スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋色のフランス⑤-2 パリ市内→ルーブル美術館→セーヌ川クルーズ

IMGP042c1.jpg IMGP0424.jpg

ヴェルサイユ宮殿を後にしてパリ市内に戻ります。
次にバスが止まったところはシャイヨー宮前の広場。ここからエッフェル塔が真ん前に見えます。
東京タワーよりもどっしりと安定した姿にみえます。
この広場にはツタンカーメンの格好をして立ってるやこういう人も(上の写真の右)。
動かないモデルですが一緒に撮影はOKのようです(もちろん有料)。
page5.jpg

パリ市内は車窓見物です。シャンゼリゼにはマカロンの有名店ラ・デュレ、ピエール・エルメの前も通過しただけ・・・・
下右はオペラ座です。

コンコルド広場を回りほどなく行ったのはレストラン。
page_20111216010752.jpg
今日のランチは赤いチェックがかわいいお店。キッシュ、サーモンのグリル、チョコレートフォンダンっぽいもの。
キッシュは大きく焼いたものをカットしたものでしたが結構おいしかったです。サーモンはあまり脂がなくパサついた感じでいまいち。チョコフォンダンは濃厚でした。
パリに4連泊もするのになぜかゆっくり散歩ができなかったんです。
この後はルーブル美術館ですがその前に免税店に。

私は食品を探したいのでスーパーとかデパートの方がいいです。
近くのスーパーを教えてもらいTさんとKさんの三人で行ってみました。
page2.jpg
行く途中でこんな車を発見。近くで結婚式をやってるんでしょうね。
花で飾った車はみたことありますがボンネットにこんなかわいいお人形が飾られてます。

教えられてもらった場所はスーパーにはみえません。あまり時間ないので免税店で買い物することにして戻りました。
後で聞いたら地下に食料品が売ってたらしいです。
あちこちでお土産を選ぶことができそうにないので適当に選んでみました。
免税店はパスポートを出すのも体に巻きつけてるので一苦労。免税店は面倒できらいだなぁ。
なんとかお土産を買い、ルーブルへ。
地下駐車場の大きいこと。そして人がなんと多いのでしょう。
まず入っていくとこれが美術館?と思うほど。いろんなお店がありなんだか駅みたい。
sakasapiramido.jpg
逆さピラミッドが見えました。すごい人なので館内で迷子になったときは集合時間にここに来ることと言われました。
地上のピラミッド
ここをすぎると地上がガラスのピラミッドで中央の入り口にもなってる広場がありここから入館です。

ルーブル美術館もご存じの方が多いと思うし、あまりにも展示物が多いので代表的なものだけにします。
彫刻では1階のミロのヴィーナス。
360度で見られるのでいろんな角度から撮ってみました。どこから見てもきれいですね。
page3_20111216012558.jpg

二階への階段にはサモトラケのニケ。
IMGP0507.jpg
ギリシャのサモトラケ島で発見された「勝利の女神」です。
大きな翼を広げ風にふかれた服のドレープがすばらしいです。顔がないだけにどんな顔の女神だったのか想像してしまいます。

そしておなじみのモナリザ。
IMGP0522.jpg
あれ!こんなに小さかったかしら?
先日美術番組で本来の色でかかれたモナリザをやってましたが鮮やかで全く雰囲気が違いました。
くすんでるけどこちらの方が神秘的でいいです。

IMGP0002_20111216013626.jpg
そしてヴェルサイユ宮殿にあった「ナポレオン1世の戴冠式」の絵。
まったく同じものが描かれてますがルーブルにあるのが一作目でヴェエサイユ宮殿のものは複製。
当時の画壇においては、複製の作品は元の作品とはどこか一ヶ所以上を変えて描かなければならないという決まりがありました。
IMGP0406.jpg
画面左側に描かれている女性のうち、向かって左から二番目の女性の服がルーブルでは白ですがヴェルサイユのはピンクになってます。
この女性はナポレオンの妹「ポーリーヌ」だそう。

ガイドさんはパリ在住20年という日本人女性でしたがよくこれだけ覚えているというくらい素晴らしいガイドでした。
ルーブルでガイドさんとお別れして次はセーヌ川クルーズです。
IMGP0035.jpg
アルマ橋から出るバトー・ムッシュに乗ります。
乗船は5時で約70分の乗船です。
夕方なので寒そうですがよく見えるように二階席に座りました。
クルーズ船もいろいろな会社があるようです。それぞれに船の大きさや回遊が違うらしいです。
私達の乗った船は老舗なんですって。
墨田川下りのようにいろんな形の橋を期待してましたがそこまではいかないよう。
page4.jpg
まず出てきたのはアレクサンドル3世橋。
次の橋には手すりが複雑な模様になってるように見えましたがなんとこれが錠前がたくさんついてました。
日本のおみくじを木に結び付けるのと同じでしょう。
両側に見どころが出てきて忙しいです。
そして国民議会になってるブルボン宮。コンコルド広場のオベリスク。オランジュリー美術館、オルセー美術館、見てきたばかりのルーブル美術館。シテ島のノートルダム寺院。サンルイ島をぐるっとまわりUターン。このあたりからたそがれ時になってきました。
この船は両側にライトを備えてるのでたてものがライトアップされてみることができます。
RIMG0723_20111216022021.jpg
エッフェル塔もライトが付きました。
乗船場を過ぎエッフェル塔の前でUターンですがちょうど6時になりエッフェル塔が数分間シャラシャラと全体がきらめきます。
これは前日の帰り道にちいさいですが点滅してるのが見えました。
目の前で見られるのはラッキーです。
これはカメラでは撮れないのであわてて動画にしました。上のほうしかみることができなかったです。
[広告] VPS

さあお夕食です。
この日はエスカルゴのお店に。
page6.jpg
エスカルゴおいしかったです。ローストポーク、シュー・ア・ラ・クレームでした。

少し早めにホテルに着いたので私たちの広い部屋に集まって少しだけおしゃべりしました。

いよいよ明日は最後の日程です。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

NoTitle

フランス♪  いいですよねぇ^^
モナリザは厳戒態勢の中に包まれてました@@
後 教科書で見たシルクハットの男の人が軍を率いてる絵! でかくてびっくりした記憶が・・・・
バトー・ムッシュのディナーもしましたよぉ♪
帰ってからTVで、中でアコーディオン引いてた叔父さんが写ってるのを見て興奮してしまいました^^
写真の1枚1枚  とても懐かしいです
又行きたいなぁ・・・・
エスカルゴ。  こうやって殻ごと出てくるとこれはツブ貝ですよねぇ@@
全然不気味じゃなく 美味しく頂きました^^


kuuzaemonnさん

お返事がすっかり遅くなってごめんなさいね。
モナリザは厳戒態勢でななかったですが人が多かったです。
ルーブルにあるとこんなに小さかった?っけでした。
いいなぁ船でお食事だったのですか?
1時間くらいでお食事しながらだと両側の風景を見ながらだとちょっと忙しいですね。
エスカルゴはつぶ貝のようです。
あの器具で抑えてフォークでだしますが滑ってやりにくいですね。
先日解散式をしましたがその時はエスカルゴはココットになってました。
殻のままがいいですよ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。