FC2ブログ

和菓子もたのし~~!

20070306235224.jpg

CROCCOさんのブログにきれいなピンクの道明寺粉桜餅が載ってました。レシピも載っていたので作ってみたくなりました。
桜の葉の塩漬けはちょうど買ってありました。
昨年秋でしたが春になったら桜餅を作ってみようと思ったのでしょうね。

桜餅は地域によって2種類に分かれるようです。
私の住んでる関東は主流はピンクに染めた粉の生地をクレープのように焼き餡を包んだもの。
もう一つは関西を中心に道明寺粉を使ったものになります。
道明寺粉は餅米を蒸して乾燥させて砕いたもので、細かいブツブツが特徴でしょうか。
先週、義母の病院に行ったのが3月3日でひな祭りなので桜餅をお土産に持って行きました。桜餅が2種類ありましたが、買い慣れてる焼いた皮の方を選びました。でも義母は北海道の人なのでこの道明寺粉の方が懐かしかったのかもしれません。(関西が道明寺粉とおもったら北海道でも道明寺粉なのだそうです。)

道明寺粉が近くの店では売ってなかったので仕事仲間が上大岡を通るというので京急百貨店で買ってきてくれました。
後は包む餡です。手作りがいいのですが作ってる時間がありません。
粒餡は作ったことありますが漉し餡はないのです。
どちらかというと粒餡のほうがすきなのですが、桜餅は漉し餡の方が上品で合いそうです。

仕事仲間が餡の製餡工場が区役所の近くあるという情報をくれたのでお昼休みに行ってみました。
こんなところで餡をつくってるのというような佇まいです。
チャイムを押したら工場の人が出てきました。
餡は量り売りしてくれました。
これで食材はすべて調達できました。

夕食後取りかかりました。
道明寺粉を戻すときに食紅をホンの少々入れます。
道明寺粉がピンクに染まりました。
レンジにかけて蒸らし、お砂糖を入れてよく混ぜ、生地の出来上がり。
道明寺粉の皮を広げ餡を入れて閉じました。

焼いた皮の桜餅とはまったく違うものです。
皮にお砂糖は少しなのでさっぱりしてます。やはり漉し餡が合います。
CROCCOさんのには桜の花の塩漬けがのってました。ピンクピンクで華やかでした。
桜の葉の塩っけが美味しいものです。桜はまだですが一気に春になりますね。

和菓子は難しいのかと思いましたが意外にも簡単でした。
この道明寺粉はおはぎをつくる時にこれで作れば短時間で作れそうです。

CROCCOさん 美味しいレシピごちそうさま。

この桜餅の前に苺大福にもトライしてみました。
20070309005140.jpg
はな○マーケットで切り餅を使って苺大福が簡単に作れると言ってました。
このときお正月の切り餅がなくなり、お供えがあったのでお供えを切って見たのですが1切れの重さがわかりません。適当に切って作ってみたらお砂糖の量が適当でなかったのでしょう。お砂糖を入れるといつまでも軟らかいらしいのですが、すぐ硬くなってきてしまいました。
見た目は美味しそうに出来ました。

味は悪くないのですがお餅がちょっと硬いです。
今度は切り餅を使って作ってみよう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

美味しそうな道明寺!

うわ~~~っ、美味しそう!
そう、北海道は道明寺なんですよ。
私も東京に出るまではこれしか知りませんでした。
いちご大福もおいしそう。これが出始めた頃って、食べたことのない人は無気味がってましたよね(笑)。いつのまにか当たり前のものになってしまいました。

美味しそう!

こんにちは!北海道人、二番手です。そう、桜餅と言ったらこれですよ…お義母様、喜ばれたでしょう?関東風の桜餅の存在は、中学時代にワクワクして買った「NON-NOお菓子百科」などから知っていました。でもモチモチ桜餅を摺りこまれて育った私には、関東風はどうもしっくり来ないのですよね。北海道、言葉は関西弁ではないのに料理は関西風が多いのかな?でも味つけはあっさり上品な薄味どころか、やはり田舎らしい濃い味が多いような。

イチゴ大福も美味しそう!帰国も近づき、日本モードになっている私。もうどうしようという感じです。25日以降にお暇な時間がありましたら、嬉しいです…直前ですので無理でしたら、また東京にやって来ますので見送りにして下さいね!

