スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティチョーク

アーティチョーク
1年ほど前にベランダで育ててたアーティチョークをつくばのFujikaさんのところにお嫁にだしました。

ダメになってしまったかなと思ってたらFujikaさんのブログで大きく成長したアーティチョークを見ることができました。

鉢植えでは思った以上に育ちませんでしたが畑でのびのびと育ち大きくなってました。我が子を見るような気分です。
もらってもらって本当によかったです。

                     

Fujikaさんより産直のお店にアーティチョークが出てきたという連絡をいただき10個ほど送っていただきました。

他にも私からお願いした柿の葉に空豆、ニラ、インカのめざめ、リーフレタス。それにパルマの生ハムをご自分でスライスしたものが入ってました。
Fujikaさん いつもたくさんのものをありがとうございます。

昨年もアーティチョークいただきましたが今年のはまだ出始めでとっても柔らかいです。
包丁もスッと入り扱い易いです。

去年はもっとトゲトゲのものがありました。

茹だったもの
まずはシンプルに茹でていただきます。
ソースはマヨネーズにめんつゆとわさびを混ぜたもの。
このソース美味しいです。

夫はがくを一枚ずつ根元を歯でしごいて食べるのが面倒くさがります。全部向いてハートの部分だけにしてあげました。
アーティチョークの天ぷら
翌日は天ぷらに。柔らかいので下ごしらえもやりやすいです。
天ぷらはとっても美味しいですよ。ハートだけでなく柔らかいがくの内側の部分も柔らかく食べられました。

チキンとアーティチョークのサラダ
ハートの部分とボイルドチキンとでサラダも美味しいです。


前から気になってたレシピがローマ風。実は昨年も少しだけ作ったのですが焦げてしまいました。
で、リベンジです。

トスカーナに住んでる方の文庫本サイズの本(タイトル忘れました)にアーティチョークのことが書かれてます。
ローマのアーティチョークはとっても大きいものだそうで下処理をしたものの真ん中にハーブなどをつめものをしてオリーブオイルで煮たものです。読んでて美味しそうと思ったものの一つです。
今年はちゃんと作ろうと思い、この本を探したら行方不明で記憶にあるだけで作ってみます。

茎も柔らかいので外側のスジっぽいところを剥いて一緒に煮てしまいました。
色がグレーっぽくなってあまり美味しそうに見えない色合いですが味は抜群です。

温かくても冷たくてもどちらも美味しいです。

ゴミの山
毎度思いますがなんと廃棄物の多い野菜(食材)だこと。美味しいものですがこれが日本の食卓にはなかなか入り込めない理由かも。
ecoな野菜ではないですね。

ここは可食部分
生で剥いてしまったのでこの根元は可食部分です。もったいないので食べられるところだけ茹でてスプーンでしごきだしてハートの部分と一緒に送っていただいたレタスと美味しい生ハムとサンドイッチにしてみました。
生ハムとアーティチョークのサンド

春から大学で栄養学を専攻してる姪っ子にも食べさせました。
栄養学を専攻するにはいろんな食材を知ってる方がいいに決まってますからね。
色合いがグレーっぽくて茎も5㎝くらいにして一緒に煮たので「ごぼうみたいなの美味しかったよ」というメールがきました。
ごぼうじゃないってば。

今年はオイル漬けまで手が回らず全部食べてしまいました。ごちそうさまでした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

アーティチョークだぁっ!

うちの ご近所の畑でも 上の写真の様な蕾が沢山出てますっ! ハートの部分とは???? 去年湯がいてしごいて食べて見ましたが・・ 食べる価値無し!って位お粗末でした--;  多分調理方法を間違ってたんですねぇ・・
天ぷら 挑戦してみたいですが、、 何処が食べれて、どうやって下ごしらえすればいいのか??
暇な時でいいです! 是非ご指導下さいませ <(_ _)>

Carciofi alla romana

ポメマルさん、こんにちは!こっちの産直にも
アーティチョークがそんなにあるとは...(車に乗らないので、近所には出かけないんですよねぇ(汗))
ローマ風アーティチョーク、私も今年最後の分で作ろうと思っています。ブログにレシピのせてるので今度は茹でずにどうですか??(名前にリンクしました)
だんだん、この野菜もメジャーになってきましたね~!!国産はこの時期だけのお楽しみ。またおいしい食べ方あったら教えてくださいね。

