちょっと風邪気味のようでゴロゴロ。散歩に出たくないなぁ。
といってもそうはいかないね~~
5時近くなりましたが散歩に出ました。
ハンナは散歩は大好きなのでどんな時でも嫌がることはめったになく元気にでていきました。
でも下痢便となってしまったのであわてて戻りペットクリニックへ。
ペットクリニックは日曜日は19時までやってるので助かります。
ハンナはよく日曜日にお世話になってます。

先生は薬は飲ませるのが大変ならしばらく注射をしましょうと2本も注射されてしまいました。
犬って注射は痛くはないのでしょうか。
予防注射もたいして痛がりません。
明日も来るようにと言われました。

この前の時食事は少し減らしてといわれたので夕食はヨーグルトに残りの一袋の粉薬を入れてごまかして食べさせました。
夜は大好きなお肉ももらえませんでした。

月曜日の午後は私は仕事なので夫につれて行ってもらいました。

月曜日の朝は千葉や茨城方面では積雪で亡くなった人もいましたね。
朝起きた時は前の家の屋根に少し白いものがあり、チラチラと雪がまってました。
また雪いやだなぁと思ってたらやみましたがニュースで成田空港が真っ白にはびっくり。
あまりに寒いので10時過ぎに出ましたが空気が凍るようです。
注射が少し効いてるのかはしなかったです。
午後クリニックにいくのに報告できないわね。

夕方仕事から帰って夫に聞いたらやはり注射を2本されたそう。
注射をいたがりもしないのに驚いてました。
朝ははしなかったと先生に話したらいい傾向だとか。
夕方のは下痢はしてなかったけど柔らかかったそう。

明日もダメならまた注射だそう。

明日はお友達とランチの予定なのですが早めに帰ってこないとです。



ハンナのお腹の調子が悪いです。

aRIMG1153.jpg
ハンナのお腹の状態があまりよくないです。
もう10日くらいになりますか。

犬もお腹にはビオフェルミンが効くとのことで飲ませてましたがなかなかよくなりません。

夜中(3時とか4時頃)にベッドから飛び降りてドアに向かって開けてと吠えるのでドアを開けると必死に階下のトイレに駆け降りて行ったり、間に合いそうにないと2階のトイレ(2か所ある)で済ませたり。ひどい時は2か所を行ったり来たり。
トイレ以外にはやらないのはえらいです。

普通の時のなら片づけもかんたんですが下痢してるので夜中に始末が一苦労。こちらも寝不足になります。

ビオフェルミンで少しよくなったかなと思うとダメで仕方ないのでクリニックへつれて行きました。

吐くことはなく、食欲はあるので注射をしてもらい飲み薬をだしてもらいました。

ハンナは薬を飲ませるのが一苦労です。

錠剤だといろんなものに巻いたり埋め込んだりしますが口からペッと出してきます。
錠剤を粉にしてハチミツなどに混ぜてなめさせたりヨーグルトに混ぜたりしますが匂いがするのでしょうね。
なかなか簡単には口にしなくなってきます。
大好きな肉に振り掛けたらごまかされてすぐ食べたのですがそのあとグェグェっと吐いてしまいました。
少ない肉に薬が多かったようで受けつけなかったようです。

薬を飲ませて3日目に少しよくなってきたようで大嫌いな薬を止めて様子をみることに。
少し安定してきたのかなんどもトイレに行くこともなくなりました。

良かったねと思ったのにまた少し軟便です。ハンナのお腹どうなってしまったんでしょう。
食欲だけはしっかりあるので大丈夫だとは思います。

もう9歳という高齢犬になってきたので免疫力が弱くなってきたのでしょうか?
昨年はなんどかクリニックにいくことがありました。
お風呂から出たら毛がぺショッとして皮膚が透けて見えるので小さい黒っぽいものが見えます。かさぶたになりかけてガサガサしてるものも。
クリニックでみてもらったら皮膚炎でした。
お腹の方も点在しててびっくり。

胸のあたりに2cmくらいのグニュッと膨らんでるものを発見、すぐクリニックへ飛んでいきました。
もしかしたガンではないかと不安でした
その塊は柔らかいので脂肪の塊だろうということになりましたがあまり大きくなると切除しないといけないかも。
いまだに小さくなりません。触っても痛くはないようです。
爪をはがしそうになったり、歯石除去もしたりで去年はお金もずいぶんとかかりました。
小さい頃からペット保険には入ってて半額は返ってきますが病気にならないのが一番です。


