スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筍第二弾は保存食に

第二弾
フィノさんから筍第二弾が届きました。
第一弾は3㎏もあったのに自家消費で終わりました。
筍はこの季節だけのことだし美味しくいただいて終わりにするつもりでしたがduckbillさんkuishinbouさんオムラーさんが一年常温で保存できる方法で瓶詰めにされてたので私も真似をしてみました。
連休中か後くらいかなと思ってましたが先週木曜日に明日日筍取りに行くとの連絡をいただき慌てて瓶の注文をして筍と瓶の到着をまってました。
最初は3kgの予定でお願いしましたが翌日息子が来るし隣にも少しお裾分けするので5kgに変更してもらいました。

保存用を作るには大きめのガラス瓶が必要です。今回はduckbillさんお奨めのライフさんから取り寄せました。
150ccのジャム瓶でミセスベリーさんが注文されてる工房からも取り寄せたことがありました。
1本のお値段でみるとベリーさん御用達の工房の方が60円で10円安いのですがライフさんは48本入り1箱だと更に安くなってたんですね。前はそこまで見てませんでした。箱買いだと単価も約42円になってしまいます。
300ccが8本と150ccが48本入り一箱です。筍も瓶も同じ土曜日に到着。しばらくはジャム作りも一安心です。

早速夜茹でて翌日は瓶に詰めて煮沸です。
duckbillさんのこちらに詳しいことは載ってます。興味のある方はご覧になって下さい。

私が辿ったプロセスは
IMG_6782300.jpg
筍を瓶に入れて鍋に並べ(瓶同士が触れあわないように底にタオルを敷き瓶と瓶の間にはキッチンペーパーを挟んでます。)お湯を張り瓶の中には熱湯を注ぎ蓋をのせて40分加熱します。40分くらい加熱すると100度に近い温度になるとのことでしたが筍が入ると瓶内の温度は100度になってるのでしょうか。
IMG_6785.jpg
温度計をさしこんでみましたら85度までし達してないです。時間も1時間ほどにしましたが100度は難しいようです。

いいことにして次のプロセスに。瓶はさみなんて道具はないのでお湯を少しすくい出しキッチンミトンで取り出します。なんせ瓶が熱いので注意しないと危険です。
なんとか全部出し、蓋をきっちり閉め、天地返しして瓶全体が湯に沈むようにして再び40分グラグラと。
IMG_6788.jpg
瓶と瓶のあいだにキッチンペーパーを詰めたのですが今度は煮立ててるとペーパーが浮き上がって来ます。なんどか押し込んで加熱終了。
そのまま出して冷めるまで置いておきます。
これで常温で保存可能かな?100度にならなかったのがちと気になります。でもこんなにたくさんの大きい瓶は冷蔵庫に入る余地なしです。
3300.jpg
隣の鍋で同時に筍の根元の方を刻んで味漬けしたものを2瓶、姫皮も瓶詰めにして煮沸しました。
味付け筍は筍ご飯用です。これだとあと2回筍ご飯が食べられそうです。
昨年は姫皮はオリーブオイル漬けにしました。まだそのままになってるのでそろそろ食べないと。

6binn300.jpg
3300.jpg
筍の瓶詰め6本とご飯用2瓶、姫皮1瓶ができました。

作ってしまってから干し筍も作る予定だったことを思い出しましたが後のまつりで今年はお休みにします。

第一弾の筍でこの前載せたものの後に作ったものは
筍だんご
筍の根元をすり下ろして挽肉と木の芽を入れて揚げた筍団子。この筍団子はクゥママさんのところで見たものをアレンジしました。
筍重ね焼き
というよりも前日筍スライスに片栗粉をはたいて肉種をのせて焼いたものを作りましたが肉だねが多くて余ったのでリメークです。

kantama.jpg
たけのこ春巻き
筍をたくさん入れたかに玉と姫皮たくさんの春巻き。

筍の海鮮醤炒め
海鮮醤を使った筍の炒めもの。
青椒肉糸のようですがオイスターソースでなくこちら海鮮醤YUKIのもので八珍海鮮醤です。
オイスターソースと似たような味ですがいろんなものが入ってるので少し複雑でしょうか。


今年も筍堪能しました。
先日京都の筍畑での中継で筍のゼリーというものがあったり、他の番組で筍アイスクリームなんていうのもありました。いろいろありますがデザートまでは手をだしたくないです。

フィノさんのお義父様のお陰で京都の美味しい筍がいただける幸せを感謝します。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

あれっ?

