スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのこの秋ですね~♪

Fujika.jpg
今年はきのこが豊作だとか。
松茸も大豊作でお安いらしいですね。今年は国産松茸が口に入るかな?

みなさんのブログでもきのこが大豊作の様子がみられますね。

我が家にもきのこではおなじみのFujikaさんからと先日わらび山荘のオフ会でご一緒したmiyakoさんからきのこを頂きました。
少し前にご紹介した叔母から天然のなめこ、oisixで注文した白霊茸と珍しいきのこが集合してます。

Fujikaさんからは前にもいただいたヤマドリダケモドキです。
この時期こうして珍しいきのこが味わえるのは嬉しい限りです。感謝感謝です。
今年は春にもアンズ茸と一緒にヤマドリだけモドキをいただいたんです。
ポルチーニモドキ
どうしてこういうものが見つけられるのかと思うほどたくさんのきのこを見つけられます。

ポルチーニもどきのお刺身
楽子さんのところで見たお刺身が美味しそうだったので大きい物はサッと茹でてわさび醤油でいただきました。
不思議な食感ですが本当に美味しいんです。
貝のような食感とでもいうのかな。

小さいものはリゾットになんて思いながらその頃なんだか忙しくて悪くならないうちにスライスして冷凍してしまいました。冷凍しておけばいつでも使えます。
oiruduke.jpg
小振りのものはコリットした食感がいいのでオイル漬けにしておきました。

サーモンのバター焼ききのこ添え
鮭をソテーしてヤマドリダケモドキをサッとバターソテーして添えました。
いかにも秋らしいメニューでしょ。
今自由に出歩けない状態なのでこうして冷凍や瓶詰めがあると心強いです。


miyakoさんからはショウゲンジ(コムソウ)というはじめて聞くきのこが届きました。
miyakoさんからのきのこ
すき焼きに入れると美味しいと教えていただいたのですき焼きの準備をして待ってました。
syougennji.jpg
すき焼きと行っても主役はきのこちゃんです。
このショウゲンジというきのこは茎は歯ごたえが心地よくシャクシャクしてます。
煮てもこの食感が無くならないです。
松茸の食感に似てますね。
ショウゲンジって面白い名前ですよね。検索してみたらこんな風な説明がありました。
マツタケ目フウセンタケ科フウセンタケ属の中型〜大型の食用キノコ。名前の由来は正源寺という寺院の僧侶がこのきのこを最初に食べ、その味の良さを広めたからとも言われている。
幼菌が深編笠をかぶった虚無僧に似ているためコムソウ、ボウズなどとも呼ばれる。

そういえば開いてないショウゲンジは虚無僧に似ているかも。マツタケ目というので松茸に似た食感があるのかな?

残りを箱ごと冷蔵庫に入れてありました。その間足のアクシデントがあったりで箱を開けられなかったのですがお昼は前夜の貝の美味しい汁が残ってたのでショウゲンジを入れてリゾットに。
ショウゲンジリゾット
リゾットといってもチーズは入らず溶き卵入りです。貝の汁にバターが入ってるので洋風おじやかしら。
まだ残ってるのでサッと茹でて汁ごと冷凍にしました。

白霊茸
白霊茸はオフ会の時にマッシュルームのようなきのこがあったのですがその成長したものでしょうか?
オフ会の時に名前を知ったのでoisixで見かけたので注文してみました。
来たのはこの一個だけ。
白霊茸はバイリングとも言って、中国の天山山脈に自生する希少種の高級きのこで、「西片白霊芝」「神茸」「茸の王子」と、古来より白霊茸として珍重されてきました。柔らからかな上に適度な歯ごたがあり、この食感から「あわび茸」とも言われるようです。
何にしてみましょう。
白霊茸のクリーム煮
大ぶりにカットしてサッとバターで炒め白ワインを振り生クリームを加えてみました。一緒に炒めたのはロメインレタスとプチトマト。
癖がなくて食べやすいきのこです。アワビの食感よりは柔らかいかな。もう少しコリッとしててもいいなぁ。

そしてこれは今日oisixから届いたもの。
軸うましいたけ
じくうま椎茸です。小指の先ほどの可愛い椎茸。
私の短い指と比較してみました。指と比較
椎茸というと軸は覗いてしまうことが多いですがこれは軸を食べるようにしたものなんですって。
軸の旨みを味わうようです。
お昼に夫が味噌ラーメンを作ってくれたのでその時このじくうま椎茸を入れてみました。
肉を入れなくても充分美味しかったです。煮るとグンと小さくなってしまいます。
ろーるキャベツ
夜は夫が大きなキャベツを買ってきてたのでロールキャベツです。
これにもパンチェッタとこのじくうま椎茸が入ってます。

珍しいきのこたちを食べられて秋の恵みに感謝です。
そして採ってきて下さったFujikaさん、miyakoさんありがとうございました。



ブログ村に参加してます。珍しいきのこが美味しそうと思ったらポチして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

美味しそー!

見たことの無いきのこがイッパイ!
どれもこれも美味しそうですねー!!
そして、色んな料理があるもんですね。
ポメマルさんのレパートリー、尊敬します。

それより、脚!大丈夫ですか!?
ビックリです!
実は私先週、脚の小指の爪を割ってしまい、それだけでも靴が入らず、ピコピコ歩いているんです。
ヒビなんて・・・痛そー(>_<)

bellavistaさん

きのこって自然のものはいろんな種類がありますね。
来年はきのこ狩りに是非参加してもっと違うきのこを見てみたいです。

足の方は痛みが無くなってきたので楽になりました。
指の爪を割った方がいつまでも痛そうだわ。
爪が生えてくるのも時間かかりますね。
足に包帯を巻くと靴はいりませんよね。
松葉杖がなくなってもギプスだと外歩くのにどうやるんだろうと今考えてます。靴下も入らないしビニール巻いてもすぐ破れるでしょうしね。
わぁどうしましょう。
ピコピコ飛んで歩いて怪我しないようにして下さいね。

なんと言うたくさんの種類のきのこ!!

さすがポメマル家ですね~。
これだけたくさんのきのこを毎日とっかえひっかえ食べられたなんて、うらやましい!!
野生のきのこは自分ではなかなか手に入れられないだけに、食べられたときはホントに嬉しいですよねぇ。
ヤマドリタケモドキのお刺身風、あのコリコリの食感がいいでしょ♪
そうそう、ちょっと貝みたいな感じ!!
こんな食べ方が出来るのもFujikaさんサマサマでございます!
じくうま椎茸、コロコロしていて可愛くて、すごくだしが出て美味しそう!!
もう少し大きかったらもっといいですね。(笑)
ヤマドリタケモドキの記事をTBしていきまーす!

楽ちゃん

奈良の山も紅葉が始まってきましたか?
きのこが大集合してました。
嬉しい悲鳴ですよ~。
野趣あふれるこういうきのこからみるとスーパーのきのこが味気ないわよね。
そんな贅沢を言ってはいけませんね。
軸のお刺身美味しかったです。わさびが合うなんて。
Fujikaさんがいなかったらヤマドリタケモドキは口にできませんよね。
じくうま椎茸は本当に出しが出るんですよ。でもあの小さいサイズにもビックリ。実物見てあっけにとられちゃったわ。
TBありがとうございます。私からもTBおくりますね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年もヤマドリタケモドキ!!

きのこって普通に売っている栽培モノも好きですが、これが野生のものとなると、これまた香り、食感共に栽培モノとは比べものにならないほどのおいしさ。 そういったものを頂くと、ホントに贅沢だなぁと思いますが、そんな野生のきのこを今年二度に渡り、Fujikaさんから頂...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。