スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パン教室でシュトレン♪ 一年前のクリスマスプディングは♪

シュトレン400

昨日は3回目のパン教室でした。お稽古するものは前月から楽しみにしてたシュトレンです。
シュトレンは季節柄ブログのみなさん(ぴかままさん、ぴんくうさぎさん、ブライアローズさん等)のところでもお目にかかってます。皆さんのが美味しそうでこの日を楽しみにしてました。

今回も1人お休みなのですが5本焼きます。
バターがかなり入ります。こね始めはかなりベタベタ生地。4人でバトンタッチしながら何とか捏ねあげドライフルーツ、ローストしたくるみを入れてさらに捏ねあげました。
一時発酵は1時間。
その間なにするの?と思ったらまた粉が配られました。
「バターロールを復習を兼ねて作って下さい。」と言われ「え~~!」
バターロールは初回に講習したもの。私は休んでしまったので初めてです。2班はうまく膨らまなかったのでリベンジです。
バターロール生地もかなりのベタベタ生地でこね上げるまで大変。先生が最後生地をこね回したらあっというまにきれいにまとまってしまいました。なぜだ?
一時発酵が終わるまで待ち時間がたっぷり。
先生が紅茶を入れて下さったので早いけどお茶の時間です。
バターロールの方が発酵時間が少し早いので先にバターロール生地分割して丸めてベンチタイム。すぐシュトレン生地を5分割して丸めベンチタイムに入ります。
シュトレンベンチタイム250

次にバターロールを成形して発酵。
生地を潰して三つ折りし、更に二つ折りにして合わせ目を閉じ涙型に細長くのばしてめん棒でのばしクルクルと巻くという方法で成形しました。このやり方は初めてです。
いつもは2回くらいしか巻けず変な形になりますがこうすると巻きが多くなります。
バターロール成形
天板に並べ成形発酵。日が陰ってきたので一緒に置く湯も熱くしました。
その間にシュトレンの成形です。厚さ1㎝くらいにのばし横長に置き真ん中をめん棒を当てて薄くして折りたたみます。生地の上に出てたレーズンは焦げるので取って中に入れて上から少し押さえて天板にのせ成形発酵にかかります。
シュトレンのばし250

シュトレン成形後250

再び休憩時間。
バターロールが膨らんだので卵液を塗ってオーブンへ。焼成時間13分。焼き上がりました。
バターロール焼き上がり250
小腹が空いてきて待ちきれず1個試食。焼きたては美味しいです。
すぐシュトレンを天板に移し焼きます。こちらは焼成時間25分。
シュトレンが焼き上がったら溶かしバターをたっぷり塗りシナモンシュガーを振りかけました。
焼き上がり250
焼き上がったところで時間になりました。このまま持ち帰り完全に冷めてから粉砂糖を振りかけて完成。
ちょっと薄くしすぎたようで持ち帰るときに真ん中が割れかけてます。
このままクリスマスまで持つでしょうか?

シュトレンが出来たら去年作ったクリスマスプディングレシピ クリスマスプディング by ポメマルを思い出しお食後に食べてみました。
クリスマスプディング300
梅雨までまでは室温に置いてましたがここは日本。梅雨時は心配なので残した半分だけ冷蔵庫に移してありました。

クリスマスプディングの師匠ミリアムさんが1年経過したものを食べたらとっても美味しいと去年言ってらしたので1個は大事に今年に持ち越しました。
簡単に電子レンジで温め生クリームをかけて食べましたが1年経つととってもマイルドで美味しい。スパイスの香りはまだしっかりします。8時間くらい蒸すという手間がかかりますが1年以上も持つなんてクリスマスプディングはスゴイです。

やっぱり今年もクリスマスプディングを秋に作るべきでした。(もう遅いよ)
昨年melocotonさんが年末に帰国されたときにイギリスの缶詰になってるクリスマスプディングを送って下さいました。これがまだ開封してないんです。
どうせならもっと時間をたってから開けたいと思います。

来月のパン教室はピザだそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

シュトレン

まあ上手にできましたね~!クリスマスプディングもあるなら楽しいクリスマスが送れそうですね。

シュトレンは2年前にぴかままさんとそのお友達(ってゆーかほとんどご家族みたいだけれど)のバリトンのTeru氏がドイツから送ってくださったんですよ。
お二人のお奨めのお店のシュトレンみたいで少しずつスライスして美味しく頂きました。
自分でも作れればと思ったのですが、まだ私「イースト」というものを使ったことが無いんですよ。なので自信が無いので今年はパス。

ポメさんと言えば、この間ハタハタの記事をupされておられたのに影響されてスーパーで秋田のハタハタを買ったのでした。
ぴかままさんが「塩焼も美味しい」とおっしゃるので塩焼にしてみましたよ!

