スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 石仏除幕式

IMG_0554a.jpg
先週の日曜日のことになります。

鎌倉の今泉にある称名寺で竹のサークル(私達のサークルではない)のメンバーさんである牧野さんが17年かけて掘った石仏が完成して除幕式がありました。

この称名寺というお寺は私達は初めてでしたが今までお花見などで使っていたお寺だそうです。
IMG_0557.jpg
かなり古いお寺のようです。とってもいい雰囲気です。
庫裡を新築してたので使えなかったのですがそれも完成したようです。
IMG_0558.jpg

牧野さんのお祝いがあるというので竹細工のサークルも集まってお手伝いをするということに。
RIMG0343_20131011010334e59.jpg
竹のグループなので例のごとく男性陣が竹を切りだして食器やらカッポ酒の器を作ります。
慣れたものであっという間にできてしまいます。

お花見でしたら何を作ると前もっていろいろ決まるんですがこの日は何も決まってません。
ブルーシートやいろいろ置いてあるなかに大きな鍋もあります。

たしか芋煮を作るとか言ってましたが材料がきてません。
IMG_0582.jpg
IMG_0584.jpg
男性たちはたき火の準備をしてあっという間に火場ができます。

女性達はなにをやるということもなく、火のそばに栗のイガが落ちてるのでまだ栗はないかと探したら何個か見つかりました。
IMG_0577_20131011010733085.jpg
栗拾いもできて良かったね。と
IMG_0576.jpg

テーブルには竹細工の作品がたくさん並び、その隣にはバードカービングの作品も。これは全部牧野さんがつくられたもの。
竹の作品はどうぞお持ちくださいと書かれてます。聞いたら私達ではなくいらしたお客様にさしあげるんだそう。

鍋の水は煮立ってるのに材料が一向に届きません。

うちのサークルのWさんが手作りのこんにゃくを持参したのでこれを薄く切って竹の器に並べたり。
オードブルがたくさん届いたのに鍋はどうなるの??
だれもわかりません。
page1_2013101202170677b.jpg
そうこうしてるうちに除幕式の時間で集合の声がかかりました。
朝見た階段の下の石に白い布がかかり、住職さんがスタンバイ。
私はカメラ片手に横の方から入り、写真を撮りました。
お孫さんたちの手によって除幕されました。
これが長年かかって完成した石仏です。(17年間と聞きました。)

お友達、関係者も大勢の方がいらしてます。

そちらが終わらないうちに食事の方を並べないと。
箱入りの五目おこわは食べやすくおにぎりにします。
鍋はご家族の方がお寺の方で作られてたようでした。

この日朝は肌寒かったのですが除幕式が始まる前くらいから暑くなってきていいお天気になりました。
pagea_20131012080223c72.jpg

皆さんが集まってきてお祝いの食事会の始まりです。
芋煮の里芋は秋田(だったかな)の農家さんから届いたものですが、農家の方が駆けつけてくださって作ってくださったようです。
こだわりの芋煮は美味しかったです。

暑いけど雨でなくてよかったよかった。

和やかなうちにお祝いの会も終了。

皆さん慣れてるから片づけも早いです。竹で作ったものは持ち帰っていただいた残りは全部燃やして終了。






スポンサーサイト

金木犀酒と金木犀シュガー

RIMG0337_20131009180751fa7.jpg

金木犀のシロップを載せたら早速マリンとカリンさんが作ってくださいました。

花が散らないうちにと昨夕花を摘んできました。

今日は朝から台風の影響か強風が吹いてます。
せっかく開花した金木犀も開花が早いものは道路に散り急いでるものも。
RIMG0335_20131009180748144.jpg

洗わない方がいいとのことですが排気ガスがかからないところならいいんですそうないかないのできれいに洗ってキッチンペーパーに包み冷蔵庫へ。

肝心のホワイトリカーがないんですもの。

甘口白ワインに漬け込んだものは桂花陳酒という中国のお酒になります。

白ワインならあったのですがシロップが白ワインを使ったのでホワイトリカーにします。

レシピを見ると氷砂糖を入れるのと入れないのもありなので少しだけ入れてみました。(せっかく買ってきたので)
RIMG0336_20131009180749c2f.jpg

この写真は作った直後のものです。

時間がたつとどんどん色がでてきて淡いオレンジ色になってきてます。

花を少し取り除いて金木犀シュガーも作ってみました。

蓋つきのシュガーポットに入れるといいのですが無いのでとりあえずラップしてます。

いい香りが写ったお砂糖で紅茶をいただきます。



金木犀のシロップ漬け

RIMG0367_201310070057250f7.jpg

金木犀があっという間に満開になりつつあります。

散歩しててもあちこちからいい香りが漂ってきます。

この香りを嗅ぐと秋を感じますね。

来年は絶対に作ろうと思ってたものを作ってみました。

美味しんぼ日記のSAWATANさんが去年のブログにのせてたもの。

この記事を呼んだ時はこちらは金木犀はもう終わりに近い頃でした。

香りが強い咲き始めの方がいいに決まってます。
家の金木犀は手の届くところは花が少ないのでどこかでもらってこないとと思ってました。

あるイベントがあって鎌倉今泉にある称名寺(今泉不動)に行ってきました。
ここにも金木犀の木があったので花びらを取ってきました。

でもこれだけでは足りないわねと夕方の散歩で散歩道にある金木犀を少しづついただいてきました。

金木犀をお酒に浸けるんだったかシロップだったのか忘れたのでSAWATANさんのブログに行ってきました。
シロップ漬けでした。

焼酎につけるとなると家にないので明日かなと思ってましたが白ワインをつかってのシロップ漬けだったのですぐ作れます。

咲いたばかりといっても洗った方がいいですよね。
洗って水けをとって花弁だけにします。(細かいのでこれが結構大変)

