fc2ブログ

へそ大根と干し筍

20070422142053.jpg
仙台のaiwhasさんから送っていただいたたくさんのものの中に『へそ大根』がありました。これは楽子さん、Fujikaさんもご報告済みです。
名前がなんといってもユニークで可愛いです。
このへそ大根のことはCookPadで聞いたことがありました。
どんなものなのかなと頭に想像してみたことがあります。
その実物がやってきました。
小さな袋に入ってます。
20070422142123.jpg
これがどんな大きさになるのでしょう。
20070422142337.jpg
6個だけまる1日以上水につけて戻したらこんなに白くなりました。これでは大きさがわからないので煮たものの横に置いてみました。
20070506204552.jpg


左端の小さいものが元のへそ大根。すごいですね。10倍以上になったのでしょうね。
乾燥を戻したので味の含みがいいようです。口当たりはあまりよくないのかとおもいましたがとっても滑らかです。
これを作った時はまだ仕事中だったので出勤前に10分ほど煮てそのまま冷まし、夕方帰宅してから再度ちょっと煮ただけなのですがよく味が浸みてました。
大根を干したのは切り干し大根と暮れのうちに作るゆず巻き大根くらいですが、これも作れるなら今年の冬に作ってみたいです。大根の保存法としては優れてますね。

aiwhasさん 珍しいものありがとうございました。

そして乾物ついでにこちらも
20070508125001.jpg
先日から作っていた茹で筍を天日干しにしたものを使ってみました。
実はこれは京都の筍でなく、土曜日に来る農家のおじさんが筍はこれで最後、夏野菜ができるまで来ないよというので買った地元の筍です。
干し筍にするつもりで茹でてあら熱が取れたところで干してしまいました。
なぜ焦ったかというと連休最後の日は雨だったからです。
お昼から干したのですがなぜか色がきれいでないのです。
やはり水で十分晒してアクを抜かないといけないようです。
これが京都の筍と大きく違うところ。
仕方なく水につけて戻しまた干すつもりだったのですが、ちゃんと戻ったので豚バラブロックが残ってたので煮てみました。
どんな食感になるのか試して見たかったのです。
食べてみたらメンマのような食感ではありません。ちゃんと筍です。
20070506204314.jpg

豚バラと干ししいたけ、ゆで卵と甘辛く煮てみました。

結局乾物を使うと煮物になってしまいますね。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

うわぁ、これが憧れのへそ大根!
こんなに大きく戻るんですね、ビックリです。
いつか食べてみたいものです……。
干し筍もちゃんと筍に戻るのですね。乾物ってすごいなぁ。

izumimirunさん

乾物ってすごいでしょ。

去年スグリの実がなったのでドライにしました。30gしか採れなかったのですがドライにしたら3gになりました。
なのでやはりもどすと10倍になるんですね。
へそ大根は生の大根よりも滑らかな口あたりです。
これってデパ地下で売ってますか?

筍もメンマのような味でなく筍です。
筍もそろそろ終わりになりますから干し筍にしておくといいですよ。

 わ、美味しそう。これだけ戻るとなるとしっかり味もしみこみそうですね。うっかりたくさん戻しちゃうとビックリな量になってしまいますね^_^;
筍も普通に戻っちゃうのにビックリ。筍は冷凍にすると使えないって聞いたことがありますが保存には干すのが良さそうですね。
今日レモンチェッロを頂きました。
イタリアで買ったものよりずっと美味しいですよ。かなり甘いので炭酸水なんかで割るとグビグビいけそうですが今日はイタリア式に生のままで飲みました。

はや~い♪

干し筍、もう使われたのですか?
早いですね~。
そっか、普通の筍に・・・・。
「干し筍通販」があって、普通に煮物に使えます。とあったんですが、本当だったんですね~。

私はGWあけに第二弾を干しました♪

うちも

筍は最近のは干してます。
場所も取らないし常温で置いて置けるのがいいですよね。
今週は天気もいいので早く乾きそうです。
へそ大根もすごい小さくなるのですね、大根も最後はいつも畑の肥料になってるので一度やってみよう!

ななママさん

へそ大根を1袋戻してしまった人もいるようです。

筍は十分使えます。筍が余る時は干しておくといいです。
冷凍は繊維質ばかりになってしまうのでしょうね。

わ~~!リモンチェッロ飲んで下さったの。
イタリアのより美味しいなんてうれしい。
本当ならお砂糖がもっと入るんですが、十分甘いですね。


カイエさん

こんばんは。

干し筍思ったより普通の筍という感じでした。

ぐっとコンパクトになりますし、いつでも使えるのでいいですよ。
私もまた干しました。

カイエさんがどんな風に変身させるか楽しみです。

フィノさん

こんばんは。

フィノさんも干してるんですね。これだけ小さくなると場所とらなくていいです。京都のではもったいないですが戻した時も軟らかいので冷蔵庫にあるものを干しておこうかと思ってます。
今週はお天気良さそうなのでよく乾くでしょう。

へそ大根はしっかり茹でてから干すみたいですよ。
今度の冬はやってみますか。

普通のたけのこに

戻すとまさに普通のたけのこに戻るのですね~!びっくり。
九州の方で塩が吹いた干したけのこを見かけました。茹でて塩漬けしてから干すのかな。それとも竹の子の成分が結晶しただけだったかしら。
簡単に干せそうなのでやってみたいですが、京都のでは勿体ない~。来年は是非!あと水煮びんづめも作ってみたいのです。
山椒の葉、お庭のものですよね。My果樹園(実はバイト先の広大な敷地です。きのこやタラの芽もこちらで)では山椒の木はまだみつけていないのです。先日これか!と思って小躍りしたのですが、残念ながらイヌザンショウでした。

Fujikaさん

筍の保存法として場所とらないのでいいですよ。
画像の筍は京都のでないのを使ってみたんです。茹でて人肌に冷めたのをすぐ干したら色が汚いので、しっかり水につけてアク抜きしないといけないのだと水で戻したのを再度干さずに使ったのです。やはり根本の方は硬めです。
もったいないけど京都の筍残りを干してしまいました。

水煮瓶詰めは楽子さんがやりたいと言ってましたがどうしたかしら?保存食作る前になくなりそうと言ってたので素材がなくなったかしら。
クエン酸を少し加えた熱い液に浸して煮沸すると本に書いてあったと言ってましたよ。

山椒は家に相性が悪いらしくいつもダメになってましたがこれは昨年からのもので元気に新葉を出しました。イヌザンショって初めて聞きます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)