スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニサイズのクイニーアマン

RIMG1202 (2)
久々に鎌倉大根さんのブログにおじゃましたら可愛い渦巻きを持った手がありました。

クイニーアマンなんですって。

クイニーアマンってかなり甘々なので一度食べてそれっきりです。
見た目はカリッとおいしそうなんだけど・・・

ミニミニサイズ直径4cmくらいなので少々甘々でもいいかも。

なんと食パンの耳で作ったんですって。

面白そう作ってみようと思ったけど食パンの買い置きないです。
夫が勤めていたころは普通のパンがご希望で市販の普通の食パンを買ってました。
リタイアした今はパンは食べたくないそうで朝も一人でお餅を焼いて磯部まきを食べてます。

一斤買ってきても残るので半斤のパンをと見たら3枚入り6枚とか8枚入りの方が安い!
残るのは承知だけど1斤を買ってきちゃいました。

耳だけを使うのですが夜作ってみたので耳だけを何枚か分とって柔らかい中身をそのままにするのもったいないので耳
と中身も細く切ってグルグルまいて楊枝で止めてバターで焼き、メープルシロップをフライパンで熱してキャラメリゼっぽくなったら焼いたパンを入れて絡めました。

二つ取り出したところで電話がなりました。
残したまま電話に出て戻ってきたらカラメルになってパンがフライパンから取り出せません。
フライ返しではがしちゃいました。
取り出した方はお皿にくっついてます。
電話め~~!

取り出したらくっつかないようにオーブンペーパーに出さないとだめですね。

バターをどんどん吸い込んだので食べたらバターの味がジュワ。
このバターは先日作った発酵バターです。
耳の方が吸い込みが少なくパンという感じがします。
中身を巻いた方は柔らかく、カラメルがカリッとして美味しいです。
中身だとバターを吸い込みやすいので耳の方がいいのかもしれません。

サンドイッチを作ったときに耳を冷凍しておくと無駄になりませんね。


鎌倉大根さんのブログに行ってみたらプロセスを載せてくださってました。
耳を少し湿らせて巻いてからココット型に入れて焼いてからお砂糖をカラメル状にしたものを絡めてました。

私のはいい加減なのでこちらを参考にした方がいいです。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

次々とおいしそうなお菓子がアップされていてとても参考になります。これも美味しそう~~!

kuishinbouさん

パンの耳の捨てるところでお菓子ができるならecoでいいなと真似してみました。
適当に作ってみたのですが鎌倉大根さんのにはちゃんとした作り方が載ってました。
食パンの耳があったら作ってみてくださいな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。