スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のゴーヤでいろいろ

008.jpg

これは黄花コスモスでしょうか?秋のコスモスとはちょっと違うのかもしれません。

せっかく秋らしくなったとおもいましたが、ここにきて残暑が厳しいです。

ベランダの緑のカーテンもそろそろお終いに近いようです。
ヘチマは花はたくさん咲きましたがひとつも実らずがっかり。
ナーベラー料理は出来なかったです。

雲南百薬は蔓を伸ばし放題で真ん中においたものだからネットの中央が重みで下がってしまい、先日の台風のときは窓の近くまでなびいて大変でした。
楽子さんが葉を食べてみたいというので家のはあいにく大きい葉をとったあとで少ししかなくてお散歩コースのお宅に同じ雲南百薬を育ててる方がいるので葉を分けてもらいました。
「いくらでも持って行って」と。「どんどん増えるから邪魔」だと。
この葉食べられると教えてあげたら百薬なんていう名前だからそうだろうと思ったと言ってました。
楽子さんは茹でると粘りが出てくるのでかなりお好きとのこと。

緑のカーテンの主役のゴーヤちゃん。
人によっては100本も収穫して困ったとか。
植えたのが少し遅かったからか栄養が不足なのかわかりませんが雌花がなかなか見られず実になったのは15本くらいです。それもミニゴーヤなので大きくはないです。
実になっても収穫時期を見極めるのが難しいです。少し行き過ぎると完熟で黄色くなったり、その一歩手前緑色でも切ると種が真っ赤だったりです。

そういえば先日ゴーヤのつるにこんなものが止まってました。
RIMG0050_20110910151708.jpg
カマキリですが孵化したばかりなのでしょうか?体が緑ではなく薄い黄色です。さかさまにくっついてました。


数少ないですがいろいろ作ってみました。

定番のゴーヤチャンプルーはもちろんです。

参考にさせていただいたのは昨年60本以上もなっていろいろなゴーヤ料理に明け暮れたsawatanさんのブログです。

ゴーヤ豚うどん
塩豚をつくりゆで豚にしてそのスープをつかっての豚ゴーヤうどん。豚の旨みが効いておいしかったです。

ネギはちょうどきれてしまったのでベランダで伸びてる九条ネギを使いました。
塩ゴーヤ
このゴーヤは塩をして塩ゴーヤにしたものを使ってます。
塩ゴーヤはどこかで見かけたもの。


go-yamennti.jpg
ゴーヤメンチも作ってみたかったもの。
とんかつのさぼてんでもゴーヤメンチなるものがあるようです。(駅中にサボテンのお店があったのですが最近撤退してしまいました)
ここのはゴーヤをコーン粒くらいに小さくカットして入ってるようですがsawatanさんは縦半分にカットしてそこにメンチ種を詰めて揚げたもの。お肉屋さんで揚げてもらったのでラードで揚げてあるのでゴーヤの苦味とラードで甘さがありおいしいとのことでした。
家は無理なのでいつものオリーブオイルで揚げました。
多少苦味はありますが思ったよりずっと食べやすいです。
普通のメンチカツに飽きたらやってみてください。

ゴーヤとコーンのサラダ
ゴーヤを塩して苦味を抜き、ツナとマヨネーズで和えたサラダは食べやすいです。茹でたコーンも入れてみました。

ゴーヤの葉のてんぷら
新聞でゴーヤの葉も食べられると書いてあったので葉を摘んで天ぷらにしてみました。
葉は苦味がないのかと思いましたがこれ苦いです。
左は雲南百薬ですが肉厚なので衣がはがれやすいので粉をまぶしてから衣をつけてみました。

まだありますよ~~。
ゴーヤ摘み上げ
先日たまたまみていた朝番組で館野鏡子さんがゴーヤの苦味をとるのに塩だけだと塩辛くなり洗わないといけないのでお砂糖も一緒にまぶしておくといいとのこと。
確かにお砂糖も浸透圧で水が抜けます。
ゴーヤに塩、砂糖をしてしばらくおき水気を絞って下味をつけた豚肉に衣を入れてしっかり混ぜ合わせてつまみながら油に落として5分間ほどしっかり揚げるというつまみ揚げです。
これは本当にゴーヤの苦味があまり感じなくておいしいです。
結局揚げ物が多いですね。


017.jpg
そして最後に(まだできるのかしら?)かもしれないゴーヤで佃煮を作ってみました。
色は茶褐色になってしまってあまりおいしそうではないです。
苦味は結構残ってますね。
でも濃い味で煮絡めてあるので日持ちするのでご飯のお友にいいですよ。

kuzaemonさんがゴーヤのジュースを作ってました。
ゴーヤ大好きなのでハチミツも加えずおいしいと。
どんな味のかちょっと気にかかります。
kuzaemonのところのコーギーのクゥさんはゴーヤのジュースをおいしそうに飲んでました。
うちのハンナもゴーヤは大好きなんですよ。
パクパク食べちゃいます。ワンコの舌は苦味を感じないのかしらね。