ポメマルさん こんにちは。

関東生まれの関東育ちの私なのに、関東風の桜餅分かりませんでした☆

>ピンクに染めた粉の生地をクレープのように焼き餡を包んだもの
↑あああ!分かった~ そういえばそんなのもありましたね。

でもほとんど食べた事がありません。 いつも道明寺粉の桜餅でした。
うちの近所の和菓子屋さんが関西(北海道)出身だったのかな?
それともただ単に祖母(いつも祖母が買ってきた)の好みだったのかな~。

いちご大福を初めて食べたときの衝撃が今での忘れられないわ☆
食べる前は「気持ち悪い~」と思っていたけど、食べたらまぁ美味しい♪
この組み合わせを考えた人は勇気がありますよね(笑)

和菓子はせいぜい水羊羹を作るくらいです。
でも楽しいと聞いたからには挑戦したくなりますわ~♪

ぴかままさんへ

こんばんは。

美味しそうに見えますか?
これ作るのも食べるのも初めてでした。
CROさんのところでみたのがとっても美味しそうでしたから。

関西はわかるけど北海道でもこの道明寺桜餅というのが面白いですね。
そして金沢が関東のものと同じというのも。

いちご大福もいまは当たり前のものになってますね。いちごと餡の組み合わせもギョッとしましたが美味しいものですね。甘い苺より酸味のある苺の方が美味しいです。

わ、とってもきれいにできましたね~!
私も道明寺粉かってはあるんですよお。でもやはり漉し餡を作るのが面倒で・・・
道明寺にはやはり漉し餡ですよね。
関東風のものは粒餡だし皮も小麦粉に白玉粉を少し入れるだけなので安上がりなんですよ。道明寺はそんなにたくさんは作れないなあ。
イチゴ大福もきれいでおいしそう!
3月ってお雛様があるからかしら?なんとなく和菓子、ですよね(^^)

裕美さんへ

こんばんは。
ほんと二人とも北海道の方ですね。
義母のところに買っていったのは関東風のものでした。あとになって北海道は道明寺桜餅だと知ったのです。
道明寺の方を買っていってあげたら懐かしがったのかもしれないわ。

裕美さんは関東風の焼いた生地の方はしっくりきませんか?
これはこれでおいしいんですよ。向島だったか月島だったか忘れましたがそこの有名な桜餅は桜の葉3枚で包まれてます。すごく風味がよくて美味しいのよ。
ここのは焼いたものです。

北海道と関西は北前舟でつながってるのできっと昆布を運ぶのにくっついて行ったのかも。

東京の桜開花予報が昨日出ました。今年はなんと18日なんですって。
ちょうど開花してる時にまに合いそうですよ。
でもこのところ寒いのよね。
後でメールを送りますね。

おらこちゃんへ

こんばんは。

おらこちゃんずっと道明寺桜餅なの?
あの辺だと和菓子屋さんは龍○さんかしら?
龍○さんでは草餅とかうぐいす餅はよく買ってましたが桜餅はあまり記憶がないです。
昔は桜の葉の香りがまり好きでなかったの。桜アイスというのも葉の塩漬けがはいってるでしょ。一口二口はいいのですが、食べきれなかったわ。
でも今は桜の葉ごと食べられますよ。

苺大福を考えた人はスゴイですよね。あまりのミスマッチですものね。
今大福もいろんな種類がありますね。

和菓子は餡まで作ると大変だけど洋菓子より気軽につくれますよ。

ななママさんへ

こんばんは。

ななママさんのように60個も作るのは関東風も関西風も大変ですよ。
和菓子屋さんになった気分ですよね。

私漉し餡って作ったことないです。さらしあんでつくれば簡単なのでしょうか?
おはぎも粒あんばかりです。
道明寺だと漉し餡の方が合いますね。近くにあんこ屋さんを見つけたので買った方が便利で、安いかも。

苺大福は美味しそうに見えますが、失敗作。お餅の分量が多すぎてすぐ硬くなってしまいました。

道明寺

きれいな道明寺ですね!
やっぱり桜の葉の塩漬けがあった方がいいなぁ。
関東風でも道明寺でも、どっちでもよいから和菓子屋のが食べたいですTT。
こちらでは和菓子を食べたいと思ったら、全部手作りするしかないので(しかも材料も欠けていたりして・・・)。
もうすでに出来ているこしあんが手に入るのも羨ましい!
こしあんは、つぶしあんより作るのに手間がかかるんですよね。
私もどちらかというとこしあんが好きなのですが、つぶしあんにしてしまうことが多いです。でも道明寺にはやっぱりこしあんかな?

切り餅でいちご大福を作ったことがあるんですが、一度作ったきりなんです。
貴重なお餅がもったいなくて!

