スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館紀行③ 大沼へ

雨に濡れた水芭蕉
前夜から降り出した雨は夜中かなり強い雨になってましたが朝は降ったり止んだり。
でも一日雨模様のようです。
八雲というところまで足を伸ばす予定でしたが天気が悪いので変更のようです。

朝は義兄がコーヒー豆を挽いて美味しいコーヒーを入れてくれての朝食。
姪は今日も良くならず仕事は休み。
義兄は昔からコーヒーにはこだわりがあり一時は生豆を焙煎までしてました。豆を挽くのも本格的で業務用のミニ版で30年も使ってるそうです。そういえば前に来たときもこのミルがありました。家庭用の電動ミルや手回しのミルは熱が加わるのでダメだそうです。さすがに美味しいです。

10時過ぎまでダラダラ過ごし出かけることに。
義兄は翌日の朝のコーヒーを挽いてます。
他にもワイン通なのでワインと最近義姉が見つけた完熟のグレープフルーツがいたくお気にいりでグレープフルーツも持って行きます。
途中で美味しいパン屋さんによってパンを買っていくことに。このパン屋さんは昨夜見つけた函館という本に載っていたパン屋さんで楽しみです。

前の車の後を追う
四人ですが車二台で出発。前の車の後を追います。
途中桜が綺麗な場所を探して寄ってくれます。でもまだ市内より少し北になるのでまだ早いのが多いです。最初に車を止めてくれた所はなんという所なのか名前忘れてしまいました。

法亀寺のしだれ桜
義姉が朝刊に法亀寺というところのしだれ桜が咲いたという記事があったというので寄ってくれました
このしだれ桜は前日松前の帰りに夫がどこか牧場はないかと探した時に通がかりに見たものでずいぶん大きなしだれ桜があるなとみたばかりのものだったのです。
昨年はウソという渡り鳥に花芽を摘まれてしまったようですが今年はきれいに咲いたとか。まだ満開まではなってませんでしたが見事です。この木も樹齢300年。しだれ桜


粉挽き小屋
目的のパン屋さん「こなひき小屋」についたらなんと定休日。残念!
もう一箇所しだれ桜のお奨めの場所に寄ってみました。晴れてればもっときれいに見えるんだろうに残念です。
北海道らしい集合住宅です。北海道らしい集合住宅

おそば屋さんに止まったのでどうしたのかと思ったらもうお昼なのでお蕎麦を食べることに。
ここは七飯の峠のそば屋さん「そばん花」というお店。
寒いので手打ち蕎麦がいのですが温かいものがいいです。義兄は峠定食、義姉と私は鶏なんばん、夫は天ぷら蕎麦。
鶏と葱を香ばしく焼いてあり柚子の香りが美味しいお蕎麦でした。

天気が回復しないのでこのまま大沼に入ります。朝のパンにと大沼プリンスホテルに寄りました。

沼の周りをゆっくり走ります。どうやら水芭蕉が綺麗なところを探してくれてるようです。水芭蕉って夏の花と思ってましたがこんなに早く咲くんですね。
桜はまだ早いですが水芭蕉は少し遅いみたいでもう葉が大きくなってしまってました。
水芭蕉1
水芭蕉2
車を止めてくれた場所は群生地ほどの量はないけど遅咲きの白い花(というより包ですよね)がきれいでした。
そのまわりに白い小さい三角の花が咲いてます。
エンレイソウえんれいそうという山野草だそうです。

見覚えのある建物が目に入ってきました。
セカンドハウスの大沼のマンションです。ここは昔は半分マンション、半分ホテルでしたが、今はホテルは辞めて高齢者の施設になってるそうです。
マンションは子供達が小さい頃はしょっちゅう使ってましたが大きくなるとめったに泊まりにまでこなくなってゴルフにきた時に風入れをするくらいになってしまってここに宿泊するのは久々とのこと。
長く使ってなかったので水道は止められ、ガスはガス管工事の時に更新手続きをしてなかったのですぐには使えないと言われてしまいました。管理人さんが卓上コンロを貸して下さったので翌日のコーヒーは入れられそう。
お風呂は付属の小さいお風呂が使えないので近くの温泉に行くことになりました。

