fc2ブログ

リンゴのケーキ

リンゴケーキカット400


先週あちこちのブログでリンゴのケーキを拝見しました。
メープルママさんのリンゴのケーキも、ななママさんのリンゴのチーズケーキもとっても魅力的でした。

みなさんのケーキを作るつもりでリンゴを買ってきましたが、以前は秋になって紅玉リンゴが出ると必ず作ってたケーキがありました。
最近は子供たちもケーキをあまり食べないし、リンゴをあまり好まないので時たましか焼いてません。お友達にあげたらとても喜んで毎年焼いてくれてます。
レシピを紛失して友達から逆輸入して今に至ってます。

久々にそのリンゴのケーキを焼いてみました。
このリンゴのケーキは何と4個も使います。
子供の学校のPTAで役員をやっていた時に実行委員会でご一緒した方がケーキをお店に卸してるほどのプロの腕前の方にお菓子を習ってました。
彼女の先生は山手に住む外国の方でその方のレシピのものも教えて下さり、このケーキもそのレシピの一つです。
私が勝手に少しばかりアレンジしてしまったのですがこのリンゴの飾り方が好きです。一見アルメットポンムに見えますよね。

今回使った紅玉が少し小さめだったので全部が割と楽に処理出来ましたが大きめのリンゴだとリンゴが余ってしまいます。その余ったリンゴをなるべく全部をケーキ種に押し込み隙間なく押し込めることがとても大事なのです。生を使いますので焼き上がるとぎっちり詰めてないと隙間ができてしまいます。
リンゴのケーキ400


リンゴはなんといっても紅玉リンゴを使って下さい。でも最近の紅玉リンゴは甘くなったのでしょうか?
生で一切れ食べてみたら甘いのです。なのでリンゴにまぶすお砂糖も、ケーキの台のお砂糖も20%控えましたが食べてみたらまだ甘いのです。
これはリンゴが酸っぱい方が絶対に美味しいと思います。紅玉まで甘くなってしまったら何を使えばいいのでしょうね。お菓子、ジャム用に今までのように酸味の強いものを作って欲しいです。
上に乗ってる赤いものは赤いルバーブです。ルバーブを入れたら酸味も加わって美味しいだろうと思ったのですが上に小さく角切りしたものを載せたのは失敗でした。
ドンドン乾燥して黒くなってしまいました。中に入れて乾燥させないようにしないとダメのようです。焼けてから黒くなったものは取り除きました。
きれいな画像は↓のレシピの方をご覧下さい。

詳しいレシピはこちらにレシピ リンゴがいっぱ~い!アップルクーヘン by ポメマル

ブログ村に参加してます。 リンゴの飾り方が美味しそうと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

うわ、美味しそう♪

こんにちは。とっても美味しそうですね。
4個分の紅玉と聞いて、より一層テンションが高くなりました!
レシピもあちらで紹介されてて嬉しい限りです^^
最近甘いものばかり食べてるので要注意なんですけど、これは紅玉が旬のうちに作りたいです!

すごくおいしそうです!
子どもの頃、お菓子作りに凝ったことがありましたが、
熟読していたレシピ本でも(それはアップルパイのレシピでしたが)
やっぱり紅玉をすすめてました。
酸味が決め手だったんですね。
大人になってからは甘い物は苦手なのですが、
前にパリで食べたタルトタタンはおいしかった♪
ポメマルさんのケーキもとってもおいしそうです!

ばうちゃん

こんばんは~。

コンサートは無事終了されたんですね。お疲れ様でした。今度は聴いて見たいです。是非お知らせを。

普通のリンゴのケーキは1~2個ですよね。これは本当にリンゴだらけです。生なのでさっぱりしてます。
今回の紅玉はちょっと甘かったのですが普通だともっと酸味が利いてるんですよね。

リンゴが余りますが隙間を見つけて全部差し込んで下さいね。

izumimirunさん

こんばんは~。

小さい頃は卵は大丈夫だったのですね。
パイにしてもケーキにしてもお菓子には紅玉が一番です。酸味がいいんですよね。それなのにこの時の紅玉は甘かったんです。

タルトタタンを今日作ろうと思って普通のパイに変更してしまいました。
今年中に一度チャレンジしてみたいと思ってるんですが。予定は未定で・・・。

りんごのケーキっていいですよね~
これはほとんどりんごなのよ!ってちょっとケーキを食べる罪悪感?が少なかったりして(^^ゞ
紅玉ってでまわる期間が短いですものね、今のうちですね

ななママさん

こんにちは。

これはほとんどリンゴです。なので安心感があるんですよ。なのでついつい1個が2個に・・・油断は禁物ですよね。

紅玉の出回ってるときにお菓子、berryさんの赤いリンゴジャムを作らないと。秋は忙しいです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)