スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひつ

RIMG0215.jpg
おひつを購入しました。

以前からおひつもいいなと思ってましたがなかなか決断できませんでした。

炊飯器で炊いたまま保温されていることが多かったのですが(今のお釜は保温しておいても黄変しないです)夫が一番電気を食うというのでおひつを再考してみることに。

買うとなるとどのおひつがいいでしょう。木、セラミック、陶器といろいろあります。
昔ながらのおひつもいいですがバカデカイイメージがありますね。
木のお弁当箱でごはんが冷めてもおいしいのはわかってます。

私のお弁当箱は秋田の曲げわっぱではなく木曽の曲げわっぱです。木曽なので素材は檜なのかも。
漆が塗ってあるので洗いやすくお値段もかなり買いやすいものですが冬でもお弁当のごはんは美味しいです。

おひつもありますがどうせなら杉の曲げわっぱが欲しいですね。
秋田の曲げわっぱはとても高価です3合用で36000円~42000円もします。
う~~ん 清水の舞台から飛び降りるつもりで買ってしまうか・・・・・

ある方のブログをみると秋田の曲げわっぱのおひつに入れたごはんは本当に美味しいと。
そして曲げわっぱの制作者の方のお話をみると食品を入れるには檜、楢は香りがあわないととも。

となるとどうしても杉ですよね。

曲げわっぱ少しでも安いものはないかと探したらこんなのにぶつかりました。

RIMG0217.jpg
博多曲げわっぱです。正式には博多曲物です。
博多にも曲げわっぱの職人さんがいるんですって。
博多曲物といって昔は職人さんがたくさんいたらしいのですが現在はお二人しかいないんだそうです。
ちゃんと杉をつかって手作りされてます。
なのにお値段はとってもリーズナブルで秋田の1/3ほどの値段で買えます。

秋田のものと杉の部位が違うとか。
いくらいいものでもあまり高価だと使えません。秋田のものは諦めて博多のものを購入します。

お二人の職人さんですが同じ柴田さんといいます。
お一人は高齢の方でベテランの方。
もう一人は柴田玉樹さんといって女性の職人さん。
400年以上も続く柴田家18代目曲物師柴田玉樹さんです。
お兄様もいらっしゃいますが曲物を継がなかったので真理子さんが継いだそう。
YOU TUBEで主婦で母でもありながら職人として頑張ってらしゃるのを拝見してこちらから購入。
もう一軒の方がもう少し安かったのですが玉樹さんを応援させていいただきます。
小学生の息子さんが継承して欲しいものです。

そして届きました。
3合用ですが思ったよりもコンパクトです。秋田のものよりも背高のっぽなんです。
丁寧に作られててプンと杉の香りが漂います。
そしてとっても軽いです。
金属をつかってなく繋ぎ目は桜の皮で縫ってるのでレンジにもかけられますよ。

お値段は3合用で9000円でした。
今度はお弁当箱も欲しいのですがお弁当の出番は区役所行きの年に2か月間だけなのでどうしましょう。

追記
昨日ご飯を入れてみました。温かいうちはあまりよくわかりませんでしたが翌日のお昼勤務から帰って軽く温めて食べたらほんのりと杉の香りがしておいしかったですよ。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

曲げわっぱのおひつ、素敵!
私も欲しいです。
でもかさばるから持ってくるのが大変なんですよね。。。

サスピさん

こちらにもコメントありがとうございます。
このおひつコンパクトですよ。
荷物のかたすみに入れても場所とらないと思いますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

18:47鍵コメ様

わっぱでいらしてくださってありがとうございます。
私も九州で曲げわっぱがあるとはしりませんでしたで。
なにかないかとネットを探して東京のあるお店で扱ってるので知りました。そのお店にいけば実物はみられたのかもしれません。

注文はネットでできますよ。
秋田の曲げわっぱはもう少し厚みがあるようです。
でもお高いですよね。
九州の曲げわっぱも十分杉の香りがしますしごはんは余計な水分を取ってくれるので美味しいですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。