スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の筍 第一弾

筍
今年もフィノさんのところから筍を送っていただきました。
フィノさんのブログにコメント入れたら送信不可。
厚かましくメールで打診してしまいました。そろそろ最盛期になるので皆さんにメールを入れようと思ってたところだったそうです。わ~い 今年も京都の筍がいただけます。

今年は寒いのにかなり早くから筍がスーパーの青果コーナーに並んでました。
食べたいのをじっと我慢。
フィノさんのところの筍の最盛期を首を長くして待ってました。
まずは義姉のところに送ってもらい家には月曜日の夕方届きました。第一弾は3㎏。
まだ土が湿ってて掘ったばかりみたいです。
土が粘土質で白っぽくて皮の色が淡いのが京都の筍ちゃん。
オリーブ焼き
夕飯の準備をしていたところだったのでオーブン焼きは無理なので皮を剥いてスライスしてオリーブオイルで焼きました。
皮を剥いたら筍の香りがフワッと漂います。
切り口もまだ真っ白で柔らかそう。
サッと焼いて清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったトリュフ塩で。トリュフ塩
トリュフ塩最初の頃より香りが少し薄くなったような気がしますがなんだかとっても贅沢な気分になりました。

オーブン焼き
翌日はアルミ箔に包んでオーブンで焼きました。焼きたてをカットして湯気の立ってるのを食卓に運び今度は岩塩で。
オーブン焼きは皮ごとなので甘味があります。
夫はオイルで焼いたものよりもこちらの方が好き。
1本焼きましたがかなりの量を食べてくれました。なんとハンナがこの筍を気に入ったみたいです。
筍なんて食べないと思ったらあっという間に食べてもっと欲しいとペロペロ。
ハンナも京都の美味しい筍が分かるのかな。
それにしてもなんとグルメなワンコなんでしょ。

茹で筍
届いた日の夜に何本か茹でておきました。
なんといっても一度は筍ご飯をいただきたいものです。
たけのこご飯
ちょうど木の芽も育ってます。ちょっと育ち過ぎかな?
飾りにはもう少し小さい木の芽がいいですね。
いつもは筍と油揚げでご飯にしますが翌日は夕方まで出かける予定でしたので筍を煮ておき常備菜として作った鶏そぼろがあったのでこれを加えてご飯しました。少し油気があると美味しいです。

煮物
定番中の定番、筍の煮物も外せませんね。
鰹出汁をたっぷり利かせて煮て、少し濃いめに味付けた厚揚げを合わせてみました。本当に柔らかで美味しいです。
この他に蕗と真子の炊いた物を盛り合わせたかったのですがこの野菜高騰で蕗も高い。
魚売り場でなんと鯛の真子を発見。頭1尾分とパックになってました。
真子だけ欲しいと言ったら同じ値段だというので鯛の頭も買ってきました。
この日は前日の夏日から真冬に戻ったような日で鯛の頭の鍋にしてしまいました。

結局真子は煮なかったので使い道はアレですよね。
勿論からすみです。ブリは2回仕込みましたが鯛は初めてです。
ちょっと切れてるのが残念ですがなんとかなるでしょう。血抜きして塩して冷蔵庫に眠ってます。

筍からはずれてしまいました。
お昼の番組で長岡京の筍林(林ではなく地元では筍畑と言うそうです。)から中継してました。
普通の山に竹が生えてるのではなく何段にも藁をしいてふかふかでとても手がかかるので竹畑と言うのだそうです。
TVを見ながらフィノさんのお義父様の竹畑もこうなんだろうなと。去年はもしかしたら夫の入院が4月ということだったので筍掘りが出来るかもと期待したのですが延期になってしまい今年も延期中のままで実現出来ませんでした。 
いつか筍掘りに行きたいものです。

とれたての筍を生で天ぷらがとっても美味しそう。
生筍天ぷら
早速天ぷらに。うちの天ぷらはオリーブオイルで揚げるのでオイル焼きとあまりかわらないのですが衣をつけて揚げると全く別ものになります。
夫は天つゆよりも塩が美味しいと。いつもはお塩で食べるよりも天つゆが好きなのですが今年は塩がいいみたいです。

木の芽和え
筍と木の芽と言ったら木の芽和えですよね。
これも絶対に食べたいもの。作っても私が主に食するのですが食べたいものは作ります。
筍とイカが定番ですがいい生のイカがないです。冷凍のはあまり使いたくないし何か代わりになるものはないかと探しましたがないですね。
冷凍イカにしようかと思いましたが白のかまぼこはどうかな?
見た目はイカにも見えますよね。こんにゃくとも思いましたがかまぼこでやってみます。
木の芽味噌は綺麗な緑にするにはほうれん草をすって色粉を取って緑鮮やかな木の芽味噌にしますがこの野菜高騰でそのためにほうれん草はやめ。
木の芽をたっぷり擂り白みそとお砂糖少しとお酒だけ。
筍は下味も付けずゆでたままとかまぼこを角切りにして和えたらまさに木の芽和えです。
イカでなくても充分美味しいです。
かまぼこなら下ごしらえも不要で木の芽和えも手軽にできます。

