スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュークリーム

シュークリーム


シュークリームが急に食べたくなり、買いに行くのも面倒なので久々に作ってみました。
シュークリームは皮は卵とバターと粉、クリームは卵と牛乳と砂糖があれば出来ます。
でも何年ぶりでしょうか?ずっと作ってません。
オシャレで美味しいレシピを探せばたくさんあると思いますが、今回は母のテキストを見て作りました。
フィリングのカスタードクリームも生クリームが入ったりといろいろありますがごくシンプルにカスタードクリームだけにしました。
母のテキストですから本当に昔の作り方です。
皮の難しいところは固さです。卵を最後の方は母は小さいティースプーンでタラッと垂らすように加減してました。
その加減状態を忘れてしまったのでちょっと軟らかかったようです。
そして絞り袋に入れて絞り出すと大きさも一様になるのでしょうが、母は袋につくのがもったいないとスプーンで落とし、菜箸でグルグルと回しててました。私ももったいないのと洗うのが面倒なのでこれでやりました。
焼き上がったのがこれです。アハ大きさがまちまちですね。左側のは膨らみが悪くて小さいです。もっと修練が必要です。
皮


縦に膨らみがすくなくて扁平なものが焼き上がりました。
扁平という事は膨らみ切らないということなので私にとっては嬉しいことがあります。
こういう時はシュー皮をカットすると中に完全な空洞でなくフワフワ軟らかい皮がついてます。
シュー皮


これです。この軟らかい皮がバターの味がして美味しいのです。
このひだひだがたくさんだとクリームが入りません。で、ちぎって食べてしまうのです。これは作った人の特権なのですがひだを食べるのは昔から私の役目になってました。

これにカスタードクリームを詰めます。
生クリームを合わせた方が美味しいに決まってますがなぜか今回は母が作ってくれてたクリームのが食べたかったのです。
書いてある通りに作ったらトロッと軟らかく、味にこくが無いように思えたので卵黄を1個足しました。冷めたらちょっと固めになってしまいました。余計なことしない方がよかったです(反省)。
久々のシュークリーム作り楽しかったです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

シュークリーム

大好物なんです。これとカスタードプリンだけは、甘いものをたくさんは食べられない私ですが何個でも別腹で入りますv-8
でも、日本と同じシュークリームはドイツにはありません。あれを食べようと思ったら作るしかないのです。
なんとなく面倒でついつい「日本で食べればいいや」と思ってしまいます。作ったこともあるのですが・・・こんなにキレイには出来ませんでしたv-86

ポメさん、すごく美味しそう♪
お母様の作り方がかわっていて面白いですね。
スプーンでおとして箸でぐるぐる。確かに袋に入れると袋にいっぱいついちゃってもったいないなぁと思います。
小学生の頃に友達とシュークリームを作って、全然膨らまなかったことを思い出しました。処理に困りました(^^ゞ

アメリカにも無い

私もシュークリームとカスタードプリンが大好物だけど、アメリカにはそんな物、どこ探しても無い(いや、あるけど、日本でお馴染みのシュークリームやプリンを期待してたら大間違いって感じ)。 だから食べたい場合は自分で作るしかないのですが、いまだかつて、シューつくりを成功したこと無いので、すでにあきらめてます。

これって結構湿気や気圧が影響するみたいです。 私の住む場所は、標高1600mで、低気圧なのと、乾燥しすぎって事もあり、難しいです。 だけど、久しぶりにこんな美しいシュークリームを見せていただき、また口に入るまで、写真が頭から離れなくなるのは間違いなしです。 はぁ・・・

ぴかままちゃん

ドイツにはシュークリームないのですか?フランスのお隣なのに。
それぞれの国のお菓子があって交流しないのでしょうね。

売ってるようにきれいな格好のは1個だけでした。後は不格好でしたが粉砂糖をかけてごまかしました。
ぴかままちゃんお菓子上手だから挑戦して見て下さいな。

ぴんうさちゃん

母やり方変わってるでしょ。でも合理的だと思いませんか?絞り出し袋についちゃうと小さい1個分出来ると思いませんか?
昔はオーブンシートなんてなかったから天板に油塗ったりしてました。でもへたするとくっついてきれいにシューが膨らんだのに底がとれちゃったりということもありました。
小学生でシュークリームにチャレンジするなんてスゴイことですよ。

Ojou-chanさん 

へぇ~ アメリカのシュークリームってどんななのかしら?スゴイ興味ありますね。

Ojou-chanさんだっていろいろお菓子つくられてるのに。シューがダメだなんて。
気圧の影響で膨らまないなんてことがあるのでしょうか?なんか探ってみたくなりますね。

>美しいシュークリームを見せていただき
そんなこと言っていただき光栄です。でもいかにもシュークリームらしくきれいに出来たのは上の写真の1個だけなんですよ。

シュークリームって急に食べたくなることがあります。私は生クリームが好きでクリームと混ぜてますけど。また食べたくなってきた~こんな時間なのに。

結婚式にクロカンブッシュを作ろうと式前日に会場で夜まで作ってましたよ~プチシューで中身なしですけど、何回も焼いては失敗・・・もうだいぶ前ですがシュークリーム見ると思い出します。