行った所は大沼グリーンピアです。
以前郵政が作った大型レジャー施設でスキー場、スポーツ施設等が完備してます。
温泉もジャグジー露天もあります。水質はわかりませんが透明で肌がツルツルします。
義姉がビールを飲みたいといいますがロビーにはないので水で我慢。途中でビールを買い込みマンションに帰ってからビールを飲みました。温泉で温まった体には美味しい。

雨は降ったり止んだりですが上がりそうにはないです。
ランバーハウス
夕食は近くの行きつけのステーキ屋さん「ランバーハウス」で。

平日の夜なので予約してなかったら早終いしてしまうのだそう。早じまいしてしまわないように昼の蕎麦屋さんで義姉が予約の電話を入れて「お肉取っておいて」と頼んでました。
ご夫婦でやってるお店で20年になるそうです。
ランバーハウス内
店主が手作りのカントリー調ログハウス。中央に薪ストーブが燃えて暖かい雰囲気です。
お客は私たち4人だけ。
ステーキ
大沼牛のステーキはさっぱりしてて脂っこくないです。
義兄はいつもはサーロイン300gだそうですが今回は病み上がりなので私たちと同じく200gに。
持参のワインを飲みながら美味しいです。

大沼は函館から30分ほどで来れるところなのでシーズン以外は宿泊までする人が少なくなってるようです。
函館の夜景を見るには30分といっても市内の方が便利でなかなか開発が進まないとか。
あと数年で新幹線が通るとどうなるでしょう。
せっかくいい所なのにね。ゴルフをやるには近いし、いいゴルフ場が安いので絶好の場所だそうです。夫にはうらやましい環境です。
義兄も最近ゴルフをするまでに回復し、義姉は週3回ほど回ってるのだそう。家のほうでは考えられないです。

マンションも平日は人もあまりいないので静まりかえってます。

明日の天気はどうでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記 - ジャンル : 旅行

コメント

えんれいそうは

延齢草、と書くんです。ま、縁起のいい名前ではあります(笑)。

ぴかままさん

ほ~~!
こういう字を書くんですか?
想像してませんでした。縁起悪いよりはいい方がいいですね。

六花亭のチョコレートにもエンレイソウとハマナシ(ハマナスではないの?)のものがありました。

NoTitle

箱根あたりにもあるみたいですよ、延齢草。
http://www.hana300.com/enreis.html 
ハマナスは・・・浜言葉だと「ウ」と「イ」がほとんど同じになるものですから、その辺でハマナスと書かれるようになってきたのじゃないかと思います。
こちらのサイトにその辺が詳しいようです。
http://potato50.cool.ne.jp/TalkRugosa/C_4.html 
http://potato50.cool.ne.jp/TalkRugosa/C_7.html 

NoTitle

この前(4/20、21)に箱根の湿生花園で見たのが水芭蕉だし、エンレイソウでした。
桜をみると1ケ月位のズレなのでしょうか。
それにしても見事なしだれ桜です。

ぴかままさん

普通の延齢草は褐色なんですね。
これは小型のようですがオオバナエンレイソウなのでしょうか?
チョコレートの包装紙にはオオバナエンレイソウが一面に咲くと書かれてます。
ハマナスについての面白いサイトをありがとうございます。
私もずっと北海道に咲くのはハマナスと思ってました。バラのようなのになんでナスなのかなと疑問でした。実からのイメージなんですね。ミニトマトの様が一番あってるように思います。

duckbillさん

再度湿性花園を見てきました。
ぴかままさんの言うとおり箱根にもありましたね。
松前では二輪草もたくさん咲いてました。
水芭蕉ってこんなに早く咲くんですね。
尾瀬のは初夏の花というイメージですが・・・
桜はちょうど一月遅れですね。
今日は網走でも満開とニュースで言ってました。
しだれ桜すごいでしょう。
義姉の話しでは桜が見にくい状態だったらしいです。昨年は鳥にやられたので予防措置もとって周辺をきれいにして見やすくなったらしいです。
この後晴れて満開になりとってもきれいだったそうです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。