スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白樺湖きのこの会 夜は居酒屋メニューで♪

RIMG0919.jpg
きのこの会の続きがそのままになってしまってました。
あっという間に一月以上も経ってしまいました。
記憶が薄れてますが・・・・素晴らしいお料理の数々をupしますね。

上のお花はcononさんのところで咲いたハワイの花プルメリアでとってもいい香りです。

きのこ狩りの後の夜は楽しいお食事会です。
今回のテーマは『居酒屋』
居酒屋とメールが来た時、はて居酒屋だとなんだろう?わらびさんのところは焼き鳥とおでんらしい。
私はあまり居酒屋はいかないのでメニューがよくわかりません。
夫にきいたら居酒屋と言ったらもつ煮だろうと。
私あまりもつ煮作らないから自信ないなぁと思ったらなんと夫が作ると言い出します。
へぇ!気が変わらないうちにお願いします。
楽子さんももつ煮と考えてたのですが手羽餃子に変更してくださいました。
山荘で作るにはちと時間かかりそうなので家で前日に作って行くそう。
はてどうやって持っていくか?去年miyakoさんが汁物をもってくると言って圧力鍋で持ってきたことがあるのであれでいきましょう。
圧力鍋なら蓋がぴったりしまって開かないので車で運んでも大丈夫でしょう。
問題はモツのいいのが近くのスーパーではないので横浜市の南部市場に買いにいきました。
牛もつはなくて豚もつで生がありました。生の豚もつは下処理したことないしちょい大変だなと思ってたら市場の人が煮たものがあると出してきてくれました。
醤油味で煮て冷凍になったものです。これなら野菜類を足してさらに味付けをすればいいとのこと。
前日の金曜日はマンドリンの練習で留守にしました。帰ったら圧力鍋いっぱいにもつ煮ができてました。
こんなに作ったの?まだ厚揚げが入ってないと。厚揚げは山荘で入れるそう。
夫のモツ煮はいいとして私は干し貝柱入り焼売とスモークサーモンとエビそぼろ(家でつくっておいた)の押しずしとフルーツみつ豆を作ります。いったい何屋なんだろう。

山荘のガスは二台で4口ありますが混まないうちに作れるものは作っておきます。朝から水に浸した寒天を煮てシロップも作り冷蔵庫へ。
干し椎茸と貝柱は前夜から水につけてあったので椎茸を甘辛に煮ます。
ご飯はduckbillさんが手捏ねすしを作るので一緒に炊いて酢飯を作ることに。

焼売は豚ひき肉に玉ねぎ、生姜、ほたてを入れて種をつくって皮に包み蒸すだけ。
Sさんが焼売の包むのをやりたいというので手伝ってもらいました。
焼売は蒸したてを食べたいので包んだものは冷蔵庫に。

玄関ホールでテーブルをだしてカイエさんがソーセージ作りに入ってます。
このソーセージ作りがとっても大変な作業です。
ソーセージ用の肉をひく道具も持ってきてます。
この器具は初めて見ます。デロンギの肉挽き器だそうです。
これで挽いてからフードプロセッサーに氷を入れながらかけるのですが肉がペースト状になるまでかなりの時間をかけます。最初のうち氷をフープロにかけたり挽いた肉をフープロに氷を入れながらなめらかなペーストになるまでかけますが温度が上がってはいけないとかで温度計で計りながらです。なかなかOKが出ないという手の込んだもの。このまま手伝いたかったのですが自分の作るものもあるのでビデオを撮ったのも中途半端になってしまいました。
カイエさんとIさんが悪戦苦闘して作ってました。

酢飯ができたので押しずしを4本作りました。本当は一度につくってしまうにはタッパーの大きい角型でと思ったのですがどこに入ったのか小さい角型しかみつかりませんでした。
しかたないのでかなり昔に買った押しずしの型の出番となりました。
うちの押しずしの型は周りの木の枠の方が厚いんです。みなさんに立派な道具だとおどろきのようでした。
duckbillさんは鰹を漬けにしてあったものを酢飯に混ぜ手捏ね寿司で大葉、錦糸卵をかざりきれい。

みつ豆は立派なガラス容器を見つけこれを使わせていただきます。寒天を切り、赤えんどう豆と缶詰のフルーツとキウイをカットし、Fujikaさんぶどうを入れてくれました。
冷やしておいた方がいいのでラップをして外に置いておきました。

