スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館からとうもろこし

RIMG0266_20120909103354.jpg
函館の義姉から今年もとうもろこしが送られてきました。

今年の種類はなんでしょう。近年はたいてい二種類入れてくれます。
RIMG0267.jpg
黄色いのは未来コーン 白いのはホワイトショコラですって

未来という名前は知ってましたがホワイトショコラは初めてきく名前です。
白いとうもろこしができたと話題になったのはピュアホワイトでしたよね。
説明書によるとフルーティーな風味の新品種。
粒皮は柔らかく白粒で純白に近いのが特徴と書かれてます。

未来コーンは
イエロー系品種の代表格で柔らかさが特徴。
形状は細長く上品な黄色の粒が特徴。フルーツのような甘いスィートコーンと書かれてます。

とうもろこしも種類がたくさんありますね。年々新品種ができるようです。

はて?畑で栽培したのはなんというとうもろこしだったのでしょう?
苗にはとうもろこしとしか表記されてませんでした。
でもこのとうもろこし見栄えはあまりよくないけど柔らかさ、甘さは今まで食べたことない美味しさでした。
スーパーのとうもろこしを一度買ったのですがおいしくなくて食べたいけどやめとこうでスルーしてました。

採れたてに勝るものはないですが義姉から送られてきたのでこれはおいしくいただきたいです。

先日チラッとみてた番組でとうもろこし農家さんが萎びない茹で方を紹介してました。

とうもろこしって茹でたてはいいのですがしばらく経つと表面がしわしわになって固くなり美味しくなくなってきてしまいます。

農家さんは真水で茹でて塩水にとって粗熱を取るという方法でした。
これやってみます。

ゆで時間は3分とのことでしたが採れたてではないので5分ほど茹でて塩水へドボーン。

1時間ほどたったものがこちら。
RIMG0269_20120909103647.jpg

そして保存袋にいれて冷蔵庫で翌朝になったもの。
RIMG0280.jpg

たしかに萎んでないですよ。
絶対にお勧めです。

箱にとうきびの茹で方が載ってましたが皮一枚つけて塩水で茹でると書かれてますね。
皮を一枚残すことで萎びるのが少し抑えられるのでしょうがこの新しい方法の方がいいと思います。

粒もそろって見事なとうもろこしですが食べてみると柔らかさは採れたてでないので少し硬いのは仕方ないですね。

10本全部茹でてしまったのですが生で食べてみればよかったわ。

ひげはきれいだったので最近はやりのとうもろこし茶にでもしましょう。
RIMG0268.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。