白ワインとグラニュー糖を同量にして沸かします。ここに花を入れてすこし煮ます。
花が少なかったかな。SAWATANさんと元レシピのchabakoさんのは金木犀の花が瓶いっぱいになってます。
煮たので花が小さくなったこともありますがシロップが多いかも。

しばらく熟成させてから使ってみたいと思います。どんな香りになってるかしら。

花をシロップに閉じ込めるのって可哀そうだけど短期間しか咲かないのでとっても贅沢な気分になります。

金木犀のお酒も作ってみようかな。







シクラメンの芽

RIMG0333 (2)
昨日かすかに金木犀の香りがしました。
今朝はさらに強い香りが感じられました。うちの庭の金木犀あまりたくさんの花をつけませんがちゃんと開いてました。
この香りを感じると秋だなと感じます。
昨日今日の寒いほどでまるで冬を感じるんですが・・・・

本題に移って、
シクラメン6鉢があの猛暑を超えて秋を迎えました。

いつもなら葉をつけて夏越しさせるのですがこの夏の猛暑で手入れもできず葉を全部とった状態で夏越しをさせました。

涼しくなってきたらちゃんと芽が動いてきました。

6鉢の中で1鉢は残念ながらダメになってしまいました。

それぞれ成長が違いますが葉をつけたもの、芽が動き出したものいろいろです。
RIMG0334 (2)
一番成長が早いものは葉を出してきてます。
RIMG0336 (2)
こちらも元気そうです。
RIMG0339_2013100515173115b.jpg
RIMG0340_20131005151733b9c.jpg
RIMG0341_20131005153300b26.jpg
どれも何年も居ついてるシクラメンです。
今シーズンもきれいに咲いてほしいです。




ハロウィーンの絵 

RIMG0332 (2)-crop

今日の横浜は真夏に戻ったような蒸し暑さでした。
夜になっても窓は開け放され、半袖で十分です。

明日は一気に寒くなるとか。

急変な天気はもういやになりますね。

今日はマウスアートの会でした。

10月なのでハロウィーンの絵を描いてきました。

とっても漫画チックな絵です。

先日のノイシュヴァンシュタイン城などは写真をトレースして下書きを描いたりもしますが今回はフリーハンドで全くの自由で描きました。

パソコンでの良さはグラデーションなども色を何色か指定して色づけできます。

猫がやけに大きいですね。
なかなかバランスよく描くのは難しいです。



せっかく育てたのに  犯人は誰?

RIMG0339.jpg

虹がきれいとよろこんでたのに・・・・

雨が上がったので畑はどうなったと行ってみました。
このところ忙しかったのであまり行ってませんでした。

一番端にキャベツがあります。

このキャベツはミサキという品種。
いわゆるとんがりキャベツです。

産地で直送をしてる方が美味しいキャベツと言ってたので種を探したもの。
でも昨年は苗から育てました。

今年は夫が種から育てることに力を入れてます。

白菜、ニンジン、キャベツ、蕪、玉ねぎ、葉ものでは青梗菜、小松菜、水菜、春菊です。

分葱、長ネギは種からではないですが自分から植えてます。

キャベツは夏ころからやってるので大分大きくなって葉がまいてきてました。

そのキャベツの一つが変です。

ぱっくりと口を開けたようになってます。

夫を呼んだら前日までこんな風になってなかったとか。一番しっかり固くまいてきていたキャベツだったそう。

虫なら穴を開けるだけですが完全に食べられた感じです。

ハクビシンとか狸か?

こうなっては抜くしかないです。

近くの畑の方に見せたら動物ではなく鳥がつついたようにもみえると。
確かに齧ったあとというよりもつついた感じもします。

RIMG0334 (2)
夜はもつ鍋にしようとニラも刈っておいたのでキャベツはこれを使いました。
ニラの生育はすごいものです。切り取ってもすぐに復活してきます。
株もどんどん大きくなります。
あちこちに株分けしたのでえらいことになります。
どんどん切り取らないと葉が硬くなるし、蕾がでてきてしまいます。
これも一株のものです。市販のニラの三束ぶんくらいあります。

RIMG0332 (2)
RIMG0333 (2)
きれいに洗ってカットしたらこんなにありました。
柔らかくてとっても美味しいキャベツです。

無事だったらいつ収穫するのかわかりません。

美味しいうちに食べられたので犯人に感謝かも。

残りのキャベツも被害がないようにキラキラテープをつけてきました。







虹で~~す!

RIMG0343_20131002172416636.jpg
台風22号関東接近でしたが朝から雨は降ってましたが風が強いわけでもなくどこふく風?

朝一時晴れ間がでたのでもう晴れるかなとバイクで出かけたら途中からまた雨が降ってきてかなり濡れてしまいました。
途中で雨具を着れば良かったんだけど。

昼過ぎまで雨が降ってました。

午後は上がったので畑に行ってみました。

紫蘇の実がまた育ってます。紫蘇の実をとってて空を見たら大きな虹が出てました。

虹を見るのは何年ぶりでしょう。

とってもきれいな虹でした。

はっきり見えていたのはほんのわずか。どんどん色がぼやけてラインがふとくなって消えていきました。

いいことあるといいなぁ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。