スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セロリ収穫

RIMG0279.jpg
畑のセロリに蕾がついてきたのでもう収穫かなと根元からカットしてきました。
ザルは梅干用のものですからかなりの大きさですよね。
緑が色濃いセロリです。

セロリを植えたのは4月のはじめの頃だったと思います。

最初の大きさはどんなだったかなと写真を見たのですがなぜか全く写ってません。
RIMG0197.jpg
大きくなった収穫直前の6月始めの頃の写真一枚だけ見つかりました。

回りの畑を見てもセロリを育ててる人はいませんね。

うまく育つの?とも

どうなるかなと思いつつ虫にも食われずスクスクと大きく育ちました。

初心者にとっては収穫時期がよくわかりません。
回りの枝からとっていくのでしょうが枝はあまり太くないのでそのままになってました。

中心の主枝は太くて市販のセロリの芯のような感じとも違います。
見た目はごつくてスジっぽいでしょ。
ちゃんと食べられるのかな?と不安にもなります。

RIMG0286.jpg
葉を落とし芯だけにしたものがこれ。
RIMG0287.jpg
輪切りにしたらギザギザでかわいい。
RIMG0288.jpg
この筋をしっかりとってななめに切ったらセロリとは思えませんが香りはしっかりセロリ。
思ったよりずっと柔らかくて瑞々しくておいしいです。

紀伊国屋のセロリには追いつきませんがそこら辺のスーパーのセロリよりずっとおいしい。
RIMG0292.jpg
この芯の部分を使ってイカとアスパラ、トマトと塩麹で炒め物にしました。
セロリというよりもブロッコリーの芯のように見えますね。


枝と葉っぱも使いたいです。
RIMG0328.jpg
つぼみも入れてしまいます。
RIMG0336.jpg
枝のスジを剥き葉とともに微塵切りにして玉ねぎと炒め、ツナ、トマトコンソメ、ピューレと煮込みセロリたっぷりのパスタソースに。
夫もセロリは大丈夫なのでたっぷり使えますがセロリ嫌いな人にはだめかな。

紀伊国屋のセロリは本当に美味しいんです。

普通のスーパーのものと栽培方法が違うのかわかりませんが紀伊国屋のものだと枝1本よりもたいていの人が数本の束や株のものを買ってます。

前にも書いたことがあるかもしれませんが家の息子たちはここのセロリを食べてから好きになりました。
セロリの切り口をみただけで紀伊国屋のものかがわかるほど。それほど瑞々しくて美味しいです。


セロリ一株でもうしばらく楽しめそうです。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。