スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わらびでいろいろ

RIMG0185_20120611203414.jpg

みんなで採ったわらびをはじめ山菜と貴重な編み笠茸をいただいてきました。
この貴重な編み笠茸はドライにとザルにのせベランダに出しておいたら風が強くなりザルごとどこかに飛んでいってしまいました(涙)
よもぎはゆでて冷凍に。次回草餅にでもしましょうか。
RIMG0187.jpg
RIMG0188.jpg

まず山荘から帰った夕飯に作ったのはシンプルにお浸しと産直で買ってきた三つ葉とわらびをざく切りにしたものを煮たものを卵とじにしました。

わらびを少しご近所さんにおすそ分けして卵とじもおいしいと伝えたらわらびは油揚げと煮たりくらいだったけど卵とじ美味しかったと喜ばれました。

RIMG0237.jpg
生姜風味醤油漬けもいいですよ。
最初はわらびだけでしたが後でえのきだけをさっと茹でて加えました。
これは麺類にもよさそう。
RIMG0278.jpg
昨日は暑かったのでうどんを茹でて冷やしこの生姜醤油漬けと油揚げの甘辛煮があったのでうどんの上ののせてネギを散らしめんつゆをかけた冷やし山菜うどん。

RIMG0269.jpg
パスタにも入れました。
鶏胸肉とわらびと畑のホウレンソウをガーリック風味のソースで。

RIMG0242.jpg
夕飯の一品に開いた油揚げに鶏肉胸肉とわらびを巻きこみ信田煮にもしてみました。十分メインになります。

まだ何かないかなと探したらなんと山荘でご一緒だったカイエさんのレシピに遭遇。
RIMG0241.jpg
わらび豆腐です。
わらびをHPにかけてペーストにして葛粉で固めたもの。
ちょっと葛粉が足りなかったかも。かなり柔らか目に仕上がりました。
冷たくして冷たい出しとわさびを添えて風流ですね。
固い部分でもいいかなとHPにかけたので固い部分がしっかりと口にあたりますがこれはこれでいいです。
柔らかい部分でやったらもっとおいしいかも。
本物のわさびがあるともっとよかったのだけど・・・




昨年楽子さんがわらびの赤ワイン漬けが美味しいという記事を書かれてたのでこれは絶対やってみたいものの一つです。
この赤ワイン漬けは発案者がなんとロシア在住の越後屋さん。
それをアレンジしたのがスペイン在住のサスピさん。
わらびって日本的ですがなんと国際的なんでしょう。
越後屋さんによると元は日光のけっこう漬けというものらしいです。
けっこう漬けといっても漬物音痴の私にはどんなものかさっぱりわかりません。
検索してみました。
けっこう漬けとは「日光を見ずして結構と言うなかれ」からきた…

けっこう漬けとは「日光を見ずして結構と言うなかれ」からきたネーミング。
原料を塩漬し、さらに塩抜きした後に、たまり醤油に白ワインと日本酒、はちみつを加えたオリジナルのたれに繰り返し漬け込むことで、まろやかな味わいに。大根・きゅうり・なすと、シンプルなミックス素材の漬け物でありながら、日本中の数ある漬物をたずね歩き、研究を重ねた末にたどりついた独特の製法がおいしさの秘密。ごはんのおかずにも、酒肴としても最適。

漬け込むのは日光名物らっきょうや大根その他の野菜があるようです。

この白ワインを赤ワインにアレンジしたもののようです。

越後屋さんとサスピさんとは少し分量が違ってます。
楽子さんおすすめの越後屋さんのを試してみました。
塩漬けわらびを使ってるようなのでこのレシピ通りだと生わらびだと味が薄いと楽子さんから教えてもらったのでお醤油と塩を少し足しました。

赤ワインを吸い込んで赤黒くなったわらび。
なんとなくおしゃれなわらびになりました。

これをお寿司にいいみたいで早速私も真似してみました。
RIMG0346.jpg

具から作るつもりで準備していたのに時間がなくなり敢え無く市販のちらし寿司の素にご協力願いました。
道場六三郎さん監修のものなのでしょうか?
銀座ろくさん亭というちらし寿司の素。
この商品は初めて使いました。酢が別になってるのが決めて。ご飯に入れて混ぜるというちらし寿司の素はあまり好みでないのです。具も酢味になってしまってます。
たけのこ、ふき、にんじん、かんぴょう、こんにゃくetc。こだわりのすし酢使用。化学調味料無添加。
わらびは入ってません。筍は大き目で具材はたくさん入ってます。
わらびの濃い色がアクセントになります。
このちらし寿司の素はあまり甘味がなくすっきりした酸味が感じられて大人のちらし寿司という感じです。
RIMG0347_20120615000307.jpg
楽子さんは生わさびの千切りを混ぜてましたがないので定番の錦糸卵と三つ葉の軸です。

大事に食べてますがそろそろ底をついてきました。

わらび堪能させていただきました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

アミガサダケがザルごと飛ばされたで、大笑いしました。
家内も吹き出してました(笑)。
冒頭写真のたらの芽とウコギの間の名前の付いてないやつはコシアブラ。
わらびづくし、随分種類を作りましたねぇ!
旬のわらびって、ヌメリがありながらシャキシャキして、ほんとに最高♪

duckbillさん

お恥ずかしい!
せっかくの編み笠茸なのに悔しい。
ザルは出てきたのですが編み笠茸はどこにいったのか?
胞子を落としてどこかに出てくるといいんですが・・・
そうでしたコシアブラでしたね。
わらび冷凍もせず完食しました。
来年が待ち遠しいです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。