スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケテレツのオッパッパ

RIMG1219_20120203230434.jpg
不思議な名前の料理を見つけました。

最近は息子のケンタロウさんが活躍されててご本人を見かけることがないのですが(ご病気?)元気な料理研究家の小林カツ代さんがかなり昔の「今日の料理」のエッセイにあるものです。

秋山祐徳太子氏のお母様の千代さんから教えていただいたお料理だそうです。
秋山祐徳太子氏は現代美術家。本名は秋山 祐徳(あきやま ゆうとく)で、雅号は聖徳太子をもじって付けた。70年代の東京都知事選挙への出馬でも知られる方です。

2004年2月号のテキストには千代さんは91才とあります。
料理研究家でいろんなお料理をご存じの小林カツ代さんも初めてものだったそうです。
この愉快なネーミングのお料理は千代さんが小さい頃お料理上手の叔母様が作ってくれたもので「これなんていうの?」と聞いたら「テケレツのオッパッパ」と教えてくれたのだとか。

おもしろそうなので真似して作ってみました。

豚こま切れ肉に玉ねぎのスライスを合わせ塩コショウして小麦粉を振り入れ卵をかき混ぜてパン粉に落とし平べったく伸ばしたものを油で揚げた簡単なもの。

ケテレツはカツレツのようです。
オッパッパはなんでしょうね。パパっとできるからかしら??

薄くして揚げてるのでカリッとしてて玉ねぎの甘味とでおいしいです。
カツ代さんはウスターソースで食べるとのことでしたがケチャップとウスターソースを合わせたもので食べてみました。
こま切れ肉でOKでお財布にやさしいおかずです。
昭和の下町の味とでもいうのでしょう。

分量を記しておきます。
豚こま切れ肉  150g
たまねぎ    1/2個(薄切り)
塩、こしょう
卵       1個
小麦粉     大匙4~5
パン粉
揚げ油
ウスターソース 

ビールのおつまみにもよさそうです。一度お試しください。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。