スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な室内履き

RIMG1259.jpg
前日の暖かさはどこに・・・
またまた寒い一日でした。
せっかくひらいたお花もかわいそう。


名古屋の楽子さんから上のようなすてきなプレゼントが届きました。

編み物お得意な楽子さん。

かわいい室内履きと名古屋のおいしいものとブログで見て作ろうとおもっていたリンゴのモスタルダが届きました。

お手紙には時期がずれてるけどと書かれてましたが今年はまだまだ寒いです。
寒さが戻った今日、早速履いてみました。

ブログをみるとこのサボ(というらしい)は楽子さんは4足も編んでました。
オレンジの糸にグレーの糸を絡めて編んであるのが色合い的には私が一番好きなもの。

RIMG1293.jpg
コロンとした形がなんともかわいいです。サボという名前がぴったり。
見た目大きいかなと思いましたが履くと若干大きいけど足首まであるので大丈夫です。
RIMG1260_20120226014059.jpg
こちらは横から見たもの。

手編みって暖かいですね。


RIMG1294.jpg
こちらは同じ頃患者さんからいただいた靴下です。

これは見た目がかなり小さくて入るのかな??でした。
伸びるのでこちらも大丈夫でした。
RIMG1295.jpg

ご年配の患者さんですが手芸がお好きで姉妹でいろんな手芸品を作っては持ってきてくださいます。
この靴下は娘さんが被災地に送るので作ってと言われて30足ほど編んで喜ばれたとのこと。

編み物ができる方っていいですね。


私はタティングレースはできますが普通のレース編みとか編み針でのものは苦手なんです。

この二つの作品を見ると楽子さんのはさすがに感覚が若いですね。
いろいろな編み物の作品を載せてらっしゃいますがどれも素敵な作品ばかりです。
感化されて昨年の夏は私も麻糸でバッグを作ったっけ。

お二人ともありがとうございました。

味噌煮込みうどんの素としそ味噌は名古屋の味を楽しみます。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

わーい♪記事にしていただきありがとうございます。
なんだかポメさんの記事で名古屋の食べ物見ると不思議な気が…。(^^ゞ
感覚が若いと言っていただくにはあまり若くない年齢ですが、まぁ気持ちだけでも若く、若く。(笑)
それにしても患者さんからもこんなに素敵なプレゼントいただけるなんてポメさん人気者ね♪
棒針でしっかり編まれていて時間もかかるでしょうに、何十足も被災地の方に編まれたなんて、ホントに素晴らしい。
二つあればとっかえひっかえ履けるので、春まで足元温めて乗り切ってくださいませ。

楽ちゃん

このところまた寒さが戻ってきてるので本当にあったかくていいわ。
何言ってるんですか。まだ若いですよ。
患者さんもいろんなものを作ってくださる方がいるんですよ。
フクロウのお人形やらはり絵、ちぎり絵など素晴らしい作品もあります。
待合室にいろいろ飾ってギャラリーにしようかなと思ってます。
私の竹細工も将来飾ってもらえるかな。
TBありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニットのサボ

みなさま、「シャランテーズ(Charentaise)」と言うフランスの室内履きをご存知でしょうか。 実は私も昨日の新聞コラムで知ったばかりなんですが、フランス南西部のポワトゥー・シャラント地方でフェルトを再生利用して作った、サボの中に履く柔らかい靴が起源の、伝統?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。