クゥママさん

調理法は間違ってないですよ。
一番シンプルな食べ方が茹でて一枚づつむしって根元を歯でしごくという食べ方です。
確かに食べる所少ないですね。
ハートというのは回りを全部むしってしまうと蕾なのでしべを取ったあとの部分を言います。小さいうちのものはしべがあまり気になりませんが少しおおきくなるとモシャモシャして口触りが悪いので全部取ってしまいます。
天ぷらは生のものを剥いていくと色がだんだんクリーム色になってくびれたようになるまで剥いてくびれの下あたりでカットし、縦半分にしてモシャモシャの部分をスプーンで掻き出したものを食べやすく切って天ぷらにします。アクが強いのでレモンをいれた水につけながらの作業になります。天ぷらは美味しいですよ。
近くでアーティチョークがたくさんあるなんていいなぁ。

Mekabuさん

取り寄せようかなと思ってたところでしたのでラッキーでした。
今年のはとっても柔らかくて美味しかったです。
つくばに近いんですよね。あの辺りは産直にでまわるんだそうですよ。
横須賀あたりの農園でも栽培してるそうですが2週間という短期間だそうでもう終わってしまいました。
少しづつでもメジャーになってくれると嬉しいですね。
コンスタンチ風まで行かなかったです。
ローマ風は美味しかったです。
ローマ風は茹でずに直煮込みました。

NoTitle

しっかりツマっていいアーティチョークですね!
マヨめんつゆわさびのソースですか~!考えもしなかった(笑)
ローマ風も美味しそう♪
そうそう、山ほど出るこの食べられない部分、何時も何か利用方法はないのかなぁと考えさせられます(^^)
ふふふ、高級食材で手間が山ほどかかるのに、ごぼうにされたら困りますよね~(爆)
この前は高くてパスしたけれど、又産直を覗いて見てみようかと思います。

duckbillさん

柔らかくてとってもいいアーティチョークでしたよ。
わさびめんつゆマヨソースいけますよ。

duckbillさんならこの廃棄部分の利用法を考えてくださるかも。でもあの部分は固くて食べられませんよね。

茎は一見ゴボウですよ。
姪っ子が新しい食材と認識してくれたらいいんです。

まだ産直であるといいですね。
三浦にある農場のは2週間でお終いでした。

NoTitle

(だいぶ出遅れましたが)ご紹介ありがとうございます~。
このアーティチョークはポメマルさんの苗のものとは形状が違いますよね。面白いです。

生を剥くと、ガクのつけ根が勿体ないと思い、いつも茹でてから剥いていました。取ってしまってから茹でるという手がありましたね!

Fujikaさん

こちらこそご紹介が遅くなりごめんなさいね。

アーティチョークもいろんな種類があるんですね。
昨年送っていただいたのにはトゲトゲのもありましたね。
お花はどれもおなじようなものが咲くのかしら?

ただでさえ可食部が少ないので剥いたものを茹でてみました。スプーンでしごいてもほんの少ししかないのですがね。

そうそう廃棄率がね…

新し物好きの日本人の間でもなかなか広まりそうで広まらないのは、やはりこの廃棄率の多さと下処理の面倒さですかね~。
香りも独特だし、形も独創的だし美味しいお野菜なのにね。
実は私もFujikaさんから送っていただいたのですが、固いガクを剥きながら、そしてそのシンクに貯まった大量のゴミを見ながら、「最初にこれを食べようって思った人ってすごい…」としみじみ思ってしまいました!!
私もローマ風作ったんですよ~。
アーティチョークの形を活かせて楽しくて美味しい一品ですよね。
今年はお料理は2種類しか作れなかったので、オイル漬けを3瓶作りました!!
お酒のつまみに美味しく頂いています♪
記事をTBさせてくださいね~。(*^_^*)

楽ちゃん

楽ちゃんのところもFujikaさんからいただいたのね。
今年のはとっても柔らかかったですね。
もう少しガクの部分が食べられるように改良してくれると広まるかもしれないわね。
でも前より生産者さんが増えてきてるみたいで嬉しいですね。
ほんと誰がこんなもの食べようと思ったのかしらね。
ローマ風美味しいですよね。ローマのアーティチョークはかなりおおきいみたいですよ。
オイル漬け作ろうと思ったけど食べちゃったわ。
去年オイル漬けにしたものがまだあるんだわ。
これを使わないと~~。

TBありがとうございました。これから伺います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花を食す贅沢~アーティチョーク~

アーティチョーク。 和名では朝鮮アザミ。 初めてこの存在を知ったときには、そのあまりの芸術的ともいえるフォルムにイチコロだった私。 いつか生のものを自分で調理して食べてみたいなぁ~と思っていて、そんな願いがかなって初めて手にしたのがおととしのこと。 6...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。