おお、美味しそう

焼き時間が25分ということは結構小さめのサイズなのかしら。
うちのは粉450gの生地を2分割のサイズで、40分かけて焼きました。
できあがりを量ってみなかったのですが、出来上がり分量で1個600gのものになる分量だそうです。
そうか、焼く前にレーズンを大まかにとって中に入れてしまえば良いんですよね。みちえさんのレシピだと、フルーツを混ぜる前の生地を少し取り分けておいて、成形するときにカバーを掛けるようにしてやれば焦げレーズンがでないという裏技が載っているのですが、取り分けるのを忘れてフルーツ入れちゃったんですよ(汗)。入れた瞬間に「あっ!」と思い出したんですが後の祭りで・・・次回ももし忘れたらこちらの方法でやってみます。

トラバ、送信してみましたが届くかな・・・?

えーちゃんさん

上手だなんて言っていただきありがとうございます。
クリスマスプディングは今夜も食べたのであと少ししか残ってません。クリスマス前になくなるでしょう。

今年はシュトレンで行きます。
えーちゃんさんイーストの扱いがわかれば作られるのかしら?パンを捏ねるのは力仕事なので男性の方が向いてますよ。今はドライイーストもインスタントで予備発酵もしないで済むので扱いやすいですよ。来年は是非!

クリスマスプディングは最低1月前に作ります。生地は合わせるだけですが蒸すのに6-8時間かかります。その後は熟成させます。レシピをリンクさせましたのでご覧下さい。

鰰の塩焼きはまだ食べたことないので今度焼いてみます。

ぴかままさん

粉700gで5本作ったので1本あたり140gです。ぴかままさんがつくられたのよりは小さめでしょうね。一次発酵して分割したとき365gでした。
もう少し厚めにした方が良かったかもしれません。

>みちえさんのレシピだと、フルーツを混ぜる前の生地を少し取り分けておいて、成形するときにカバーを掛けるようにしてやれば焦げレーズンがでないという裏技が載っているのですが
なるほどプレーンの生地をふたのようにするというのもいいですね。
レーズンの焦げたのはおいしくないですものね。
出っぱったのを取って中に入れてしまうのはいいアイデアだと思いました。
取り除き忘れてもこれなら大丈夫ですよ。

トラバいらしてないようですね。どうもうまくいきませんね。

シュトレン

大好きです♪
仕事をしていたときはウィーンの拠点の方々が毎年本場のシュトレンを送ってくださったのですが、今年はナシ(笑)。 そんなことばかりが懐かしいです(笑)。

クリスマスプディング>まだまだ大丈夫でしょう。 賞味期限09とかじゃないですか?

melocotonさん

もうすぐ機上の人ですね。

そうかぁ 仕事をしているとそういう利点があったのですね。
仕方ないですね。自分で作りましょう。
本場の味を出すには難しいですね。知らないで幸せです。

クリスマスプディング今みたら2008と書かれてました。そのままでも十分持ちましたから大丈夫です。うんと熟成させてからいただきますね。楽しみだわ。

シュトレン!

毎年この時期になると気になるパンです。作りたいと思いながら今に至っています。ナッツや香辛料がいっぱい入るのでしょう?
ドイツでた~くさん店頭に並んでいましたがついに食べないで帰ってしまいました。
手作りされると美味しいでしょうね。作り方で随分お味が違ってくるんだと思います。テレビでもパンやさんが作っているのを放送していました。

クリスマスプディングってすごいですね。1年も保存できるなんて・・・。
昔の人の知恵なのかしら・・・。

kuisinbouさん

久しぶりですね。

今年はお孫さんに会いにドイツには行かれないのですか?
ぴかままさんのブログにドレスデンのクリスマス市の風景がたくさん出てます。シュトレン屋さんもありました。

シュトレンは初めて作りました。香辛料も入れてもいいですよね。これは入ってませんね。
ナッツ、ドライフルーツ、バターもたっぷりで高カロリーです。薄くスライスして頂かないと怖いです。

クリスマスプディングは長時間加熱しますが1年も持つなんてスゴイお菓子ですね。
昔は冷蔵庫もなかったのでこういうお菓子が出来たのでしょうね。

おいしそう♪

おいしそうなシュトレン♪
お教室だからグループで作るのでしょうが、5本焼くとなると生地量が多くて大変ですね!べたつく生地ならなおさらですね。

私も焼いてみましたが、旦那が喜んだのでもう一度挑戦しようと思います(^^)

そしてクリスマスプディング!去年のですね!
1年経ってもおいしくいただけるなんて、手間をかける甲斐があるものなのですね~。
イギリスには缶詰のものもあるのですね。こちらも開けるのが楽しみですね♪