フィノさん

こちらにもきて頂きありがとうございます。
カスタードに生クリームを入れた方が断然美味しいです。
これを作った時はだたのカスタードのものが食べたくて香りにブランデーを落としました。
ブランデーが入ると大人のシュークリームになります。
クロカンブッシュを作ったんですか?これは同じ大きさでたくさん焼かないといけないので大変だっでしょうね。
一度作ってみたいです。でも結婚式はなさそう。

気圧

いや実は、標高が高くなるにつれ、空気が薄くなる、つまり気圧が低くなるんです。 と言うことは、必要以上に膨れるんです。 膨れるのが命のシューやスポンジは、調節が必要で、むっちゃやりにくい。 

でも一番影響するのがパンで、イーストを減らしたり、蒸発が早いので、水分を増やしたりしないといけません。 また膨張しすぎるので、ベンチタイムを短縮したりなどの工夫が必要です。

水の沸点だって、海抜レベルでは100度だけど、ここでは96度なんですよ。 不思議でしょ? クッキーなどはあまり影響しませんが、膨張させるお菓子は、考え物です。 

そしてこの辺りで見かけるシュークリーム(英語ではCream puffと言います)は、口の中の粘膜を傷つけるほど、シューが固く感想していて、中のカスタードなんて、日本人には無理です。 ウイロウみたいに硬く、甘いだけですから。 あぁ・・・日本の洋菓子とパンが恋しい。 可愛そうでしょ?v-13

ほんと可哀想だわ

気圧が下がると沸点も下がるなんてこと理科で習いましたね。もうすっかり大昔のことで忘れてました。
そうか膨らまないのじゃなくて膨らみすぎちゃうのね。私からするともっと膨らんで欲しいなと思ってましたよ。
おもうようにいかないですね。
そちらのはホントにすごいシュークリームのようですね。クリームは甘いういろうのよう。なんか想像がつきますね。たしかに美味しくなさそうよ。
日本ではパイシューというお店で皮を焼いてすぐクリームを詰めるというのが流行ったことがありました。それはパイ生地もつかってるみたいでパリパリした皮です。
家のはクリームを詰めて時間がたったら皮がしっとりしてきて夫がパリッとしてないと文句がきました。
持って行って食べさせてあげたいわ。

スプーン2つ

おいしそうなシュークリームを拝見して、早速卵と牛乳を買いに走ってしまいました(^^)

私の母はスプーン2つで丸めながら天板に落としておりました。私も丸いシューのときは母の真似をしています。絞り袋に残るともったいないし、洗うのも大変なんですよね・・・

今からがんばって作ります~♪

ドイツのシュークリーム

一応ね、あるにはあるんですよ。
Windbeutel(風袋)という名前なんです。
でもこれ・・・中身がカスタードじゃないんです。泡立てた生クリームなの。そして、コージーコーナーのジャンボシューより二回りくらい大きくて、これでもかっ!てくらい粉砂糖がかかっているんです。私の口のサイズでは、とてもじゃないけど、上下を分けて別々にしないと食べられません。
エクレアもあります。これに入っているのはカスタード・・・のようなものですが、こちらで「プディング」と呼ばれている、バニラ風味の一見カスタードクリーム、でもものすごい不味い物体。そしてこれも、サイズは日本で見るエクレアの3倍くらいありますよ。

・・・やっぱり作ろうかなあ・・・でも暑いし(-_-;)

margoさん こんにちは♪

margoさんのお母様も絞り袋でなくつくってらしたのね。ね、もったいないですものね。
スプーン二つの方が効率良いかも知れません。
私も今度はスプーン二つでやってみますね。

早速作られるとかかれてるのできっともう作られて美味しく召し上がったことと思います。

Windbeutel素適なネーミングね

確かに風で膨らんだという感じもしますね。
フランス語はキャベツだけど。ドイツ語の方が夢がありますね。
ジャンボシューより2回りデカイの?お腹いっぱいになっちゃいそうね。
エクレアは3倍なら小さいバゲットみたいね。
なんでそんなにサイズが大きいのかしら。
エクレアのクリームそんな不味い物体なのにドイツの人は満足してるんですね。
所変わればですね。
まだ猛暑が続いてますか?お体気をつけてくださいね。

めちゃめちゃ美味しそう♪

↑ごめんなさい、間違えて地底生活のHNを出してしまいました。上の書込、削除して下さい。お手数をおかけします、。m(_ _)m

そうそう!この皮の柔らかいのが好きなんです!最近流行のパリパリとした皮は苦手です。
プーンで落とすって、すごく良いことを聞いてしまったぁ。
でも、たしかにあの皮を混ぜる作業はこの時期暑い…。
私も「あ、ここ!」っていう卵黄の入れ加減を忘れているかもしれません。

ウフフ 削除しておきましたよ。

えつちゃんのあの柔らかい皮好きなんだ。
軟らかいバターの味がなんともいえません。

シュー生地混ぜるのは結構力いるものね。
でもパン捏ねること考えたら軽いわよ。

しょっちゅう作ってないと生地の柔らかさがうろ覚えです。ここが一番難しいですよね。

頑張ってミニちゃんと作ってね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。