ハンナから飛びますが近くのお友達ワンコでマルチーズのアッキーくんが先月10日ほど入院しました。
なんと糖尿病だったそう。
アッキーくんもハンナと同じくらい太ってましたがまさか病気だったとは。
6才の男の子ですが散歩もあまり好きでなくモタモタ歩いてはいました。
ハンナと姉弟のようだわねと笑ってたのですが。

犬はしゃべれないのでこういう状態がわかりませんね。

人間と同じで目にきてしまったので完全失明ではないそうですが家の中でもぶつかってしまうとか。
お散歩には出てきてますが半分はママに抱っこされてます。
歩くのが怖いんでしょうね。

まだ6才と若いので先が長いのに病気もちになってしまって可哀そう。

ハンナもこれ以上太ると糖尿病になるよとみんなに脅かされてます。

夏に歯石除去で麻酔をかけるときにBV検査をしたのでその時は異常はなかったので今のところ大丈夫と思いますがいろいろ病気が出てくる年齢になったので心配です。




切り三つ葉で

mituba.jpg
香りのある野菜が好きです。なかでも三つ葉は大好き。(長いままの写真撮り忘れたのでカット後のものです。)

年末の売れ残りなのか野菜高騰のなかで切り三つ葉だけが安いです。
普通の糸三つ葉よりも安いなんてことあまりないです。

そもそも切三つ葉は日ごろはあまり見かけない(うちの方のスーパーだけかも)
あっても高いのでたぶん買わないです。
でも三つ葉というと糸三つ葉よりも白い軸の切り三つ葉が好きです。
なんで糸三つ葉ばかりになってしまったんでしょう。
糸三つ葉は根っこにスポンジがついてるので栽培が楽なのでしょうね。
昔はこの白い軸の三つ葉が主流だったのではないかしら????(定かでない)

母がよく買ってたのでザクザク切ってご飯の上にのせお出汁をかけて三つ葉茶漬けをよく食べてました。
RIMG1149_20130124001335.jpg
年末には400円近くもしていた切三つ葉がなんと99円だったのでほとんど一束を使って香り高い三つ葉茶漬けを堪能することができました。
生シイタケの焼いたものを一緒にのせました。
海苔の細切りと山葵を用意しなかったのが残念。
三つ葉のお出汁で少し加熱されたのと生の触感がいいんですよ。


そしてまだ安かったのでまた三つ葉買ってきました。
RIMG1129_20130124000920.jpg
今度はれんこんバーグの三つ葉あんかけに。
こちらも生シイタケをさっと炒めてめんつゆとお酒で味付けてれんこんのしぼり汁でとろみをつけて仕上げに三つ葉をたっぷり入れました。
れんこんをすりおろしてひき肉に混ぜ、絞り汁をとろみをつけるのは今週の日テレのレシピの女王でみたのを真似てみました。
れんこんチップとおろし生姜をそえて。

RIMG1131_20130124000923.jpg
それと京芋のポタージュです。
RIMG1134_20130124001705.jpg
これが京芋。
楽子さんのブログでみてうちの方のスーパーではたしか見かけたわとスーパーに行ったら半額になってました。多分こちらも新年用の残りなのかな?
半額でも290円なんだから安くはないですよね。
RIMG1139_20130124001738.jpg
茹でて揚げたものが美味しいとのことでしたがちょっとスジっぽいです。
残りは煮てしまおうと煮はじめたのですが味付ず何かにしようと冷蔵庫に。
ひき肉あんを包んでコロッケにでもと思ったのですが面倒になりれんこんバーグなのでポタージュはどうだろう。
潰して水をいれて少し煮てバーミックスをかけました。
味付けはどうしましょう。和の素材なのでほんだしを少しいれ、薄口しょうゆと塩を入れ、牛乳を加えてのばしました。生クリームもあったので少し加え、最後に風味づけにバターを落としました。
三つ葉の葉を浮かせました。
京芋の和風ポタージュ思ったよりも美味しかったです。





