スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ウド

RIMG1187.jpg
東京うどはご覧のとおりの長いうどです。
記憶はあまり定かでないですが子供の頃覚えてるうどはこういう長いうどでした。
今よく見かけるのは葉が緑で香りのつよい短い山うどです。

東京うどは軟化されたうどで東京の立川周辺が産地だそうです。
うどの大木という言葉がありますが山うどからみるとまさに大木です。

こういう長いうどが東京の多摩地区で採れるとはニュースなどで知ってました。
それも地下壕のようなところで太陽の光をさえぎって軟化されて生育されるということも。

義母のいる施設に行く五日市街道沿いに東京うどの幟を発見したのは暮れも押し迫った頃。
行きに幟を見かけましたが帰りにどのあたりだったかわからなくなり幟を見つけた時は遅しで通り過ぎてました。

先日の日曜日に行った時はしっかり場所を覚えておきました。
日曜日で売ってるのかしら?と思ってみたら「今日あります」という文字が見えました。
薬局の裏の農家のようです。
農家の入り口には野菜を置いてお金をいれて持っていく棚がありました。
うどは箱だけです。

どなたかいないかしらと声をかけたら庭の方から声が聞こえました。
「うどありますか?」と聞いたら庭にある穴から男性が出てきました。フワッとうどの香りがします。
覗いたらうどが束ねられてるのが見えます。
テレビでみたのと同じです。

土間についていくと出荷する準備でうどが山積みです。
「短めと長めどっちがいい?」と聞くので「なんでもいいです」
適当に2本新聞紙に包んでくれて300円ですって。
新鮮でいてこの値段はヤッター。

いつまで採れますかと聞いたら収穫は4月半ば頃までだそうです。いつも出てるわけではないようで本日ありますというのを見てくださいと。

うどの食べ方のパンフレットが入ってました。
国分寺うどと書かれてます。(このあたりは国分寺のはずれです)
立川、国分寺が産地になってるようです。

うどの食べ方というと酢の物とかぬたが一番思いつきます。
パンフレットには天ぷら、味噌汁、サラダ、きんぴら、卵とじ、混ぜご飯、生春巻きなどもありました。

RIMG1184.jpg
まずは皮を厚めに剥き酢水に放ち、わかめとぬたにしてみました。
酢水につけすぎたのかもしれませんが山うどよりも香りも味も薄いです。
癖がないという方がいいでしょう。
ぬたというのは普通は酢味噌和えですね。これあまり食べたくなかったのでアレンジしてみました。
お味噌に砂糖を加え酢で伸ばし、柚子胡椒を加えてマヨネーズを少々入れてみました。
タコやまぐろがあるとよかったのですがシンプルにわかめとだけ。さっぱりとしててこくもありおいしかったです。

RIMG1195.jpg
沢煮椀をつくって見ました。
沢煮椀とはきれいな沢の流れてる様とのことです。
昔習ったのは豚肉の脂身をゆでて細切りにしてごぼう、にんじん、タケノコ、ネギ、シイタケ、ウドなどの千切りをお吸い物にしたものでした。
今回はウドを主役にしてウドと人参と三つ葉に豚肉でなく鶏の胸肉を細く千切りにして塩をしておいたものをいれてみました。これはこれでさっぱりとウドの触感と香りがいいお吸い物になりました。


RIMG1227_20120203234841.jpg
これはうどの甘酢漬けです。
これは栗原はるみさんのレシピから。
シャキ感が心地よいです。

RIMG1228_20120203234849.jpg
剥いた皮はきんぴらと細切りにしてさっとゆでて胡麻和えです。

RIMG1225.jpg

お昼にラーメンをつくりましたがチャーシューとメンマにこの茹でたウドの皮をのせてウドラーメン。
ウドの香りが以外とあいました。

他のレシピも試してみたいと思いましたがなくなってしまいました。
こんどまた買ってきたら試してみます。


ウドは早春の香りと味がします。
今年は寒くてもう2月になったというのに早咲きの梅もまだ開花してませんね。
雪国は大雪で大変な毎日のようです。
でも今日は立春。
早く春が来ますように。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

おはようございます

うど! って10年位前に近所の八百屋さん(?)で見かけて珍しくて買った事ありますが・・・・
あれが人生最初で最後の『うど』でした ^^;
『うどの大木』ってことわざは良く聞きますけどねぇ^^
きんぴらにして食べた記憶がかすかに・・・・

↓ 小林カツヨさんはくも膜下出血かなんかの病気で今は休んでおれれるみたいですよ
息子さんのケンタロウさんもこの前大きな事故で怪我されましたよね  ><;
このカツ! 細切れとたまねぎのスライスをどうやってまとめるんでしょう @@?


No title

そうそう、ウドって東京で作られているんですよね~。
ここ名古屋ではまぁ普通に見かけるけど、関西なんかだと東京あたりよりはメジャーではない扱いのものでしたよ。
ウドの大木の言葉は、やっぱりこの東京ウドから来ているのでしょうね。
山ウドはもっと短いものね。
ウドのあの香りとシャキシャキ感は大好き♪
皮のきんぴらが特に好きで、皮ばっかり売ってたらいいのに~といつも思います。(^^ゞ

kuuzaemonnさん

人生最初で最後ですか?
山ウドの葉は天麩羅にすると美味しいんですよ。
この東京ウドは日光を遮断して生育するので香りが山ウドより柔らかです。
このシャキシャキ感いいんですけどね。
やはりご病気なんですね。まだお若いのにね。
ケンタロウさんバイク事故でびっくりしました。命に別状なくてよかったです。
下のカツのつなぎは卵と小麦粉です。やってみてください。

楽ちゃん

山ウドと違って地下の穴で育てられてるのを初めて見ました。
関西あたりではあまり見かけないものなのね。
触感と香りは早春のものです。
きんぴら用に皮ばかりね~~。
そりゃちと難しいわね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。