fc2ブログ

タティングレース①

syatoru20060129140113.jpg


           シャトル
左はタティングレースを編む道具でシャトルといいます。右はシャトルで編みかけ途中のドイリーす。
6.5㎝×1.5㎝の大きさでこにレース糸を巻き付け芯糸に糸を編み付けて行きます。

3年ほど前から近くにお教室を見つけ習いに行ってます。
本当に繊細なレースです。かぎ針編みのレースと違って時間がかかりますが、編んだ作品は宝物です。

作品も結構出来、一昨年秋は展示会をしました。
タティングレース自体はとても古いレースなのですが、著名度が低いのです。
ここで、作品を少しづつ紹介していきたいと思います。

最新作 ブローチ2種
20060129141508.jpg20060129141524.jpg


関連記事
スポンサーサイト



コメント

とっても素敵ですね♪

ポメマルさん、こんにちは♪

タティングレースをなさるとお聞きして、作品をご披露してくださるのを楽しみにしておりました。
どれも素敵ですね。色糸のものも、白とはまた趣が変わっていいですね。

実は私も、自己流でちょこっとだけするのですが、なかなかモノになりません・・・
やっぱり習いに行かないとだめですね~。
「みんなと同じ」「好きな時間に習えない」のが嫌いで習い事を避けていたのですが、自己流ばかりではだめだなあと反省しました。

ありがとう。

黒糸は出来上がるとすてきなんですが、なにせ細かい作業で夜やると目は疲れる、間違えるでろくなことはありません。
このブローチは12月に、大先生の講習会があるので行かせられて作りました。
黒いのは経験者、小さい枠杁のものは初心者用でした。
黒い方は1日では誰も終わることができませんでした。

私的には初心者用のブローチの方が好きです。
現在進行中は上の編みかけのドイリーです。なかなか終わりません。

本の編み方図だけではやはりコツがわかりませんね。
いまだに図だけを見て編み方がわからないのがありますよ。
近かったらどうぞとお誘いしたいですね。

あこがれてしまいます♪

ポメマルさん、"(´▽`)ノ"

タティングレース、綺麗ですね。
とても興味があるのですが、これって手先が器用じゃないとできませんよね。

私はレース編みどころか単純なマフラーですらまともに編めないので、タティングレースのような繊細な編み物は、出来上がりを眺めるしかないのが悲しい・・・(^^;

こんなに素敵なレースなのに著名度が低いというのは意外ですが、かといって、誰も彼もが始めちゃうのも困りますよね。

これから見せていただける作品を楽しみにしていますv-238

凄く素敵で綺麗☆

 ポメマルさん・こんばんは~♪

凄く素敵ですね~☆
ブローチもとっても素敵です!
私も欲しいな~って思っちゃいます♪

普通のレース編みも良いけど、こちらのタティングレースの方が私は好きになりました!
でも自分では絶対に出来ないです…
これからもポメマルさんの作品色々と見せて下さいね♪

ポメさん、みなさん、こんばんは~♪

タティングレース、本当にとても細かな作業のようですが、とっても繊細でステキですね~。
黒糸のブローチの外側の部分は、ビーズも編みこんであるのでしょうか。
こんな使い方もできるのですね。
そして白のケースに入っているのは!!!!!!!
うふふ、貴重な作品をありがとうございます。

私、タティングレースそのものも好きになってしまいましたが、このレースを編む道具シャトルにかなり惹かれました♡
この形と色、いいわ~~~。

素敵です!

なんて素敵なんでしょう。うっとりしてしまいました。
恥ずかしながら、こういうレース編みを「タティグレース」ということは今まで知りませんでした。とても繊細な作りですね。

こんなに綺麗なものが自分の手から編み出されるなんて楽しいでしょうね。
私も憧れますが、簡単なビーズアクセサリーすらまともに作れなかった不器用者なので無理です・・・。ポメマルさんの美しい作品を楽しませていただきますね♪

だれでも編めますよ。

ミリアムさん こんばんは。

基本の編み方はとっても簡単なのですよ。編み方のコツさえ覚えればだれでもできますよ。

かぎ針編みのレースの方が手っ取り早いので浸透するのが早かったのでしょうね。なにせ捗らないスローなレースです。現代のテンポに合わないかもしれません。

イギリスにはまた違ったレースがあるのでしょうね。いつの日かヨーロッパのレースを
訪ね歩いてみたいです。

編んでみませんか?

ひまちゃん こんばんは。

>自分では絶対に出来ないです…

そんなことないですよ。編み方のコツさえわかればそんなに難しくないですよ。
夏から始められた方も小さな作品がいくつか出来上がってますよ。

本も何冊か出てますし、やってみませんか。

楽ちゃん こんばんは。
黒いバラのブローチには金色のビーズを編み込んでます。作ったけどやっていく場がないので飾ってます。
小さい方が使い勝手がいいですよ。

シャトル、これはプラスチックですが、鼈甲のようなものもあるんですよ。

楽ちゃんも編んでみませんか?