My三浦大根でミルフィーユ仕立て

RIMG1139.jpg
三浦大根でミルフィーユ仕立てを作りました。


雪の前に採ってきた三浦大根。
RIMG1134_20130122150441.jpg
これは3本目の大根ですが二股にはなってなかったのですが細めですがなんと長さが50cmもありました。
太くならなかったのは何が原因なんでしょう?素人ファーマーではまったくわかりません。
二股にならなかったのは三浦大根は長くなるのでかなり掘らないとと私が頑張ったからかも。
夫は抜くのに一苦労だったとか。
これだけ長いと折れないで掘り出すのは大変だったと思います。


細いのが少々気になりますが大根のミルフィーユ仕立てにしました。

今までの三浦大根はぶっといので厚みをせいぜい1cm位にしないとこれだけで満腹になります。
一番最初に作ったときは普通の青首大根だったので同じくらいかな。
少し厚めの輪切りにしてお米のとぎ汁で茹でてお出汁でじっくり煮てありました。
いつもなら牛肉を入れることが多いのですが豚バラのシャブシャブ用をあさいちで豚生姜というのをやってたので作って冷蔵庫にあったものを使いました。

豚生姜はシャブシャブ用の豚バラ肉をサッと茹でて生姜汁とお酒とみりんでさっと煮たものです。
ネギのななめ切りをさっと炒め豚生姜を入れて醤油、酒で味を絡めました。

大根は表面に格子状に浅い切れ目をお入れてオリーブオイルで焼き目がつくまで焼きます。

お皿に大根、肉、大根、肉と重ねて置き、煮汁を回しかけて貝割菜をちらしました。
今回はバルサミコ酢も使わず和風仕立てです。

やっぱりこの料理は三浦大根の歯ごたえがいいんです。

三浦大根は三浦でも1%ほどしか作られてないそうです。
お正月用に出回りますが年開けるとほとんど見かけることがなくなります。

それがMy畑で採れたので作れました。
RIMG1137_20130122150958.jpg
50cmもありましたが鍋ものや煮物に使ってなくなったので昨日もう一本採ってきました。
これは50cmはなかったですがもう少し太目です。変なところから小さい足がでてますね。





ケガから一か月

指のケガから今日で一月経ちました。
皆さまにご心配かけてしまいましたが大分よくなってきました。

一時あまりよくない菌が検出されてたりしましたがその後順調に回復しているようです。
傷も見てもそんなに不気味でなくなりました。(人が見たら不気味ですよね)
aRIMG1142.jpg
この写真のようにスパッとななめに切ってしまったのですが今はご覧のように指の形にもどりつつあります。

今かかってる病院は整形外科の先生が3人いてなるべく同じ先生にかかりたいのですがこちらの事情もありそうはいきません。
週2回は傷の消毒と経過を見せに来るようにと言われましたが仕事もあり先々週は膿がでてきたりで週4日も通院するはめになりました。当然見てくださる先生が違います。
見解がそれぞれ違うので処理の仕方がちばうのでこちらは戸惑うばかりです。

火曜日は大雪の後で午前中に出かけるたくなく、多分病院も休み明けで混んでるでしょうしで午後バスで出かけました。
その時は3人の先生の中で一番若い先生(ケガして最初の頃一度見てもらった)でした。
RIMG1144_20130120223242.jpg
カルテをみてあまりよくない菌がでたようですが大分肉も盛り上がり傷も小さくなってきて皮膚もできてきてるのでなるべく空気にさらした方がいいと。(そういえば前の時もあまり貼りつけずに空気にさらした方がいいと言ってました)

塗り薬は今までつけてなかったのですがその菌にも効く塗り薬をだします。
毎日きれいな水で傷を洗って薬をつけるて絆創膏を貼ってくださいと。
まだ傷を触るとちょっと痛いです。
左手はずっと洗ってないので洗いたいのでありがたいですがお風呂の湯船にはつけてはダメと。
そのあと金曜日にも診察に行ってきました。
一番多く見てくれてる先生でした。
カルテを見て「塗り薬が出たんですね。」と
傷もここまで小さくなってきてるのでこのままいきましょう。
診察も週1回でいいということになりました。

お風呂にはいると指先まで全部お湯につけてしまいたくなりますがもう少し我慢。
一か月間も洗わずにいたら指の皮がカサカサしてきて病院で洗ったら皮がふやけてきて皮がむけてきてしまいました。写真の皮膚が剥けてるボロボロなのはそれでです。

