スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のお味噌仕込みました。

RIMG1406.jpg
少し出足が遅いですが今年のお味噌の仕込みが終わりました。

昨年は五月になってから仕込みましたがやはり寒のうちにと思いつつも三月になってしまいました。
例年は一月の終わりから二月になってからなので昨年の時期の中間になります。
今年はずっと寒いので三月でも寒仕込みになるかなと思ってましたが今日はなんと春を思わせる暖かさでした。
これでは寒仕込みとは言えないです。

二人のお友達にお味噌を差し上げたらお味噌に興味を持ってくださり仕込んでみたいというので材料を一緒に注文しました。
RIMG1415.jpg
今回はいつも頼んでるこしひかりの麹です。
電話をしたらAさんもこれから作るので頼むところだったというのでグッドタイミングでした。
注文してから麹をつくるので三月になってしまうとのこと。
大豆は一緒に注文してくれるので塩の準備をしないといけません。
今年はヨネマースをつかってみましょう。
お二人さんの分もなので沖縄のrikashopさんに注文しなければともたもたしてたら塩が来る前に大豆と麹が届いてしまいました。
楽子さんからいただいたヨネマースが間に合いそうなのでこれを使いって先に仕込みます。
と思ったら容器の消毒などに使うパストリーゼ77が使い終わってしまったので慌てて夜注文。

今までに何度かお味噌の記事のせてますがプロセスは載せてませんでした。
お二人にはレシピは渡しましたが画像があった方がわかりやすいと思うので今回は画像を載せてみます。
参考にしてください。

大豆は水に漬けてもどします。

翌日夜大豆を煮始めます。
初日は三時間ほど煮て火をとめ翌日再び煮込みました。

今日はとても温かい日でしたが仕事から帰ったらパストリーゼ77が届いてたので豆を温めて さぁ!お味噌を仕込みましょう。楽天のあす楽で頼んだら早くて助かります。
味噌用の容器、大きなボール、洗い桶、ミンサーなど使う道具をパストリーゼ77で消毒します。

misoA.jpg
①まずは大きなボールに塩と麹をよく混ぜて塩切りしておきます。
②煮た大豆をミンサーで挽きます。
③よく煮えてるので楽に挽けます。
④洗い桶いっぱいになりました。
⑤ここに塩切りした麹を混ぜ込みます。
⑥固かったら茹で汁を加えてよく混ぜます。

misoB.jpg
①直径10㎝くらいのボールに空気をぬくように丸めて味噌玉をつくります。
②できた味噌玉。
③容器(タッパーウェアのマキシデコレータを使用)に空気が入らないように味噌玉を投げ入れます。
④そこに一並べしたら平らにならします。
⑤これを繰り返して全部の味噌玉を入れます。
⑥上に塩を振り赤唐辛子をのせラップで覆い蓋をして完成。

RIMG1430.jpg
今年はこの分量でした。

お二人さんもおいしいお味噌ができますように。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

私も!

やっと昨日お味噌仕込み終わったところです。
だから今日は放心状態…。(^^ゞ
なんだか年々腰が重くなり、仕込むのが遅くなっていくような…。
わぁ~今年はヨネマースなのですね♪
我が家も同じなので似たようなお味のお味噌になるでしょーか。
今年はなんだか豆がなかなか煮えなくていつもより多めの時間火にかけていたような気がします。
これだけ写真満載であれば、お友達も悩むことなく作れますね♪
みんなおいしくなりますように!

楽ちゃん

楽ちゃんも昨日仕込んだのね。
私も仕込み終わってホッとしてます。
同じ日に仕込んだので環境が違うとどんな味になるのかな?
お塩も今年はヨネマースです。塩によっても味は違うものね。
わかるわ~~。年々遅くなってきてますよ。でも今年は昨年より早いのだ~~(笑)
今まで過程の写真があるかと思ったらなくて今回は手を大豆だらけにしてなんとか撮りました。
なかなか文章だけでは理解しにくくなってきますものね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。