TBありがとうございました!こちらからも送らせてくださいね。

margoさん

見ただけでも薄そうでしょう。
もう少し厚めにして松のような形にしたいです。

クリスマスまでにもう一度作られるんですね。今日あたり作られてるかもね。
お教室は疲れるとバトンタッチできるし、お部屋全体が陽あたりがよくて暑いくらいなので温度がさがらなくていいのですが生地を捏ねてる間に力がなくなってどんどん温度が下がってしまいます。

パン捏ね機が欲しいところです。

クリスマスプディングは本当に1年以上も持ちましたよ。イギリスではクリスマス後のセールに来年用を買うとミリアムさんが言われてましたが納得です。

今日皆さんのプログを見て私のストーレンはバター少なめかなと思い記事を追加しました。
以下

私のドイツ料理のシュトーレンのレシピはバターそれほど多くありません。べたつかずに捏ねる事ができました。ちなみに800gの粉を使い 中に入れたバターは100g。艶出しに80gほど残しました。艶出しは何回もチョコチョコオーブンから出して刷毛で溶かしバターを塗りました。
作った数は2つ。しっとりお菓子の感じでは無いけれどけれど素朴なドイツ風 私達の好みです。

フランスのお菓子の本を調べてみたらバターの量はかなり多いです。小麦粉350gに対して150g+表面に塗るもの。日本のストーレンはフランス風かな?

でもポメマルさんは本当にまめまめしくお料理なさっていらっしゃる。私は最近とても手抜きです。

fleur de selさん

こんばんは♪

粉800gにバター100gはかなり少なめですね。私が先日習ったのはバターが37%も入ってるようです。(多すぎですよね。それに塗るバターは別ですから)日本のはフランス風なのかもしれませんね。

塗るバターはそんなに多くはないです。80gの溶かしバターを塗るのは結構多いですね。

もう一度やってみようと思ってます。今度はバターの量を減らしてみます。
健康的にも油脂類は少なめの方がいいです。

私も手抜きが多いですよ。fleur de selさんのブログをみるといつもきちんとしたフランスの家庭料理を作ってらして楽しませていただいてます。
今日ラクレットをさがしてきました。このチーズも日本では高価です。先日のお写真のようにたくさんお皿には並びません。
どうしてもじゃがいもにチーズをつけて食べたくなりました。

バターの量

ドイツのもバターかなりたっぷり使いますよ。
ただ、種類によって量が違ってきたりもするみたいで、Butterstollenというのが最もバターの量が多いものだそうです。
私が今回作ったみちえさんのレシピでは、粉450gにバター175g練り込みます。焼き上がりに塗るバターは結局、こちらのひとパック(250g)の残り全部使いましたから、塗ったのは75gになりますね。
仕上げてから3日目に包丁を入れましたが、その時よりも日が経つごとにしっとりとしてきて美味しくなってきていますよ。

ぴかままさん

バター数字すると怖ろしくなりますね。(37%です)シュトレンはうすくスライスして食べるので1枚あたりのバター量はそう心配することはないですね。大量に食べない限りは。

シュトレンもいろんなのがあるんです。チーズシュトレンというのもあるんですね。カッテージチーズを使ってました。
これも美味しそうで試して見たいものです。

今度はみちえさんのレシピでやってみるんだわ。
やっぱり3日経った方がいいんですね。

ぴかままさんへ

ぴかままさん こんにちは。皆ささのところでお名前色々お写真も拝見しています。プログッつて凄いなー あったことのない方でも 文章を通じて身近に感じますものね。
シュトーレン(ストーレンなんて書いて主人に怒られましたよ。でも日本語に直すのは難しいと思うのは私だけでしょうか? プログを書く際フランス語の食材の名前 まず英語に直さなくてはと探し それから日本語的な発音でカタカナ探すこと多いです。ドイツ語なんて困ります。できないのは我が家では私だけ。義母がドイツ人だったので皆ドイツ語は流暢に喋ります)
ところでシュトーレン(笑)昔義母がプレゼントしてくれた古いドイツのお料理の本のレシピです。お菓子というよりパンに近い感じ。義母のよく作っていたフルーツパンによく似ています。でも日持ちはよく去年初めて作った時にもお正月まで持ちました。本当のレシピを知りたいです。ドイツで大学生活を送った長女はマジパン入りが好きというのですが。

ポメマルさん コメントらん お借りして御免なさいね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シュトレンもどき

ドイツのクリスマス菓子、シュトレンに初挑戦。 日本では「シュトーレン」と呼ばれることが多いのですが、「シュトレン」の方が近い発音であることをぴかままさんに教えていただ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。