スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルメロのパート・ド・フリュイ

RIMG1136_20121106013814.jpg
きのこの会の時にFujikaさんから分けていただいたマルメロの実。
少し置いておくと赤みが強くなると教えていただいたのでしばらく置いておきました。
秋というのに気温が高かったので部屋に置いておいたら悪くなってきたものが出てきたのであわててパート・ド・フリュイにしました。

マルメロのパート・ド・フリュイは今年で何か目かしら。
と過去の記事を見たら2007年に秋田でマルメロを栽培してるという情報を得てとりよせてから毎年のように作ってます。

ここ何年かは秋田から取り寄せわすれましたがきのこの会でFujikaさんからいただいたりと昨年も作ってました。
マルメロで作ってない年は梅酒の梅で作ったりもしてます。
パート・ド・フリュイ作りは秋の恒例作業になりつつあります。

RIMG0999.jpg
右のマルメロのモシャモシャを洗い、種を取り、皮ごとカットして水から煮ていきます。
プレザービングの本には種ごとなんですが煮えてからFPにかけると種が邪魔になるので取ってます。
本当はペクチンが豊富なのところなので入れたほうがいいのでしょうが。

柔らかくなったら余分な水はすててFPで崩します。(しまった 捨てないでジュレにすればよかった)
それを裏ごしにかけてなめらかにして鍋に戻し砂糖とレモンを入れて煮詰めます。
ヘラで線を引きなべ底がしっかり見えるくらいになり壁が崩れないくらいまで煮詰めます。
サラダ油をうすく塗ったバットに入れて表面をきれいにならし固めます。
そのまま丸一日乾燥したところに置いておきます。
これでいいんですが水分がかなり飛ばないとグラニュー糖をまぶしてしばらく置いておくと溶けてしまいます。

果物の羊羹のような感じです。

甘味は結構強いので一度にたくさん食べるお菓子ではありません。

でもこうして作ってあるとなんだか幸せになります。

本では深い赤になると書かれてます。
2~3時間も弱火で煮ると深い色が出てくるらしいのですがここまで時間をかけたことないのでまだ赤いものと出合ったことないです。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは、なかなかお邪魔出来ず申し訳ありません。
最近はだいぶ寒くなってきましたね。
我が家では少し暖房を使い始めています。
マルメロ? いろんな食材があるもんですね、全く知らない私の無知さが
恥ずかしいです。
逆にちゃんと知っているポメマルさんがすごいかな?

cononさん

今日は寒かったですね。
ついこの前まで半袖だったのでまだ秋冬ものが出てません。ストーブは夜が寒くなったので出したのですがこんなに寒くなるとは・・・。
マルメロはあまりメジャーな果物ではないですね。似たようなものに花梨がありますが花梨の方が有名でしょう。
知らない方の方が多いですよ。
なのでちっとも恥ずかしいことなんかないですよ。
海外のブロガーさんがよく使われてるので知ってただけです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。