さぁみなさんのお料理もできてきましたよ。
5時開店予定が少し遅れて開店。

ではみなさんのお料理をご覧ください。
warabi_20121109020747.jpg

わらび&ふみえさんはおでん屋さんです。このお鍋本格的ですごいでしょ。
このために用意してくださったものです。
大根は別鍋で煮えてます。
そしておでんのだしでカイエさんのソーセージヴァイルブルストもぷっくらと。

conon2.jpg
cononさんのお刺身盛り合わせ。
お刺身盛り合わせはカワハギとカワハギの肝が目につきます。
お刺身よりすごいのがこの舟がドーンと。
わ~!すごい!この舟はcononさんの手作りだと聞いてまたびっくり!!
duckbill.jpg
duckbillさんは
鰹の手捏ね寿司と砂肝のおつまみ、かきの燻製やいろいろな燻製。
いつもながら魚の裁きはすごいです。
ono.jpg
onoさんは韓国風宮廷料理です。
チャプチェは見た目よりもずっと手のこんだもの。ちゃんと作ると材料一種類づつ炒めてから全体を合わせるというものです。onoさんは材料にもこだわってトラジも入ってます。
もう一つこちらは串さしのもの。それにマコモタケのお料理を作られてました。
FUJIKA_20121112012805.jpg
Fujikaさんは栗をいれたロールケーキをお酒が入ったものと入らないものの二本です。
raku.jpg
楽子さんは手羽餃子。
手羽先を骨を抜いて肉あんを包みこんで揚げたもの。
これ前にも作ってくださいましたがとっても美味しいです。
肉あんが残ったので私の焼売の皮で包みあげたものも作ってくれました。
kaie.jpg
カイエさんは二種類の手作りソーセージ。白いソーセージはおでんの汁で温められました。
ソーセージというよりもはんぺんに近いふわふわの食感です。
もうひとつのソーセージはスパイシーなもの。
どちらも素晴らしくおいしいソーセージです。こんな手の込んだソーセージもう食べられないかもしれません。
s_20121112012943.jpg
Sさんはとっても大きなルクルーゼでじゃがいもとタラのスープとduckbillさんが手伝ったカルパッチョ。
Ijpg.jpg
Iさんは豚肉のお料理とてんぷらです。
豚肉はローラーポークのロティ。このお料理も手の込んだもので低温で火をとおしたものでした。とってもジューシーなお肉でした。
Iさんのご主人様がお料理がお好きなようでてんぷらも揚げたてを出してくださいました。
My畑のハンダマ、ししとう、シソの穂も揚げてもらいました。


他にもいろいろあったのですが・・・・
誰のお料理だったかわからなくなってしまったものがいくつかありました。上記のお料理も違ってたらごめんなさい。

最後にうちのです。
pome_20121112015030.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

旦那さんのモツ煮込みもポメマルさんの押し寿司も美味しかったです。
余ったシュウマイの皮で作った揚げワンタン?は楽子さん作だったのですね。
私の記事でポメマルさん作にしてしまいました。(^^;ゞあれま!
回を追って、ますます品数は増えたけれど、一つ一つの量が適量になってきたせいか、そんなに残らなくなりましたよね。
私の方のシンクロ記事をTB飛ばさせて頂きました。

duckbillさん

こんばんは~
ようやくupしました。
月日の経つのが早すぎますよね。
あれからもう一度夫はモツ煮こみを作ってました。
揚げワンタンはどちらの作でもOkですよ。具は楽ちゃんで残った皮に二人でつつんで揚げたのは楽ちゃんの共同作業です。
人数が多くても分量は少な目がいいんっでしょうね。
持ち帰りもうれしいですがなるべくお腹に処分した方がいいですね。
TBありがとうございます。
私も飛ばしますね。

No title

山荘では、お世話になりました。
シュウマイ作り
教えていただきありがとうございました。
ポメマルさんのお料理
どれも美味しかったです。
特に印象に残ったのは
さつまいもの蔓を使ったお料理
私もマネして作ってみましたが
ポメマルさんのようにはいきませんでした。

まなさん

山荘楽しかったですね。
こちらこそお世話になりました。
シュウマイ手伝っていただきありがとうございました。
さつまいもの茎のお料理はみなさんに好評でよかったです。
また来年の秋もあったら持っていきますね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白樺湖オフ会「キノコの会2012」その2

間が大分あいてしまいましたが、白樺湖オフ会「キノコの会2012」その1からの続きで、今回は「居酒屋料理」をテーマとした料理パーティです。 ミンサー2台を持ち込んで早速始めた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。