スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャのパイ?

20061009141317.jpg


暮らしの手帖の中から美味しそうと私の興味を引いた物の一つがこれです。
タイトルはギリシャのパイとなってました。

エーゲ海の小さい島でお昼を食べさせてもらったお店の様子が地中海の紺碧の海と白い壁、ぶどうの葉の木陰と行ったこともないのにその様子が浮かびます。salahiさんのギリシャのシミ島の景色に重なってきます。そばには猫がのんびりお昼寝してたりして・・・。

そこで出てきたのが太いマカロニを使ったパイだったそうです。
トマト、きゅうり。黒オリーブ、アンチョビのサラダ。パンに冷たい水。濃いコーヒーと一緒に出されたのはいちじくの木からもいだだけの黒いいちじく。

読んでるだけで美味しそうな香りがしてきそうです。
ギリシャ中どこでもでてくるマカロニのパイだそうですが本当かどうかは私にはわかりません。

これを書かれた方が作り方を載せてあったのでそれを作ってみました。(クリックすると大きくなります)
20061009141710.jpg 20061009141655.jpg
 
挽肉を玉ねぎとトマトで炒めシナモンを入れたミートソースのようなものを作っておき、太いマカロニを茹でバターとブルーチーズ少々で炒め、マカロニ、ソース、マカロニ、ソースと重ねパルメザンチーズをかけておきます。ボールに卵を2個白身と黄身に分け、別々に軽く泡立てて混ぜ合わせ、溶かしバターを混ぜてマカロニの上に覆うようにかけ、オーブンで表面がきつね色になるまで焼くのです。

食卓で切り分けましたが熱かったのできれいにカットできませんでした。卵液が沈んでしまうのでマカロニがソースより出てしまったところは焼けるとちょっと固くなってしまいました。
20061009141723.jpg

それなりに美味しくいただきましたが焼けてから少し時間をおいた方がいいのかもしれません。たっぷり出来たので翌日少し温めなおしていただいたらもっと馴染んで美味しかったです。マカロニのカリカリもあまり感じなくなってました。
ギリシャの風を感じながらいただきました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

いいな~♪おいしそ~♪

こういう手のかかる重ね焼き、しばらくやってないです~!食べたいな~!近所だったら押しかけて余ったのもらって帰るのにな~!

あ、そうそう!ガーリックとパルメザンチーズののシーズニング!サンマに片栗粉と一緒にまぶして揚げ焼きみたいにしたのと、えつぴーちゃんレシピのコンビーフジャガにフリフリしたらすっごい美味しかったです~!!!そして今日ももずくスープのお世話になりました~!

ごちそーさまでしたっ!♪(^□^)ノ”♪

パスティチオ?

ギリシャでチューブ型のロングパスタとミートソース、ベシャメルを重ねて焼いた料理はパスティチオと呼ばれ、とってもポピュラーです。実際に現地で食べたものをそのまま再現したのがこのレシピなら、パスティチオのバリエーションなのかもしれませんね。

パンプキンさんのブログでも最近パスティチオを紹介されてました。あちらのコメントにも書いたんですけど、スタンダードなタイプはムサカの野菜をパスタに置き換えるだけです。

以前に載せようと思って撮った写真は失敗だったので、今度マシなのが撮れたらトラックバックさせて下さいね♪

KIKちゃん

ダンナの実家なら「ちょっと寄って」という距離なのにね。

夕方このコメント見て秋刀魚がちょうど買ってきたのでシーズニングソテーをしてみましたよ。
初めての秋刀魚の味でしたがほんと美味しかたわ。
みなさまにお分けしただけでろくに使ってなかったのでみなさまの使い方を参考にさせていただいてます。
ガーリックが相当利いてるけど使い道ありそうで良かったわ。

コンビーフジャガにも合うのね。いろいろ教えてくれてありがとう。

もずくスープ少なくてごめんね。

salahiさん

パスティチオというお料理なんですね。本当はベシャメルソースなんですか。イタリアのラザニアのような組み合わせですね。この方がパスタがソースから出ないでカリカリにならないでしょうね。マカロニはロングですか。最近ロングマカロニみかけません。

あら パンプキンさんのところでもありましたか。後でおじゃましてきます。なるほどラザニアでなくムサカのパスタ版ですね。

うわー 今度載せて下さるのですか。待ってます。

ポメマルさん、こんばんはv-22

写真を見ただけで、お腹が鳴りました~e-254

しかし、ポメマルさんって、本当にマメですね~!

↓の栗の手仕事もそうですが、新しいレシピにチャレンジする向上心が素晴らしいですe-460
しかも、出来上がったお料理はいつも美味しそうだしe-420旦那様はお幸せだわe-266

いつもワンパターンな手抜きな(かなり質素!)おかずしか作ってない私はもう少しポメマルさんを見習わないといけません。

ワタシ的にはマカロニがホワイトソースの水分を含んで柔らかくなったギリシャのパイが食べてみたいで~すe-284

うふふ♪

またまたおいしそうな料理発見!
これはあのグラタン皿でやってみないといけないですね~v-22

寒くなってくると、オーブンを使ってても苦にならないし何より
できたて熱々は最高!

黄身と白身を別々にあわ立ててマカロニにかけるなんて、すごく手間がかかってるんですね。
初めて聞く調理法です!

あまおうさん 

こんにちは。

マメというよりも好奇心旺盛だけなんですよ。
変わったもの珍しいものがあると素通りできない質なの。
家族はその好奇心に振り回されてますよ。

でも四角い頭のままで楽ちゃんのように丸い頭にならないものだから普通のものしかできないわ。

このパイは卵を使ってますが、salahiさんによるとホワイトソースのもあるみたいですね。

mocaちゃん

こんにちは。

あのラウンドディッシュにはピッタンコのお料理ですね。

グラタンは寒い時はホントにおいしいですね。
これからいろんなグラタンに挑戦できますね。

この卵のがギリシャでも食べられるのか妖しいですがホワイトソースよりはあっさりしてますね。パンプキンさんはヨーグルトソースをかけて焼いてましたよ。

こんにちは!

こちらに来るのが遅くなってしまいました~!ポメマルさんのレシピはブルーチーズが入るのですね。私の好きな材料ばかりです。マカロニのカリッと焼けた部分も好きなので今度はこのレシピも試してみたいです~。

パンプキンさん ありがとうございました。
スパイスってたくさんあるんですね。初めてのものもありました。

マカロニのカリッと焼けたのって固くないですか?
私は翌日になってカリっがシナッとなったのがいいと思いました。
カリッがお好きな方もいるんですね。
ヨーグルトと卵のソースも興味があります。ヨーグルトが入るともう少しドロッとするのでマカロニもソースに隠れてるかなと思うのですが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

翌日もっとおいしい「Pasticco(ギリシャ風ラザニア)」

イタリア語を習いに通っていたとき、よく気分転換に普段あまり作らないレシピをシャロンと一緒に作ってみたりしました。これ(写真)もそのうちの一つで、日本に住んでいたときに知り合いのイタリア人シェフから教えてもらっ

パスティチオ(ギリシャ風パスタのオーブン焼き)

ブログ仲間のパンプキンさん・ポメマルさんが少し前に紹介されてたギリシャ風の焼きパスタを見て、私もかなり久々に作ってみました。このパスタ料理はパスティチオという名前で、ギリシャではスタンダードな家庭料理。語源はイタリア語のpasticcioですが、ギリシャ風の綴...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。