楽器に触れるのはもう少し後です。

でもここまでよくなってきましたのでここに報告させていただきます。

ここまで書いておいて
金曜日の先生がりょくない菌とか言ってたなと思い出しました。
よせばいいのにどんなものかと検索してみました。
りょくない菌ではなく緑膿菌というのが出てきました。
検査報告書に書いてある菌名Ps.aeruginosaではなんとでるか?
やはり緑膿菌のようです。

う~~ん 普通にいる菌のようですが健常者には何も影響ないのですが免疫力が弱ってるとかなり厄介な菌のようです。
そういえば膿というと黄色っぽいですが緑色っぽかったです。
普通の膿くらいならあんなにすぐ麺棒に吸い取って検査に回さないかもしれません。
あまり深く知ると気がめいりそうなので止めました。

先生の言うことをきいていればよくなるでしょう。











白魚

RIMG1231_20130120013108.jpg
白魚≒シラウオ?シロウオ?
パックには白魚と漢字で書かれていたのでどっちなんでしょう。

白魚を買ったのは先月のことです。
12月初めにduckbillさんご夫妻、楽子さんご夫妻と府中の市場めぐりのあと義母のホームへ行く前に市場に寄ってみました。
ボラの卵はなかったのですがこの白魚がありました。
お客さんが白魚が二種類あってどう違うのかと聞いてました。お値段は同じ525円ですがパックのサイズも違います。
当然小さい方が新鮮でいいものなんだろうと思いますよね。
ところが大きい方がいいものでなんと1パックでなく2パックでの値段だと言います。
それを聞いてこれはゲットするべきかな。
生でも食べられると言います。
え~~!本当?
半信半疑ですが買ってみました。

生でなく卵とじや天ぷらでもいいですね。

白魚というと春を告げる魚ですよね。出回るにはちょっと時期的に早いんだけどね。
有名なのは博多のシロウオの踊り食いですね。
これは確か長崎産だったと思います。

活きてはいないので踊り食いは無理。少しだけrお刺身でも食べてみました。
シャッキとして美味しいですがそんなには要らないです。
RIMG1229_20130120013104.jpg
やっぱり卵とじにしましょう。
白だしにお酒をたっぷり入れて三つ葉とともに卵でとじました。
RIMG1230_20130120013106.jpg
すごい上品なお料理になりました。
生よりもずっと美味しいです。

遅くに帰って来た息子にも作ったら天ぷらにする分はなくなりました。


白魚と漢字で書けばこれだけですがシラウオ?シロウオ?なのか。

食べてしまってから検索してみました。(遅いよ)
シラウオ(白魚)は、キュウリウオ目シラウオ科(Salangidae)に分類される魚の総称。
体は細長いが、後ろに向かって太くなり尾びれの前で再び細くなるくさび形の体形である。死ぬと白く濁った体色になるが、生きている時は半透明の白色で、背骨や内臓などが透けてみえる。
かつては全国で漁獲されたが、現在では漁獲が東日本に偏っている。
シラウオはシロウオほど死後の味の低下が極端でないとされ、死んだ状態で出回ることが多い。
シラウオの口はとがっていて、体型がくさび形をしている。
シラウオのうきぶくろはシロウオほどはっきり見えない。
シラウオには「あぶらびれ」(背びれの後ろにある小さな丸いひれ)がある

シロウオは、スズキ目ハゼ科に分類される魚の一種。
成魚は全長5cmほどで、細長い円筒形の体形をしている。体はわずかに黒い色素細胞がある以外はほぼ透明で、眼球・うきぶくろ・脊椎等が透けて見える。


生の時の写真からみてもよくわかりませんがシラウオの可能性の方が高そうです。調理方はどちらも同じようです。

どちらにしてもとっても美味しい魚なので近くでも出回ったら絶対に買いたいです。
天ぷらも食べてみたいです。
生シラスが残ったらよくかき揚げにしますが白魚はもっと魚の存在感があって美味しそうです。
でも2パックで525円ということはないでしょうね。

この時に太刀魚も買ってきました。
太刀魚って美味しいとはいいますが細く薄いので食べるところないのであまり買ったことないです。
市場で買った太刀魚はなんと三枚おろしになってたのです。
これも刺身で食べられるよとのことでしたので少しだけお刺身で食べて調理してみました。
RIMG1228_20130120013101.jpg
サッと焼いて香味醤油をかけたものです。
私的には加熱した方が美味しいかな。

