スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトコンソメ

RIMG0322.jpg

これってトマトコンソメ? トマトの出汁?

正式な名前は知りません。

ずっと以前TVの料理番組で日本料理老舗菊乃井の村田吉弘さんがトマト出汁という透明な汁でしたがトマトの味がするというものを紹介してて印象に残ってました。
たしかそうめんのお出しに使ってたと記憶してます。

先週山荘に行ったとき佐久のスーパーでミディトマトがおいしそうで一箱買ってきました。
そして帰りに相模原の市場の駅に寄ったらフルーツトマトが一箱安くなっててそれも購入。

そのあとトマトいっぱいなのにスーパーの見切り品コーナーに少し熟し気味の真っ赤なトマトを発見。
こういうのはケチャップを作るのにぴったり。ということで全部買占め(3個入りを11パックで約4.5kg)。
ケチャップが8瓶できました。

道草をあちこちで食ってたので少し柔らかくなってきてしまいました。

あのときみたトマトの透明な汁を作ってみましょう。

RIMG0312.jpg
皮を湯剥きしてハンディタイプミキサー(量がおおくないのでハンディタイプミキサーで十分)にかけてからガーゼを二重にして自然に汁がおちるのを一晩かけておきました。
ガーゼに入れてすぐ出てきた汁は赤いので別にしてこれはコーヒーのフィルターに入れて滴りおちらせました。

一晩滴り落ちたものは上のような淡いピンクの透明な汁です。
飲んでみたら凝縮したトマトそのものの味。

塩もなにも入れずにおいしいです。

このカップ一杯と半分ほど取れました。

RIMG0323.jpg
そしてこのガーゼの中の搾りかすもったいないです。

水を加えてストレーナーで濾したらピューレのよう。

お昼に畑のセロリと玉ねぎを炒め、ツナ缶を加え、トマトコンソメとピューレを白ワインを入れてセロリたっぷりのパスタソースに。(一つ前の記事に掲載)

RIMG0344.jpg

夕飯にトマトコンソメとこのピューレを使ってミートボールカレーを作りました。

豚ひき肉に玉ねぎとセロリの葉を刻んだものを加えミートボールに。
カレールーはクミンシードを炒め市販の炒め玉ねぎとトマトコンソメ、ピューレと水を加えて煮て市販のルーを使ってみました。
ミートボールは表面を焼いて加え、ニンジン、カボチャ、ズッキーニも入れました。
トマトのうまみがカレールーを美味しくしてると思います。

ご飯はサフランライスで。

村田さんのようにそうめんの汁としても使ってみます。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。