スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココナッツマカロン

RIMG0033.jpg
anatomoさんのところでナッツのクッキーの記事がありました。
ざっと目をとおして美味しそうだなと思ってました。
そのあとsawatanさんのブログでhanatomoさんとオフ会でいただいたというクッキーに見覚えがあるような気がしてもう一度hanatomoさんのところに行ってみました。

hanatomoさんが載せてたものは丸いものでしたがsawatanさんが載せたものはとんがり帽子になってます。
これをどこかで見たことあるといろいろ本を探しました。
本は見つからなかったのですがバーバラ寺岡さんの本にあったものかもしれないと思い出しました。
それなら母のお菓子の本にもあるのではないかと探したらココナッツマカロンがありました。
RIMG0066.jpg
これこれ!
でも形はとんがり帽子ではないです。
とんがり帽子はやはりバーバラさんの本で見たのでしょう。

以前にも書いたことあると思いますが母がお料理とお菓子を習っていたのは岡松喜代子先生のお教室です。
岡松先生とバーバラさんがお知り合いのようでしたので同じようなレシピがあるのです。

ココナッツいっぱいの焼き菓子は香りがよく大好きなお菓子です。
近くの輸入菓子屋さんで買ってきたものだったのかなと思ってました。

母の本にはとんがり帽子ではなかったのですが私の記憶違いで母が焼いてたココナッツマカロンの味が記憶にのこってたようです。


上はhanatomoさんのレシピで作ったもの。
hanatomoさんのレシピはロングココナッツとココナッツパウダーとアーモンドパウダーも使われてました。
hanatomoさんのレシピよりしっかり焼いてカリカリに焼いてみました。

RIMG0031_20110512002503.jpg
そして母の本のレシピでも作ってみました。
ちょっと卵白の量が多かったようで焼いてる間に形が少し流れてしまいました。
そして温度が少し高かったのか色が濃いめについてしまいました。
どちらも美味しいです。

記憶に残ってる味はココナッツの香りがプーンとしてたと思います。

まだ花粉症が完治してなくて香りを感じるのが弱いのでココナッツの香りと味を強く感じられません。
花粉症が完治してからまた焼いてみないと。

嗅覚がしっかりしないと美味しいものも味気ないものになってしまうんですよね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

NoTitle

ココナッツの作られたのですね♪
ポメマルさんのも、とっても美味しそうです~。

それにしても、お母様は色々とお菓子を作る方だったのですね♪ そして、レシピ集をきちんと娘に引き継いでいるのがステキです。
そのお宝レシピが詰まったレシピ集からまたとっておきのを作られたらご紹介くださいね。:)

hanatomoさん

こんばんは。

ココナッツのお菓子つくりましたよ。
hanatomoさんのからみるとすごい雑な作り方で形がデコボコです。

この母の本は私がいじくってる間に表紙は取れてしましました。今のレシピ集と違って粉でもお砂糖でもgでなくカップで大ざっぱです。オーブンの温度も低温
とか高温なんですよ。
今も通用するお菓子がたくさんあるのでいつかまたご紹介しますね。。

NoTitle

ああ、これおいしいよね。カリカリで、ココナッツの風味が最高!昔よく作ったよ。
こういうお菓子って、焼いているときの香りが一番良いよね~
花粉症は悔しいね。
また食べたくなってきたなぁ。

ミットゥンさん

こんばんは。
検定1級残念でした。もっとも全部読んでなかったので当然ですよね。
しばらくぶりに食べましたがココナッツって風味いいですよね。
食感も面白いので好きです。

花粉症はあと少しの辛抱です。
今年は杉花粉の方は良かったのですがヒノキはダメでした。

私も治ってからまたつくりますよ。

NoTitle

お久しぶりです。
このお菓子、フランスでもよく見ます^^
サロン・ド・テですごく美味しいのに出会い、一度真似して作ってみたのですが、理想的には出来ず・・・。
でもポメマルさんのを見て、またチャレンジしようかなという気になりました!

ココナッツ

作られたのですねー。これもまた美味しそうで、また食べたくなってしまいました♪
お母様から引き継がれたレシピを持ってられるなんて、素敵なことですね。
お母様も色々作られるのがお好きな方だったので、それも引き継がれたのだと思いました。

子供の頃、母が持っていたお菓子や料理の本に、バーバラ寺岡さんの本がありました。写真がとってもきれいで、毎晩見とれていたのを覚えています。

ポプラさん

このお菓子はフランスのものだったのですね。
アマンドプードルのマカロン・パリジャンはフランスのものと分かりますがココナッツもあったんですね。

サロン・ド・テのココナッツマカロン是非再現して下さい。

sawatanさん

いわゆるマカロン・パリジャンよりもずっと簡単でしたよ。
イタリアの方の本で同じ様な作り方でカシューナッツもあるようです。
フランス、イタリア、ベルギーいったいどこのお菓子なんでしょうね。
私はなんでも大ざっぱですが母は丁寧に作る人でした。

あの後ボロボロになったバーバラさんのお菓子の本が見つかりました。カラーのページは半分くらいなくなってました。もしかして同じ本かしら?カラーページはきれいでしたね。
そこでマカロンのレシピがあったのですが母の本のとはちょっと違いました。
バーバラさんのはコンデンスミルクを使ってました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。