流通はよくなったとしてもお刺身はどんな魚でも採れたところで食べるのが一番。
b.jpg
太刀魚たくさんあったのでどこかの名物に太刀魚の八幡巻きがあったとおもうので煮たごぼうに巻きつけて焼いてみました。
これも美味しいです。多目にできたので冷凍しておいておせちの一品になりました。



丸の内で女子会

RIMG1130 - コピー パノラマ写真2
ようやく女子会をupします。
新装なった朝の東京駅のパノラマ写真です。
中央口から撮ったのですが近くて全体が入りません。
4枚の写真を合成しました。合成をどうやったかすっかり忘れてしまい、ああでもないこうでもないとブツクサいいながらようやくできました。


女子会は13日で本当によかったです。
14日だったら交通機関も影響が出てのんびりお食事を楽しむどころではなかったかも。

先月いつも山荘でお世話になってるわらびさんの奥様のふみえさんから女子会をしましょうというメールをいただきました。
女子会なんて初めてなのでワクワク。

参加者はもちろん山荘やみかん狩りでお目にかかったことのある方ばかりです。
ふみえさん、Fujikaさん、onoさん、楽子さん、akkuさん、Sさん、私の7人。

10時に東京駅丸の内南口集合。
改札口に10分ほど前に到着。あれ!まだ誰もいないですね。
RIMG1126_20130118005533.jpg
改札口のホール下ではみなさんがホール天井の写真を撮ってます。これがドームのレリーフなんですね。
私も右に習えです。白い鷲が見えます。
東京駅は学生時代毎日利用してましたが乗り換えに使うだけで南口の天井も見上げたことなんかなかったです。
以前はどんなだったのかな?

改札そばにスラッとスリムな女性がマスクをしてますが楽子さんに似てるような違うような????
声かけようかなと思ったらその女性が気づきました。
やっぱり楽子さんでした。

そのあと皆さん次々に到着。

11時からランチなのでまずは新装なった東京駅をみましょう。

新丸ビルからよく見える場所があるらしいので行ったのですがなんとまだ開店前です。5階までは行けるようでエレベーターで上がりましたがお店はオープンしてないので外にもでることはできません。
丸の内はまだ活動の時間ではないみたいです。
仕方なく駅に戻り中央口の広くなったところで写真を撮りました。
三階部分が新しくなったようです。
以前の駅はどんなだったかしら?これもそんなによく見たことないです。
どこかに写真ないかなと探してみました。
p3_04.jpg
ちょっと小さいのですがこれが前の東京駅丸の内口です。これをみるとそういえばこんなだったかも。

外に出て中央からの眺めをみてから東京ステーションホテルに潜入してみました。
RIMG1134_20130118005538.jpg
改札から見た円天井の二階に出ました。二階から見た改札口です。
そこからロビーには入れるようです。

ロビーなのかよくわかりませんが細長いロビーのようなところにこんなものがかかってました。
page_20130118010417.jpg
時代抄と書かれてあり、丸の内駅舎南北ドームを飾っていた石膏レリーフの断片を黒色大理石とヴェネチアガラスなどのモザイクで構成してあります。東京大空襲と100年の年月で白いレリーフが黒くなってます。
RIMG1135ab.jpg
ホテル内で記念写真をパチリ。素敵な方たちばかりです。

そまだ時間が少しあるので皇居まで行って少しだけお散歩。

さぁお食事ですよ。
RIMG1142_20130118011602.jpg
京都のイタリアン イルギットーネというお店。
イタリアンビールで乾杯!
最初に出てきたのはこちら
RIMG1143_20130118150303.jpg
緑色のブロッコリーのスープに半熟卵に桜エビの揚げたものがのってます。エビの香りがよくします。
お皿にもエビの粉末のようなものが。どうやって食べるのかわからず指さきでなめてしまいました。

次のお料理は
RIMG1144_20130118150304.jpg
なんとブリです。名前忘れましたがリンゴとブリのコラボレーションです。
サラダの上にはりんごの泡。ブリに透明な小さい粒粒がのってます。
2page_20130118150411.jpg
この粒はリンゴのジュレだそう。ブリの下にごくごく薄くスライスしたリンゴがありました。
食べると何かの香りがします。スモークしてある?なんの香り?リンゴでスモークしたのかしら??お店の人にきいたら炭で焼いたんですって。なるほど炭火の香りかも。
ブリは表面だけ焼かれててレアーです。ブリとリンゴの組み合わせなんて初めてで新鮮です。
ブリとジュレ、おろし大根(リンゴ?)と絶妙な取り合わせです。泡もリンゴの香りと味がします。

