スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My三浦大根でミルフィーユ仕立て

RIMG1139.jpg
三浦大根でミルフィーユ仕立てを作りました。


雪の前に採ってきた三浦大根。
RIMG1134_20130122150441.jpg
これは3本目の大根ですが二股にはなってなかったのですが細めですがなんと長さが50cmもありました。
太くならなかったのは何が原因なんでしょう?素人ファーマーではまったくわかりません。
二股にならなかったのは三浦大根は長くなるのでかなり掘らないとと私が頑張ったからかも。
夫は抜くのに一苦労だったとか。
これだけ長いと折れないで掘り出すのは大変だったと思います。


細いのが少々気になりますが大根のミルフィーユ仕立てにしました。

今までの三浦大根はぶっといので厚みをせいぜい1cm位にしないとこれだけで満腹になります。
一番最初に作ったときは普通の青首大根だったので同じくらいかな。
少し厚めの輪切りにしてお米のとぎ汁で茹でてお出汁でじっくり煮てありました。
いつもなら牛肉を入れることが多いのですが豚バラのシャブシャブ用をあさいちで豚生姜というのをやってたので作って冷蔵庫にあったものを使いました。

豚生姜はシャブシャブ用の豚バラ肉をサッと茹でて生姜汁とお酒とみりんでさっと煮たものです。
ネギのななめ切りをさっと炒め豚生姜を入れて醤油、酒で味を絡めました。

大根は表面に格子状に浅い切れ目をお入れてオリーブオイルで焼き目がつくまで焼きます。

お皿に大根、肉、大根、肉と重ねて置き、煮汁を回しかけて貝割菜をちらしました。
今回はバルサミコ酢も使わず和風仕立てです。

やっぱりこの料理は三浦大根の歯ごたえがいいんです。

三浦大根は三浦でも1%ほどしか作られてないそうです。
お正月用に出回りますが年開けるとほとんど見かけることがなくなります。

それがMy畑で採れたので作れました。
RIMG1137_20130122150958.jpg
50cmもありましたが鍋ものや煮物に使ってなくなったので昨日もう一本採ってきました。
これは50cmはなかったですがもう少し太目です。変なところから小さい足がでてますね。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。