スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ紀行3日目a パリ市内観光⇒フォンテーヌブロー

RIMG0219_20130524003308.jpg
パリにも少し慣れてきました。オペラ座周辺は何度か歩いたので方向感覚が少しわかるようになってきました。

3日目はいよいよこの旅の一番の目的である従弟のAの家に行きます。
Aは昨夜仕事先のオランダからパリに戻ってきてるのでホテルまで車で迎えに来てくれます。

スーツケースは部屋に置いたまま必要なものだけ持ちますがAの両親は孫たちのお土産や食料品をスーツケースにいっぱい持ってきてるので整理が面倒でそのままスーツケースを持ち込むことに。
Aは大きなワゴン車で来ました。
後ろには彼の仕事道具であるカメラやその他の機器がいっぱい詰め込まれてます。そこにスーツケースを2個も入れるんですから大変です。
なんとか詰め込んで出発。
RIMG0208a_20130524003617.jpg
私がマカロンを食べたいと言ってたので「マカロン食べた?」「ううん まだ行く暇がないの」
ではと真っ先にマカロンで有名なラデュレ本店につれて行ってくれたのですがまだオープン前でお店のショーウインドウのマカロンを撮っただけ。
フォンテーヌブローにもフレデリック・カッセルというお店があるのでそこに期待しましょう。
page2_20130524003948.jpg

まずは車でパリ市内をザッと回ってくれてエッフェル塔は下から見上げたいとの希望で真下につれて行ってくれました。
展望台に上ってみたかったのですがK叔母によると何度も来てるけどいつも行列で無理よ。と
特に戦勝記念日で休日なのでもうすごい人であふれてます。
希望通り下からのぞいて満足。
RIMG0222-crop.jpg
エレベーターは脚の部分に沿って昇って行くんです。
エッフェル塔がよく見えるところをいくつか通ってくれました。
セーヌ川は雨が降ったらしく水嵩がまして色も茶色に濁ってました。
さぁフォンテーヌブローへ出発です。
前日のジヴェルニーと違い南西に100kmほどのところです。
フォンテーヌブローの森は聞いたことあるでしょう?
古い大きなお城があるそうです。
途中は寝てたので回りの景色あまり覚えてないです。
起こされたときはフレデリック・カッセルのお店の前でした。
page3_20130524013831.jpg
ショーウインドウにはマカロンやおいしそうなケーキの数々。
中は白を基調にした清潔感のあるお店。チョコレート、パート・ド・フリュイ、マカロン、ケーキ、パンが並んでます。
マカロンどれを選べばいいのかわからず12種類全部お買い上げ。パート・ド、フリュイは三角にカットしたのが入ってるものを選びました。あとで調べたらミルフィーユが有名だったらしい。残念。
RIMG0234a.jpg
Aはバゲットを買ってました。これをちぎって食べたらおいし~~い!

ここでランチを食べることに。
RIMG0239s.jpg
どこに入るかはお任せ。町中にメリーゴーラウンドが回ってます。この風景はアビニョンにもありましたね。
RIMG0242s.jpg
ここからすぐのお店に入りました。BISTROT SUDです。
メニューが来ても読めないので全部説明してもらいます。
page1_20130524004718.jpg
またそれぞれが違うメニューに。
日本では食べられなくなった生肉のタルタル、ステーキ、白身魚のソテー、私は腸詰のマスタードソース。
好き嫌いあるかもと言われましたが腸詰って大きなソーセージかと思ったら見た目は大きなソーセージですが切ったら中も腸でした。食べてみたらとっても柔らかくてマスタードソースと合ってます。F叔父に少しあげたら匂いが凄いと言われました。実はパリに来てまた嗅覚が悪くなって前日のモネの花園でも匂ったり匂わなかったりだったのです。
嗅覚不調だったのがよかったようです。それにしても大きすぎますね。
ジャガイモはとっても美味しかったです。(ヨーロッパのジャガイモは美味しい)
RIMG0257.jpg
腹ごなしにフォンテーヌブロー城を散策しましょう。
RIMG0253s.jpg
ここもマロニエやリラの花が満開です。
お城の中も入りたかったのですが大きなお城で時間がかかるのでお庭の散策です。
フォンテーヌブロー城
このお城はユネスコ世界遺産であり、フランスで最も大きな宮殿。
王の狩猟の場だった広大なフォンテーヌブローの森のなかに佇む宮殿と庭園は、16世紀にフランソワ一世がイタリアからルネッサンスの建築家を招いて建てたものが基本となっています。
その後アンリ2世の時代に大幅な拡張工事が行われ、フランス革命を経てナポレオンによる改築がなされ、現在に残るのはこの当時の姿と言われています。

城内もフォンテーヌブロー仕様というものがあるそうですがなんせ大きいお城であるのでこの中を見てると時間がかかるので残念ながら庭園だけになりました。

ヴェルサイユのようなきらびやかさはないですが落ち着いたお城です。
中が見られなかったのは残念です。

さぁ これからフォンテーヌブローのさらなる田舎に向かいます。

その途中で寄ってくれたのがこちら
kurodadori.jpg
フォンテーヌブローの森のはずれにある画家の黒田清輝が住んでいたグレ村です。
さびれたような村ですが住んでいたという家とその前は黒田清輝通りがまだ残ってます。

大きなガーデンセンターにも寄ってくれました。
IMGP0228s
トマトの苗です。このトマトはいかにもフランスのトマトですね。
種もいろんなものがあり欲しかったのですが・・・

さぁ田舎の家はもうじきです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは

何処もかしこも 素敵ですねぇ@@
エッフェル塔は いっぱいで登れませんでした><
が、その代わりに 凱旋門に登りました^^
凱旋門に登れるなんて知りませんでした‼
エレベーターが壊れてたので 歩きです@@  けど面白かったですよぉ♪
やっぱり個人旅行は全然ちがいますねぇ
いいなぁ 好きなところに長く入れたり 好きなお店に自由に入れたり♪
お土産屋さんも それなりに楽しいですけどね
やっぱり地元のスーパーとか、お洒落なパン屋さんとかいいですよねっ!
しかも 専属の通訳付きなんですよねっ?
あぁ 羨ましい≧≦‼

綺麗過ぎ 素敵過ぎです!


kuuzaemonnさん

エッフェル塔には何度も行ってる叔母でさえいまだに昇ったことないんですって。
凱旋門までは最後の日オランジュリーからシャンゼリゼを歩いたんですが40分もかかってしまいました。上れると聞いてましたがようやくついてすっかり忘れて上らずでした。馬鹿だね。
個人旅行は時間の制限なしが本当にいいですよ。サマータイムなので有効時間たっぷりです。
ただ前もってのスケジュール表もないのでどこに行ったのか忘れてしまいそう。
フランスのパンはやっぱり美味しいですね。
はい!専属通訳付きでなかったらこうはいきませんよ。
メニューみたってなんだかさっぱりわかりません。
フランス語を勉強してからもう一度行きたいわ。
そしたらもっと楽しいでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カギコメさんへ

cropnetではいつもお世話になってます。
こちらにもいらしてくださいってありがとうございます。
ちゃんと届いてますよ~~。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。