次はパスタです。
RIMG1147_20130118150306.jpg
お魚のパスタです。お魚はさわらです。
説明聞いたけどなんだったか思い出せません。
野菜に京野菜が使われてたかも・・・・
とっても美味しかったです。

ここまで食べると結構満腹感ありですが
RIMG1148_20130118150307.jpg
お肉料理です。厨房から炭火で焼く香ばしい香りがしてました。
豚肉の炭火焼き小松菜と椎茸と里芋はお出汁でにてあります。
下にタプナードが敷かれてます。
これも炭の香りが香ばしくてお肉が軟らかくおいしい。
お出汁で煮てある和風の付け合せが美味しいです。和なのにタプナードソースでイタリアンです。

お料理はお終いデザートです。
RIMG1149_20130118150412.jpg
紅茶味のティラミスとバニラアイスです。
とても面白いガラスの器に入ってました。灰皿を逆さにしたようなと言えばいいでしょうか?
お腹いっぱいと言いながらも完食。
とっても美味しいランチで満足です。
さすがに京都のイタリアン繊細な感じがしました。予約がなかなか取れないお店だそうです。
ふみえさんに感謝!

女子会楽しいね。またやろうね~~。

最後に朝行かれなかった新丸ビルに行ってみました。
RIMG1150_20130118020619.jpg
手前の黒い建物と後ろの高層ビルがなければもっといいのにね。

皆さんは八重洲口の大丸まで行かれるとのことでしたがお腹いっぱいなので南口でお別れ。
駅に着いたら晴れてるけど明日はもしかしたら雪かもとのことで買い物に出ないぞ~~と帰りに粕汁の材料を買い込んで帰宅。

RIMG1155_20130118015349.jpg
Fujikaさん、楽子さん、onoさんからお土産をいただきました。
いつもありがとうございます。
Fujikaさんはなんとご自分ん畑でたくさん採れたサツマイモを干しイモにして箱づめにしたもの。
たくさん入っててとても重いです。これを人数分持ってきたのですから大変だったでしょう。
なにせFujikaさんはとってもスリムな方なのです。
1箱700gで7人分約5kgもの荷物を軽々と肩からかけてたんですよ。
干しイモはソフトに仕上げられて甘くてハンナも大喜びでした。


まだ雪が溶けません

RIMG1152_20130117133524.jpg
大雪から3日目になります。
翌日は晴れても気温が低く雪が溶けず、2日目の昨日はわりと暖かい日だったので道路の雪はかなり溶けて雪かきもすすんだようでした。今日は3日目ですが陽射しはありますが空気は冷たく日陰の雪の塊は溶けそうにないです。
RIMG1132_20130117133513.jpg
お昼ごろの家の北側の写真です。
玄関前の溶けた雪がコンクリートで薄い氷になってるので雪かきシャベルでたたいて壊しました。
こういう薄い氷が滑って危ないです。
RIMG1138.jpg
こちらは前のお家の屋根。
他のお宅の屋根はだいぶ雪がなくなってきてますがこちらの屋根は勾配の関係なのかまだこんなに。

天気予報で今夜も雪がちらつくことがあるかもと言ってます。
もう雪はこりごりです。


温かい飲み物がいいですね。
暮れから転がってた柚子で柚子茶を作りました。

そういえば一時柚子茶が流行った頃よく作ってました。
これはジャムのように加熱はしてません。
柚子のフレッシュ感のある柚子茶です。
RIMG1150_20130117133521.jpg
柚子を種を取って薄切りにしてお砂糖を入れて混ぜ合わせるだけ。
翌日になるとしっとり柚子も透明感がでてきます。