ジュースは来年のお楽しみにとっておこうっと。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

へぇ~@@

ゴーヤうどん @@?  こりゃ凄いです!
サラダは私も 初心者の頃に教わって今でも作ってますよっ♪私はさらしたたまねぎも入れます^^
葉っぱの天ぷら♪ これって私後のみだわぁ!
是非作ってみないと @@v  
天ぷらにすると何でもおんなじ味になって終いがちだけど
ヨモギはその香りが独特で好きです! 
なので絶対にゴーヤもはまると思います
豚肉は苦手なので 我が家ではウインナーと色んなある野菜で掻き揚げにしてます
これは きっと初心者向きですよねっ♪
苦さをあまり感じませんもんね! 
あっ 多分クゥはそのままじゃ食べないと思います@@
ハンナちゃん凄すぎ @@v

クゥママさん

原因がわかってよかったですね。
これからも無理しないでくださいね。
ゴーヤに塩苦味も減っていいですよ。
葉っぱは見た目よりも苦いですがクゥママさんなら大丈夫かな。
苦いのが大丈夫な人にとっては変に苦味をとると物足りないでしょうね。
ハンナもそのままでは食べませんよ。
チャンプルーにしたり、人間が食べるように調理したものを味を洗ってです。
たぶん肉や卵の味が残ってたりするので食べるんでしょう。

ゴーヤ色々!

わあ、色々作られましたね!
昨年のゴーヤ料理色々覚えていて下さったんですね。
実は昨年4株の苗から採れたゴーヤは129本だったんですよ!
来る日も来る日もゴーヤで、体がイボイボになりそうでしたもの。
でもあの暑さを乗り越えられたのは、ゴーヤのおかげだったかなあ。

本当に色々の料理を試しましたが、一番美味しいと思ったのは、
ゴーヤ味噌チャンプルなんです。
豚肉とゴーヤと厚揚げ(豆腐)と卵を、味噌と砂糖で味付けする
もので、今年はそればっかり食べてます。今度載せますね。

あと薄くスライスして、帆立とマヨネーズと和えたのもかなり
グーでした!

メンチゴーヤも覚えていて作ってくださったなんて、
すごい記憶力です!肉汁の甘味とゴーヤの苦味がなかなかの
組み合わせでしたよね。

今年は、大分黄色い爆弾にしてしまいましたが、
明日あたり、巨大なのを数本黄色くなる前に収穫しなくっちゃ!

sawatanさん

もうお終いかなと思ったらまだ小さいのが5本もできてました。
すごい129本だったんですか?
体中ゴーヤ臭くなりそう(笑)
きっと苗がよかったんでしょうね。
我が家でこんなになったらこまってしまうわ。
ゴーヤメンチはおいしかったです。
ゴーヤに関してはsawatan先生を見らないますよ。

そうそう味噌ゴーヤチャンプルーもおいしそうと思ってました。最後になるかもしれない5本はぜひ味噌ゴーヤチャンプルーにして食べますね。
終わったらネットから外すのが一苦労ですね。

なんと美しい

コスモスのお花の写真がものすごく美しいですね。
秋が本気で待ち遠しいです。

ゴーヤは思っている以上に食べ方がいっぱいあるものなのですね。
私もゴーヤのメンチカツはぜひとも一度味わってみたいな、作ってみたいなと思うメニューの1つです。
でもその割には今年はゴーヤを買っていなかったような気もします。今から駆け込み需要!

ハナトモさん

まだ暑いですね。
普通のピンクのコスモスも咲いてきてますね。
暑いといっても確実に秋は来てますね。

ゴーヤのレシピはsawatanさんがたくさん載せてくださったので参考にさせていただきました。

ゴーヤメンチはおいしいですよ。ぜひ一度お試しくださいね。

NoTitle

苦み取りに砂糖と塩を両方ふるんですか!
サバを〆るときと似てますね。
このつまみ揚げ、是非食べてみたいけれどこちらはゴーヤがなかなか手に入らないのですよ。
残念だなぁ…でも美味しそう(涙)

サスピさん

この方法を教えてくれた方は塩だけだと塩辛くなって洗わないといけないので同じ浸透力のあるお砂糖も使うとのことです。
〆鯖もお砂糖を使うというのは聞いたことあります。

ゴーヤはそちらにはないですか?
種を撒いてもたくさんなりそうですよ。
種は持ち込めないかな。

もし大丈夫ならスペインでもグリーンカーテンができて涼しいとおもいます。





コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。