うっとりなんて嬉しいです。

秋空さん こんばんは。

>恥ずかしながら、
ちっとも恥ずかしくなんかないですよ。知っている人の方が少ないですから。

この繊細さがすきなのです。
編むより間違えた時ほどくのに倍ほど時間がかかります。このときはなんでこんなものやってるんだろうと思う時もあるんですよ。

今夜、上の編みかけのドイリーが終わりました。
仕上げをして近いうちにUPしますね。

きれい~~!!

ポメマルさん、本当に素敵です。

大きな作品も素敵ですが、下の写真のブローチ、本当に繊細ですてき!!!
展示会を開かれるなんて、本格的ですね。挑戦してみたくなってきました。タティングレースはどこの国のものなのかしら・・・。根気!ですね。

こんばんは!

ご連絡いただいてきました~♪
すばらしいレース!ポメさん、器用なんですね。料理も音楽も手芸もなんてすごい~!

とっても細いレース網を見るたび、どうやってるのかと思ってたら
こうやっているなんて!
これからも作品を楽しみにしてます♪
あ、リンクさせていただきますね~♪

コースが・・・

ポメマルさん"(´▽`)ノ"

オンラインで無料のタティングレースのクラスを見つけました。

どうしようかと思っていますv-238

kuisinbouさん こちらにもいらしていただいたのですね。ありがとうございます。

手元にある本によると16世紀にイタリアで始まったというのと、糸を結ぶという起源は古代エジプトまで遡るが結ぶにはいろいろな要素が関わって発展してきたので発祥の地の確定は難しいと書いてあるのもあります。
いずれにしろかなり古くからあるクラシックレースです。

確かに根気はいるかもしれませんが、作品がだんだん大きくなってくると張り合いがでますよ。
クロスステッチも同じだと思います。

カイエさん ようこそ!

来ていただきありがとうございます。

器用とは言われますが、なんでも好奇心旺盛で欲張りなんですよ。
とりあえず何でも囓ってみたいのです。

いろいろ囓ったなかで続いているのがマンドリンとこのレースです。

へそ曲がりなものであまり皆さんがやらないものを好みます。





ミリアムさん すごい!

無料のタティングレースのクラスがあるんですか?
ミリアムさん是非始めて見てはいかがですか?

シャトルとレース糸があれば(時々かぎ針を使うことありますが)OKで場所も取りません。私が使ってるレース糸はDMCのものでイギリスのものです。

そのクラス私も見てみたいです。

こんにちは!

タティングレース、ウチの母親がかなり昔にちょっと齧っていました。
視力が弱い人なので、細かい作業を続けると肩こりがひどくなるといって止めたようですが。
私はやったことはないんですが、こんなふうにビーズを付けて作ることも出来るんですね。
素敵です。欲しくなってしまいます、、、。笑
そうそう。私のほうもリンクさせていただきました!
これからもどうぞよろしくお願いします。


お母様がこのレース編んでらしたのですか?

パンプキンさん ようこそ。

お母様の作品を拝見したいですね。
確かに細かい作業なので肩がこるかもしれませんね。
パンプキンさんは作られたことないのでしょうか?

インドにも独特のレースはありますか?ありましたらご紹介下さいね。

インドでの生活のブログ遊びにいきますね。

はじめまして。
去年の暮れ頃からタティングを始めた初心者です。
講習会に2回ほど通って、あとは本を見ながらちまちまやっています。
まだ大きなものは作れませんが、ハンカチやハンドタオルの縁どりなど簡単なものを作るのが楽しいです。
ビーズと組み合わせるモチーフも作ってみたいな~と思っています。

メイリンさん はじめまして。
タティングレースを始められたのですね。いまそちらのブログにおじゃましてきました。
とってもきれいに編んでますね。ピコットも揃ってますし。今楽しくなってきた頃ですよね。
黒は目が見えにくいので大変ですよね。あのドイリーをつなげてなにを作られるのかしら?また見せて下さいね。
お住まいは神奈川県ですか?私はY市です。
お近くでしたら先生のところに習いにいらっしゃいませんか?

リンクさせて下さいね。

わぁ~~(^^)
来るのが遅くなっちゃいました!!
タティングレース、すごくすてきですね。
時間がかかってもこんなにキレイな作品になると報われますよね。
すごいなぁ・・。すてきだなぁ・・。
発祥はイギリスなのでしょうか?
ここに来ると異国の風がふいてる気がします♪

よっちんさん こんばんは~♪

そうですね。作品になると嬉しいのでまだ続いているのかと思います。
多分イギリスあたりが発祥の地だと思うのですがよくわからない見たいですよ。
それだけ古いレースなんでしょうね。でもこんなこと考えた人ってすごいですよね。
今でも先生がパターンを作られますが、私にはまだオリジナルパターンができません。
>異国の風・・・
旅行でいくくらいのことした知らないのにそんな風にいって下さるとうれしいな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)