カップに入れて熱湯を注ぐだけ。
とっても温まりますよ。
柚子も食べられます。
保存容器に入れたものにまだ生っぽいのは白菜の本漬けに柚子をいれた残りを加えたから。


RIMG1130_20130117133624.jpg
柚子関連で
白菜漬けを作りました。(漬物嫌いを知ってる方はまた嫌いなのに作ったの?とあきれものかな)
私が食べるのではありません。
2個目のMy白菜で見よう見まねで白菜を塩漬けして柚子、昆布、鷹の爪をいれて本漬けしてみたら夫が美味しいと
完食。
無くなったので最後のMy白菜を採ってきたのを(今野菜高騰なのに)半分おととい晴れたので半分を干しました。
RIMG1129_20130117134137.jpg
そして下漬けに。漬物用重石なんてないのでダンベルで。ダンベルがこんなところで役立ってます。
RIMG1149_20130117134138.jpg
水が上がって来たのでジッパー袋で本漬けにしました。
食べられるのは2日後くらいかな。


漬物ついでに10時過ぎにハンナの散歩出たらお友達ワンコに会って「田舎たくあん食べる?」
「ダンナが食べるかも」と言ったらちょっと寄っていってとなんといただいたのは2本も。
RIMG1128_20130117134136.jpg

「臭いわよ」
ウ~~ン 確かに臭い
よく見かける黄色いたくあんでなく白いたくあんです。

こういうの私はダメだけど父が好きだったのを思い出しました。
父はどんなごちそうを食べても最後は母の漬物でごはんが一番だと言ってました。

母はよく白菜漬けや糠漬けやたくあんも漬けてましたね。
これだけは全くダメで手伝うこともなかったです。

夫は漬けものが好きなのでたくさん食べてもらいましょう。










息子無事帰宅。ありがたい深夜の除雪。

RIMG1124_20130115004143.jpg
バッテリーが切れそうでコンビニで充電しないとと言ってたので、もし会社の人から電話でも入ったら大変と夕方まで連絡しませんでした。
高速も通行止めになってるし、どうなったのかと電話しましたが通じません。
メールも入れましたが見れるのか?
TVで事故とか怪我のことなさそうなので一応安心はしてました。

一時停電になるのか電気がパッと切れてはすぐ着くということが3~4回ありました。
所によっては停電もあったようでした。
夕食の準備は粕汁もご飯もできてる一安心。
6時頃は大丈夫だったのでアツアツの粕汁を食べることができました。
2階のベランダの細ネギを切ってくるのも寒そうでセリの根っこを水栽培してたものを切ってつかいました。
粕汁で温まりました。

食事も終わって「はじめてのお使い」を見ていたら玄関で物音がして息子が帰ってきました。
無事に帰宅できたようで一安心です。

結局どうなったのかというと
会社までは坂もあり帰ることもできず2号線に乗り捨ててきたとか。
そこから近くの駅まで歩いて出て電車で帰ってきたそう。休日でバスダイヤも少ないですがバスは走ってたのでバスで帰って来たとか。
最後がよくないです。
いつも降りる人がいるので考え事をしてボタンを押さなかったら停留所を過ぎてしまい坂を下がってしまい下から歩いて来たらしいです。
靴は普通の靴で雪で濡れてるのかと思ったらなんと長靴を履いてました。会社の車なのでいろんなものをおいてあるようです。

乗り捨ててきた車がまた心配です。
明日行ったらレッカーで移動されてるかも。
この突然の大雪なので他にも車を乗り捨ててるようなので大目に見てくれるといいのですが。

この大雪での成人式に出席した若者たちも大変でしたね。
ビショビショの雪で晴れ着にブーツを履いてる人もいましたが足袋では濡れてさぞ冷たかったでしょう。
式後はいつもなら中華街などで祝宴をあげるのでしょうがこの雪ではどうしたのでしょうね。

すでに雪はやんでます。
食事前に玄関前だけ雪かきスコップで雪をどけましたが明日は全部が凍結して危険です。


RIMG1130_20130115005640.jpg
RIMG1129_20130115004148.jpg
RIMG1124a_20130115005638.jpg
と思ってましたら
今0時過ぎですが道路でうなるような車が通る音がします。雪で動かなくなったのかなと道路を見たらなんと工事の車(シャベルカー)が道路の雪を除雪してくれてます。
どなたか知りませんが深夜なのになんとありがたいことです。
役所の方でやる訳ないのでご近所の方のご厚意だと思います。
何度か往復したあとが一番下の写真です。中央だけですが道路の雪はなくなり四つ角の反対側に雪の塊が見えます。
夜中なのでご存じない方も多いでしょう。
この後もしばらく作業が続いてました。

明日朝は両端の雪の除雪をしないとね。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。