美味しそう~♪

早速ありがうございます。とても簡単で、早くできるので、お花見の時にでもまた作ろうかな、と思ったりしています。この道明寺粉の由来は、大阪の道明寺です。道明寺は、戦国時代から武士の携帯食としての糒を作り、糒のことを道明寺と呼ぶようになりました。道明寺粉は、お湯や水に浸せばすぐに食べられるので、昔は備蓄用食糧として重宝されていたそうです。
苺大福が作れるなんて!! お餅があれば出来るのなら、挑戦してみようかしら。この組み合わせは、つい生八橋いちごを思い出してしまいます。これもある意味冒険的組み合わせですが、なかなか美味しい…
TBありがとうございます。こちらからもさせて頂きますね^_^

ポプラさんへ

こんばんは。

海外にいらっしゃると生の和菓子は買うわけにはいきませんね。
和菓子屋さんのを食べたいという気持ちがよくわかります。

餡まですべて作ると1個だけ食べたいというのは無理ですね。
漉し餡はすってから漉し、布袋にいれて搾ると手がかかります。
なので面倒で作ったことなく、家族も粒餡の方が好みなのです。
粒餡にしてもおはぎくらいしか作ったことなかったです。

ポプラさんもいちご大福作ったことありましたか。
桜の葉の塩漬けは今度みつけたら買っておきますね。


CROCCOさんへ

こんばんは。

CROさんのブログであまりにきれいで美味しそうで作ってしまいました。
道明寺粉はそんな昔からあるものなんですね。いわゆるインスタント餅米なんですね。今年のおはぎはこれで作ればすぐ作れるそうです。
レンジでチンでいいんですものね。和菓子も身近に感じられます。

いちご大福もレンジでチンですよ。ここにスーパーにあったレシピがあります。
切り餅1個につき砂糖大さじ1の割合です。
●苺を餡でくるんでおきます。
●2枚くらいづつ作業するとよいとのこと。お餅を耐熱容器に入れかぶるくらいの水を入れレンジに1分かけて軟らかくする。
●テフロン加工のフライパンに移し、砂糖大さじ2と水大さじ5を加え中火にかける。
●木べらで垣ませながら5分ほどひとかたまりになるまで練り混ぜる。
●片栗粉を広げたバットに餅を取り出し手粉をつけながら3等分に丸め、7㎝大に広げ餡を包む。

私は全部レンジでやってしまいました。鏡餅なので餅の量が多いのと砂糖を入れる時に水を入れなかったのですぐ硬くなってしまったようです。
ご参考までに。

生八つ橋にもいちごがあるんですね。

ポメマルさんへ

桜餅!美味しそうですね♪

こちらでも道明寺粉の桜餅が主流で、関東風の桜餅は見た事がありません。
和菓子って、なかなか気軽に作ろう~って思えないけど、ポメマルさんのように餡はプロの作ったものを使えば思ったよりも気軽に出来そうですね。

実は数年前にレンジで作る苺大福にハマり、レンジで出来る和菓子の本まで買ったのに、結局は苺大福どまり・・・(笑)
瞬発力はあるけど持続力がないーという、小学校時代の通知表の評価の通りになっています(爆)

あまおうさんへ

こんばんは。

レンジで出来る和菓子の本があるんですね。
本は見てるだけで作った気分になってしまいますね。

これもレンジで作ったので簡単でした。道明寺粉の袋には蒸すレシピが載ってました。
九州も道明寺なのね。関東風のものの方が少なそうですね。
これはこれなりに美味しいのよ。
母のお菓子のテキストに載ってるので作ってみようかしら。

餡は市販のものを使えば簡単です。製餡所があればそこで買えば新しいものが求められます。

持続力がない。これは私にも言えることです。(マンドリンだけは別かな)

お皿の上の春

どちらもおいしそう♪ここ数日、急に寒くなったりしていますが、お皿の上は既に春ですね。

当地でも「桜餅」といえば道明寺粉のものを指します。初めてお菓子本で関東風のものを見たときは「偽物?」と思いました(笑)
和菓子は敷居が高くて・・・と思っていましたが、意外に簡単にできて楽しいですね(^^)

苺大福は切り餅からでもできるのですね!
苺大福、初めて食べたときは衝撃的でした。あの組み合わせを考えた人はすごいですよね。

さっき、書き忘れてしまいました。

TBありがとうございました!こちらからも送らせていただきました(^^)

margoさんへ

こんばんは。

名古屋も道明寺なのですね。この方が全国的に多いようですね。関東風の桜餅はみなさんにあまり馴染みではなかったようですね。偽物と思われたのね。
一度食べさせてあげたいわ。
道明寺粉はいわばインスタント食品なのですね。桜餅どちらも簡単に出来るので嬉しくなります。

ほんと苺大福を発明した人はスゴイですね。でも美味しい。
TBありがとうございました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

道明寺桜餅

桜餅といえば、私はこれしか知りませんでした。

道明寺粉の桜餅

昔々、私が息子と同じくらいの年頃の話です。図書館でお菓子作りの本を借りました。目次に「桜餅」と書いてあったので見てみると、、、桜の葉をまとって鎮座していたのは、私の全く知らないお菓子「こんなの、