スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽南蛮

神楽南蛮
一つ前に書いたわらびさんからいただいた「神楽南蛮」を使ってみました。
見た目はへちゃむくれピーマンですが南蛮というだけに唐辛子です。
素手では危険ということでダスキンのレンジカバーについてるビニール手袋をはめての作業です。
まるで手術するみたい。(医院からいただいてくれば良かったかな)

以前クックパドでロンドンのミリアムさんが柚胡椒ならぬライムと青唐辛子でライム胡椒(クリックするとミリアムさんのレシピ集にリンクします)というものを作ったことがありました。
これがきっかけで大勢の方がいろんな組み合わせの胡椒を作るブームが起きたことがありました。
ミリアムさんずっとブログ更新が途絶えてます。また入院しているのではないかと心配です。

もちろん私もその1人。
たまたまペルー産の黄色い唐辛子を見つけたのでレモンで黄色いレモン胡椒を作ったのです。
その時なんと素手で唐辛子をおろしたので指は真っ赤になってピリピリ。
目に直接ではなかったのですが付近に指を近づけたら目が痛い。洗っても洗ってもピリピリです。
えらい目に遭ってしまった前例があるので今回は絶対に素手ではやりませんよ。

まずは検索したら一番多くヒットした南蛮味噌を作ってみます。
kaguranannbann.jpg
辛いのは種と白いわたらしいので手袋した手で4つ割にしてから取り除きました。
まな板に種が残らないように注意してから3つは粗めのみじん切りに。
手袋をして包丁で切るのは初めて。なんとやりにくいこと。
オペで手袋をしてあんな細かい作業をするんですからすごいですね。(手袋が全く違うでしょうが)

1つは千切りにして塩をまぶしておきます。これはもう一つ見つけたレシピで「たたき」だそうです。

鍋に油を温めてみじん切りの神楽南蛮を弱火で炒め、みりん、味噌を入れてから舐めてみました。
辛いかも~。
お砂糖と思いましたがオリゴ糖の瓶が目に入ったのでオリゴ糖を加えました。
少し煮詰めてから大葉の荒切りを加えて完成。
紫蘇の香りが爽やか。IMG_8319.jpg


tataki.jpg
もうひとつの「たたき」は塩をして1~2時間置き、水につけて塩を少し抜き野菜(キュウリ、茗荷、人参、大葉)を千切りにして氷水に放したものを水気を切って全部を和えます。
神楽南蛮の塩気が全体にまわりこれはこれでさっぱりと美味しいです。
夫がドレッシングをかけても良さそうというので青じそドレッシングを少しかけたらこれも爽やかさが増してご飯のおかずにもなります。

南蛮味噌は若干の辛さがとっても美味。くせになるかも。ちょっと水分が多いのでオリゴ糖でなくお砂糖にしたらおにぎりの具にもよさそうです。甘くなくても良さそうですよ。
ご飯のお伴にグーご飯にのせてな南蛮味噌。


これはピーマンでは出ない味です。シシトウでも似たようなものができそうですがやはりこの神楽南蛮が美味しいんでしょうね。
神楽南蛮は赤くなっても使えるというので残りは赤くさせてみようかな。

なんていいながら翌日もこんなものにしてみました。

スーパーの本コーナーで立ち読みした今日の料理のテキストでこんなつけ麺のたれが目にとまりました。
ピーマンを使ってましたが神楽南蛮で真似てみました。

シャブシャブ用豚バラ肉とナス、モロッコインゲン(これもわらびさんからのもの)と神楽南蛮をサッと炒めて簡単にめんつゆを入れて煮た具たくさんのつけ汁。薬味に庭の茗荷と葱。

素麺でもいいのですが具たくさんなので稲庭うどんか島田うどんがいいですね。

島田うどん
島田うどんにしましょう。麺は冷たく、汁はアツアツがいいんですよ。テキストにはどう書かれたのかはわかりません。
神楽南蛮の少しの辛味がとってもいいです。
つけうどん
島田うどんについては過去に記事にしてあります。参考までに。


わらびさん 美味しかったですよ。ごちそうさまでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

NoTitle

ポメマルさんタタキと島田のうどんの冷・熱美味しいでしょうね、私も早速真似して見ます。

今日帰ったら、南蛮味噌を作ろー。

わらびさん

神楽南蛮とてつもなく辛いものと思いましたが拍子抜けするくらいでした。
油断して素手で扱いそうです。

タタキは香味野菜と相まって爽やかな辛さです。

具だくさんのうどんは麺は冷たく、汁は温かくがいいんですよ。
南蛮味噌も美味しくいただきました~。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。