まだ少し残ってます。
クゥママさんのところでみた筍団子も美味しそうでした。
昨年は筍姿寿司にもチャレンジしてましたっけ。
まだまだ楽しめます。

瓶詰めにもと思いましたがそこまで回りそうになく食べてなくなりそう。
第二弾は少し瓶詰めにしてみます。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

NoTitle

いつもながら筍尽くし美味しそうです♪
私のところでもフィノさん筍を送って頂きました。
私の方は瓶詰めメインなので、筍尽くしは出来なかったけれど、
やっぱり京都筍は美味しいですねぇ。
茹で立てはトウモロコシのような香りがふあ~っときます。
同じフィノさん筍ってことでTB飛ばしますネ。(^^)

タケノコ三昧だぁ@@v

いいですねぇ♪  タケノコいろんな食べ方があるんですねぇ^^  定番の木の芽和えは私は好きなんですが、新婚当時作ったら、滅多に食べれない物がないチャーリーさんが「これは食べられないリストに入れてくれ・・」って ーー; あれ以来作ってません><
<アルミ箔に包んでオーブンで焼きました。>これいいですねぇ♪ 今度採れ採れと出会ったらやってみよっと^^  小さいのがいいですよねっ!
そう言えば うちの母が昔 ちょっと濃いめに味付けて煮付けたタケノコを干してました。 ビールのおつまみになりそうな不思議な食感の結構美味しい物に仕上がってましたよぉ^^v

筍の季節

我が家もいっぱいタケノコ料理を堪能しました。あっという間に無くなってしまったので今日は第二弾が届く予定です。筍はさくさくとした歯ざわりなので姑も食べられる食材です。ほくほくとした香りは何ともおいしいですよね。
今年は楽子さんがフィノさんの筍畑に行かれるとか。楽しまれたことでしょうね。

NoTitle

毎年拝見しておりますが、毎年うらやましいです。どれもこれも何と美味しそうな事か,私は筍とポメマルさんも送って欲しいです。もしも稀においしいタケノコが手に入っても、ここまで作れません。どれもこれも全部食べたいです。

duckbillさん

そちらにも筍届いたのですね。
瓶詰めがたくさん出来たのでしょう。
なにしろ一年分ですから。
瓶詰めにまで回らなかったです。第二弾をお願いしますので今度は瓶詰めや干し筍にしておこうと思ってます。
筍三昧の毎日です。
焼きたての香りはまさにとうもろこしですね。
TBありがとうごじます。後ほどお邪魔しますね。

クゥママさん

あらら チャーリーさんダメですか?
家も夫はほんのお印程度しか食べませんよ。
新婚さんの頃からだと味覚も少し変わってるかもしれませんよ。
今度は美味しいと思うかもしれませんよ。今度作ってみたらいかが?
筍ご飯に木の芽をのせて出したら一緒に食べてしまって大丈夫?ですって。毒があるわけでもないのに。
採れたての筍だったら丸焼きが本当に美味しいです。あまり大きくない方が時間も短いです。
干し筍も昨年は作ってました。
お母様のは味付けた筍を干すんですか。干し上がったものをそのままいただくんですね。
それも面白そうですね。

kuishinbouさん

もう第二弾に突入しましたか。
一度にたくさんとも思いましたが全部処理出来そうにないのでまずは3㎏です。
私もそろそろ第二弾をお願いしないと。
フィノさんの筍は特に柔らかいので高齢の方でも大丈夫ですよね。
今日病院に行ってきたのですが筍持って行ってあげれば良かったわ。
楽子さんは週末に筍掘りに行くといってましたね。
一度京都の筍掘りをやってみたいものです。

アヤナーさん

またまた今年も筍を載せてしまいました。
京都の筍NYまで送れたらいいのにね。
北海道は一日余分にかかってしまうので送れないと言われたのを無理承知で函館の義姉のところに送ってもらってます。本来は翌日配達しか受けないそうです。
去年の瓶詰めはちょっと失敗してしまったので今年は成功させておきますね。

NoTitle

ポメマルさんは・・お料理上手だから、どれも本格的で
とっても美味しそうです~!
私なんて・・木の芽味噌も、白味噌じゃなくて・・茶色の
自家製味噌!(笑)
美的感覚が乏しいのよ~!だはは・・
今夜は・・焼き竹の子を頂きました~! 明日は・・湯がいた竹の子で
何を作ろうかな~??
色々と有難うございました~!

オムラーさん

臨機応変が利かなくて・・・
木の芽味噌=白みそなんです。あまり使わないので白みそも冷蔵庫の隅でカチコチにで新しいのを買ってきました。
家の味噌でも良かったんですよね。
九州の筍も美味ですが京都の筍も美味しかったでしょう。
焼き筍はお奨めですよ。
どんなお料理に変身するのか楽しみだわ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年も京都筍♪

筍と言えば京都産。京都産の筍はやわらかく、えぐみが少なく、色白でそれは素晴らしい。 だから値段も高価で、そうおいそれとは買えません。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。