今 拍手してきたんですが・・・・
そこでコメント書いたら、こっちに乗るのかと思ったらこっちはこっちでべつなんですねぇ@@;
むこうのもみてくださぁ~いい ^^ゞ
京都のタケノコは土質がいいので一段と美味しいんでしょうね!
私は焼きタケノコが食べたいわぁ!! ビールがすすみそう ^^ゞ

クゥママさん

拍手のコメントってよくわからないです。管理画面をみたらコメントはありました。で返事を更新したのですがどこに載るのかな???
田舎のタケノコこの前のでしょう?美味しそうでしたね。不作で今年はもうダメですか。残念ですね。
来年に期待しましょう。
前に適当にしたのは脱気が不十分だったようで野菜室にいれてましたがダメにしてしまいました。
時間かかりますがこの位やっておかないと常温保存は無理みたいです。
京都のタケノコはほんとに美味しいです。市販のものが買えなくなってます。
焼きタケノコはほっくりとして美味しいですよ。

NoTitle

フィノさん筍の第2弾ですね。(^^)
私も昨日第2弾を頂きまして、取り合えず焼筍分は除いて、米糠入れて、茹でました。
1個丸ごと瓶詰めや半干し筍のオイル漬けをやってみようかと。
瓶詰め随分できましたね。これでフィノさん筍を、しばらく楽しめますね♪
この前産直で、安かったので筍を買って、米糠を入れて茹でたのだけれど、アクが随分気になったのです。
この産直の筍が特にアクが強い訳ではなく、最近は舌の方がアクの無い京都筍に馴染んでしまったようです(爆)

duckbillさん

duck家も第二弾に突入しましたか。
今回は瓶詰めにしたので先も楽しめそうです。
他の筍は安くても買う気になれなくなってます。
見た目からしてアクがありそうな感じがしますね。
焼き筍美味しいでしょう。
京都の筍だからこそ柔らかくて美味しいのだと思います。
丸ごと瓶詰めもいいですね。私は6瓶のうち5瓶は縦割にして詰めてみました。
干し筍もいいですよ。

たくさん出来ましたね

うちでもお義母さんが大鍋で瓶詰め作ってますが熱いのを蓋閉めていくのが大変みたいでお義父さんにしてもらったりしてました。うちの家族がもっとたけのこ食べるならいろいろ手を尽くしてみたいのですがたけのことわかると食べないんで困ります、あと何年筍がただで食べられるかわからないのにね~

先日バーベキューで茹でた筍を厚めにスライスして焼いたら美味しかったです~丸焼きとは又違って焼き目がついて香ばしかったです。

丸焼きはほんとにとうもろこしの香りですものね~。

来年まで瓶詰めで楽しんでください~。

フィノさん

今年も筍美味しくいただきました。ありがとうございました。
たけのことわかると食べない。もったいないけど身近にあるとそんなものでしょうね。
いつまでも健康で居て下さることを祈ってます。

なににしても京都の筍は美味しいですよ。

今年は皆さんに習って瓶詰めにしましたので時期はずれに楽しめそうです。

保存筍

ポメマルさんも瓶詰めされたんですね。
私も作りましたが何だか常温保存はもしダメになったらどうしよう~ってちょっと自信がなかったので冷蔵庫に入れています。まだ瓶詰めにしたのは食べてないのですが同じように風味が残っているのかちょっと興味深々です。
京都の長岡京に住んでいる義妹から筍の佃煮をもらったので、タケノコ料理もちょっと休憩です。

kuishinbouさん

こんばんは♪
新鮮なうちにがモットーだったのですが皆さんが瓶詰めされてるので真似てみました。
去年他の筍で瓶詰めを少しだけやってみたのですがこんなにしっかりと加熱しなかったので野菜室に入れておいたのに濁ってきてしまいました。
duckbillさんのやり方なので大丈夫だと思います。
これだけは冷蔵庫に入らないので室温に出してあります。
なるべく早めに食べきってしまった方が安全かもしれませんね。
風味はどうでしょうね。同じだと嬉しいですよね。
佃煮も作るほど残りませんでした。
来年にまわしましょう。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

京都の筍 ~2010年お料理あれこれ~

前記事にて、竹林(京都では筍を掘る竹林はしっかりと手入れしてあるので、「筍畑」とも呼ぶそうです♪)の様子をご紹介した、おいしーい京都の筍。 今年も保存分含めてですが8キロ、がっつりとお料理いたしました!! ここ数年、筍が届いた日には、何はなくともこれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。